1-114   1-115

   1-139   1-121

          今朝6時の山荘の気温 15℃、曇り~雨~はれ。

       目まぐるしく変わる空模様。セミの鳴き声が聞こえたり聞こえ
      なかったりで、雨が降ってるのかどうかが分かるという午前中。
                    *
       TVが2.3日前から映らなくなった。 BSはアンテナの向く
      方向の樹々が大きく育ち、地上波は強風のため、アンテナが壊れ
      たのが原因。 残る唯一の情報源は、このネット世界だけ。 この
      世界も落雷に弱く、いつ壊れるか知れず、残るは五感だけが頼り。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「ジイ、小姫が帰って来たよ~! 一関からいっぱい土産
       ぶら下げて。お姉ちゃん(アチキ)に持ってけって一升瓶
       までも。 重いはずだよ」
                    *
       「今夜は、本当はみんなが集まる予定だったけど、コロナ
       が怖い時期だから、とりやめ。電話であいさつすることに」
                          ─── 仙台姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「おじさん、お元気ですか? その後、認知症は進んで
        ませんか?  私のこと覚えてますか?」
                           ─── 小姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           覚えてるよ、オムツ着けてた頃からね。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「ジイ、明るいうちから二人で酒盛り。 辛口の
         美味しいお酒ゾネ! アチキもあの爺ちゃんと飲み
         たかったなぁ~」
                    *
         「小姫が小さな血圧計もってきて、これで毎朝計り
         なさいだと。 爺もやってるんだってね」
                         ─── 仙台姫

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          やってますよ。毎朝計って小姫に報告してます。
         このところ上の血圧が下がり気味なんで、降圧剤の
         量を減らしてますがね。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「ジイ、今朝の写真(左上の)、前に女の子の
          オッパイのようだって言ってたけど、ありゃあ
          お尻だね、ミニスカートなんか穿いててね」
                        ─── 仙台姫

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           いつの写真だったか調べたら、2004年
          8/22撮影とある。 あのオッパイ(お尻?)
          今は大きくなっただろうかねぇ。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「もう16年も前のオッパイ(お尻?)じゃ。
          今じゃシワも寄って、見るも無残! じゃろう」
                    *
          「誰か胸元を隠すとか、ロングスカートをはか
          せるとか・・してあげろよ!」
                        ─── 仙台姫

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          爺がどうこうしてやるわけにもいかんでねぇ。
         いつか、地主さんに話してみましょうか。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「おじさん、女性のお尻や胸は、歳をとっても
          それなりに美しいんですよ。おそらくホルモン
          の影響が衰えたとしてもです」
                    *
          「大昔、動物にはメスばかりで、オスはいなか
          ったそうです。それでは遺伝上、都合が悪くて
          オスが生まれたんだそうです」
                    *
          「だからオスは、まぁ、遺伝上は下働きみたい
          な存在なんです。それなのに今では世界を支配
          しているような気でいる」
                    *
          「メスの胸に抱かれ、時々雄たけびを上げるの
          がオスの本来の姿なんです、生物学的には」
                         ─── 小姫

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           いや、いちいちごもっとも。 爺も老いては
          姫や小姫に従います。
           植物だって、花粉が仲立ちしないと実を結ば
          ない。 どうしてそうなったんだろう。 もっと
          ストレートに事が運べばよいものを。そこには
          何億年もの葛藤があったんでしょうね。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「ジイ、女二人で飲む酒っていいね。男が入ると
         構えることも、女どうしだと平気で流せる。爺の
         ことも言いたい放題!」     ─── 仙台姫

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            ジイも生きてるうちに3人で飲みたいね。
           裸踊りなんかして。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「ヤダ~! 爺一人でやんな、見ててやるから」
                        ─── 仙台姫

Filed under: お便り,天気、星空  タグ: — tomi 13:02

   1-DSCF9466-001   1-DSCF9467

            1-DSCF9468

           今朝7時の山荘の気温 26℃、くもり。

       台風のせいでしょうか、未明より強い南風が山荘の建物を
      揺らしています。瞬間風速 10m/s 以上という強風。都会
      と違い周りは林ばかりで山荘以外に建物が無く、風はまとも
      に山荘を揺らします。
       北海道に近づく台風は、津軽海峡辺りから東にそれ、その
      まま太平洋上に向かうのが常ですが、北海道の北を通り抜け
      る台風は珍しい。 農作物に被害を及ばさなければよいが。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「ジイ、テレビ直った? 暴風の中、外に出るんじゃないよ!
      アンテナなんか無くても、今はどこでも映るんだからね」
                   *
       「小姫がね、きょう帰ってくるかと思ってたら、明日だと。
      途中、一関に寄ってお線香あげてくるんだと」
                   *
       「せっかく芳香剤、振りまいて、部屋の中、香りゆたかに
      したのにね。でも、あの子とお酒飲むの楽しみ! 強くなっ
      たかな~」               ─── 仙台姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         古い映画で、黒澤明・監督に『酔いどれ天使』が
        あります。 社会派映画ですが、若き日の三船敏郎
        さんのデビュー作でした。
         ふと一升ビンを横に、貧しい患者さんを診ている
        小姫の姿を想像してしまいました。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「ジイ、小姫は今夜、一関にお泊りだって。
         お祖父ちゃんとお酒飲むのが楽しみなんだと」
                    *
          「仏壇にお線香あげるとき、何本あげるの?
         って爺ちゃんに訊いたら、好きなだけあげな
         さいって・・」
                    *
         「だからいっぱいあげたら、部屋中煙だらけに
         なって、大騒ぎになったんだと」
                        ─── 仙台姫

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・

             小姫らしい・・いい話しだね。

Filed under: お便り,天気、星空  タグ: — tomi 11:42

  1-111
            1-104
                      1-088

            1-080

           今朝8時の山荘の気温 23℃、強い雨。

    予報では小雨程度の空模様が、早朝から激しい降雨に見舞われています。
   もうあと10日ほどで、北海道の短い夏は終わる。
    掲載写真は十数年前の夏空。美瑛に夏は、もう来ないんだろうか・・ね。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「おはよう、ジイ。 テレワークで仕事をサッサとこなすと、
       次から次に新しい仕事が入ってくる」
                    *
       「こりゃいかん! と、仕事の合間合間に『源氏』を読む事
       にしたら、今度は ‘ 体の調子でも悪いのか ’ だと」
                    *
       「アチキにテレワークを押し付けて、ニンマリしてるのが
       何人かいるはず。サ~テ、どういう手を打ってやっか!!」
                           ─── 仙台姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         ところで『源氏』は、今どの辺りを読んでるの?

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「『明石』。登場人物が入り乱れてきて、爺が前に
         作った系統図(?}見ながら読んでおる。 内緒で」
                         ─── 仙台姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          爺なんか3度目なんだけど、ボケて忘れてるから
         とても新鮮だよ。そろそろ『宇治十帖』だったか?
         「浮舟」はまだだったかな? あぁ、あれは最終章
         だったっけ・・なんてね。

Filed under: お便り,天気、星空  タグ: — tomi 09:04

   1-DSCF0014  1-DSCF0024

   1-DSCF0026  1-DSCF0011
               (2004.7/4)

            今朝5時山荘の気温 15℃、快晴。

      内地の方々には申し訳ないような青空が、連日拡がっている。
     それでも今日は25度まで上がるという予報。湿度が低いので
     暑苦しさはない。

            1-113
                (ラムズイヤー)

    葉がぬいぐるみのような柔らかな手触り、lamb’s ear(子羊の耳)の
   名前にぴったり。
    種をまいたり、株を購入した記憶は無いのに、山荘の荒れた庭が気に
   入ったらしい。子羊はイエス・キリストの十字架上の死の象徴であると
   言われているので、まぁ無下に抜いてしまうわけにもいかず、「お好き
   なようにどうぞ」と見て見ぬふり。背丈は2m近くにもなり、そのうち
   花の下から髭でも垂れてくるんじゃないかな・・。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            1-DSCF9437
               (17:15ごろ)

        晴天は今日まで、明日からは天気も崩れるという予報。

Filed under: 天気、星空,植物、花、ハーブ  タグ: — tomi 11:15

   1-DSCF0009
       (ジャガイモの花)
                    1-DSCF0013
                        (2003.7/4)

           1-091
                (忘れな草)

         今朝6時の山荘の気温 14℃、曇り~晴れ。

   朝眼が覚め、窓のカーテンを開ける。曇り空だったり、雨だったりすると
  再びカーテンを閉め、布団の中にもぐりこむ。しばらくうつらうつらしてる
  と鳥の鳴き声が聞こえ、再びカーテンを開けると、青空が拡がっていた。
   そんな朝が何日も続いている。

           1-DSCF9435
          (夏空。午前10時すぎ気温20℃)

   次に生まれ代わるとしたなら・・という問いや願望を突き付けられたなら
  野鳥になりたい。 天気さえ良ければ、夜明け前から飛び回り、鳴きまわる。
  雨ならば慎ましく木の枝の陰にかくれ、空を見上げながら天候の回復を待つ。
  人間ほど知恵が無いだけに、自然の移ろいには従順だし、清い。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            1-4-27 (3)
               (つまらない一日)

       「この頃、歴史の尺度の違いを感じる事があります。
       ある国は50年前の話を持ち出し、ある国は100年以上
       昔の話を持ち出し。
        歴史に有効期限は有るのだろうか」
                       ─── 村人・A

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         数万年も前から生きている野生動物からすれば、
        50年、100年なんて放屁してる瞬時でしょう。
        人間の生きざまは急ぎすぎです。
         でも、だからこそ濃い匂いを発散できるのかも。

Filed under: お便り,天気、星空  タグ: — tomi 10:49

   1-DSCF0062
                     1-DSCF0079
                        (2003.6/25)

   1-DSCF0063  1-DSCF0064-001
               「亜麻(アマ)の花」

           今朝10時の山荘の気温 17℃、雨。

       雨ばかりの日が続いている。窓を開けると雨音が心地よい。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「おはよう、ジイ。 昨日の写真、2枚とも隣の中年男に
        見せたら、アチキが選んだのと同じになった」
                    *
         「アヤツと同じなのはシャクだと思ってたら、今朝の
         写真(花の)見て、こっちに替えた」
                    *
         「亜麻って、繊維を衣服にする、あのアマのこと?」
                          ─── 仙台姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        青い花は、自然界では割と少ないんだそうだ。「亜麻色の
       髪の乙女」という曲がドビュッシーにあるけど、あの亜麻色
       は花の色ではなくて、茎を繊維の状態にした色、ベージュ色
       かな?
        朝早く花が咲き、午前中には散ってしまう儚い花です。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「おじさん、ご無沙汰してます。青い花が少ない理由は
        波長の短い青系統の色は、植物の光合成に不向きだから
        でしょうか」
                    *
       「でも、葉と花びらとでは役割が違いますもんね。それに
       蝶や蜂に色を識別できる能力があるのかどうか? もね」
                          ─── 小姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           おじさんにもよくは分かりません。
          それより、高校生だったあの小姫がねぇ・・・
          りっぱに成長したんだね。あれからもう10年
          近く経つんだ・・。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「震災の時、仮設住宅の隅でポロポロ泣いていた小姫が、
       もうすぐ女医さんだ。ジイ、臨終の時は脈をとってもらう
       んだろう?」             ─── 仙台姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

               まにあうといいがな~

Filed under: お便り,天気、星空,植物、花、ハーブ  タグ: — tomi 11:25

            1-DSCF0069
               (2003.6/25)

   1-120628-1   1-DSCF0077
                         (牧草ロール)
 
           今朝6時の山荘の気温 14℃、くもり。

     掲載写真は晴れた日ばかりのものですが、ここ2週間ほどの美瑛は
    曇りか雨ばかりの日々が続いています。
     北海道は梅雨が無いと言われているが、本州の梅雨が明け、梅雨前
    線が北上したとき1週間ほど雨ばかりの日々が続くことがある。これ
    は「エゾ梅雨」とよばれ、農作物にとっては慈雨となるらしい。
                    *
      午前10時、外が急に明るくなり、雲間より青空が見えてきた。
     やはり地球は青い惑星なんだと、妙にナットク。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「ジイ、東北新幹線が東京を出発し、仙台を通過して岩手県に
      入ると、途端に車両が洗浄殺菌され、無菌状態になるんだと」
                    *
      「原因は、宮沢賢治の亡霊が現れ、‟ 雨にもマケズコロナにも
      マケズ・・ ” と、あの世で一杯やりながら祈ってるからなんだ
      とさ」
                    *
      「これ、横のデスクのアホ *** の珍説。 こんなのがいる
      から仙台も汚染されるんだよな~!」
                          ─── 仙台姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        珍説じゃなくて、本当かもしれないよ。 ‟ 日照りの時は
       涙を流し 寒さの夏は おろおろ歩き・・ ” 賢治の亡霊が
       今も岩手の地を、さ迷っているのかも知れない。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「宮澤賢治の話は本当かも知れません。
          賢治が助けたハチや蝶の子孫が、ウイルスと
          戦ってくれている事もあります」
                       ─── 村人・A

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「ジイ、まだ起きてる? 小姫がね、同級生と
         ***したんだって。 一字違いだったけど衝撃!
         だけどあの子も、もうそろそろ・・ね。
                         ─── 仙台姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          むかし、『華岡青洲の妻』という映画があった。
         医術も経験から始まるからね。

Filed under: お便り,天気、星空  タグ: — tomi 10:02

    1-120601-1
                      1-120601-2

       今朝7時の山荘の気温 14℃、くもり。

       時節がら、コロナウイルスのような雲が現われる十勝岳上空です。
      フランスの画家・ルドンにこんな作品があったような・・。

             1-100607-7
              
               白い花のライラック(リラ)

        ライラック(リラ)といえば、うす紫色の花が一般的ですが、
       白い花弁をつけるライラックは清楚といいますか、‟ リラ ” と
       いう呼び名がふさわしいようです。

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

              1-6-14-3
                  (おりゃー!)

            「近所に美味しい蕎麦やさんがあります。
            たぐと、やま賀、続八条庵、雨耕庵など
            個性的ですが、中には堅くて苦労する蕎麦
            もあります。
            山荘の手打ち蕎麦を食べてる夢をみました」
                      ─── 村人・A

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・

            私も山荘のソバは、食べたことがありません。
           夢にも見たことがありません。

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・

            姫、仙台上空にUFOが現われたんだって?
           テレビに映ってたけど・・見た?
            白いアドバルーンにアンテナみたいなものが
           ぶら下がってたけど、北朝鮮あたりから流れて
           きた気球かも? 地図帳を見ると、緯度的には
           合うけどな。
            仙台の何が北の将軍様に気に入られたんだろ
           うか、まさか「仙台姫」じゃないだろうね?

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・

            「ジイ、テレワークも意外と大変じゃ~!
            お酒飲みながらだから、PCのキーの打ち
            間違いが多くてね」
                      *
            「小姫がいたら肩なんか揉ませて、お酒の
            オツマミ作らせたり、ご飯の支度させたり
            して・・」
                      *
            「でも、女医さんのタマゴにそんな事させ
            られないし、あの子、いま大変らしいよ」
                        ─── 仙台姫

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・

             小姫が前に言ってた、「私には最先端の
            医療を学び、施す技量は無いけど、病んで
            いる人に寄り添える「村医者」になりたい
            と。
             震災が今もあの子の中でいきてるんだね。

Filed under: 十勝連峰,天気、星空,季節、四季  タグ: — tomi 10:12

   1-100607-1
                     1-100607-2
                        (2000.5/19)

     今朝5時の山荘の気温 16℃、うす曇り。

     目が覚めて、カーテンを見ると明るい。時計を見たら2時。夜明けが
    早くなったものだとTVをつけると4時。時計が電池切れだったわけだ。
                    *
     この歳になると、一時間や二時間違ったからといって、どうってこと
    はないけど、これが朝の4時なのか、夕方の4時なのかが分からないと
    混乱する(混乱したって、差し当たりどうってことはないんだけどね)。
                    *
     今日の美瑛の天気は終日曇りがちの予報、気温は14~26℃で経過。
    肌寒いのか暑いのか・・(どっちかにしておくれ!)。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             1-5-30
                (逃げ出した馬)

          「枯木も山のにぎわい。
          世の中は年配のかたが騒ぐから結構、面白い
          のかも知れません。騒々しい老人もいるけど」
                       ─── 村人・A

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           老人の特権は、騒々しく喚き散らすこと。
          その老人も近頃、最後っ屁も出ないアリサマ。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「年寄りが二人、何が面白いのか朝から ‵ 枯れ木 ’ だの
       ‵ 最後っ屁 ’ だのと、屁にもならないことを・・・。
        嘆かわしいのぉ~」         ─── 仙台姫

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          姫、嘆いてばかりいないで、なんとかせい!

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           「ジイ、まだ起きてる? もう寝た?」
                      ─── 仙台姫

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

               寝た。 もうアノ世~

Filed under: お便り,天気、星空  タグ: — tomi 06:50

コントレール

   1-DSCF9257  
                    1-DSCF9258
   1-DSCF9256
                    1-DSCF9255

            1-DSCF9290
                (コントレール)

            今朝9時の山荘の気温 17℃、晴れ。

       何年か前、NHK総合テレビで『コントレール』という題の
      連続ドラマがあった(石田ゆり子・主演)。いいドラマだった。
      それまで飛行機雲のことを、コントレールと英語で呼ぶことを
      知らなかったので、いまだよく覚えている。
       青空にスーッ伸びる一本の白い雲。日々の生活の中に美しく
      入り込み、すぐに消えていく。 いつまでもあとを引きずらず、
      残さず。 ラストシーンが爽やかだった。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「ジイ、アチキも見たよ。清純派の石田さんのベッドシーン
      ドキドキしたね、おまけにNHKだもんね」
                           ─── 仙台姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          姫がドキドキするようなシーン、あったかな?
         新コロナウイルスの影響で、放送界も再放送番組
         が多くなったから、そのうち再放送されるかも知
         れないね。
                    *
          姫、明日(6/3)夜7:10からBSで、懐か
         しい映画が放送されます。 有吉佐和子さん原作の
         『華麗なる闘い』。
          当時二十歳頃だったおじさん、暗い毎日でした。
         札幌の狸小路の映画館で見たこの映画のラストシー
         ン、内藤洋子の「大人って強いなぁ」には不覚にも
         涙をこぼした。 若き日の懐かしい思い出です。
          受信契約がなければ、どなたかに録画してもらい、
         後日にでもご覧ください。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             1-6-3 (2)
                  (夜は星)

        「31日の日本ダービーの優勝馬がコントレイルでした。
        新冠ノースヒルズ牧場の3歳牡馬です」

        (シジュウカラが戻ってくるとき、口にくわえている
        虫を撮れますか?)       ─── 村人・A

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        日中はほとんど巣箱にはいませんし、朝夕戻っていても、
       虫をくわえている場面は見たことがありません。

Filed under: テレビ、映画,天気、星空  タグ: — tomi 10:18
  • 2020年9月
    « 8月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー