続きは来春に

 DSCF7011
   (新聞配達車のタイヤ跡)
                    DSCF7012
                       (玄関脇のヒソップ)
   今朝7時の山荘の気温 -3.2℃、小雪。

  昨日午後から氷点下の気温が続いています。 いよいよ半年間の冬に入った
 ようです。 やっておかければならない事がたくさん有ったけど、それもみな
 雪の中へ。 続きは来春に。

 DSCF6883   DSCF7008

   猫のミーシャ嬢、霜の季節までは何とか外歩きしてましたが、その霜が
  雪に代わり、積もり始めると、もはや窓から恨めしそうに外を眺めるだけ。

 DSCF7006   DSCF7013

           DSCF7014
              (朝からふて寝?)

           DSCF7010-003

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「爺、お晩でヤンス。 アチキも宮沢賢治、観たよ。
       いつもは辛口の磯田さんも、賢治にはデレデレなんで
       おどろき」
                  *
       「30代で死んじゃうなんて若すぎだよ! 結婚して
      家庭を持って、子供ができて・・・あと20年は生きて
      ほしかったね」
                  *
       「小姫からメール無いの? どうしたんだろうね?
       もうすぐ 『赤ひげ』 始まるのにね」
                        ─── 仙台姫
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          年頃なんで、デートかなんかじゃないの。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「爺、泣いたよ~、ポロポロ 久しぶりに。
        小姫だけどね、祖父ちゃんの具合が悪くて
        いま一関に居るんだと」
                  *
         「でも心配ないそうで、明日には帰ると」
                       ─── 仙台姫

Filed under: お便り,動物,季節、四季  タグ: — tomi 09:12
  • 2017年11月
    « 10月   12月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー