大雪山

DSCF7594
                 DSCF7591

         DSCF7590

        今朝7時の山荘の気温 8.8℃、晴れ。

 掲載写真は昨日の続き。十勝連峰の北の端、大雪山は山荘の窓からは
裏の丘にかくれ望めない。だから小高い丘に上がると、久しぶりの友に
でも会うかのように気分が高揚し、ついカメラを向けてしまう。
 十勝連峰のように南北に連なる山々とちがい、大雪山塊というように
ひと塊にまとまっているので、表情がとらえにくい。美瑛からだと旭岳
が表の顔として鎮座している(写真・右側が旭岳、北海道の最高峰)。

DSCF7584  DSCF7606

  猫のミーシャ嬢、雪が融け暖かくなってきたので、山荘の周囲を
 嬉々として走り回り、遠出をしたりと・・・思いきや、あまり外に
 出たがらない。老いたかとも思ったが人間だとまだ30代。老ける
 ような歳ではない。
  気になるのが空の上。最近、タカなのかワシなのか、大きな鳥が
 しきりに山荘の上空を舞う。翼を広げると2m近くになり、足の爪
 も大きく鋭そうだ。猫ぐらいなら二つの脚でワシづかみ、さらって
 いきそう。
         DSCF7582
        (怖々。のんびり昼寝もできない?)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「おはよう、爺。ソウ状態じゃな。やめとき。
     またすぐウツになるぞ。ほどほどにシヤンセ!」
                    ─── 仙台姫
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        仙台姫から、篤姫になりもうしたか。

Filed under: お便り,動物,風景  タグ: — tomi 08:41
  • 2018年4月
    « 3月   5月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー