1-DSCF0069
               (2003.6/25)

   1-120628-1   1-DSCF0077
                         (牧草ロール)
 
           今朝6時の山荘の気温 14℃、くもり。

     掲載写真は晴れた日ばかりのものですが、ここ2週間ほどの美瑛は
    曇りか雨ばかりの日々が続いています。
     北海道は梅雨が無いと言われているが、本州の梅雨が明け、梅雨前
    線が北上したとき1週間ほど雨ばかりの日々が続くことがある。これ
    は「エゾ梅雨」とよばれ、農作物にとっては慈雨となるらしい。
                    *
      午前10時、外が急に明るくなり、雲間より青空が見えてきた。
     やはり地球は青い惑星なんだと、妙にナットク。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「ジイ、東北新幹線が東京を出発し、仙台を通過して岩手県に
      入ると、途端に車両が洗浄殺菌され、無菌状態になるんだと」
                    *
      「原因は、宮沢賢治の亡霊が現れ、‟ 雨にもマケズコロナにも
      マケズ・・ ” と、あの世で一杯やりながら祈ってるからなんだ
      とさ」
                    *
      「これ、横のデスクのアホ *** の珍説。 こんなのがいる
      から仙台も汚染されるんだよな~!」
                          ─── 仙台姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        珍説じゃなくて、本当かもしれないよ。 ‟ 日照りの時は
       涙を流し 寒さの夏は おろおろ歩き・・ ” 賢治の亡霊が
       今も岩手の地を、さ迷っているのかも知れない。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「宮澤賢治の話は本当かも知れません。
          賢治が助けたハチや蝶の子孫が、ウイルスと
          戦ってくれている事もあります」
                       ─── 村人・A

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「ジイ、まだ起きてる? 小姫がね、同級生と
         ***したんだって。 一字違いだったけど衝撃!
         だけどあの子も、もうそろそろ・・ね。
                         ─── 仙台姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          むかし、『華岡青洲の妻』という映画があった。
         医術も経験から始まるからね。

Filed under: お便り,天気、星空  タグ: — tomi 10:02

   1-130623-95   1-120615-9
               (2013.6/23)

             1-DSCF0020
               (タイムの蜜を吸う蝶)

            今朝7時の山荘の気温 14℃、くもり。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「おはよう爺。前に小姫が一関のお祖父ちゃんに会いに
        行ったとき、マスクして行ったんだと」
                    *
        「そしたら祖父ちゃん、風邪でもひいたのかと心配して
        くれたんだと」
                    *
        「岩手県のコロナ患者 ‟ ゼロ ” 。 立派、りっぱ!」
                         ─── 仙台姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        昔から ” 南部の桜は北さ向いて咲く ” と言われてるから、
       その反骨精神がコロナなんか寄せつけないのかも知れないね。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             1-6-14-2 (2)
                 (今日も一人)

         「ベニシジミ蝶が写っています。ムラサキシジミや
         シジミ科の蝶は、羽根も飛びかたも綺麗です。
                     *
          エゾバフンウニと言う名のウニがいます。誰が名づ
         けたか分りませんが、何も馬糞の名前をつける事は無
         いと思います。味は最高でウニの王様です。ムラサキ
         ウニなど問題ではありません」
                         ─── 村人・A

Filed under: お便り  タグ: — tomi 10:21

   1-130623-92
                     1-130623-5
    
           今朝6時の山荘の気温 14℃、雨。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「ジイ、生きてる? もうあの世?
                        ─── 仙台姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          まだ、この世。でも・・半分もうアッチ。

Filed under: お便り  タグ: — tomi 17:07

   1-130623-3
                     1-130623-4
                        (2012.6/15)

            1-100623-1

           今朝6時の山荘の気温 15℃、くもり。
                    
             この欄、しばらくお休みします。
         

Filed under: 未分類  タグ: — tomi 09:03

   1-120615-3  1-130610-3

            1-DSCF0028
              (2004・6/10)

           今朝5時の山荘の気温 13℃、曇り。

    美瑛の丘に流れる道は、どうしても曲がりくねってしまう。どうしてか?
   どうしてなんだろう。
    丘は初めからあった。さてそこに道を通すとなると、定規でまっすぐ直線
   に・・というわけにはいかない。 道はできるだけ高低差を少なくしたいし、
   カーブも緩やかにしたい。その結果が、クネクネした「ヘビ道」になる ───
   というのが・・まぁ私見。平地ならば直線がいいが、アップダウンの激しい
   美瑛の丘の道は、農道としての機能が優先する。
    ジェットコースターの様な道では、昔は馬も大変だっただろうし。

Filed under: 美瑛  タグ: — tomi 06:03

   1-DSCF0007
                     1-DSCF0006
                        (2006.6月)
    今朝6時の山荘の気温 10℃、晴れ。

   1-DSCF0031  1-DSCF0025

    最近、体力が衰えたせいで、外に出て丘の写真を撮ることがなくなった。
   この欄の掲載写真も、古いものだと10年以上前のものを引っ張り出して、
   お茶を濁しています。
    不思議なのは、そんな古い写真でも一枚一枚撮影した時期・場所を覚え
   ているということ。そしてもう一つは、こんな風情にカメラを向け、ショ
   ッターを押したということ。 老いた今なら、もちろんカメラさえ向けず、
   素通りしてしまうはずなのに。
    老いはマイナスばかりでなく、あるいは再燃というくすぶりを多少含ん
   でいるのかも知れない。 感覚としては鋭くなったのかな?

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「ジイ、夏じゃのう~。久しぶりにビール飲んだら、けっこう
      美味いゾナモシ。 じゃが、酒は冷やした清酒じゃな」
                          ─── 仙台姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       酒のメールを送るな! 禁酒・・いや節酒中なんだから!

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「おじさん・・・、お姉ちゃんの口車に乗ってはいけま
       せんよ」
                   *
       「子供の頃から、お父さんの晩酌の相手をしていたそう
       ですから」              ─── 小姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         そういえば、おじさんも子供の頃、父親のお酒を
        くすねて飲んでましたっけ。

Filed under: 日常生活,風景  タグ: — tomi 08:11

刃物は要らん!

   1-130610-6
                     1-130610-8
                        (2013.6/10)

      今朝6時の山荘の気温 11℃、くもり(午後3時:18℃)。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「ジイ、今日はどうした? ・・・。サボるんじゃないよ!
                          ─── 仙台姫

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        たまにはサボリた~い! 今日は玄関ポーチの片づけと
       掃除でくたびれ、今まで寝込んでいた。1時間ほどの作業
       だけれど、アッチへよろよろ、コッチへふらふら・・・。
                    *
         ~ 爺を殺すにゃ刃物は要らん、外でチョックラ
         働かせりゃすむ ~ ・・ってな。

Filed under: お便り  タグ: — tomi 17:40

ぽんぽこ ぽんの ぽん

   1-DSCF9406  1-DSCF9421

          今朝6時の山荘の気温 14℃、くもり。

        部屋の窓の外、何やらウゴメクものが草むらの中に。
       どことなく汚~い! 動物。
  
   1-DSCF9419  1-DSCF9405

     顔を見ると目の周りが黒く、パンダの様だが、ちっとも可愛くない。
        
   1-DSCF9407  1-DSCF9408

          ネットで調べたら「エゾタヌキ」だそう。
 
   1-DSCF9409  1-DSCF9410
 
        ネコ目イヌ科タヌキ属に属するタヌキの日本産亜種。

   1-DSCF9411  1-DSCF9413

   1-DSCF9414  1-DSCF9415

        山荘もついにタヌキが現われるようになったか・・。

   1-DSCF9416  1-DSCF9417

   1-DSCF9422  1-DSCF9423

             ばいば~い! またおいで~!

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「おはよう、ジイ。 昨日の犯人はやはり隣の中年おとこ。
      覗き魔! 今日はこれからヘナチョコ係長と外回り。一言も
      口なんか利いてやらないから、無視!」  ─── 仙台姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             場面を想像したら・・怖そう~!
                   *
         むかし、「証城寺(しょうじょうじ)の狸囃子」と
        いう童謡があった。

         ♪ 証 証 証城寺 証城寺の庭は
           ツ ツ 月夜だ みんな出て 來い來い來い
           おいらの友達ァ ぽんぽこ ぽんの ぽん

          (余談だが、むかし「アーサー・キット」
           という女性歌手が英語で歌っていた)

             さらに身近なものでは

         ♪ たんたんたぬきの****は~ 風もないのに
          ぶ~らぶら~

           (****は放送禁止用語らしい)
           
             この元歌は讃美歌だそうだ。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「ジイ、その女性歌手の英語の歌知ってる。むかし
        よく歌ってた(証城寺のほう、ネットより拝借) ───

        ♪ 「Sho-Sho-jo-ji, Sho-jo-jis raccoon He is
          always hungry So he sings a KOI-KOI-KOI
          He will rub his head and tummy Rub it and
          Rump-ump-ump MAKERUNA and macaroni Jelly
          beans and pinks for morning  KOI-KOI-KOI
          KOI-KOI-KOI All he says is KOI-KOI-KOI」

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             係長との外回り、どうした?

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           「途中でハイさいならしてきた」
                       ─── 仙台姫

Filed under: お便り,動物  タグ: — tomi 08:23

ブス(附子)

   1-DSCF9401   1-DSCF9403

            今朝7時の山荘の気温 14℃、曇り。

     暗い曇り空ばかりの毎日。 なにか明るいものはないかと探した写真が、
    古いものですが下の写真(2004.6/7)、「チャイブ(ス)」。

   1-DSCF0018   1-120618-2

   1-120618-1   1-DSCF0019

    「チャイブ」は、西洋アサツキ、エゾネギとも呼ばれる。ふつう複数形の
    ‟ S ” が付き「チャイブス」と呼ばれるが、日本では ‟ ぶす ” は誤解され
    かねないので(古くはトリカブトの毒・漢方薬)、「S、す」は付けない。
     余談だけれど、小学生のころ(60年前)、学芸会で狂言の「ぶす」を
    やった。お寺の小僧二人が和尚様の留守に・・・説明するのが面倒なので
    興味のある方はネットで「附子(ぶす)」を ───

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「ジイ、ネットで『ブス』を調べてたら、午前中のテレワークが
      まるで進まない。可笑しいというか・・深い意味があるんだね~」
                    *
      「日本三大不美人(ブス)県というのがあって、その中に宮城県
      も含まれてるんだと。アチキは生まれは静岡県だけど、もう十年
      近く仙台。 そろそろ抜け出さんとな~」     ─── 仙台姫

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「ブス」も三日見れば馴れるといいますが、美人の姫が
        10年も居るとなると、なんとも微妙。毒だと思い食べ
        たのが実は砂糖だったという狂言。反対に美人だと思い
        手を出したら・・えらいことになる?
         姫の餌食になった男の数は、コロナウイルスに罹った
        数より多いんじゃないの?

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「それじゃ、アチキと関わった仙台の男どもは、みんな
        コロナより軟弱だってこと?」
                         ─── 仙台姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        軟弱かどうかは知らんけど・・発病したら訴えられるぞ!
       罪名は ─── 「初め天国・・のち地獄・罪」。
                    *
           いいかげん、サボってないで仕事せんか!

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「ジイ、酒気帯びテレワークがバレた! 来週から
         また通常勤務! 短い極楽であったぞな~!」
                    *
         「誰がバラしたのか、とっちめてやる!! PCの
         履歴を探し出せばすぐ分かるんだからね!」
                         ─── 仙台姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           隣の席の上司じゃないの? 明日出社したら、
          部長のPCの履歴を調べてみたら?

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「ジイ、今何してる? 来週会社に行くのが怖い
         よう~!」          ─── 仙台姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        自業自得! 爺はいま、録画しておいた映画を観ておる。
       ロシアの作家・ドストエフスキーの『白痴』の日本版。
        黒澤明監督で、舞台は北海道・札幌。 昭和26年公開と
       あるから、爺が生まれて2歳の時の映画で、もちろん白黒。
       配役人を見て、うんうんなるほどと若いとき読んだ記憶が
       よみがえってきました。もしかしたら、爺の青春期で一番
       感銘を受けた小説かも知れません。
        それにしても長い! 原作も長いが、映画も3時間近い!
       黒澤監督は「おれの中でいちばん好きだよ」と映画評論家
       の淀川長治さんに告げていたそうだが。

Filed under: お便り,テレビ、映画,植物、花、ハーブ  タグ: — tomi 07:52

    1-120601-1
                      1-120601-2

       今朝7時の山荘の気温 14℃、くもり。

       時節がら、コロナウイルスのような雲が現われる十勝岳上空です。
      フランスの画家・ルドンにこんな作品があったような・・。

             1-100607-7
              
               白い花のライラック(リラ)

        ライラック(リラ)といえば、うす紫色の花が一般的ですが、
       白い花弁をつけるライラックは清楚といいますか、‟ リラ ” と
       いう呼び名がふさわしいようです。

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

              1-6-14-3
                  (おりゃー!)

            「近所に美味しい蕎麦やさんがあります。
            たぐと、やま賀、続八条庵、雨耕庵など
            個性的ですが、中には堅くて苦労する蕎麦
            もあります。
            山荘の手打ち蕎麦を食べてる夢をみました」
                      ─── 村人・A

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・

            私も山荘のソバは、食べたことがありません。
           夢にも見たことがありません。

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・

            姫、仙台上空にUFOが現われたんだって?
           テレビに映ってたけど・・見た?
            白いアドバルーンにアンテナみたいなものが
           ぶら下がってたけど、北朝鮮あたりから流れて
           きた気球かも? 地図帳を見ると、緯度的には
           合うけどな。
            仙台の何が北の将軍様に気に入られたんだろ
           うか、まさか「仙台姫」じゃないだろうね?

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・

            「ジイ、テレワークも意外と大変じゃ~!
            お酒飲みながらだから、PCのキーの打ち
            間違いが多くてね」
                      *
            「小姫がいたら肩なんか揉ませて、お酒の
            オツマミ作らせたり、ご飯の支度させたり
            して・・」
                      *
            「でも、女医さんのタマゴにそんな事させ
            られないし、あの子、いま大変らしいよ」
                        ─── 仙台姫

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・

             小姫が前に言ってた、「私には最先端の
            医療を学び、施す技量は無いけど、病んで
            いる人に寄り添える「村医者」になりたい
            と。
             震災が今もあの子の中でいきてるんだね。

Filed under: 十勝連峰,天気、星空,季節、四季  タグ: — tomi 10:12
  • 2020年6月
    « 5月   7月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー