131211-5
                 121202-4

    今朝7時の山荘の気温 2.4℃、雨。積雪:40cm。

  暖かい朝。 明け方、雨音で眼が覚める。雪ではなく雨というのは
  この時期としては珍しいのではないか。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「爺、お晩でガンス。 めりぃくりすます!」
                      ─── 仙台姫
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            ひめ、メリイ苦しみます!

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「爺、具合が悪いのか? 飲み過ぎ?」
                  *
          「吹雪で大変みたいね。 お酒飲んで
          布団かぶって、もう寝なさい!」
                     ─── 仙台姫
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        ここ数日、食欲が無くてね。今日、主治医が
       新しい薬を出してくれて、ようやく食欲も戻り
       元気になりました。

Filed under: お便り,天気、星空  タグ: — tomi 07:27

コップ一杯の不凍液

        111201-5

  今朝8時の山荘の気温 -0.4℃、曇り。積雪:50cm。

  気温が高く、屋根に積もった雪が落ち道路をふさいでいます。
 車庫から車が出せないのは、山奥に暮らす者には生活上致命的。
 これから除雪作業に入ります。水気の多い重い雪なので除雪機
 が悲鳴をあげそう。機械を操作する当方もコップ一杯の不凍液
 を腹に流し込んで、いざ出陣!
  とはいえ尻込みしつつ、先ほどからダラダラ窓から外を睨み
 ながら時間稼ぎしております。
  花びらのような、ふわふわした大きな雪が降ってきました。
 もう一杯不凍液を流し込み・・・さぁ始めますか。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「爺、おはよう。雪かき終わった?」  
               *
    「どうした? 雪上死? 不凍液がきれたか?」
                    ─── 仙台姫
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      不凍液は始めてすぐきれた。あとは酒ビンが
     目の前にちらつくのを眺めつつ、2時間ほどの
     苦行であったゾ。
      作業を終え、やれやれ一杯やってると、もう
     白い物が舞っておる。血も涙もない奴らだよ。

Filed under: お便り,天気、星空  タグ: — tomi 09:10

光あれ!

        DSCF7162

   午前11時の山荘の気温 0.2℃、晴れ。積雪:60cm。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「お~い、爺! 写真一枚だけでもって言ったけどさ、
   何かひと言ふた言、しゃべらんかぃ!」  ─── 仙台姫

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    じゃあ、一言、二言。
   今日は久しぶりに真冬日解消、風も無く暖かい日和です。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「爺、お晩でガンス。『赤ひげ』終わっちゃったね。
    祝言の場面、泣ける場面なのにアッサリ流しちゃった」
                *
    「いいなずけだった姉の ‘ ちぐさ ’ と対面する場面、
   『これで私も孫を抱くことが出来る』という父親の言葉、
    山本周五郎らしい泣ける場面なのにさ・・・」
                *
    「原作をもっと膨らませるような演出があっていいのに
   反対にアッサリ素揚げしちゃった感じ」
                *
      「爺、もう寝ちゃった?」  ─── 仙台姫

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      姫の言わんとするところ、よく分かりますよ。
     若いころ観たテレビでは、あの場面は原作以上に
     長く細やかな演出だったと記憶してます。
      長崎帰りの生意気な衣をつけた保本が、こんな
     にも人間の機微が分かるほどに成長したかという
     感動的な場面でしたからね。

Filed under: お便り,天気、星空  タグ: — tomi 11:06

かよいネコ

         121127-2
 
121127-1  121127-10

   今朝7時の山荘の気温 -12.8℃、曇り。 積雪:50cm。

  昼夜暖房されている部屋に居ると、外気の様子が視覚だけだと分かり
にくい。特に雪が深く積もると、寒いのか、それ程でもないのか、窓を
開けてみて初めて体感することがある。
  写真は前夜に降った雪が樹木に積もった様子。一見寒そうに見えるが、
この日の朝は-5度程で、それほど冷え込んだわけではない。水気が多く
暖かい雪質なので樹の枝にまとわりつき、写真のように見事な姿になる。
そもそも-10度以下になると、降る雪は木の枝にまとわりつかない。

DSCF7150  DSCF7151

  猫は寒さ嫌い? 雨や雪は嫌うはず・・なのに村人さんに不思議がら
れるように、ミーシャ嬢は雪などなんともないようす。 この日も除雪が
終わるのを待ち構えていたように外へ飛び出し、雪道を嬉々として外出。
どこへ行くのかというと、おそらく近所のオス猫の所へ。何といっても
横浜生まれ、ハマッコ娘。鼻息が荒いというか・・男まさり。この日も
一時間ほどして帰って来おった。見事な ‘ かよい妻 ’ ぶりである。

DSCF7152  DSCF7153

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   「おじさん、おばんです。 テープ、ありがとうございました。
   昨夜から繰り返し何度も聴いてます」
                 *
   「フルートが尺八、ハープがお琴なんですね。外国の演奏家が
   日本の曲を、これほど素敵に演奏するなんて驚きです」
                         ─── 小姫
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   かなり昔、レコードからダビングした物です。カーステレオで
  聴いていたため、テープがメロメロ、音質もひどいと思われます。
   おじさんが好きなのは『出船』。演奏してる二人がフランス人
  であることを、思わず忘れてしまいます。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   「爺、お晩でヤンス。BSの番組、観た? 最後の将軍・慶喜、
   晩年は静岡で過ごしてたんだよね。 爺も静岡に戻りたい?」
                         ─── 仙台姫
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   観ましたよ。番組に出てきた静岡駅前にある『浮月楼』、仕事で
  何度も行ったことがありますが、最後の将軍が居住していたことは
  残念ながら後で知りました。静岡市内の一等地なのに、庭がとても
  静寂で、いつ行ってもお客様の姿が無いのが不思議でした。
   姫も、御殿場に帰りたくなったんだろう?

Filed under: お便り,動物,天気、星空,音楽、美術  タグ: — tomi 10:46

アイマイ

         121127-9

   今朝9時の山荘の気温 -5.3℃、雪。積雪:40~50cm。

  朝6時ごろからの雪が次第に激しく降ってきました。昼ごろには止む
という予報ですが、除雪が必要かどうかは微妙。
  ネットやドローンが発達し、冬の間一歩も外に出なくても生活できる
ような日がもうすぐ訪れるだろうことを期待しつつ・・、でもそれまで
生きていられるかどうかは、これまた微妙。
  「微妙」というと一点に絞られるが、「曖昧」のほうが拡がりがあり、
いいかもなって・・無駄に時間を過ごしてる朝です。

DSCF7141  DSCF7143

    棒のような物はマタタビの茎。「猫にマタタビ」のアレ。

DSCF7142  DSCF7145    

   「香りはいいんだけど」       「美味しくないわネ」

DSCF7144  DSCF7146  

     「アキタ~」           「寝ようっと」

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「おじさん、・・・。『南部牛追い唄』の件ですが、
     ネットでの視聴、出来ませんでした。CDとかは発売
     されてないんでしょうか?」      ─── 小姫

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    調べたらCD化されてるようですよ。 なにせ半世紀近くも
   前(1969年)の録音ですのでね、でも当時は評判でした。
    もし手に入らなければ、カセットにダビングしたのが有り
   ますから、送ってあげますよ。

DSCF7157  DSCF7158

(当時のLPレコードジャケット)       (裏面)

Filed under: お便り,動物,天気、星空  タグ: — tomi 09:31

トンネル抜けた?

 111121-2
                   111121-1
 
    今朝7時の山荘の気温 -4.7℃、晴れ。 積雪:30cmほど。

   昨日は、ほぼ終日プラスの気温で経過。 降る雪も湿り気を帯びて重く、
  屋根に積もった雪の地上に落ちる響きは、どことなく春先のような明るさ
  がありました。でもまだ冬に入ったばかり。
 
 DSCF7132   DSCF7135

    暖かさに誘われた猫のミーシャ嬢、外に出たくて仕方がない。
   窓を開けてやると、しばらく逡巡していたが(猫に逡巡なんて
   言葉は似合わない? こわごわ・・か)。

 DSCF7133   DSCF7134

            意を決して雪の中へ!

   DSCF7136     DSCF7137

     ほんの数秒後、「中に入れてくれ!」と外壁にしがみつき。
    雪が冷たいものだと何度も学んだはずなのに、懲りないヤツ!
                 *
    DSCF7128    DSCF7126

   早々とクリスマスカード(兼年賀状)をいただいた。遠く海外から。
  香港を拠点とする航空会社の客室乗務員の方から。そういえば先ごろ
  北朝鮮のミサイルが落ちてゆくのを見たという飛行機があったそうだが
  彼女の乗務していた便だったかも。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   「コリャ爺々、まだ生きとったか。 小姫に訊いたら、毎朝血圧と
   体重の報告があるそうだから、心臓は動いていたわけだ」
                 *
       「香港の航空会社といえば、キャセイだろう。
       あそこの飛行機には絶対乗ってやらないから!」
                        ─── 仙台姫
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     思い出しました。採用試験受けたそうですね。学力(英語)
    容姿とも抜群だったけど、接客態度が乱暴だったとかで不採用。
    英語にも汚い英語ってあるんだろうね。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「汚い英語ってより、訛りのある英語はある。英国の
     南と北で発音が少し違う」
                  *
     「それより、アメリカのあの馬鹿男が使う米語、日本だと
    中学生程度の語彙力。あんな男を大統領に選び出すんだから
    あの国も地に落ちたよ」          ─── 仙台姫

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       爺には分かりやすい英語(いや米語?)だけどね。
      日本の総理大臣も、国会で小学生程度の言葉で話し
      たら、分りやすくていいんだけどね。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「爺、ウツだけどね、アルコール依存症が原因で
       なる場合もあるんだってよ」    ─── 仙台姫

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         だったら、姫もウツになってるはずだ。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「大統領の米語は、日本の社長に理解出来るような
      語彙を使い、親切なかたです」   ─── 村人・A

Filed under: お便り,動物,天気、星空  タグ: — tomi 07:45

運動不足解消

 DSCF7094
                   DSCF7093

   今朝7時の山荘の気温 -7.3℃、小雪。 積雪:10~15cm。

   昨日より10度以上冷え込んだ朝。 あの雪解けした道は新雪に覆われ、
  たぶん雪の下はツルツル、ガリガリ状態であろうかと。 このような道は
  車にとっては怖い。ふわっと雪の積もったその下はツルツル路面なので、
  ブレーキもハンドルも利かなくなる。 新聞配達の車もここ数日上がって
  こない。 配達人も冬の山荘の道を熟知しているからだろう。
   というわけで、これから徒歩で町道まで下り、朝刊を受け取りに行く。
  受け取るといっても誰かいるわけではないけれど、運動不足気味なので。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「おはよう、爺。 無理すんなよ、携帯忘れんなよ」
                        ─── 仙台姫
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          忘れませんよ。 命に係わるからね。
                  *
       今シーズン初めてかな、徒歩で町道まで雪道を往復
      してきました。 体力はまだ少し残っているようです。
      カメラを携えて行ったので、その時の写真を ───

 DSCF7097  DSCF7098

  防寒着に防寒靴、防寒帽、防寒手袋と、身体じゅう防寒だらけで武装。
  その割には余り寒さは感じませんでした。 まだまだ若いぞ!
  大陸からの季節風でしょうか、上空高く流れるような雲の筋が・・。

 DSCF7099  DSCF7105

   樹氷の奥に山荘の建物が。ロマンチックといえば・・・言える。

 DSCF7107  DSCF7100

   外気温 -8度ほど。それほどシバレないこの程度が、雪の姿が
   一番美しいようです。 写真・右は、雪の帽子のツルウメモドキ。

 DSCF7095  DSCF7101

       動物の足跡。 左はキタキツネ、右はエゾリス。

 DSCF7104    DSCF7102

                  とうちゃこ! 黄色の筒の中に朝刊。

 DSCF7103  DSCF7109

     帰り道。 足跡が乱れてはいるけど、酔っては・・いない!

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「おじさん、おばんです。 血圧の値は落ち着いてますが、
     寒暖差はよくありません。無理して外に出ないで、春まで
     お家の中で。階段を上り下りぐらいにしてください」
                          ─── 小姫
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      できるだけ外に出ないで、春まで閉じこもっています。
      最近、昼も夜も眠くて、冬眠状態になりつつあります。
      そちらは寒くはありませんか? ネットで天気や気温を
      チェックしてますが、仙台より寒さは厳しそうですね。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「コリャ、ジジイ! 小姫にはエラク従順じゃノ~。
      ところで、酔って外に出ないほうがいいぞ。 会社の
      *** が・・・・で入院したからな。 アホな男だよ。
      女房・子供がいるのにな~」     ─── 仙台姫

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      女房・子供がいるから、アホな事したいんじゃないの。

Filed under: お便り,天気、星空,山荘周辺  タグ: — tomi 07:56

2度の除雪は何だったのか!

 DSCF7092
                   DSCF7091

     今朝8時の山荘の気温 5.5℃、晴れ。積雪10cmほど。

  明け方、雨音で眼が覚める。ペアガラスの窓を通して聞こえてきたので
 相当な雨量だと思われた。そして先ほど(8時ごろ)外を見渡すと、一晩で
 様子が一変(写真)。こんな事になるなら、2度も除雪作業などしなければ
 と肩を落とす。
  これから車で下まで降り、朝刊を取りに行く。新聞配達の車が登って来れ
 ないというのが気がかり。

Filed under: 天気、星空  タグ: — tomi 09:01

私も猫になりたい

 DSCF7075
                   DSCF7072

   今朝7時の山荘の気温 -8.0℃、小雪。 積雪:30~50cm。

  昨日、今シーズン初めての除雪作業をしたばかりなのに、夕方から今朝に
 かけ、新たにまた雪、雪、雪。気持ちが折れてしまいそう。
  昨夜どの位また積ったのか、これから車で下まで、ついでに新聞を取りに
 行ってこようかと。連日の除雪作業だけは勘弁してもらいたい。

 DSCF7032
      (11/20)

          DSCF7070
               (11/26)

                   DSCF7074-001
                         (今朝)

 DSCF7069   DSCF7071

         猫はいいよな~。 猫になりてぇよ~。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     「おはよう、爺。 だからさ、冬の間だけでも仙台においで。
    雪は降らない、暖かい、酒はうまい、女は気立てがいいしね」
                         ─── 仙台姫
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       その気立てのいい女の中に、姫も含まれるのかい?
      ‘ ♪ 酒は美味いし 姉ちゃんはきれいだ~ ’ って歌が
      むかし流行ってたけどな。
       結局、今日も朝から除雪作業。 これから朝昼兼用の
      食事(お酒付き)、きれいな姉ちゃんいないのが残念。
                 *
 DSCF7077  DSCF7076
   
 4時ごろの夕景。 左は富良野方面、右は夕陽に照らされたトムラウシ山。

          DSCF7065-001

    2,3日前、旭川に行ったおり書店に寄り、文庫本を10冊ほど
   購入した。近くに古書店しかなかったので、一冊100円ほどの
   安価ながら割ときれいな文庫本を。 ただし、ひと昔前の本なので
   文字が小さい!
    古書を嫌う人が多い。誰が読んだのか分からない、汚れた指で
   ページをめくったかも知れず、その指はもしかすると舌で舐めた
   かも知れないと嫌われる。
    読んでいるうちに素敵な文章、胸を揺さぶる場面が現われると、
   前の所有者も、ここできっと心ときめかしたはずだと、おもわず
   仲間意識が芽生える。 投書の『ボロボロの文庫本』、素敵な光景
   に出合ったんですね。 気持ちよくわかります。

Filed under: お便り,動物,天気、星空,風景  タグ: — tomi 07:58

これから除雪作業

 121118-2
                  121118-3

   今朝5時の山荘の気温 -4.0℃、曇り。 積雪深:30cm 以上。

   今朝はこれから、明るくなり次第除雪作業の予定。 その後は未定。
 

Filed under: 天気、星空  タグ: — tomi 05:22
  • 2018年2月
    « 1月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー