ボチボチ・・と

DSCF7580
                  DSCF7581

         DSCF7583

        今朝7時の山荘の気温 5.0℃、晴れ。

 体調がおもわしくなく、終日ゴロゴロしておった。「死んじゃった?」と
いう嬉しそうなメールも届いたけど、‘ 生きとるわい!’ と返信しておいた。
すると返事が、「この春もつまらん春じゃの~」。
 毎日この欄に、近況をアップするのが面倒くさくなり、だからボチボチと。
そのうち、そのボチボチが、ボチ~となり、ボ・・チ・・となったあたりが
臨終だろうかと。
 写真は、2,3日前の春の雪。朝晩はまだまだ氷点下の美瑛。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「爺、抗うつ剤が効いたようじゃの。しばらく山荘を離れな」
                        ─── 仙台姫
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      暖かくなり、庭仕事でも始めたら良くなるとおもうよ。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「昔、根津甚八に似てると言われた事があります。
       得意になって似た服装を探しましたが止めました」
                       ─── 村人A
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ネットで写真を探してみました。言われてみればなるほど・・。

          o0480032013841574748
             (若き日の根津甚八)

      亡くなられていたとは知りませんでした。 出生地が
      山梨県・都留市、私の故郷の近くです。
      深沢七郎といい、根津甚八といい、世の中を斜に構え
      て生きた人が、あの辺りには多いですね。私などは後ろ
      ばかり向いて生きてきましたが、真っすぐ前を向いては、
      恥ずかしすぎて生きられなかった(?)。

Filed under: お便り,季節、四季  タグ: — tomi 14:16
  • 2018年4月
    « 3月   5月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー