夜明け前

DSCF7277
                 DSCF7276

   今朝7時の山荘の気温 -16.2℃、晴れ。 積雪:70cm。

  午前4時まえ、まだ暗いうちに目が覚め、そのまま朝を迎えた。
  満天の星空。南の空低く明るい星が輝いていて、はて、アノ星は
  なんだっけ。真冬の南の空といえばシリウスだが時刻は夜明け前、
  春の星座が広がっていてもおかしくない。白く明るく輝いていた
  ので、木星か土星だろうか。
  子供の頃は天文少年だった。星座の20~30は覚えていたが、
  今は10もあやしい。 星空を見上げることも少なくなった。
  写真は午前6時45分頃の東の空。 下は10分後の明け空。

         DSCF7278

      小姫へ、今朝の計測数値は当てになりません。
      寒くて、夜明け前から一杯飲んじゃったので。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「おはよう、爺。藤村の『夜明け前』読んだことある?
    アチキはないけどさ」        ─── 仙台姫

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     爺もない。高校時代、クラスの友達に勧められてね。
    「我はエタなり・・」とか言って、己の手を刃物で切り
    つけ、「同じ赤い血が流れているんだ!」とかいう内容
    だそうで。話を聞いただけで怖くなり、読むのを止めた。
    あれは『破戒』だったかな、記憶はアイマイ。
    あの頃はまだ純でしたので詩集なんかは読んでました。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「爺、アチキも歴女になる。どこから始めたらいい?」
                      ─── 仙台姫
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     どこからって・・、姫はイギリス留学してたから
     英国史でもやったら?

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「ちゃうちゃう、日本史のどこからってこと。
     イギリスの歴史なんて血みどろの歴史だからね」
                *
     「今の中東問題だって、元は英国の汚い二枚舌
     外交が元だし、アヘン戦争だってそう。イギリス
     ぐらい汚ねえ国はねぇ!」    ─── 仙台姫

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     言われてみればね。『アラビアのロレンス』という
    映画が昔あったけど、英国外交は狡猾だわな。思い
    出した・・・何だっけあの条約、(間)。ネットで
    調べて思い出した、「バルフォア宣言」(今の中東
    問題の原因を作った大もと)。
     ええっと・・・そう、日本史なら卑弥呼あたりから
    始めな。爺は高校時代に使ってた日本史と世界史の
    教科書を今も使ってる。現代史はソ連の「人工衛星
    打ち上げ」(1957)で終わってるけどね。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「おじさん、おばんです、地震感じました?
      こちらも美瑛と同じ震度2」   ─── 小姫

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       無感。テレビに緊急地震速報が出たので
       じっと身構えてましたが、何も感じなくて
       ガッカリ。震度2では感じない体になった
       かと、またガッカリ。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「仙台は震度1だけど感じたぞ~!」
                   ─── 仙台姫
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        姫、その震度1は地震の振動じゃなくて、
       姫の部屋だけの振動なんだよ。

Filed under: お便り,季節、四季  タグ: — tomi 09:05
  • 2018年1月
    « 12月   2月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー