試練

    1-130212-2
                      1-130225-3

      今朝7時の山荘の気温 -9℃、曇り。積雪:60~70cm。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「おはよう、爺。「池江璃花子」さんの言葉 ───
        『神様は乗り越えられない試練は与えない』だけど、
         妹の話しによると、聖書の中の言葉だそう。
         爺、知ってた?」        ─── 仙台姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        そうらしいですね。 爺は旭川の作家・三浦綾子さんの
       エッセイで、そんな言葉があったような記憶があります。
       うろ覚えですがね。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「昨日の話しだけど、小姫は震災のあと、あの言葉を
        繰り返し自分に言い聞かせてきたんだって。
         知らなかったよ」          ─── 仙台姫

Filed under: 未分類  タグ: — tomi 08:29

             120121-1

        今朝7時の山荘の気温 -15℃、曇り、積雪:65cm。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「おはよう、爺。 きょうバレンタインのチョコレート届くからね。
      首を長~くして、待ってんだよ」        ─── 仙台姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      ありがとう。でも、昨日届きましたよ。ちょうど下のポンプ小屋の
     近くにいたから直に受け取りました。小姫のと二人分。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「なんだ、な~んだ! 北海道は遠いし、天気は悪いし、
        寒いだろうと、二日前に送ったんだよな。
         じゃあ、もう食べた? 小姫のカワイイでしょう?」
                          ─── 仙台姫

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                もしかして、手作り?

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「そう。 あの子、いつも気にかけてくれる人たち(男も女も)
      大勢の人たちに、お礼の意味を込めて作って送ってた。偉いよ
      ね。 アチキみたいに、動機が不純じゃないから胸を打つよ」
                          ─── 仙台姫

Filed under: 未分類  タグ: — tomi 13:04

寒さを売る

  110228-7
                   110228-5

      今朝7時の山荘の気温 -17℃、晴れ。 積雪:60cm。

     未明(午前1時半ごろ)には、-20度まで下がったようです。
    この冬の寒さの底でしょうか。
     厳冬のこの時期、昨年のような大停電が起きたらと・・思った
    だけでもゾッとします。 ライフラインは壊滅状態、命を守ること
    に全力をあげでしょう。
     暖房は止まり、ブルブル震え上がりながら世の明けるの待つの
    でしょうが、夜が明けたからといって、何もできない。
     かろうじてLPガスが使えるので、雪を解かしてお湯を沸かす
    くらいが命を守るすべ。家の中の、上水道のあらゆる所が凍結・
    破損してる ので・・想像しただけでも怖くなる。
     道東の陸別町を訪れる観光客がテレビに映る。町も「寒さ」で
    潤うだろう。でも、突然電気がストップしたら、町全体が悲劇に
    覆われる。そういう覚悟があるのだろうか。

Filed under: 未分類  タグ: — tomi 09:18

おかえり

   DSCF7971-001
                    DSCF7972-001

    今朝10時の山荘の気温 -13℃、晴れ。 積雪:60cm。

   未明には -22度まで下がったようですが夢の中でした。明け方トイレに
  起きた時が -19度。そのあとまた一眠りして、ようやくいま起きたところ。
   裏の林の樹々を飛び交う野鳥も、今朝は一匹も見当たりません。どなたかが
  言ってましたが、鳥も空中を飛ぶうちに、瞬間凍結したのかも知れません。
   写真は雪うさぎの足跡。 昨日までは無かったので夜中に歩き回ったようだ。
  何か食べものでも探してたんでしょうか・・・冬眠してればいいものを・・。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     「おじさん、おはようございます。昨夜仙台に帰ってきました。
     生まれ故郷とはいえ、雪が積って無いのにびっくり!
      お姉ちゃんは朝早くから(といっても10時過ぎから)台所で
     肉じゃが作ってます。相変わらず、ぶつぶつ独り言いいながら」
                            ─── 小姫

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       オジサンも、お姉ちゃんの肉じゃが、食べたいですなぁ~
     

Filed under: 未分類  タグ: — tomi 11:37

何もかも凍てついて

  DSCF7964-001
                    DSCF7965
                         (窓の外)

     今朝7時半の山荘の気温 -15℃、曇り。 積雪:65cm。

          きょう日中の最高気温は -13.5度の予報。

     室内から外を見ても、動くものは何も見あたらない。風も無い。
    空気も時間も、何もかもが凍りついたような朝です。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「爺、おはよう、生きてる? 凍りついてない?」
                       ─── 仙台姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       昨夜遅くに飲んだ不凍液が効いてますから、今のところ
      ふるえながらも生きてます。
       昨夜遅く、猫がなれなれしく布団の中に入ってくるので、
      猫も人肌が恋しいんでしょうかね。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「・・・。明日(今夜?)妹が帰ってくる。あの子の
       好きな肉じゃが作らなくちゃ」    ─── 仙台姫
                  *
      「爺、肉じゃがのジャガイモは、男爵派? メークイン派?
     メークインは煮崩れしないけど、やっぱり男爵のほうが味が
     沁みて美味しいよね」         ─── 仙台姫
                  *
       「『キタアカリ』という北海道のお芋あるよね。あれ
      こんど使ってみようかと・・・煮崩れしない?」
                        ─── 仙台姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        爺は男爵やメークインより好きです。男爵のように
       煮崩れしやすいので、最初から入れない方がいいかも
       知れません。
        爺は面倒なので、電子レンジで数分チンしておいて、
       後半に鍋に入れます。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           DSCF7966

      猫のミーシャ嬢、運動不足のせいか外に出たくて仕方がない。
     しかたないから、ポーチから外に出してやると、玄関脇で凍り
     ついてしまって動かない(写真・上)。もう一度ポーチの窓を
     開けてやると、一目散に部屋の中に飛び込んできて・・。
      そのあとは部屋の窓越しに、じ~っと外を見ておった。

     DSCF7967    DSCF7968

       「横浜に帰りたいよ~・・」 そんな後ろ姿だった。
                   *
      松本清張の本に 『凶器』(?)という題の小編があった。
     浴槽で死体が発見された。首を一突き・・しかし凶器が見あ
     たらない。季節は真冬、浴槽に小さな落葉が一枚浮いていた。
     浴室の窓は閉まっていたのに。
      刑事はその落葉を見て浴室の窓を開けた。そこには見事な
     ツララが垂れ下っていて、そのうちの一本が抜けていた。
      凶器はツララだった。凶行のあとツララは浴槽に捨てられ、
     そのあと、ツララに融けこんでいた落葉が一枚残った。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「爺、小姫が帰ってきたよ~! 正月いらい。今度は
       仙台に長く居られる! 雪がまったく積ってないのに
       驚いてた。 青森は1m近く積もってるんだと。
        爺の体調心配してた。入院してたこと、退院してか
       らも、朝からお酒ばかり飲んでること等々・・」
                        ─── 仙台姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
        ついさっき電話もらった。声が大人びて別人かと
       おもったよ。・・・いろいろと叱られる事が多くて、
       でもうれしかったよ。 肉じゃが、作ってあげた?

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          肉じゃがは、あした。 今夜はデパ地下!
         明日はみんなが小姫に会いに来てくれる。
          みんな、小姫に会いたいんだよな。
                      ─── 仙台姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        小姫へ ───
       たくさんの人たちが君のために集まってくれるけど、
       みんなが小姫に会いたいんだよ。
        震災のこともあるけど、つらいおもいをした君に、
       自己をいくらかでも重ねたいんだと思いますよ。
       

Filed under: 未分類  タグ: — tomi 08:09

  DSCF7962
                    DSCF7963

     今朝8時の山荘の気温 -10℃、晴れ。積雪:60~70cm。

     写真は除雪したばかりの玄関前と、裏庭。
    美瑛より20kmほど離れた旭川市の積雪が80cmというのは、
    雪のシーズンとしては大変めずらしい大雪。いつもは反対なのに。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「おはよう、爺。今週末に妹が帰ってくる。長~い春休みなのだ。
    大学間での編入なんか出来るといいんだけどね、そうすれば仙台
    に戻って来れるのに・・」           ─── 仙台姫

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     欠員があれば可能じゃないの。同じ国立大学・間だし、成績も
    いいみたいだし。大学病院の元カレに訊いてみたら。
     仙台に戻れれば、生活の出費も少なくて済むし、それになんと
    いっても生まれ故郷だからね。

Filed under: 未分類  タグ: — tomi 02:24

             1-DSCF2768

        今朝8時の山荘の気温 -10℃、雪。 積雪:60cm。

Filed under: 未分類  タグ: — tomi 10:02

凍てる朝

             DSCF7957

        今朝6時半の山荘の気温 -23℃、晴れ。 積雪:50cm。

      シバレの強い朝でした。風も無く、雲の動きも無く、あらゆる物が、
     時間さえ凍りついたような朝でした。
      これより1時間ほど前、トイレに起きた後の暗闇の中、窓ガラスに
     張り付いた星空はゴージャス! 金星、木星、月が、南東の空に並び、
     思わず窓を開けて、直接見たいという衝動がわいた。でも内と外では
     寒暖差40度以上、窓ガラスに顔を貼り付け、しばらく眺めておった。
      写真・下は、7時20分頃の明け空と、その周辺。

             DSCF7959

    DSCF7960   DSCF7958

     ダイヤモンドダストも出ていますが、風が少しあり写真写りは相変わらず
    悪いようです。

             DSCF7961

             窓ガラスを数秒開け、撮った霧氷。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「お~い! 爺、水道出るようになったんだって?
          雪融かしてんのかと思ったよ」   ─── 仙台姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         山荘も、もう20年近くなりますから劣化してきます。
        でも、水と電気だけは止まると死活問題ですからね、特に
        冬場では。
        小姫が心配してメールくれるんだけど、あの子も風邪気
        味らしいよ。インフルエンザ?

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「ただの風邪みたい、熱も下がったって。 雪の多く
         降る地方は、インフルエンザは流行しないんだってさ」
                          ─── 仙台姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        仙台は雪降らないから、インフルエンザの菌がウジャウジャ
       舞ってるぞ。夜遊び、ハシゴして、ウイルスまき散らすなよ。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「おじさん、おばんです。寒くて散歩もままならないですね。
       今朝の気温から-の記号を取ると初夏なのにね」
                     *
       「散歩、もちろんやってませんよね。 お家の階段、上り下り
       10回ですよ」              ─── 小姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        ときどき、思い出してはやるんですが、2~3往復が限度。
       揚水ポンプの具合が悪く、2~300mの雪道を往復したん
       ですが、途中前のめりにつまずき倒れること、何度も。体は
       前に傾くんですが、足がついていかない。ぶざまに雪まみれ。
       上半身と下半身が、別の生きものになっちゃったよ。

Filed under: 未分類  タグ: — tomi 08:13

ホッとする

    DSCF7955
                      DSCF7956

        今朝8時の山荘の気温 -5℃、曇り。積雪:55cm。

       白黒のモノトーンの世界。 ときおり青空が拡がる北国の冬。
    たまに暖色の光が現れると、ホッとする。それが沈みゆく夕陽であっても。

Filed under: 未分類  タグ: — tomi 10:11

屋根の雪

             DSCF7954

        今朝7時の山荘の気温 -7℃、雪。 積雪:60cm。

     写真は、倉庫・兼・車庫の雪。屋根の傾斜が緩いので、積もった雪が
    なかなか落ちてくれず、これから更に雪が積ると心配。
     雪質が軽いので、まだ大丈夫だとは思うが、一度、晴れて、プラスの
    気温になってくれると、屋根から滑り落るので安心なんですが。

Filed under: 未分類  タグ: — tomi 07:40
  • 2019年2月
    « 1月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    2425262728  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー