1-DSCF8977
                    1-DSCF8978

       今朝7時の山荘の気温 -1℃、晴れ。積雪:10cm。

       道路につづき、雑木林の中も地面が露出してきました。
      昼11時の気温がプラスの7℃。もちろん暖房用ボイラー
      は止めています。

           1-DSCF8976-001

     裏の林の上空の雲。抽象画のような、でも何かに似てるような。
    空の雲に意図はなかろうが、見ているこちらは、ついいろいろと
    空想してしまう。

   1-DSCF8980  1-DSCF8979

          午後3時ごろの十勝連峰と十勝岳(右)。

         文句なしの初春の山並みです。 外気温8℃。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「爺、マスク有る? 多めに手に入ったので送ろうか?
       言っておくけど(言う必要もないか)、プロのマスク、
       横流し品じゃないからね」     ─── 仙台姫

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        マスクは国が美瑛町各戸に配ってくれたのがまだ有る
       から要らん。使い捨てマスクだけれど、爺の場合は季節
       の変わり目に起きる「寒暖差アレルギー」用のマスクと
       して使ってるので、熱湯でゴシゴシ洗って再使用してる。
        わざわざ「・・・横流し品じゃない」とは、やはり例
       のルートからじゃないだろうな?

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            1-3-26
                (雨の匂い)

      「早朝、そとに出るとキツツキの枯木打音検査の高速音が
      聞こえます。積雪は山荘より多いようです。
       札幌の隣町の岩見沢市は、二階の窓まで届くほど積雪が
      多いのに、今年はゼロです。自然界も人間界も例年と少し
      違います」            ─── 村人・A

Filed under: 天気、星空  タグ: — tomi 13:05

   1-DSCF8975
                     1-DSCF8974

       今朝7時の山荘の気温 -6℃、晴れ。 積雪:10cm。

        掲載写真は、昨日午後2時ごろの山荘からの様子。
       朝方晴れていても急に雲が拡がり、さらに吹雪となる
       この時期の天気。
        晴れならば晴れ、曇りならば・・、雪ならば朝から
       雪というふうにはならない日々が続き、春を迎えます。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            1-DSCF8975

             午前10時ごろ撮った写真。

          上空に白い、月のようなものが写っている。
         何だろうと、しばらくして再び覗いてみるが
         何も見当たらない。丸い雲なのか、それとも
         カメラのレンズに斜めに入る光線のかげんな
         のか、だとすれば色がついているはずだが。
          朝方だからいいが、夕刻なら・・不気味。

            1-DSCF8975-001
                  (拡大)

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「爺、忙しそうじゃな。コロナウイルスを楽しんでる
       みたいじゃのぉ。とはいえ、仙台を含め宮城県の罹患者
       数は1人、青森は2人、秋田は1人、岩手はゼロじゃ」
                    *
       「東北4県で4人。 なにか理由があるかもしれんぞ」
                    *
       「いたずら好きなコロナちゃん、オリンピックに的を
       合わせ、せせら笑ってるようじゃのう」
                    *
       「むかし読んだカミュの『ペスト』。舞台は一地方だ
       けれど、くり返しせせら笑われているようじゃな」
                        ─── 仙台姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       むかし読んだ記憶があるけど、フランス領のアフリカが
      舞台(?)だったかな。
       一匹の死んだネズミが原因で、パンデミックが起きる。
      コロナウイルスほど世界的に猛威をふるうことはないけど、
      どこか似てますね。
                    *
       山荘は美瑛でも街はずれ、陸の孤島。 爺はいま、寒暖差
      アレルギーに罹って、クシャミばかりしてます。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「爺、美瑛町ではマスクが配られたんだってね。それで
       足りてる?」            ─── 仙台姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        美瑛では、人口当たり3人の患者が出ているせいか、
       全家庭にマスクが配られました。 でも山荘は陸の孤島
       ゆえ、マスクは必要ないようです。
        寒暖差アレルギー、もう少しすると白樺の花粉が舞う
       季節となりますので、マスクはありがたいですが。
        使い捨てマスクですが、用途が花粉とアレルギーです
       ので、熱湯消毒したり、レンジでチンしたり、間にウエ
       ットティッシュをはさんだりして長期戦に備えてます。

Filed under: お便り,天気、星空  タグ: — tomi 09:27

春の雪

    1-DSCF8950  1-DSCF8951

    1-DSCF8952  1-DSCF8953

        今朝6時半の山荘の気温 1℃、くもり。 積雪:30cm。

      昨日昼過ぎから降り続いた雪が10cmほど積もり、思いがけない
     春の雪となった。 気温が高いせいでしょう、樹々の枝にねばりつき、
     風が吹いてもいっこうに落ちない。 立ち木にとっては重く耐えがた
     いだろうが、眺めているこちらには美しく映る。
                    *
      午前7時半。一時間ほど経ち風が出てきたが、シラカバの枝の雪は
     いっこうに落ちない。そんなに頑張らなくていいよと思いつつ、もう
     少しだけ持ちこたえてほしいと木々の枝に声をかけたくなる。
      屋根に積もった雪は、ドスンドスンとリズミカルに落ちているのに、
     雪のへばりついた枝は死の形相。

    1-DSCF8954  1-DSCF8955

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「おじさん、おはようございます。先ほどの件ですが、
        おじさんの場合、風邪でも、もちろんコロナウイルス
        でもなく、寒暖差アレルギーだと思われます」
                    *
        「発熱が無いので、手足、首周りを部屋にいるときも
        冷やさないようにしてください。 マスクは大切です、
        気道を冷やさないためにも」     ─── 小姫

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           たぶんそうじゃないかと思ってたんですが、
          毎年この時期に起こるもんでね。ありがとう。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

               1-ファイル_0001
                  (異次元)

          「今年の春は憂鬱ですが、やることをやって、
         きっとうまくいくと考えるしか方法がありません」
                       ─── 村人・A

Filed under: 天気、星空  タグ: — tomi 07:15

   1-DSCF8855
                    1-DSCF8857

      今朝7時の山荘の気温 -9℃、雪。 積雪:60cm。

   子供のころ(天文少年だったころ)、日食の時に太陽の外側から洩れる
  コロナ光を見たくて、ガラス板に煤を付けて探していた。
   コロナはプラズマの一種で、肉眼ではなかなか見られないことも学んだ。
  そんな遠い昔の記憶が、60年ぶりによみがえってきた。
   齢70歳をすぎ、そのコロナと別のかたちで出会えるとは・・。できれば
  そのコロナと心中できるかな、とも、夢みたいなことを考えている。
   いずれ遠くない日数のうちに消える身。そのコロナに導かれて消えるのも
  子供のころの夢がかなうのかもしれないと。 弱気になりつつのこのごろ。

Filed under: 天気、星空  タグ: — tomi 14:06

              1-DSCF8839

          今朝7時の山荘の気温 -6℃、雪。 積雪:60cm。

       一晩で20cm以上の降雪。 車を軽に替えたので、私道の坂道を
      上がるのが辛い。 なので久しぶりに朝から2時間ほどの除雪作業。
       除雪機も大型に替えたので、替えた当時は作業は楽だったが、最近
      は除雪機に引っ張られ、しばしば転倒することが多くなった。 誰も
      見てないのでいいけれど、みっともない情けない姿。 体力が落ちた。
       さらにみっともない話。 作業を終え、やれやれと車庫の横で立ち
      ションをしてたら、そのままの姿で前のめりに雪の中に倒れてしまい。
      情けないやら冷たいやらで・・縮みあがった。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「爺、縮みあがる前はまともだったんだ? よかったね」
                           ─── 仙台姫

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

              ?・・・、意味がよく分からん!

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

              1-DSCF8840

          午後4時ごろの十勝連峰(明るさを加工しました)。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「おじさん、昨夜の『クラッシック音楽館』観ました。
         ブラームスの交響曲3番の第3楽章、甘く切ないですね。
         何度も同じメロディーが登場するので、すぐ覚えてしま
         いました」              ─── 小姫

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        あの曲のあのメロディーは、フランスの作家フランソワーズ・
       サガンの小説『ブラームスはお好き』を映画化した『さよならを
       もう一度』の中でも使われています。 女性に人気の映画です。
       機会があれば観て下さい。
        おじさんの好きな、イングリッド・バーグマンが登場します。

Filed under: お便り,テレビ、映画,十勝連峰,天気、星空  タグ: — tomi 12:20

気温差:50度

             1-DSCF8828

        今朝7時の山荘の気温 -29℃、晴れ。 積雪:50cm。

     夜明け前が、寒さが一番厳しいといわれる。写真は、その夜明け前の
    十勝連峰。
     写真を撮るまでは、それほど冷え込んでいるとは思えず、窓を開けて
    カメラを構えたとたんに冷気に包まれた。室温21度、窓ガラスの内外
    での温度差:50度。 齢70の老体には耐えがたい日の出前でした。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           「旭川郊外で-36度を記録したようです。

          今回のウイルス感染で世の中のしくみが分ります。
         世の中の弱点も、ハッキリ見えました。
          隠すことを拒否するウイルスは、人類に自動ブレー
         キをかけているのかも知れません」
                         ─── 村人・A

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        山荘のポンプ小屋が凍結し、生活用水が止まりました。
       連休で修理業者が来てくれるかどうか・・最悪は雪を溶か
       してしのぐしかありません。
        この地に来て初めての状況です。

Filed under: お便り,天気、星空  タグ: — tomi 08:03

ダイヤモンドダストの朝

                1-DSCF8816

        今朝8時の山荘の気温 -18℃、晴れ。 積雪:50cm。

      朝、トイレに向かう途中、何気なく窓の外に目を向けるとチラチラと
     ダイヤモンドダストが。 急いでカメラを取りに戻り、写したのが写真。
     用を済まし、再び窓から覗くともう消えている。慌ただしい現象だった。
     気温が低ければ現れるという現象でもなく、いろいろと気難しい要因が
     あるらしい。動画で撮ればきれいで分かりやすいが、写し方を(ボケて)
     忘れてしまった。
                     *
      今朝のTV、コロナウイルスの話題でもちきり。笑えたのはマスクの
     代用品で、赤子のオムツを頭から被っていたりして・・。
      苦境に陥っても何かしら考えををめぐらすものだと、人間の思考力に
     感心。
                     *

      昼をすぎて少し風がでてきた。雑木林の幹が、木の種類によって揺れ
     方が違う。 まるで木どうしがお喋りでもしているようで。

                     *

      TVで、古い映画『深川安楽亭』(山本周五郎・原作)を観た。若い
     ころ読んだ本で記憶はわずかにあるが、モノクロのその映画はつまらな
     かった。文庫の表紙にもなっているから、相応の作品なんだろうけれど。

                1-DSCF8817

           老いて、鑑賞能力も鈍ってきたんだろうな。

Filed under: 天気、星空,本、小説、詩  タグ: — tomi 08:44

津軽海峡に国境・・

   1-DSCF8767    1-DSCF8768

    昨夕の十勝岳。夕陽をうけ、ピンク色に染まる(写真右)のはほんの一瞬。

   1-DSCF8771    1-DSCF8770

   今朝7時の山荘の気温 -22.7℃(アメダス)、晴れ。 積雪:40~50cm。

   それほど冷え込んだとも思えない朝でしたが、目覚めてテレビをのぞくと、各地で
  雪が降ったと大騒ぎ。 津軽海峡をはさんだ南北は、まるで別の国の様だ。
   写真下は、今朝の日の出直後のもよう。ダイヤモンドダスト、あるいはサンピラー
  が見られるかと窓を開けてカメラを構えたが・・ 写らず。 なかなか気難しい現象の
  ようです。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「爺、この冬は、例のアレ、出来ないね。積雪50cmじゃね」
                            ─── 仙台姫

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       もう、そんな元気はないわい。それより、姫の好きなアレなら
      できるぞ。黄色いツララの出来るアレ・・。
      

Filed under: お便り,天気、星空  タグ: — tomi 08:58

温暖化

   1-DSCF8764
                      1-DSCF8765-001

      今朝7時の山荘の気温 -14℃、くもり。 積雪:50~60cm。

     この冬、積雪が連日50cm超えの朝。 前日に除雪をしておいたので、
    車のタイヤ痕は浅くてさわやかだ。
     2枚目の写真は、倉庫の屋根の積雪状況。母屋にくらべ、屋根の傾斜が
    緩いためか、なかなか滑り落ちてくれない。よく見ると積もった雪の層が
    3~4層に分かれていて、連日降り積もるのではなく、ときおり20cm
    程まとまった降雪があったのが分かる。
     屋根にハシゴをかけ、雪下ろしをしたのは何年前だったか・・温暖化の
    影響で、もうこれからは、その必要は無いのかも知れない。

Filed under: 天気、星空  タグ: — tomi 15:39

ご承知アレ!

   1-DSCF8762
                    1-DSCF8761

     今朝7時の山荘の気温 -11℃、小雪。 積雪:50~60cm。

    週間天気予報の、とうぶん雪は降らないという予報を信じておったのが
   裏目に出て、今朝はこれから久しぶりの除雪作業。車を軽自動車に替えた
   ため(車高が低くなったため)、頻繁に除雪しなければならなくなった。
    午前8時。不凍液をいつもより多めに喉に流し込み、嫌がる体にムチ打
   ち、イザ出陣!
    この欄に数日書き込みが絶えたら、あの世に旅立ったとご承知アレ!

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「爺、雪かき終わった? それとも、もうあの世?」
                          ─── 仙台姫

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        昼前に終わり、疲れて寝ておった。そういえばむかし、
       こんな歌がありましたな。

       ♪ 天国よいとこ一度はおいで 酒はうまいし 姉ちゃんは
        きれいだ~

        酔って眠ってたら、雪かきしたことも忘れておった。
       こんなふうにあの世に行けたらいいな~。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     「爺、来週の水曜日(1/29)、BSで、‟ 細川ガラシャ ”
     やるみたいよ(英雄たちの選択 選『 細川ガラシャ 戦国に散っ
     た麗人の真実』)。 観る?」        ─── 仙台姫

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       旭川の作家・三浦綾子さんの作品に『細川ガラシャ夫人』
      があります。 三浦さんにしては珍しい時代小説です。

              1-DSCF8763

       クリスチャンとして、自害が許されないその最期は哀れ
      です。
       『英雄たちの選択』』は毎週楽しみに観てます。磯田道史
      さんがどんな切り口で話をすすめるのか、ゲストの脳科学者
      中野信子さんが女性の立場でどうスポットを当てるのか、楽
      しみです。

Filed under: お便り,天気、星空  タグ: — tomi 08:19
  • 2020年3月
    « 2月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー