みゃーお!

             DSCF0007-002
                   (6/1)

     「おはよう、爺。最近、何読んでる? 仕事上の文字や数字ばかりで、
     頭がデジタル化しちゃって最悪だよ。
      こんな仕事ばかり続くから、お酒の量が増えて困ったもんだよな」
                            ───仙台姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         なんだかんだ言っても、お酒が好きなんでしょう?
                    *
         2.3日前から、藤沢周平の『本所しぐれ町物語』
        読んでます(新潮文庫 ¥590)。
         物語性の弱い市井の人々の日常の話しですが、面白
        いですよ。 作者も楽しんで書いてるようです。 まだ
        最初から1/5ほどですが、昨夜読んで面白かった所
        を以下に(写真で撮れたら楽なんですがね)───

         ‘ ・・・ふふと、おもんはふくみ笑いをした。
        「それなら心配いらないのよ。旦那は他行中で、あと
        半月ほどは来ないもの」
        「またにしよう」
        と栄之助は言った。おもんの誘いは浮気ごころを掻き
        たてるが、栄之助は踏みとどまった。おもんの旦那が
        こわいこともこわいが、女房の家に浮気の詫びを言い
        に行った、その帰り道だったことも思い出している。
         分別はよろめきながらもどって来たが、栄之助の気
        持ちはまだくすぐられたように浮き立ったままだった。
        折をみてぜひ遊びに来てくれと念を押し、水路わきの
        道をもどって行くおもんのうしろ姿にむかって、栄之
        助は浮き浮きと呼びかけた。
        「たーま、たま」
         振りむかずに、おもんがみゃーおと答えた。
        「たーま、たま」
        「みゃーお」
         おもしろい女だよ。歩き出しながら栄之助はくすく
        す笑った。とてもウマが合う女に出会ったような気が
        して、気分はいっこうに静まる気配がなかった ’

         この文章の前には、「おもん」は人の妾であること、
        「たま」はそのおもんが飼っていた猫で、おもんが探し
        に来たことが記されている。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「爺、その本、帰りに買ってくるから、あまり読み
         進まないで。一緒に読もう」    ───仙台姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         姫が喜ぶような色めいた場面はまったく無いからね、
        やめときな。先の長くない爺には、しっくり響くものが
        あってね。人ごとじゃないみたいな物語ですよ。

Filed under: 未分類  タグ: — tomi 10:13

『 蝉しぐれ 』

  DSCF0060
                    DSCF0071-001

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     「おはよう、爺。 昨夜、『蝉しぐれ』の最終回、再び
     観たんだけど、二人の逢瀬、そのあとの別れのシーン、
     泣いたね(三十路女を泣かすんじゃないよ!)。
                  *
      「お福(水野真紀)さんのセリフ ───

      『 文四郎さんのお子がわたくしの子、わたくしの
      子が文四郎さんのお子であるような道は、なかった
      のでしょうか 』

       アチキも、こんな言葉使ってみたいよ」
                  *
      「ところで爺、お福さんが別れ際に櫛を置いてゆく
      よね。櫛は女の命、その命を置いて行くってことな
      んでしょう?」         ─── 仙台姫

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      そうでしょうね。これから仏門に入り、髪を下ろさな
     ければ(剃髪)ならない。そうなれば、もう櫛は不要な
     わけで、ある意味、もう女ではなくなる。その最後の女
     の形見を受け取ってほしいという・・・泣けるよね。
      どうでもいいことだけど、水野真紀さんは当たり役で
     したね。 原作を読んだ時は、どうも「お福」のイメージ
     がわかなかった。
      どうでもいいことだけど、主題曲もいいね。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「主題曲『遥かな愛』、いい。 今度カラオケで
      歌おうかな。でも後半のサビの部分 ───

         ♪ 花を抱きしめ 踊りだすのよ
                  あなたと 一緒に

       音程が高い! ここだけピッチ低くしたら不気味
      だしな~。小姫が夏休みに帰ってきたら相談しよう」
                      ───仙台姫

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         それより、小姫が夏休みに帰ってきたら、
        クラリネットで伴奏してもらいな。ピッチ
        少し下げてもらってさ。
         カラオケに、ピッチ下げる機能もあるん
        じゃないの?

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「おじさん、おばんです。お姉ちゃんからのメール
     で 『蝉しぐれ』というドラマの主題曲『遥かな愛』
     の伴奏するようにと」
                 *
     「先ほどからネットで調べてましたが、いい曲ですね、
     採譜も終わりました。ピッチを下げると歌いやすいか
     も知れませんが、それだと曲の良さが失われます」
                 *
      「大丈夫、少し発声練習すれば歌えます。 それには
     お酒を控え、肺活量を増やす呼吸訓練すれば何とかな
     ります。 私もその本、読んでみたいです」
                      ─── 小姫

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     蛇足ですが、おじさんもネットで調べたらフラット(♭)
    が3個ある譜面の一部を見つけました。小姫なら、音を探
    せば分りますよね。
     授業についてくのが大変な様なので、原作本を読むより
    お姉ちゃんの所に、だいぶ前NHKでテレビドラマ化した
    のが録画してあるそうです。夏休みに観せてもらいなさい。
     小姫のクラリネット伴奏でお姉ちゃんの歌う『蝉しぐれ』、
    おじさんもぜひ聞きたいですなぁ。

Filed under: テレビ、映画  タグ: — tomi 10:38

おてんとうさま

            DSCF0059
                 (6/14)

      「おじさん、こんにちは。体調は小康状態のようですね。
      気分の良い時は、外に出て30分位陽の光を浴びると良い
      そうです。無理のない程度で」      ─── 小姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       言われて外に出て、草取りでもと・・・やってはみたけど
      30分がちょうど限界でした。ブルーベリー畑は雑草に覆わ
      れ、そのまま草の上に寝転んでしまった。 一緒に外に出た
      ミーシャ、爺の周りをウロウロ。この人が倒れたら、アチキ
      はどうなるんだよ~と、心配なんだろうな。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「おはよう、爺。 先週19日の「報告」だけどね、
       アチキも気になって録画してあった『蝉しぐれ』観た
       んけど、遺体を載せた大八車を坂道で押すシーンは、
       前後じゃなく、前を二人で引っ張る場面だったよ。
        映像としては二人で前の方が、表情が画面に出て
       いいけどさ」      ───仙台姫(6/25)

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        爺も録画してあった番組で確認したけど、荷車の前を
       二人で曳いてました。 原作はどうかと調べたけど本が
       見当たらない。
        後ろを押すとなると、目の前に死体の足が見えるので
       これでは生なましすぎると前にしたのかも知れないね。

Filed under: 未分類  タグ: — tomi 18:40

猫はネズミを捕ることを忘れ・・てしもぅた

   DSCF0047
        (6/13)
                     DSCF0010
                           (6/2)

             1-DSCF8265
                   (今朝)
 
            今朝7時の山荘の気温 15℃、晴れ。

          暑くもなく、寒くもなく、風はそよそよ 控えめ。
         一年で一番すごしやすい季節だと、猫のミーシャ嬢
         も言っておりました。

   1-DSCF8236    1-DSCF8237

             1-DSCF8238

Filed under: 動物,季節、四季  タグ: — tomi 11:12

エゾシカ・・が

 
            1-DSCF8264

        何をどう迷ったのか、エゾシカが一頭、庭に現れた。
       角が生えてないのでメスだろう。鹿が好むようなものは
       何もないのにね。
 

Filed under: 動物  タグ: — tomi 13:39

ミーシャ近況

   1-DSCF8257   1-DSCF8262

     遠く離れた娘が、「父の日」のお祝いにと贈ってくれた荷物の空箱に
    猫のミーシャ嬢が入り込み。小さな箱の何が気に入ったのか、なかなか
    出てこない。 体を丸くして・・御満悦。
     娘が可愛がってた猫だけに、何か感じるものがあったんでしょうか。

   1-DSCF8258   1-DSCF8261

   1-DSCF8260   1-DSCF8259

Filed under: 未分類  タグ: — tomi 12:02

鶴岡~海坂藩

   1-DSCF8255
                     1-DSCF8256

            今朝7時の山荘の気温 15℃、晴れ。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「おはよう、爺。昨夜の地震だけどね、仙台も小姫のところも
      揺れは少なかったから、心配いらないよ」
                    *
      「ところで、山形の鶴岡っていったら、藤沢周平の小説に出て
      くる 『海坂藩 』だよね?」         ───仙台姫

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       奥羽山脈で分かれてるから、仙台までは揺れは届かなかった
      んだろうね。
       鶴岡って聞いて、『海坂藩』 が出てくるところは、さすが
      藤沢ツウです。
       昨夜、地震のニュースの時、『蝉しぐれ』 で 「おふく」が
      坂道を、遺体を載せた大八車の後を押す場面がふと思い浮かび
      ました。 鶴岡── 海坂── 蝉しぐれ、と、意識が勝手に巡った
      ようです
      

Filed under: お便り,テレビ、映画  タグ: — tomi 07:44

ミーシャ嬢のお母さんへ(2)

    1-DSCF8225   1-DSCF8226

      (1)の写真より、ほぼ1ヶ月後(6/7)。 若草の中でのんびり。

    1-DSCF8227   1-DSCF8228

    1-DSCF8229   1-DSCF8230

    1-DSCF8231   1-DSCF8232

    1-DSCF8233   1-DSCF8235

Filed under: 未分類  タグ: — tomi 07:16

ミーシャ嬢のお母さんへ(1)

    1-DSCF8209   1-DSCF8210

       雪解けが終わった頃(5/9)のミーシャ嬢。  恐る恐る表に。

Filed under: 未分類  タグ: — tomi 06:59

生後 一ケ月?

    1-DSCF8219   1-DSCF8222

       窓際で猫のミーシャが、全身を硬直させてるので、どうしたかと
      外を見ると、キタキツネが。 体の大きさからすると今年生まれた
      ばかりのようだ。
       キタキツネは例年5月の初め頃に生れるから、まだようやく生後
      一ケ月といったところか。親ギツネから、この山荘周辺を縄張りと
      して受け継いだのかもしれない。 ・・・名前をつけてやらんとな。

    1-DSCF8221   1-DSCF8220

    1-DSCF8223   1-DSCF8224

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「おじさん、おはようございます。肺の検査、悪化して
         なくて安心です。
          ところで、昨日のキタキツネですが、誕生一ヶ月では
         なくて、一年の間違いでは? 前に誕生4ケ月の写真が
         この欄に載ってますが(今年4/3)、比べると大き過ぎ
         るように見えますが・・」    ─── 小姫(6/2)

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         小姫、おはよう。写真で比較してみれば、生後一ヶ月に
        しては大きいですが、実際に見た感じでは、体調60cm
        程でした。一歳を過ぎると親ギツネと区別がつかないほど
        成長しますが、どうもこのキツネ、顔を見ると可愛らしさ
        無く、雨に濡れたせいか、みすぼらしいですね。

Filed under: 動物  タグ: — tomi 10:22
  • 2019年6月
    « 5月   7月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー