100618-1
 
100618-2
 
             今朝6時の山荘の気温:8℃、くもり~晴れ。
 
       風も無く、自然の動き、営みが止まったような朝。飼い猫のシューゴ君も
      死んだように(イギタナク)私のベッドを占有している。猫には ‘ おこがま
      しい ‘ という感情が無いのかしら。
       そうこうしているうちに、青空が拡がってきた。セルリアンブルーの心地
      よい色合い・・。日本にも青色を表現する言葉はいっぱいあるのに、若い頃
      学んだ西洋絵画の絵の具の色合いがおもわず出てしまう。
                      *
       視覚と聴覚、どちらが私たち人にとっては豊かに響くのか。私は(私には)
      間違いなく聴覚のような気がする。視覚は間違いなく見ているその先を遮断
      してしまうが、聴覚はいつまでも残り、残るだけでなく、物語を創る。

Filed under: 未分類  タグ: — tomi 07:43
  • 2022年6月
    « 5月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー