『赤ひげ・2』

               1-1-DSCF2679

    「おじさん、『赤ひげ・2』、観ました? 原作は厚さ1cm程の文庫本なのに、
    前回は8回シリーズ。そして、今回も8回シリーズ。脚本を原作のどこから引っ
    張り出してくるのか不思議です」
                      *
    「脚本家の腕の見せどころなんでしょうか、そういえば、倉本聰さんが昔、他の
    山本周五郎さんの小品をつなぎ合わせ、半年間の『赤ひげ』作品にしたそうです
    ね。プロの脚本家には、魅力的な作品なんですね」
                      *
     「佐津川愛美さんが出てましたね。『あだこ』にも出てました。あの作品が
     大好きです。周五郎さんらしくて暖かくて、涙をそそられます」
                                 ─── 小姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       第一回を昨夜観ましたけれど、あんな話が原作にあったかな~って。
      でも、そういう詮索は必要ないくらい良かったですね。
       佐津川さんが生まれた頃は、爺はもう静岡市にはおりませんでしたの
      で、存じあげません。ただ、TVドラマ『最後から二番目の恋』を拝見
      した時には、どことなくなつかしい気もしました。

Filed under: テレビ、映画  タグ: — tomi 15:18

銀幕のヒロイン

  1-1-DSCF5443   1-DSCF5445  1-1-DSCF7674

  1-DSCF5446  1-1-DSCF5460  1-DSCF5821

      1-DSCF5820-001    1-DSCF5720

       1-DSCF7345      1-DSCF5203

       1-DSCF5033      1-DSCF5029

             今朝6時の山荘の気温 5℃、曇り。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「おじさん、おはようございます。毎日肩を落としている様子が
      目にうかびます。ミーちゃんも、雲の上から心配してますよ。
       愛くるしく賢い猫ちゃんだったんですね」     ─── 小姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「死んだ子の歳を数える・・」といいますが、横浜から
        越してきた頃の写真を見ては、悲しみが増します。
         最初に写真を撮ったのが、2016年10月とあります
        ので、ちょうど3年間、美瑛の山荘にいたわけです。
         美瑛に来たころの最初の写真(下)。まだやせ細っては
        いましたが、活発に動き回るネコでした。 部屋のドアの
        ノブに飛びついては扉を開ける、賢い猫でした。

     1-DSCF4920   1-DSCF4919

     1-DSCF4918   1-DSCF4928

        山荘の玄関前のポーチに敷いてあるレンガがお気に入りで、
       そこでゴロゴロするのが好きだった(写真・下)。

    1-DSCF4949  1-DSCF4952

             1-DSCF4951
 

Filed under: 動物  タグ: — tomi 08:39
  • 2019年11月
    « 10月   12月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー