覗き見したいが ・・

             1-DSCF9343
               (今朝9時ごろの十勝岳)

            今朝9時の山荘の気温 23℃、快晴。

       夜明け前の気温が 8℃ほど。 それが一気に15度も上がり、
      窓を全開にしている。冬用の衣類を春向きに替えたいところだ
      けれど、歳をとると体が外気に順応しづらくなり、少々の暑さ
      は我慢している。
       今日は何度まで上がるのか、さらに夜更けには何度まで下が
      るのか、旭川周辺は大陸風の気候ゆえ、油断ならない。

   1-DSCF9325  1-DSCF9326

            1-DSCF9331

       山荘の外壁(木の板を張り付けたもの)に、野鳥が穴を開け
      困っていたところ、巣箱をこしらえてあげたらいいというので
      ありあわせの木の板で作って壁に取り付けた。
       最初はアカゲラが占領していたが、そのうちシジュウカラが
      乗っ取り、さらに名も知らぬ野鳥が乗っ取りして、今は写真の
      小鳥が我がもの顔で出入りしている(名前は不明)。
       巣箱は2階の窓からすぐ近くにあるので、カメラを向けても
      慣れたもので、知らんぷり。すこし脅かしてやると、ようやく
      外に飛び出した。
       巣箱の中はどうなってるのか、開けて覗いてみたい気もする
      が、軽犯罪法に触れるので、やめておく。

   1-DSCF9331-001  1-DSCF9334

   1-DSCF9335  1-DSCF9336

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「巣箱にシジュウカラが入ったようです。
         アカゲラやゴジュウカラより小型で声もキレイです。
         住居も驚くほど清潔で、子が孵ると、木の葉の毛虫
         や植物についている害虫をほとんど食べてくれます」
                        ─── 村人・A

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          前にも教えていただいたはずですが、鳴き声は
         ‘ ピーチェ チョイ! ’ です(メモしてました)。

Filed under: 動物,季節、四季  タグ: — tomi 10:29

   1-DSCF9323
                    1-DSCF9324

      今朝6時の山荘の気温 14℃(午前10時:24℃)快晴。

      暖かい朝です。窓を開けると雪と見まごうように、タンポポの
     白い綿毛が舞っていた。数日前までは黄色い花だったのに、白髪
     の老婆の姿となり、今はフワフワと空中を漂っている。生き急ぐ
     すがたは見事。

   1-DSCF9295  1-DSCF9292

   1-DSCF9293  1-DSCF9294

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「おはよう、ジイ。『源氏』を読んでると、左大臣・右大臣と
     出てくるけど、どっちが偉い(位が上)なんじゃ?」
                           ─── 仙台姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      一般的には左大臣のほうが位が上だそうだ。どうして左が上
     なのかは知らないが、爺は左に心臓がある・・と覚えておる。
     右大臣は左大臣の補佐役、まあ、内閣ならば、左大臣が首相、
     右大臣は官房長官か?
      京の街にも、左京区・右京区があるけど、これは天皇の居る
     場所(御所)から見ての名称で、今でも残っている。
      雛飾りのひな壇も、最上階の天皇(御内裏さま)から見ての
     配置。
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   1-DSCF9340  1-DSCF9340-001

            1-DSCF9342

         コロナ怪獣の首が離れはじめ、踊り子のお腹は
        臨月を迎えはじめたか?

Filed under: お便り  タグ: — tomi 11:19

            1-DSCF9322

            今夕4時の山荘の気温 24℃、晴れ。

       今日は半年に一度の旭川の病院詣で。若い頃、仕事現場で
      アスベストを肺に吸い込んだ、その経過を調べてもらうため。
       病院の待合は大混雑。 昼をまわっても人でいっぱい。

             1-4-7 (3)
                (行かないで~)

             「札幌は23度を超えました。
         日の出は4時。晴れ。植物は一挙に葉を広げました。
         山本周五郎を読んでいます」   ─── 村人・A

Filed under: お便り  タグ: — tomi 19:10

蹉跌・つまずき

             1-DSCF8947
                 (3/18、夕刻)

            今朝6時の山荘の気温 10℃、くもり。

        連日、空模様が思わしくないので春先の写真を載せました。
       気温はまだまだ低く、朝晩は暖房用ボイラーの世話になって
       おります。

               1-DSCF9319

        昨夜BSで、『青春の蹉跌』という映画を放送していた。
       主演は昨年亡くなられたショーケンこと故・萩原健一さん。
       「蹉跌(さてつ)」という言葉で思い出し、本棚を探すと
       古い文庫が収まっていた(写真)。 読んだはずなのに記憶
       がまったく無い(石川達三さんというと、若いころ『転落の
       詩集』を読んだ記憶があるが、以後の記憶が無い)。
       「青春」なんて言葉から、今はかなり遠ざかった。 初めは
       気恥ずかしい言葉であったが、今は遠く懐かしい言葉だ。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「ジイ、まだ生きてる? コロナウイルスがどうして
         岩手県を避けるのかって解ったヨ」
                     *
         「あそこには高度な先端医療を誇る『吉里吉里国』が
         あるからね。吉里吉里国の場所は一関付近らしいぞ!」
                          ─── 仙台姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        そういえば、東北の一寒村と言ってるけど、その辺りかも
       しれないね。コロナウイルスが岩手県を避ける理由も、その
       辺にあるのかも知れない。
        「井上ひさし」さんが存命なら、どんなコメントをおっしゃ
       るか、あの世から生中継していただきたいね。
                     *
         吉里吉里国の入口では「行ったか来たか号」が道案内。
        海外からの患者も、まずはズーズー弁を理解しなければ
        ならない。 日本語よりも理解しやすいはずだ。

Filed under: お便り,テレビ、映画  タグ: — tomi 09:19

    1-DSCF9318     1-0-20
                        (2011.6/4)
     今朝6時の山荘の気温 11℃、小雨。

        雨の朝は、体感気温が晴れた日より肌寒く感じられる。
       湿度のせいだろうが、人間の肌感覚は温度計の目盛以上に
       デリケートなのかも知れない。
        写真(左)は、木々の間よりマバラに見える「クラブ
      アップル」のピンクの花。旅人が記念植樹していったのは
      震災の年(2011年6月4日)。体が衰え、近くまで行
      って写すことができないので、ガラス窓越しに。

   1-DSCF9312   1-DSCF9314

            1-DSCF9315

      十勝岳周辺の「雪形」の近況です。 上の2枚は美瑛富士に
     毎年現われる ‵ 怪獣の幼子 ’ と勝手に呼んでいるが、今年は
     どうも頭がコロナウイルスに見えてならない。
      下は、背中に背負う羽毛を拡げる踊り子。なぜかお腹の辺り
     が(胸ではなく)膨らんできて、臨月が近いのではと気がきで
     ならない。

Filed under: 十勝連峰,山荘周辺,植物、花、ハーブ  タグ: — tomi 11:48

   1-140531-7
                    1-140531-12
       (写真は2014・5月)

     今朝6時の山荘の気温 9℃、曇り。

     明け方、夢を見た。 どこか知らない街にいると、家と家の間の
    ブロック塀の上に猫がいた。どことなく見覚えがある。
     塀を飛び降りこちらに向かって来る。うす汚れた白と黒のブチ。
    近くまで来てゴロンと横たわり甘える仕草。 そのとき、口の横に
    ホクロのあるのに気づいた。死んだはずのミーだった。
     目が覚めると、手のひらに猫の毛の感触が残っていた。ミーが
    迎えに来たのかも知れない。

           1-1-1-DSCF6362

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           1-DSCF9311

        今朝8時ごろの南東の空。雲の姿に圧倒されます。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「ジイ、『源氏物語』どこまで読んだ? アチキは
       もうすぐ『桐壺』終わる」
                   *
       「横の部長がチラチラ覗き込むんで、衝立をたてて
       いる。 部長もヒマなんだよな」   ─── 仙台姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        爺も暇なんだけど、寝転んで活字を追っていると
       すぐ眠くなる。
        初めて読んだ時に作った相関図(写真・下)を探
       し出し眺めてる・・・、これがまた解読不能!
        部長の席との間に、不透明の衝立でも立てたら。

           0-0-03

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            1-5-8
          (むかしむかし人間が住んでいました)

      「 ‟ この曲は必ずヒットする ” と考えて出された曲は
      ほとんどヒットしないそうです。 ヒット曲は、ほんの
      小さな偶然によるものらしく、『川の流れのように』と
      いう曲もコマーシャル用に作られたそうです」
                       ─── 村人・A

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「ジイ、起きてる? 寝てない? 今夜9時からBSで、
      健さんの『海峡』あるよ」
                  *
      「もう何度も観たかも知れないけど、一応報告。アチキは
      また観る!」             ─── 仙台姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        何度も観たけど、また観るよ(眠らなければ)。
       あの頃の吉永小百合さん、きれいだったし、森繁
       さんも元気だった。
        津軽海峡に海底トンネルを掘るなんて話は、当時
       は夢のような話だった。
        冒頭に、洞爺丸台風の映像が出てきて、ふと三浦
       綾子さんの『氷点』を思い出した。クリスチャンの
       神父が、自分の救命胴衣を他の人に与える場面。
        小姫が観てなかったら教えてあげて。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「おじさん、ご無沙汰しています。お姉ちゃんから
       の電話で、おじさんが余命いくばくもない(笑い)
       というのでメールしてます」
                  *
       「映画『海峡』ですが、私も前に一度観てます。今
       その竜飛岬から百キロほどの所にいますが、一度は
       訪れてみたいです。 吉永小百合さんのように」
                        ─── 小姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          訪れるのはいいけど、小百合さんみたいに
         身投げしないようにな。

Filed under: お便り,動物,天気、星空,本、小説、詩  タグ: — tomi 07:17

   1-140511-6
                     1-140512-3
                     (写真は2014.5月のもの)

     今朝6時の山荘の気温 12℃、雨。

     この春は、桜の花見をするのを忘れていた。新コロナウイルス騒ぎで
    外に出るのを控えていたので、春の訪れは山荘の窓からチラリと辺りを
    眺めるだけだった。

        願わくは 花の下にて 春死なん その如月の望月のころ
                           ─── 西行法師

     齢70歳をすぎた。少女の肌のような薄桃色の「エゾヤマザクラ」の
    花。 もうあと何回眺めることができるのかと、ふと寂しさがただよう。
                    *
     美瑛の春は(秋まき小麦を除けば)淡い色彩から始まる。常緑の樹々
    が少ないせいだろう。一年の初めが淡い若葉から始まる姿は初々しくて
    すてきだ。

Filed under: 季節、四季  タグ: — tomi 11:32

ゆめ

   1-DSCF9306
                     1-DSCF9307

      今朝6時の山荘の気温 11℃、晴れ。

      明けがた夢を見た。どこなのか見覚えのない暗い部屋にいると、
     誰かが部屋の扉をノックする。恐る恐る扉を開けてみるが、そこ
     には誰もいない。
      若い頃、精神分析学の祖・フロイトの「夢判断」を読んだこと
     がある。暗い部屋は子宮を表し、扉を外からノックされるのは若
     い娘が処女喪失の恐れを意味すると。だが夢を見たのは先の短い
     老人。 ふしぎな夢だった。

   1-140511-21   1-140511-22
             
            (上の写真は2014・5/11)

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         『源氏物語』を再度(三度目?)読み始めている。
         本棚を探していると、昭和50年代の文庫と、平成
         20年代の文庫が行儀よく並んでいた(写真・下)。

             1-DSCF9309

         どうしてなんだろうと開いてみると文字が小さい!
        メガネを使えばいいのだけれど、それだとあの長編を
        読み通すのに、メガネをかけ続けなければならない。
        平成の文庫だって6冊。生きてるうちに「宇治十帖」
        までたどり着けるかどうか・・あやしいのに。

Filed under: 本、小説、詩  タグ: — tomi 07:15

彩雲

   1-DSCF9299  1-DSCF9300

   1-DSCF9305  1-DSCF9304

           今朝6時の山荘の気温 9℃、くもり。

     『彩雲』というらしい。 午前10時ごろ、南東の空に現れた虹の
     ような現象。ネットによると ───

     < 仏教的に特別な時によく見られる現象として認識されていて、
     「景雲」や「慶雲」、「瑞雲」などとも呼ばれている。阿弥陀如来
     が菩薩を随えながら五色の彩雲に乗ってくる図なども描かれており、
     昔から瑞相(良いことが起きる前触れ)の一つと言われ、この現象
     が現れる事は吉兆だと言われている。 彩雲は、太陽の近くを通り
     かかった雲が、緑や赤に彩られる現象である >

     今日一日、良いことがあるといいですね(今のところ何もないが)。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「かなり珍しい写真で、必ず良いことが起きます!
         仕事で、今(PM:8時)戻りました」
                         ─── 村人・A

Filed under: お便り,天気、星空  タグ: — tomi 14:50

   1-140511-14
                    1-140511-2
                    (掲載写真は2014・5/14)

       今朝6時の山荘の気温 6℃、晴れ。

       パソコンの操作が突然わからなくなり、早朝から七転八倒、
      今朝撮ったはずの写真が行方不明に。こういう事態がこれから
      も続くのかとおもうと暗い気持ちになる。
       そういえば最近、子供の頃の夢をよく見る。忘れていた事や
      思い出せなくなった人々が、突然夢の中に現れる。ふしぎだ。
                   *
       目の前に読みかけの本が数多く積まれている。続きを読もう
      という意欲がわかないので、そのままになっている。
       残り少ない日数、最後にもう一度読みたいのは『源氏物語』。
      読み通せるかわからないが、なんとか「宇治十帖」までたどり
      着きたい。

   1-DSCF9281  1-DSCF9282

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「ジイ、やったぜ! 午後からお休みじゃ! 理由は
        いうに言われぬ女の武器(つきのもの)」
                   *
        「事務所を出たとたん、ルンルン気分で身も軽く!」
                   *
        「ただ、休み明けは暗い顔して出社しないとな・・」
                         ─── 仙台姫

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         上司に、どんな顔して理由を報告したのか・・
        役者じゃのぉ~。 社内で、この欄のぞいてる人が
        いたらバレバレだぞ。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「ジイ、『時代屋の女房』観たよ。なんかさぁ~
         自分のこと見られてるようでさぁ」
                        ─── 仙台姫
          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          だいぶ前(相当むかし)、夏目雅子さんが存命
         だったころ観た記憶があります。あの頃の彼女は
         輝いてましたね。
          「涙つぼ」、有ったら欲しいよ。 爺も涙もろく
         なりましたんで。

Filed under: テレビ、映画,未分類  タグ: — tomi 09:29
  • 2020年5月
    « 4月   6月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー