春の雪

DSCF7566  DSCF7567

    今朝7時の山荘の気温 -0.2℃、晴れ。積雪:少し。

DSCF7569  DSCF7570

DSCF7568  DSCF7571

         DSCF7572-001
          (最初の写真より数分後)

    春雪、春の雪、小説の題名にも登場しそうな朝でした。
    午前9時のいま、雪は跡形もなく融け、いつもの北国の
    遅い春の風情です。ただし気温は低く、暖房用ボイラー
    は夜通し、いまも稼働しております。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   「爺、春じゃのう~。‘ 春雪 ’ なんて気取るんじゃないよ。
   もう歳なんだし、山荘は息子さんに任せて、静岡に戻りなよ。
   養生が大切なんだからさ」
                *
   「『竜馬がゆく』、文庫の1冊読み終わって、2冊目ジャ。
   こんなに夢中になって読んだ本、久しぶりじゃ」
                       ─── 仙台姫
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       姫も ‘ 歴女 ’ の仲間入りしたようですな。
      日本史は、幕末がおもしろいですからね。

Filed under: お便り,天気、星空,季節、四季  タグ: — tomi 09:35
  • 2018年4月
    « 3月   5月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー