連日の -20度

         DSCF7300-001
            (Am 2:10)

   今朝7時の山荘の気温 -20.1℃、晴れ。積雪:70cm。

 連日の-20度越えの朝。
夜更けにトイレに起きると、月明りが雪上を照らし、夜とは思えない風情。
写真はそのとき撮ったもの。窓をすばやく開け、震えながらシャッターを
押す。
 
DSCF7297  DSCF7298

 ミーシャ嬢、四六時中寝ておる。でも何を感じるのか、ときおり激しく
走り回ることがある。ストレスでも解消しているのか・・・でもその前に
猫にもストレスなんてあるんだろうか。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  「おはよう、爺。明け方、W・カメラに幽霊みたいな明かりが
  写ってるけど・・やはり~~ ユウレイ?」   ─── 仙台姫

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         L0610
         (Am6:10、W・カメラ)

   たぶん郵便配達の車の明りだと思われます。私道の入り口に
  冬季用の新聞受けがあるんですが、配達の方(女性)が懸命に
  ハンドルを切りながな、山荘まで毎朝届けてくれます。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「爺、最初の写真だけどさ(2時10分の)、中央に
    写ってる緑色の光、アレ間違いなく幽霊だぞ! だって
    同じ時刻の W・カメラには写ってないもん」
                      ─── 仙台姫
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     どうしても幽霊が見たいわけか。爺が撮った2階の
    窓と、W・カメラが設置してある窓とでは、15m位
    の距離がある。同じ時刻ならば、ほぼ同じ風景が写る
    はずだけど、冬は木々の葉が落ちる。夏場なら木々の
    葉に隠れて見えないものが、冬場だと木々の間を通し
    て見えてくる。
     つまりあの青白い光は外灯かなんかで、見る角度に
    よって、見えたり見えなかったり・・・。でも、時折
    夜中にトイレに起きるけど、あんな光は初めて。
     ・・・・かもな。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     「爺、昨日の写真だけどね、車の反対側(左側)に
    大きな雪の跡があるけど、もしかして熊の足跡?」
                    ─── 仙台姫
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DSCF7296  DSCF7305
      (これね)         (先ほど撮ってきました)

      昨日まで滞在していた『冬ソナ』の男性のほうが、
     「かんじき」を付けた長靴で歩き回った跡。熊では
     ありません。台湾生まれなので、深い雪が珍しいん
     でしょう。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「素朴な筆問ですが、ミーシャ嬢、-20度の世界で
    どのくらいもちますか?
    かんじき懐かしいですね!〇〇山荘の裏山をラッセル
    したのが思い出されます。あの当時のかんじきまだあり
    ますか?
     博多も寒い、半島からくる寒気が厳しいようです。
     元気で混合不凍液も注いでいます」
                  ─── ヒ~オイシャン
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   オイシャン、お久しぶりです。かんじき、まだ有りますよ。
   ミーシャ嬢ですが、外に出たがるので時々出してやりますが、
   出したのを忘れてしまい、30分位して中に入れてあげる事
   もしばしば。玄関わきのポーチで前足を立て、窓ガラス越し
   にジッと室内を見て、開けてくれるのを待っています。寒さ
   に強い・・というより、我慢強い猫です。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「ヒェ~! 博多のジジイ、まだ生きとったか。
      元気じゃのォ~。ところで ‘ 筆問 ’ って何の
      こっちゃ。 オツムはもう大分いかれチョルな」
                     ─── 仙台姫
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     爺も最初、間違いではと思ったんですが、ネットで
    調べたら『筆問筆答』という四文字熟語があります。
    そうとう古い言葉のようです。PCで「ひ」と「し」
    を間違えて打ち込まれたのでは?(失礼!)

Filed under: お便り,動物,天気、星空  タグ: — tomi 11:09
  • 2018年2月
    « 1月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー