今年は春が早いらしい

               1-DSCF8832

        今朝7時の山荘の気温 -2℃、晴れ。積雪:50cm。

        写真は雪の上に残る「エゾユキウサギ」の足跡。手前から
       奥(上)に歩んでいる。

             1-DSCF8831

     一気に春のような陽気。白樺の花粉が飛び始めるのも早いかも知れない。
    街中に買い出しに行ったおり、花粉予防のためのマスクを買い求めようと
    したが、どこも品切れ。北海道の小さな町にも、コロナウイルスの影響が
    伝わってきているようだ。
     で、どうしようか、クシャミも出始めたし眼も痒くなってきた。 そこで
    考えたのは、使い古しのマスクの内側にティッシュペーパーをはさんだが、
    これが割といい(写真・上)。 汚れたらティッシュを替えるだけで済むし、
    それほど息苦しくもない。 今年は春が早いらしい。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「写真のウサギの足跡の件ですが、向こうの森から山荘の方に
       向かって来ています。同じスピードでまっすぐ進んでいるのが
       不思議です。
        ウサギの足跡を見ると画家の熊谷守一を思い出します。彼は7
       年間アリを観察しつづけ、アリが動き出す足の第一歩が、どの
       アリも同じである事を発見しました」
                            ─── 村人・A

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       先ほどから部屋の中で四つん這いになり、ウサギになったつもりで
      飛んだり跳ねたり何度もしてみましたが、どうもウサギになりきれず、
      つまり後ろ足(左右に開いた足跡)が着地する時の前足の位置が思い
      描けず、そのうち酒の酔いもまわり・・もうどうでもよくなり死んだ
      ふり。

Filed under: お便り,季節、四季  タグ: — tomi 12:45
  • 2020年2月
    « 1月   3月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー