DSCF6521

                      今朝5時の山荘の気温:20℃、快晴。

                    ここ一両日、パソコンの操作が急に分らなくなり、
                   ボケも極まったのかと覚悟を強いられている。
                    PC画面が突然急変、どこをどうしたのか、何を 
                   どうすればいいのかサッパリ・・戸惑ってばかり。
                   もうちょっと、ボケ老人の側に寄り添ってくれても
                   いいと思うのだが・・。
                    例えば若いお姉ちゃんの声で「どうされましたか、
                   何か分からないことがありましたら・・」と優しく
                   呼びかけられたら、もうそれだけで何もかも許して
                   しまう。 年寄りは優しい言葉に弱いのです。

DSCF6581

DSCF6582

                   上の写真2枚は、玄関前の「イブキジャコウソウ」。
                  日本のタイムとも呼ばれ、伊吹山の麓に自生している
                  そうだが、山荘の周りにも心地よさそうに育っている。

                    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                    「おはよう、ジイ。最初の写真だけどさ、蝶?
                    それとも蛾? なんだか妖精のようだね」
                                    ー仙台姫
 
                    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                    明け方のガラス窓なんで、たぶん蛾だと思うん
                   ですが、帰り道を忘れたんでしょう。
                    ホッコリしますね。
 
                   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                  「写真は夜の光で集合した蛾です。日本では蛾と蝶を
                  区別していますが、他の国では「昼の蝶」と「夜の蝶」
                  で区別しているのようです」      ー村人・A

                   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                   なるほど。「蛾(ガ)」という響きが良くないです
                  よね。日本人は言葉の響きを大切にする民族のようで
                  すし・・。
                   「夜蝶」と書いて、‘ 枕辺の装い ’ なんてところで
                  どうでしょう・・?

                   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
                  「ジイ、『源氏物語』にそんな場面あったかな・・?
                  末摘花にさ?」
                              *
                   「むかし、初めて男に抱かれたとき、生まれて初めて
                  化粧したんだ、初心だったよね。その男とはすぐ別れ
                  たけど、SEXより、化粧したことが忘れられなくて
                  ね」                ー仙台姫

                   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                  誰の言葉だったか忘れたけど「女を知って、男を知る」
                 だったか、その反対だったか・・。
                  男女は身を任せ合って、初めてルツボの中で融け合い、
                 知り合うんだよね。それが出発点で、終わりではない!
                  姫の男遍歴は、まるで女性版・光源氏のようで拍手を
                 贈ります(もう少し爺も若かったらなぁ~)なんてね。

Filed under: 未分類  タグ: — tomi 07:36
  • 2021年7月
    « 6月   8月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー