1-DSCF8861   1-DSCF8859

   1-DSCF8858   1-DSCF8863

      今朝7時の山荘の気温 -12℃、うす曇り。 積雪:60cm。

      雪上の白い点々は、日を浴びて輝く雪(氷?)の粒。写真映りが
     悪いため明度を下げてみましたが、現実はキラキラ光って、とても
     きれいでした。

Filed under: 未分類  タグ: — tomi 12:11

             1-DSCF8854

      今朝7時の山荘の気温 -6℃、うす曇り。 積雪:60~70cm。

       ‘ 春はあけぼの やうやう白くなりゆく山際 少し明かりて
       紫だちたる雲の細くたなびきたる・・ ‘

        平安の京とは違い、美瑛の春は、これから大荒れの予報が。

       ラベンダーで有名な中富良野町、山荘からは車で30分ほどの
      距離の街でコロナウイルスの罹災者が出た。 幼い兄弟だそうで、
      二人とも元気だそうだ。
       危ないのが60歳以上の老人だとか。 言われて、あっそうか
      この私は70歳だ。 もう少ししたら、北海道の死亡者数に「1」
      加わるかもしれない。人間、どういう死にざまを見せるか・・・
      ふと、父親の臨終の姿を思い出している。点滴を受け、酸素マス
      クを着け、最期の言葉が「・・もう、いい」だった。

Filed under: 未分類  タグ: — tomi 08:36

十勝岳

   1-DSCF8799
                     1-DSCF8798

            1-DSCF8797

      今朝7時の山荘の気温 -27℃、晴れ。 積雪:50~60cm。

    笑ってしまうほどのシバレた朝でした。村人さんなら「飛んでる野鳥が
   空中で、凍つて落ちてくるくらい」の朝でした。
    寒さのせいではなかろうが、十勝岳の噴煙がいつもより多い気がする。
   山も寒くて、いつもより石炭を多くくべているのかも知れないね。

Filed under: 未分類  タグ: — tomi 09:54

今朝の日の出

   1-DSCF8794
        (7:10)
                     1-DSCF8795
                          (7:40)

            1-DSCF8796
                  (十勝岳)

      今朝7時の山荘の気温 -15℃、晴れ。 積雪:50~60cm。

    日の出の時間がわずかずつ早くなってきた。冬至から春分の、ちょうど
   中間あたりなんだろう。
    この冬は暖房用灯油の使用量が少ない。 それだけ暖冬だということか、
   それとも老いて体感が鈍ってきたのか、部屋に居ても寒さをあまり感じな
   くなった。
    寒さを楽しむ・・・というか、体が寒さにどう反応するのか、あるいは、
   老いた体がどう反応するのかしないのか、ここ数日の除雪作業などで屋外
   に出る機会が多かったので興味が生まれた。結果、自分の意志どうりには
   まずは動いてくれるが、とっさの動きがなかなか出ない。 動きが出ても、
   途中の意識が「あれ、なんでこんな行動をしてるんだろう」と、冷ややか
   に思うことがある(ほんの一瞬)。行動と意識に、時間差が生まれ始めた
   ということか。 脳も寒さで動きが鈍ってきたのか。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
              1-DSCF8793

      写真は有名なムンクの『マドンナ』、といっても稚拙な模写。
     若いころ描いたもので、そのまま埃にまみれ、押し入れの奥に
     眠っていた。
      山荘ができたころ、どこか目立たぬ壁に飾ってあげようとは
     思ったが、なにぶん山奥の一軒家にはそぐわず、若い女の子が
     目を背けるであろうと・・再び押し入れの奥に。
      ところで最近、旅人も絶えたし、日の目を見せてあげようか
     と、どこか場所はないかと探したのが写真の場所。2階客室へ
     と上がる階段の踊り場。ただし、階段を上がるときには見えず、
     下ってくる時に目の前に現れる(額は廃材での手作り)。
      今のところ、階段を滑り降りた・・という苦情はない。
 
          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「おじさん、お晩でした。・・・・。その後、腕の痺れは
      どうですか? 病院で診てもらいましたか?」
                          ─── 小姫

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       心配していただき、ありがとう。 内科の先生の話だと
      (整形の先生不在)、頚椎(首の骨)にズレがあり、神経
      を圧迫してるんそうだ。左右の手の平を比べると、痺れの
      多い左手が右手にくらべ、色が(血の気が)薄い。
       若い頃、交通事故で後ろから追突され、ムチ打ちになった
      ことがあった。それが尾を引いてるのかもしれない。

Filed under: 未分類  タグ: — tomi 08:51

            1-DSCF8775

       今朝7時の山荘の気温 -10℃、晴れ。 積雪:40cm。

    シバレのない穏やかな朝です。久しぶりにウサギの足跡が見られました。

   1-DSCF8777   1-DSCF8778

     北海道には似つかわしくない(?)熱帯に住むような色鮮やかな野鳥が
    現われました。 まるで和菓子のような・・食べたら美味しそうな・・。
     ネットで調べたら、「オオマシコ」という野鳥だそうです。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「おじさん、ご無沙汰してます。ところで昨夜の『らららクラシック』
    観ましたか? ミュージカル『キャッツ』。久しぶりにあの『メモリー』
    聴いて泣きました」                ─── 小姫

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      観ましたよ。たぶん小姫も観てるかな~なんて思いつつ・・・。
     倉本聰さんに、北海道の歌志内を舞台にした『昨日悲別で』という
     TVドラマがありました。若い男女がダンサーをめざし・・東京で
     挫折し故郷・悲別に戻るというストーリーです。
      そのドラマの中で、「悲別ロマン座」という地元の古びた映画館
     で二人が踊る場面がありました。そのとき流れた音楽が『メモリー』。
      二人の踊りを見とどけた館主は、翌朝、館内で凍死していました。
     役者・千秋実さんの最期の名演技でした。

Filed under: 未分類  タグ: — tomi 09:40

            1-120201-2

       今朝7時の山荘の気温 -5℃、小雪。 積雪:50cm。

  「爺、おはよう。昨夜の『英雄たちの選択』観たよ。細川ガラシャに『麗人』

  という古めかしい呼称をつけてたけど、美人というより、麗人が合うね」
                    *
  「クリスチャンは自害は許されないというけど、やはり最期は自らの手で逝っ
  たんだね」                      ─── 仙台姫

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      自害だという説と、家士に槍(長刀?)で突かせたという説など
     いろいろあるようです。侍女たちが後を追わないよう、それぞれに
     用事を言い渡し、屋敷に火を放ち命を絶つたそうです。
                    *
          後日、宣教師が焼け跡から骨を拾ったとか。

Filed under: 未分類  タグ: — tomi 12:23

置いてけぼり

  1-DSCF8748-001
                    1-DSCF8749

      今朝7時の山荘の気温 -8℃、晴れ。 積雪:40~50cm。

   朝起きると久しぶりの積雪。これまでは、まぁ車の通行に支障がないから
  そのうちに・・と渋っておったが、そろそろ限界かと朝一番からの除雪作業。
  除雪といっても、足腰が弱っているので、除雪機に引っ張られての態。途中
  足がもつれて転ぶこと何度も。除雪機に置いてけぼりを食うこと、しばしば。

            1-DSCF8750

    3時間ほどの作業。週刊天気予報だと、とうぶん大雪の心配はないので、
   これで昼から飲めると・・安心してたら、窓の外に大きな雪綿がフワフワ
   舞い降りはじめ・・・。
    わが人生は、とかくこんなものよと残された齢を数えはじめたが・・。

Filed under: 未分類  タグ: — tomi 14:34

 1-DSCF8689

            1-DSCF8690

                       1-DSCF8692

     美瑛町は旭川空港にわりと近い。内地からやってきた飛行機は山荘の
    上空では、もう車輪を下ろし着陸態勢をとっている(着陸5分ほど前か)。
     10日ほど前、内地に住んでいる長男夫婦が初孫を連れてやって来た。
    その時の飛行機が上の写真(山荘の窓ガラス越しに撮った)。着陸態勢
    だから、騒音もほとんど無く、山荘に住んでいて、唯一の文明との接点。

Filed under: 未分類  タグ: — tomi 13:40

半分くらい?

   1-131228-2
                     1-131222-2

     今朝8時の山荘の気温 -16℃、晴れ。 積雪:30~40cm。

     掲載写真は2013年12月のもの。写真左上は山荘裏側の防風林、
    画面奥が北。北西の季節風が丘を越えて吹き付けるため、樹々の上半
    分の枝に積もった雪が風に吹き飛ばされている様子。山荘は、このよ
    うな地形の南下にあるため、北風の直撃を免れているが、積雪は多い。
     いずれにしても、この冬の山荘は積雪が少ない。 例年の半分位か。

   1-DSCF8714
                     1-DSCF8715

     先ほど(午前11時頃)の山荘玄関前のようす。積雪は30~40
    cm。 昨年の7割ほど、一昨年の半分ほどか。

Filed under: 未分類  タグ: — tomi 10:03

   1-DSCF8696    1-DSCF8695

   1-DSCF8699    1-DSCF8697

       今朝7時の山荘の気温 -7℃、うす曇り。 積雪:40cm。

     一昨日より15度ほど暖かい朝。掛け布団より足を出して寝ていたほど。
    写真は昨日昼ごろ撮影した山荘うらの林。気温が高いせいか、木の枝に積
    もった雪が解けたり凍ったりを繰り返し、動物の縫いぐるみのような姿に。

Filed under: 未分類  タグ: — tomi 08:29
  • 2020年3月
    « 2月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー