100926-1
 
100925-3
 
              今朝3時の山荘の気温:7.5℃、くもり(ネットより)。
 
             霜注意報が出ている早朝、窓の外はまだ暗い。どうしてこんな
            時間に起きたのかというと・・単に眠れずに昨夜から起きていた
            だけ。「老人性***」とやらで、暗くなっても覚醒していると
            いう、まぁ厄介な病気だ。そのうち別の世に行けば、いくらでも
            眠り呆けていられるので、まぁその下準備かも知れぬ。
             8人兄弟姉妹の末っ子なので、多くの兄姉を失ったかというと
            さにあらず。兄二人を失っただけで、姉5人は健在! 女の底力
            というか、人類の歩みの系図を見ているようだ。 男(オス)は
            瞬発力は有っても、持久力に劣るということか。
             生まれ故郷には私の墓地がある。墓地といっても、まだ本人は
            生きているので仮の場所。 見上げれば富士山を仰ぎ見ることが
            できるこの場所は、亡き父が生前整えてくれたものだ。
             居心地がいいのかどうかは、入ってみなければ分からないが。

               ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

               「おじさん、こんにちは。人は(哺乳類は)メスから
              オスが生まれたのか、それともその反対なのか、どちら
              だと思われます?」
                           *
               「当然、メスからオスが生まれたんですが、ではオスが
              いなければ子供(子孫)が出来なかったかというと、下等
              生物の間では、メスだけでも子孫は残せますよね」
                           *
               「生命の進化の段階では、オスは必ずしも必要ではなか
              ったようです。それならメスが可哀そうだと神様が思った
              のかどうか・・遺伝学的にはその方が都合がよかっただけ
              です」
                           *
               「腕力の必要なことや攻撃的なことはオスに任せ、メスは
              子育てに励む。そういう使い分けが出来たんですね。
               人類の英知は、メスによって生まれたともいえます」
                                  ー小姫

                ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                残念ながら、そうだと思います。野生動物の子育ての
               様子を見ていると、オスなど、どこで何をしているのか
               と探してしまう。
                ホモサピエンスにオスがいなければ、穏やかで平和な
               地球となったでしょうにね。

Filed under: 未分類  タグ: — tomi 04:36
  • 2021年9月
    « 8月   10月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー