1-DSCF0062
                     1-DSCF0079
                        (2003.6/25)

   1-DSCF0063  1-DSCF0064-001
               「亜麻(アマ)の花」

           今朝10時の山荘の気温 17℃、雨。

       雨ばかりの日が続いている。窓を開けると雨音が心地よい。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「おはよう、ジイ。 昨日の写真、2枚とも隣の中年男に
        見せたら、アチキが選んだのと同じになった」
                    *
         「アヤツと同じなのはシャクだと思ってたら、今朝の
         写真(花の)見て、こっちに替えた」
                    *
         「亜麻って、繊維を衣服にする、あのアマのこと?」
                          ─── 仙台姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        青い花は、自然界では割と少ないんだそうだ。「亜麻色の
       髪の乙女」という曲がドビュッシーにあるけど、あの亜麻色
       は花の色ではなくて、茎を繊維の状態にした色、ベージュ色
       かな?
        朝早く花が咲き、午前中には散ってしまう儚い花です。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「おじさん、ご無沙汰してます。青い花が少ない理由は
        波長の短い青系統の色は、植物の光合成に不向きだから
        でしょうか」
                    *
       「でも、葉と花びらとでは役割が違いますもんね。それに
       蝶や蜂に色を識別できる能力があるのかどうか? もね」
                          ─── 小姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           おじさんにもよくは分かりません。
          それより、高校生だったあの小姫がねぇ・・・
          りっぱに成長したんだね。あれからもう10年
          近く経つんだ・・。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「震災の時、仮設住宅の隅でポロポロ泣いていた小姫が、
       もうすぐ女医さんだ。ジイ、臨終の時は脈をとってもらう
       んだろう?」             ─── 仙台姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

               まにあうといいがな~

Filed under: お便り,天気、星空,植物、花、ハーブ  タグ: — tomi 11:25

            1-DSCF0069
               (2003.6/25)

   1-120628-1   1-DSCF0077
                         (牧草ロール)
 
           今朝6時の山荘の気温 14℃、くもり。

     掲載写真は晴れた日ばかりのものですが、ここ2週間ほどの美瑛は
    曇りか雨ばかりの日々が続いています。
     北海道は梅雨が無いと言われているが、本州の梅雨が明け、梅雨前
    線が北上したとき1週間ほど雨ばかりの日々が続くことがある。これ
    は「エゾ梅雨」とよばれ、農作物にとっては慈雨となるらしい。
                    *
      午前10時、外が急に明るくなり、雲間より青空が見えてきた。
     やはり地球は青い惑星なんだと、妙にナットク。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「ジイ、東北新幹線が東京を出発し、仙台を通過して岩手県に
      入ると、途端に車両が洗浄殺菌され、無菌状態になるんだと」
                    *
      「原因は、宮沢賢治の亡霊が現れ、‟ 雨にもマケズコロナにも
      マケズ・・ ” と、あの世で一杯やりながら祈ってるからなんだ
      とさ」
                    *
      「これ、横のデスクのアホ *** の珍説。 こんなのがいる
      から仙台も汚染されるんだよな~!」
                          ─── 仙台姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        珍説じゃなくて、本当かもしれないよ。 ‟ 日照りの時は
       涙を流し 寒さの夏は おろおろ歩き・・ ” 賢治の亡霊が
       今も岩手の地を、さ迷っているのかも知れない。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「宮澤賢治の話は本当かも知れません。
          賢治が助けたハチや蝶の子孫が、ウイルスと
          戦ってくれている事もあります」
                       ─── 村人・A

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「ジイ、まだ起きてる? 小姫がね、同級生と
         ***したんだって。 一字違いだったけど衝撃!
         だけどあの子も、もうそろそろ・・ね。
                         ─── 仙台姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          むかし、『華岡青洲の妻』という映画があった。
         医術も経験から始まるからね。

Filed under: お便り,天気、星空  タグ: — tomi 10:02

    1-120601-1
                      1-120601-2

       今朝7時の山荘の気温 14℃、くもり。

       時節がら、コロナウイルスのような雲が現われる十勝岳上空です。
      フランスの画家・ルドンにこんな作品があったような・・。

             1-100607-7
              
               白い花のライラック(リラ)

        ライラック(リラ)といえば、うす紫色の花が一般的ですが、
       白い花弁をつけるライラックは清楚といいますか、‟ リラ ” と
       いう呼び名がふさわしいようです。

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

              1-6-14-3
                  (おりゃー!)

            「近所に美味しい蕎麦やさんがあります。
            たぐと、やま賀、続八条庵、雨耕庵など
            個性的ですが、中には堅くて苦労する蕎麦
            もあります。
            山荘の手打ち蕎麦を食べてる夢をみました」
                      ─── 村人・A

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・

            私も山荘のソバは、食べたことがありません。
           夢にも見たことがありません。

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・

            姫、仙台上空にUFOが現われたんだって?
           テレビに映ってたけど・・見た?
            白いアドバルーンにアンテナみたいなものが
           ぶら下がってたけど、北朝鮮あたりから流れて
           きた気球かも? 地図帳を見ると、緯度的には
           合うけどな。
            仙台の何が北の将軍様に気に入られたんだろ
           うか、まさか「仙台姫」じゃないだろうね?

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・

            「ジイ、テレワークも意外と大変じゃ~!
            お酒飲みながらだから、PCのキーの打ち
            間違いが多くてね」
                      *
            「小姫がいたら肩なんか揉ませて、お酒の
            オツマミ作らせたり、ご飯の支度させたり
            して・・」
                      *
            「でも、女医さんのタマゴにそんな事させ
            られないし、あの子、いま大変らしいよ」
                        ─── 仙台姫

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・

             小姫が前に言ってた、「私には最先端の
            医療を学び、施す技量は無いけど、病んで
            いる人に寄り添える「村医者」になりたい
            と。
             震災が今もあの子の中でいきてるんだね。

Filed under: 十勝連峰,天気、星空,季節、四季  タグ: — tomi 10:12

   1-100607-1
                     1-100607-2
                        (2000.5/19)

     今朝5時の山荘の気温 16℃、うす曇り。

     目が覚めて、カーテンを見ると明るい。時計を見たら2時。夜明けが
    早くなったものだとTVをつけると4時。時計が電池切れだったわけだ。
                    *
     この歳になると、一時間や二時間違ったからといって、どうってこと
    はないけど、これが朝の4時なのか、夕方の4時なのかが分からないと
    混乱する(混乱したって、差し当たりどうってことはないんだけどね)。
                    *
     今日の美瑛の天気は終日曇りがちの予報、気温は14~26℃で経過。
    肌寒いのか暑いのか・・(どっちかにしておくれ!)。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             1-5-30
                (逃げ出した馬)

          「枯木も山のにぎわい。
          世の中は年配のかたが騒ぐから結構、面白い
          のかも知れません。騒々しい老人もいるけど」
                       ─── 村人・A

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           老人の特権は、騒々しく喚き散らすこと。
          その老人も近頃、最後っ屁も出ないアリサマ。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「年寄りが二人、何が面白いのか朝から ‵ 枯れ木 ’ だの
       ‵ 最後っ屁 ’ だのと、屁にもならないことを・・・。
        嘆かわしいのぉ~」         ─── 仙台姫

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          姫、嘆いてばかりいないで、なんとかせい!

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           「ジイ、まだ起きてる? もう寝た?」
                      ─── 仙台姫

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

               寝た。 もうアノ世~

Filed under: お便り,天気、星空  タグ: — tomi 06:50

コントレール

   1-DSCF9257  
                    1-DSCF9258
   1-DSCF9256
                    1-DSCF9255

            1-DSCF9290
                (コントレール)

            今朝9時の山荘の気温 17℃、晴れ。

       何年か前、NHK総合テレビで『コントレール』という題の
      連続ドラマがあった(石田ゆり子・主演)。いいドラマだった。
      それまで飛行機雲のことを、コントレールと英語で呼ぶことを
      知らなかったので、いまだよく覚えている。
       青空にスーッ伸びる一本の白い雲。日々の生活の中に美しく
      入り込み、すぐに消えていく。 いつまでもあとを引きずらず、
      残さず。 ラストシーンが爽やかだった。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「ジイ、アチキも見たよ。清純派の石田さんのベッドシーン
      ドキドキしたね、おまけにNHKだもんね」
                           ─── 仙台姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          姫がドキドキするようなシーン、あったかな?
         新コロナウイルスの影響で、放送界も再放送番組
         が多くなったから、そのうち再放送されるかも知
         れないね。
                    *
          姫、明日(6/3)夜7:10からBSで、懐か
         しい映画が放送されます。 有吉佐和子さん原作の
         『華麗なる闘い』。
          当時二十歳頃だったおじさん、暗い毎日でした。
         札幌の狸小路の映画館で見たこの映画のラストシー
         ン、内藤洋子の「大人って強いなぁ」には不覚にも
         涙をこぼした。 若き日の懐かしい思い出です。
          受信契約がなければ、どなたかに録画してもらい、
         後日にでもご覧ください。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             1-6-3 (2)
                  (夜は星)

        「31日の日本ダービーの優勝馬がコントレイルでした。
        新冠ノースヒルズ牧場の3歳牡馬です」

        (シジュウカラが戻ってくるとき、口にくわえている
        虫を撮れますか?)       ─── 村人・A

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        日中はほとんど巣箱にはいませんし、朝夕戻っていても、
       虫をくわえている場面は見たことがありません。

Filed under: テレビ、映画,天気、星空  タグ: — tomi 10:18

   1-140531-7
                    1-140531-12
       (写真は2014・5月)

     今朝6時の山荘の気温 9℃、曇り。

     明け方、夢を見た。 どこか知らない街にいると、家と家の間の
    ブロック塀の上に猫がいた。どことなく見覚えがある。
     塀を飛び降りこちらに向かって来る。うす汚れた白と黒のブチ。
    近くまで来てゴロンと横たわり甘える仕草。 そのとき、口の横に
    ホクロのあるのに気づいた。死んだはずのミーだった。
     目が覚めると、手のひらに猫の毛の感触が残っていた。ミーが
    迎えに来たのかも知れない。

           1-1-1-DSCF6362

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           1-DSCF9311

        今朝8時ごろの南東の空。雲の姿に圧倒されます。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「ジイ、『源氏物語』どこまで読んだ? アチキは
       もうすぐ『桐壺』終わる」
                   *
       「横の部長がチラチラ覗き込むんで、衝立をたてて
       いる。 部長もヒマなんだよな」   ─── 仙台姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        爺も暇なんだけど、寝転んで活字を追っていると
       すぐ眠くなる。
        初めて読んだ時に作った相関図(写真・下)を探
       し出し眺めてる・・・、これがまた解読不能!
        部長の席との間に、不透明の衝立でも立てたら。

           0-0-03

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            1-5-8
          (むかしむかし人間が住んでいました)

      「 ‟ この曲は必ずヒットする ” と考えて出された曲は
      ほとんどヒットしないそうです。 ヒット曲は、ほんの
      小さな偶然によるものらしく、『川の流れのように』と
      いう曲もコマーシャル用に作られたそうです」
                       ─── 村人・A

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「ジイ、起きてる? 寝てない? 今夜9時からBSで、
      健さんの『海峡』あるよ」
                  *
      「もう何度も観たかも知れないけど、一応報告。アチキは
      また観る!」             ─── 仙台姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        何度も観たけど、また観るよ(眠らなければ)。
       あの頃の吉永小百合さん、きれいだったし、森繁
       さんも元気だった。
        津軽海峡に海底トンネルを掘るなんて話は、当時
       は夢のような話だった。
        冒頭に、洞爺丸台風の映像が出てきて、ふと三浦
       綾子さんの『氷点』を思い出した。クリスチャンの
       神父が、自分の救命胴衣を他の人に与える場面。
        小姫が観てなかったら教えてあげて。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「おじさん、ご無沙汰しています。お姉ちゃんから
       の電話で、おじさんが余命いくばくもない(笑い)
       というのでメールしてます」
                  *
       「映画『海峡』ですが、私も前に一度観てます。今
       その竜飛岬から百キロほどの所にいますが、一度は
       訪れてみたいです。 吉永小百合さんのように」
                        ─── 小姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          訪れるのはいいけど、小百合さんみたいに
         身投げしないようにな。

Filed under: お便り,動物,天気、星空,本、小説、詩  タグ: — tomi 07:17

彩雲

   1-DSCF9299  1-DSCF9300

   1-DSCF9305  1-DSCF9304

           今朝6時の山荘の気温 9℃、くもり。

     『彩雲』というらしい。 午前10時ごろ、南東の空に現れた虹の
     ような現象。ネットによると ───

     < 仏教的に特別な時によく見られる現象として認識されていて、
     「景雲」や「慶雲」、「瑞雲」などとも呼ばれている。阿弥陀如来
     が菩薩を随えながら五色の彩雲に乗ってくる図なども描かれており、
     昔から瑞相(良いことが起きる前触れ)の一つと言われ、この現象
     が現れる事は吉兆だと言われている。 彩雲は、太陽の近くを通り
     かかった雲が、緑や赤に彩られる現象である >

     今日一日、良いことがあるといいですね(今のところ何もないが)。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「かなり珍しい写真で、必ず良いことが起きます!
         仕事で、今(PM:8時)戻りました」
                         ─── 村人・A

Filed under: お便り,天気、星空  タグ: — tomi 14:50

   1-DSCF9157   1-DSCF9159

             1-DSCF9158
              (掲載写真は昨夕のもの)

            今朝7時の山荘の気温 7℃、晴れ。

            明け方には氷点下まで下がったようだ。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・

           ヴァイオリンの名器・ストラディバリウスを
          生んだイタリアのクレモナから、日本人女性の
          奏でる曲が建物の屋上から流れた。 街の人々、
          医療関係の方たちが静かに聴き入っている姿が
          テレビ画面に映し出され、同じ日本人として誇
          らしくもあり、感動した。   
           古い映画『屋根の上のヴァイオリン弾き』を
          思い出す。 ロシア革命前夜のロシアの田舎街。
          伝統を重んじるユダヤ人部落の人々が、村を追
          われ、方々に散ってゆく。 ただ、屋根の上で
          ヴァイオリンを弾き続けている者の残像だけが
          散り散りに去ってゆく者たちの心に残る。

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             1-5-010
                  (蝶だ!)

            「春宵 右上の写真に虹が見えます。
         今朝、背中にソーラーパネルを背負って歩いている
         老人に出会いました」    ─── 村人・A

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   1-DSCF9161  1-DSCF9162

           山荘周辺も、新緑が拡がってきました。

   1-DSCF9165  1-DSCF9166

     花粉症を引き起こす白樺の花房(細長くブラブラぶら下がっている
    中から、風が吹くと花粉をまき散らす)。

              1-DSCF9164

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「ジイ、まだ生きとるかい? コロナなんかで
          死ぬなよな」
                    *
         「写真見ると春めいてきたの~。もうすぐ美瑛も
         温かくなる。 酒はほどほどにな」
                        ─── 仙台姫

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          言われてみると、まだ2,3やり残してることが
         あるな。 それをやり終えたらグットバイじゃ。

Filed under: お便り,天気、星空,季節、四季  タグ: — tomi 08:40

   1-DSCF9129
                    1-DSCF9128

       今朝5時の山荘の気温 11℃、うす曇り。

      昨年の秋、晩秋のころ、降り積もった雪の中に閉じ込められた
     落ち葉が、地層の中に閉じ込められた化石のように現れてきた。
     降り積もる雪の中で、サンドイッチ状態で眠っていたのが、急に
     起こされ、どうしようかと戸惑ってるよう。

            1-DSCF9130

      午前6時すぎ、冷たい雨が降ってきた。風も出てきた。樹々の
     枝が揺れはじめた。 ・・・おやすみなさい。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「ジイ、起きろ! 朝だよ(いや、もう昼じゃ!)。
        昼と夜が分からなくなった? もうそろそろ・・か?」
                         ─── 仙台姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         もうそろそろ・・なんじゃい! あの世とこの世を
        行ったり来たりは楽しいぞ~

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「ジイ、BSの放送(富士山)観た? 駿河湾の奥で
        海底噴火が起き、そんで富士山が生まれたという説」
                    *
        「その説が無ければ、お互いこの世に生まれなかった
        わけだけど、まぁ、お互いアノ神様に感謝せんとな」
                        ─── 仙台姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       アノ神様って「木花咲弥姫(このはなさくやひめ)」のこと?
      お姉さんの「磐長姫(いわながひめ」が美人でモテたのを嫉妬し、
      磐長姫を祭る「八ヶ岳」の峰を足蹴にしたので、それまで八ヶ岳
      のほうが標高が高かったのに頂部が八つに割れ、今の姿になった
      という俗説があります。また、富士山が女人禁制の山になったの
      は、妹が大変嫉妬深い神様だったので、自分より美人の女性が近
      づくと嵐を起こした・・という俗説もあったようですよ。
       姫が小姫と富士登山した時は、天候に大変恵まれたそうですが、
      よかったですね。

             1-1-DSCF9132

            午後5時過ぎ、西日を受けた山荘周辺。

Filed under: お便り,天気、星空  タグ: — tomi 06:12

             1-DSCF9101

            今朝7時の山荘の気温 5℃、うす曇り。

            昨日降った雪が、ウソのように跡形もなく
           消えていた朝。部屋の空気を入れ替えようと
           窓を開けると、鼻がむずむずしてクシャミが
           連発。 そろそろ花粉が飛び始めたか・・。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           「おはよう、爺。 まだ生きてる? あの世に
           行ったらお酒飲めないから、今のうちに呑ん
           でおきなさい」      ─── 仙台姫

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            言われてみれば、そうだなぁ。あの世にも
           お酒があったら、皆われ先にと行くんだろう
           けどね。
            ♪ 酒はうまいし ねぇちゃんはキレイだ~
             なんて歌もあったな。

Filed under: お便り,天気、星空  タグ: — tomi 09:57
  • 2020年7月
    « 6月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー