長くはあるまいと・・

DSCF7329
                  DSCF7328

  今朝7時の山荘の気温 -11.1℃、雪。 積雪:90cm。

 昨日(除雪作業後)から新たに10cm以上の積雪。だけど当分もう
雪かき作業はしないと決めた、生活に支障が有ろうと無かろうと。
 体がノンと背を向けてしまい、逆らえない。 熱はないが、クシャミと
セキとで打ちひしがれ、もう長くはあるまいと、昨夜から浴びるほどに
飲みはじめた。酒ビンに今生の別れだと言い聞かせながら。
 写真・左上は窓際まで迫ってきた積雪。屋根から落ちてきた雪も含め
2m程の高さ。写真・右下は足元の足温マットを占領しているネコ殿。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「爺、生きとるかい? 死んだ? 葬儀はいつじゃい!」
                *
    「仙台は51cmの大雪! 明日は仕事、休みじゃ!」
                      ─── 仙台姫
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
     ウソをつけ! ネットで調べたら15cmじゃろう。
     数字を反対に読むな!

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「爺、小姫の所 55cmだって。反対に読んでも
      同じじゃ。 あの子、猛勉強シチョルそうじゃ」
                *
        「遊びたい年頃なのにね、エライよ!」
                     ─── 仙台姫
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     姫みたいに遊んでばかり、上司をアゴで使う女性も
     エライもんだ。いつか姫に首輪をつけ、引きずり回す
     ような男が現われるといいね(そんな男いるかな?)。

Filed under: お便り,日常生活  タグ: — tomi 09:16
  • 2018年2月
    « 1月   3月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー