財布を忘れ、・・も忘れ

   1-IMG_20191104_103829    1-IMG_20191104_104051

   1-IMG_20191104_104240    1-IMG_20191104_104755

       今朝6時の山荘の気温 1.6℃、曇り。

      毎週一度、街のスーパーに買い出しに行く。大半は酒とそのツマミ
     のたぐい。
      ところが今日、レジで支払いをしようとしたら、財布を忘れてきた。
     買い物かごを預かってもらい、家まで戻り、もう一度10kmの道を
     往復。つごう40kmを車で走らせたことになる。
      そろそろ運転免許を返納する年頃だと自覚していたが、買い物に行
     くのに財布を忘れるとは・・ボケの進行も予想外に速くなっている。
                    *
      久しぶりに外出したので、帰りに近くの丘を巡ってきた。カラ松の
     紅葉が美しく、カメラを持ち合わせていなかったので、手持ちの携帯
     (ガラ携)で撮ってみた。美瑛の秋は、そろそろラスト・ステージに
     入ったようだ。 来週は初雪の予報も出てきた。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「爺、お晩でヤンス。物忘れはね、ボケとは違うんだよ。
       夜中に艶めかしい夢を見るでしょう? アチキの夢とかね。
       それは正常なんだからね、男としてもね」
                    *
        「小姫がね、台風被害で、お姉ちゃんの会社が大変だろう
       って、3日ほど仙台に戻ってくれた。あの子はね、人がどう
       困ってるか、すぐ分かるんだよね。 助けられたよ」
                            ─── 仙台姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「サイフを忘れるのは普通です。サザエさんも忘れてます」
                    *
          「八千草薫と倉本聰の話を一年続けてください」 
                           ─── 村人・A

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         物が欲しい、その代価としてお金を払う。その代価を
        忘れるなんて・・幼児以下! 困ったものです。
                    *
         仕事で連泊されているお客さんが、早朝まだ暗い内に
        お出かけになる。その方のために、毎朝コーヒーを煎れ
        てお出ししている。ところが今朝、目が覚めたら窓の外
        がもう明るい。「シマッタ!」と台所に行くと、コーヒ
        ー茶わんやスプーン、サイフォンなどが、きれいに洗わ
        れ、片付けられていた。
         そういう一連の動作や、お客様が出かけた後のことを
        すっかり忘れている。オツムが壊れかけ始めた。
         村人さんからの昨夜のメールも、すっかり忘れていて、
        きょう(5日)初めて気づいた。お便りを送って下さっ
        ても返事がないときは、もうオツムも修復できないほど
        壊れているとお察しください(この項、5日記載)。

Filed under: 山荘周辺  タグ: — tomi 17:20
  • 2019年11月
    « 10月   12月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー