春の雪

DSCF7566  DSCF7567

    今朝7時の山荘の気温 -0.2℃、晴れ。積雪:少し。

DSCF7569  DSCF7570

DSCF7568  DSCF7571

         DSCF7572-001
          (最初の写真より数分後)

    春雪、春の雪、小説の題名にも登場しそうな朝でした。
    午前9時のいま、雪は跡形もなく融け、いつもの北国の
    遅い春の風情です。ただし気温は低く、暖房用ボイラー
    は夜通し、いまも稼働しております。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   「爺、春じゃのう~。‘ 春雪 ’ なんて気取るんじゃないよ。
   もう歳なんだし、山荘は息子さんに任せて、静岡に戻りなよ。
   養生が大切なんだからさ」
                *
   「『竜馬がゆく』、文庫の1冊読み終わって、2冊目ジャ。
   こんなに夢中になって読んだ本、久しぶりじゃ」
                       ─── 仙台姫
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       姫も ‘ 歴女 ’ の仲間入りしたようですな。
      日本史は、幕末がおもしろいですからね。

Filed under: お便り,天気、星空,季節、四季  タグ: — tomi 09:35

山荘にも春が

DSCF7564
                 DSCF7563

  今朝7時の山荘の気温 0.0℃、うす曇り。積雪:ところどころ。

         DSCF7565

 さきほど、眠い目をこすりつつ撮った写真3枚。名残りの雪が時おり
積もることはあるようですが、暦どおり春は訪れているようです。
 屋根から落ちた雪が残る建物北側の雪は、例年6月ごろまで残ります。
雪の消えた前庭にはハーブの「サントリナ」が、雪の重みにもめげずに
地面にゆったりと枝を拡げていて、けな気でもあり微笑ましくもあり。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「おじさん、『尾瀬に生き尾瀬に死す』観ましたよ。
    終わりのほうで、息子の ‘ 惣明 ’ さんが誰もいない
    集会所で語る場面、泣きました」
                *
    「言われなければ、島津斉彬役の渡辺謙さんだとは
     分かりませんね。宮崎美子さんも若くてかわいい!」
                    ─── 小姫
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    謙さんが、誕生したばかりの環境庁に乗り込むシーン
   があります。当時、初代環境庁長官は仙台市出身の大石
   武一さんという、東北大学医学部出身のお医者さんです。
   小姫が生まれた頃には、まだ存命だったはずです。気骨
   のある方でしたよ。ドラマでは芦田伸介さん(故人)と
   いう有名な俳優さんが演じてます。
               *
    蛇足ながら、「芦田伸介」さんは、小姫も読んだこと
   のある『氷点』のTVドラマ版で、主人公・陽子の父親
   辻口啓造・役を演じてました。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「爺、テレビでさぁ、池上彰さんの『現代史を歩く』
    やってんだけど、観てる? 同じ世代でしょう?
     観てない? 観なさい!」    ─── 仙台姫

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     見てますよ。池上さんたちとは同じ世代ですからね。
    それに同じ時期に東京にいましたから、懐かしいです。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DSCF7522  DSCF7523-001

    小姫へ。いつものコラムですが、君に読ませたくてね。

Filed under: お便り,テレビ、映画,季節、四季,山荘周辺  タグ: — tomi 09:45

はんかくさ~い

DSCF7560
                  DSCF7562

   今朝7時の山荘の気温 -0.6℃、雪。積雪:2~3cm。

  昨日この欄で、‘ な~んもだ ’ という北海道弁を紹介しましたが、
 「はんかくさい」という言葉もよく使われるようです。 漢字だと
  ‘ 半可臭い ’、意味は、馬鹿らしい、まぬけな。
  文字ほどの強い意味はなく、軽く会話の中で使われます。

  A子「きのうB子ね、彼氏にエッチなメール送ったんだって。
     それがね、メールの宛先間違えてお母さんに送ったんだと」
  C子「おバカだねぇ~、はんかくさ~い!」

         DSCF7553

DSCF7558  DSCF7559

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「お久しぶりです。久しぶりの村人とのドライブ&密会は
    大変充実したものでした。少し年老いた村人Aが心配です。
    もっと近くに…と思わずにいられません」
                    ─── 村人Aの第二婦人
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     帰巣本能とでも言うんでしょうか、オスには特に深い
    ようです。帰れる場所ある村人A君がうらやましいです。
    待っている人がいてくれれば、なおさらです。

Filed under: お便り,日常生活  タグ: — tomi 08:14

なんもない春

DSCF7454
                 DSCF7456

  今朝7時の山荘の気温 -0.1℃、曇り。積雪:0~10cm。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  「釧路にいます。とにかく寒くて人の姿も疎ら、何もない春です」
                        ─── 村人A
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   内地では、春だ! 桜だ! と騒いでますが、津軽海峡の北は
  どこもナンモナイですね。名残りの雪のすぐそばに、フキノトウ
  が顔を出しているくらい。
   今日はこれから街の病院へ。何科へ行くのか忘れてしまうほど、
  体のアッチコッチがガタついてきました。もう修復不可能なんで
  しょうけれど。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「爺、きょうは何科じゃ、泌尿器科か?
       おしっこ漏らすようになったか?」
                    ─── 仙台姫
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       今日は眼科。白内障が進んでおるそうじゃ。
      でも、歳の割には視力が良いそうで(両眼とも
      1.5)、手術はまだ先でよいそうじゃョ。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「小姫がどんなお医者になるか、楽しみじゃのう。
     メスで、お腹のアッチコッチ、ぶつぶつ切り取って
     ニコッと笑ったりしてな・・・てなことはないか」
                *
     「あの子は、やっぱり弱者に寄り添うような女医
     さんになるんだろうな」     ─── 仙台姫

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      爺もいつか小姫に脈をとってもらい、終わりたい。

Filed under: お便り,季節、四季  タグ: — tomi 08:25

名残りの雪

        130419-002

  今朝7時の山荘の気温 -3.3℃、晴れ。積雪:2~3cm。

 夜明けまえ、少し積もるほどの雪が降ったようです。名残りの雪
でしょうか。
『なごり雪』という歌があるけれど、「なごりの雪」というふうに
間に「の」が入る入らないで趣がちがう。名残りの月、名残りの花、
響きがやさしい。日本語のもつ優しさでしょう。
               *
  小姫へ、昨夜遅くのメールでしたので、返事が遅れました。
 いまも心に残るTVドラマは・・という内容でしたが、すぐに
 思い浮かべるのは早坂暁さんの『夢千代日記』。それとかなり
 古い作品ですが、『尾瀬に生き尾瀬に死す』というドラマです。
 いつか再放送されないものかと心待ちにしてるんですが、昨夜
 ネットで調べたところ、2時間ほどの作品がそっくりそのまま
 観ることができ驚き、深夜まで懐かしい時間をすごしました。
  画質がとても荒いんですが、記憶では、尾瀬の美しい自然が
 画面いっぱいに流れてました。相当古いドラマだということは
 登場する役者さんの姿でわかります。あの渡辺謙さんが誰だか
 分からないくらい若い!
  実話をもとにした作品。環境庁という役所が出来たばかりの
 ころ、尾瀬の自然を守ろうとした親子3代の物語です。最後は
 泣けます。蛇足ですが、渡辺謙さんの役名「惣明」は、我が家
 の次男坊の名前に拝借しました(漢字は違いますが)。

Filed under: 未分類  タグ: — tomi 12:21

刻々と

100408-6
                 100408-8

         100408-8-1

   今朝7時の山荘の気温 1.3℃、晴れ。積雪:0~10cm。

 春の日の夕刻、西日をあび次第に茜色に染まる連峰をカメラで追って
みました(午後4時~午後6時)。山々の雪が融けて消える7月頃まで、
今年も目を楽しませてくれます。

100408-91
                 100408-93

100408-95
                 100408-95-1

100408-97
                 100408-98

100408-99
                 100408-991

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    姫へ、『竜馬』読み進んでますか。きょうの新聞コラムに
   勝海舟の ‘ やしゃご ’(孫の孫)のコラムが載ってました。
   
        DSCF7549

   海舟が登場するのは文庫の3冊目の中ほど。小説では子供は
   娘ばかり3人となってますが、子だくさんだったようですよ。
   お妾さんだけでも5人。その中のお一人が、このコラム執筆
   者の系譜のようです。明治はそれほど遠くはないようですな。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   「爺、お晩でヤンス。本読んでてさ、難解な言葉をノートに
   書き出しチョル。これ、小姫の真似(爺に教わったんだと)」
                *
    「司馬さんが、『龍馬』ではなく『竜馬』と変えた意図、
   さすがは小説家だね。歴史学者にゴチャゴチャ言われない
   よう、予防線をはったわけだ」
                *
    「『事実は小説より奇なり』というけれど、アチキには
    『小説は事実より真なり』かもな」
                      ─── 仙台姫
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    人間という生きものにとっては、『真実』という言葉は
   絶対的な意味ではないのかもしれないね。

Filed under: お便り,十勝連峰,新聞、ニュース,歴史  タグ: — tomi 11:55

眠り爺々じゃ

        110401-1

  今朝7時の山荘の気温 7.0℃、曇り。積雪:0~10cm。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     爺、おはようでゴワス。『竜馬』どこまで読んだ?
    アチキは ‘ ニ十歳 ’」
                *
   「竜馬の周りには野糞に群がるハエのように、どうして
   女たちが集まるんだろうね?」
                     ─── 仙台姫
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        さぁ・・、ハエに訊いてみな。
    爺はようやく『黒船来』。若いころは徹夜で読んで
    たんだけど、今は読みはじめるとすぐ眠くなってね。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     「爺、起きチョルかい? 竜馬が初めて女を知った
    その相手はさ・・・。 爺、起きてる?」
                     ─── 仙台姫
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    寝てた。竜馬の最初の相手は、土佐で、夜這いをした
   時の女性じゃなかったかな。忘れた。眠たい、寝る。

Filed under: お便り,本、小説、詩  タグ: — tomi 11:50

雪解け

DSCF7525
                 DSCF7526

  今朝7時の山荘の気温 2.6℃、晴れ。 積雪:0~20cm。

 美瑛アメダス観測地点の積雪は0cm となりましたが、山間地に在る
山荘周辺は所どころまだ雪が残ってます。 裏の林は木の根元から雪解け
が始まり、植物の命の元が根にあることを証明しています(写真・下)。

         DSCF7544

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「爺、順調にボケとるかい? 『竜馬』読んどるかい?
   前に爺、本読んでて、読み過ごすのが惜しいような文章の
   横にサイドライン引くことがあるって言ってたよね」
                *
    「アチキも真似してんだけど、『竜馬』でのその最初が、
   寝待ノ藤兵衛が、伏見・寺田屋の船宿のお登勢を評して」
                *
   「 ‘ お登勢という後家が女手でやっておりますが、これが
  また、京女を江戸の水で洗ったような気っぷの女でございまし
  てな ’ という文章表現」
                *
   「うまいよねぇ。‘ 京女を江戸の水で洗ったような ’ って、
  ほかに何も言葉は要らない。それだけで、もうどんな女性か
  すぐわかる」              ─── 仙台姫

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  むかし(50年ほど前)、大河ドラマで最初に『竜馬がゆく』
 を放送していたとき、そのお登勢さんを、森光子(故人)さんが
 演じてました。森さんは京都のお生まれ、京言葉は慣れたもので、
 年の離れた竜馬(北大路欣也)に色目をつかうシーンなんか艶め
 かしかったですよ。他に、お田鶴さまは三田佳子、おりょうさん
 は浅丘ルリ子、乙女姉さんは水谷良重、それから、・・忘れてた
 寝待の藤兵衛は三木のり平さんでした。みな故人となりましたね。
                *
  失礼しました。朝丘ルリ子さんは存命で、昨年、倉本聰さんの
 『やすらぎの郷』に出演されてました。それから北大路欣也さん
 は、藤沢周平の『三屋清左衛門残実録』で元気なお姿でした。
                *
   姫は ‘ ボケ ’ という言葉をよく使いますが、「痴呆」とか
 「認知症」とかいう言葉より、爺は好きです。
  「ボケる」は「呆ける」~「暈ける」に通じ、ぼんやりするに
  行きつきます。歳をとると何もかもがボンヤリとして、視界に
  カスミが架かったような心持ちで、「彼岸はかくありなん」。
  「ボケ老人」と蔑まれても、当人はいたって幸せなんですよ。

Filed under: お便り,季節、四季,山荘周辺,本、小説、詩  タグ: — tomi 07:23

(休)

DSCF7528  DSCF7527

DSCF7529  DSCF7530

   今朝6時の山荘の気温 2.0℃、曇り。積雪:0~10cm。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   「おはよう、爺。最近元気ないっていうか、覇気ないねぇ。
    また鬱になった?」
                *
   「小姫が言うとった、『お姉ちゃんが、おじさんの近くに
    いたら、おじさんも元気になるのにねぇ』って」
                       ─── 仙台姫
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     爺も仙台で、野糞に群がるハエの一匹になりますか。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     「爺、その野糞も、最近イト芳醇な香りを放つように
     なっての、一度嗅ぎにおいで」   ─── 仙台姫

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      酒におぼれ、女におぼれ、そういう末路もいいな。
     「酒池肉林」って言葉通りに終わりたいですな。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     「爺、『酒池肉林』の肉林には、肉を食べるという
     意味だけで、アッチの意味はないんだと、残念!」
                     ─── 仙台姫

Filed under: お便り,動物  タグ: — tomi 06:41

春は あけぼの

DSCF7539  DSCF7540

         DSCF7538

  今朝7時の山荘の気温 2.5℃、晴れ。 積雪:0~20cm。

 「春は夜がほのぼのと明けようとする頃が良い。日が昇るにつれて、
 だんだんと白んでいく、山際の辺りがいくらか明るくなって、紫が
 かっている雲が横に長く引いている様子が良い。・・・」
                ─── 枕草子・冒頭(現代語訳)

  清少納言が見た ‘ 春のあけぼの ’ は、千年ほど前の京都の春。
  その山際とは、どの山なのかとネットで調べてみると、京の東側
  に連なる、俗にいう「東山三十六峰」だろう。京の街と琵琶湖を
  隔てる山並みには、八坂神社や知恩院、清水寺、幕末の志士たち
  を祀った「京都霊山護国神社」もある。
  若いころ機会があり、この霊山護国神社を訪れたことがあった。
  夕暮れ時で、志士たちの墓石はなだらかな坂の脇に並んでいて、
  その中に坂本龍馬の石碑もあった。小さな墓だという印象がある。

Filed under: 季節、四季,歴史  タグ: — tomi 10:06
  • 2018年4月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー