(休)

1-DSCF3414
                 1-DSCF3417

   今朝7時の山荘の気温 -12.7℃、雪。 積雪:90cm。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「おはよう、爺。一昨日の東山さんの京都の絵だけどね、
   手前の一軒の家の窓に、うっすらと灯りが点いてる」
                *
    「他の家々の灯りはもう消えてる。大晦日の年越しの
    準備がまだ残ってるんだろうね」
                *
    「それとも借金抱えて、一家心中の準備でもしてる?」
                     ─── 仙台姫
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   一家心中は別として、つい目が止まりますね。あの灯りが
   有ると無いとでは絵の(心情としての)奥行きがまるで違う。
   複製でいいから、手元に置いておきたい日本画です。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     「爺、アノ灯りはね、結婚したばかりの若夫婦の、
     閨の営みなんだよ」        ─── 仙台姫

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       ほう、やはりそっちにもってゆきますか。
      どうでもいいけど、仕事しな!
                *
            姫、これから除雪。

Filed under: お便り,音楽、美術  タグ: — tomi 11:07
  • 2018年2月
    « 1月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー