1-130623-3
                     1-130623-4
                        (2012.6/15)

            1-100623-1

           今朝6時の山荘の気温 15℃、くもり。
                    
             この欄、しばらくお休みします。
         

Filed under: 未分類  タグ: — tomi 09:03

経過

    1-DSCF9289  1-140531-12

    1-140531-13  1-140531-16

           今朝6時の山荘の気温 14℃、うす曇り。

     昨日からの気温の変化が 12~16度台で経過。 初夏とは思えない
    肌寒さの朝。騒がしく鳴いている春ゼミの音がなければ、いったいこの
    季節はいつなんだろうかと・・不思議な感覚。
                    *
     春ゼミはどうしてあぁうるさく鳴くんだろう。鳴かずに静かに一生を
    終えることはできないんだろうか。 人も、もうあなたの命はあと一年
    ですよと言われれば、あんなに喚き散らすんだろうか。
                    *
     人は、その最期をどう迎えようかと覚悟をきめる。古典文学を読んで
    いて思うのは、その臨終をジタバタして迎える姿はあまり描かれない。
     古来この国では、「死」は単に経過、途中なのかも知れない。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・

             1-6-1 (1)
                 (山の向こう)

      「手相で人の運命が決まるのなら、手相を変えたらどうなるか?
      その疑問に答えるように、手にゴムを巻き付け、寝るときは手を
      体の下にして1週間ほど、手相の改造に励んだ人がいます。
       不思議な事に、運命は好転しました」    ─── 村人・A

Filed under: 未分類  タグ: — tomi 09:15

   1-140511-14
                    1-140511-2
                    (掲載写真は2014・5/14)

       今朝6時の山荘の気温 6℃、晴れ。

       パソコンの操作が突然わからなくなり、早朝から七転八倒、
      今朝撮ったはずの写真が行方不明に。こういう事態がこれから
      も続くのかとおもうと暗い気持ちになる。
       そういえば最近、子供の頃の夢をよく見る。忘れていた事や
      思い出せなくなった人々が、突然夢の中に現れる。ふしぎだ。
                   *
       目の前に読みかけの本が数多く積まれている。続きを読もう
      という意欲がわかないので、そのままになっている。
       残り少ない日数、最後にもう一度読みたいのは『源氏物語』。
      読み通せるかわからないが、なんとか「宇治十帖」までたどり
      着きたい。

   1-DSCF9281  1-DSCF9282

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「ジイ、やったぜ! 午後からお休みじゃ! 理由は
        いうに言われぬ女の武器(つきのもの)」
                   *
        「事務所を出たとたん、ルンルン気分で身も軽く!」
                   *
        「ただ、休み明けは暗い顔して出社しないとな・・」
                         ─── 仙台姫

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         上司に、どんな顔して理由を報告したのか・・
        役者じゃのぉ~。 社内で、この欄のぞいてる人が
        いたらバレバレだぞ。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「ジイ、『時代屋の女房』観たよ。なんかさぁ~
         自分のこと見られてるようでさぁ」
                        ─── 仙台姫
          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          だいぶ前(相当むかし)、夏目雅子さんが存命
         だったころ観た記憶があります。あの頃の彼女は
         輝いてましたね。
          「涙つぼ」、有ったら欲しいよ。 爺も涙もろく
         なりましたんで。

Filed under: テレビ、映画,未分類  タグ: — tomi 09:29

   1-110510-3  1-110510-4
           道路沿いに咲く「エゾエンゴサク」

   1-110510-1  1-110510-2
                「キケマン」

           今朝7時の山荘の気温 4℃、くもり。

            1-DSCF9151
                (13:45)

Filed under: 未分類  タグ: — tomi 09:36

   1-100427-8
      (2010.4/27)
                    1-120427-4
                       (2012. 4/27)

     今朝7時の山荘の気温 17℃、はれ。

    暖かい毎日です。昨日は一日中暖房を切り(夜も)今朝を迎えました。
   掲載写真は、だいぶ前の同じ月、同じ日に撮った丘の風景です。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

               Dear Mr Wanatabe

             Hello and good morning

             Happy Birthday to you

             Have a nice day

             Take good care

             Warm regards

              Iris Teo

                ??
                ????
            ….may U be happy always….

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            毎年、誕生日にお便りありがとう。
           いつもハッピーではないけれど、リスや
           キツネが窓の外に現われる日は、とても
           ハッピーになれます。
            あなたも、いつまでもお元気で。

Filed under: 未分類  タグ: — tomi 13:38

     1-DSCF9133    1-DSCF9133-001

          今朝6時の山荘の気温 15℃、うす曇り~晴れ。

        明け方、変な時間に目が覚め、おかしな時間に再び眠り、
       昼をまわった今、再度目が覚めた。 歳をとると、時間が
       思ったようには流れてくれない。

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             1-4-27 (5)
                (木枯し紋次郎)

           「札幌は今日も7月の暖かさになります。
           帯広では30度の予報がでました。
            ライラックが咲く頃また、10度以下に
           なります」      ─── 村人・A

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           美瑛も、昼の気温が25度まで上がりました。
          部屋の窓、全開です、この春はじめて。

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「おじさん、誕生日おめでとうございます。
          いつまでも元気で、長生きしてくださいね」
                        ─── 小姫

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「じい、神様が武田鉄矢を造ったとき(1949、4/11)、
       ほろ酔い機嫌だったので、手元が狂い、足が短すぎた」
                    *
       「酔いを醒まし、再び造ったのが(1949、5/3)爺で、
       今度は顔が長すぎた」
                    *
       「今度こそはと、こころを入れ直して(?)造ったところ
       (1949、5/30)、これがえらい女好き(火野正平)」
                    *
       「それからは凝りて、もう男を造るのはやめたそうじゃよ」
                          ─── 仙台姫

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          神様も、お齢をめされたようで、あの頃は失敗作の
         乱造だったようですな。

Filed under: 未分類  タグ: — tomi 12:52

             1-DSCF9014

             今朝7時の山荘の気温 3℃、くもり。

      積雪ゼロになつた山荘周辺。でも日陰や建物の裏には、まだまだ
     残っている。雪の中に閉じ込められていた枯葉などが現われてきた。
     去年の秋のおきみやげ、忘れ物といったところか。
      何かを残す、何を残すかという事を考えはじめてる一方、何も残
     さないという選択もある。何も身に着けずに産まれてきたのだから、
     ツーッと心電図が糸を引くのを眺めながら終わりたいうふうに。
      若いころは冬が終わるとまた春が来ると思いがちだったが、今は
     冬の終わりに春はもう来ないのではないかと時おりおもう。春はも
     う来なくてもいいのでないかとも。

Filed under: 未分類  タグ: — tomi 11:50

             1-110401-1

             今朝6時の山荘の気温 0℃、晴れ。

         昨日の強風もおさまり、穏やかな一日となりそう。
        柳の芽も膨らんできました。
         春の語源は、草木の芽が「張る(はる)」季節から
        とする説以外にも、いろいろあるようです。
                    *
         昨日、所用を済まし街から帰る途中、キタキツネが
        山荘の周りを軽やかに走りまわっておった。もうあと
        1ヶ月ほどで、パパとなるのかママとなるのか、動き
        は軽やかであった。

Filed under: 未分類  タグ: — tomi 07:12

   1-DSCF8861   1-DSCF8859

   1-DSCF8858   1-DSCF8863

      今朝7時の山荘の気温 -12℃、うす曇り。 積雪:60cm。

      雪上の白い点々は、日を浴びて輝く雪(氷?)の粒。写真映りが
     悪いため明度を下げてみましたが、現実はキラキラ光って、とても
     きれいでした。

Filed under: 未分類  タグ: — tomi 12:11

             1-DSCF8854

      今朝7時の山荘の気温 -6℃、うす曇り。 積雪:60~70cm。

       ‘ 春はあけぼの やうやう白くなりゆく山際 少し明かりて
       紫だちたる雲の細くたなびきたる・・ ‘

        平安の京とは違い、美瑛の春は、これから大荒れの予報が。

       ラベンダーで有名な中富良野町、山荘からは車で30分ほどの
      距離の街でコロナウイルスの罹災者が出た。 幼い兄弟だそうで、
      二人とも元気だそうだ。
       危ないのが60歳以上の老人だとか。 言われて、あっそうか
      この私は70歳だ。 もう少ししたら、北海道の死亡者数に「1」
      加わるかもしれない。人間、どういう死にざまを見せるか・・・
      ふと、父親の臨終の姿を思い出している。点滴を受け、酸素マス
      クを着け、最期の言葉が「・・もう、いい」だった。

Filed under: 未分類  タグ: — tomi 08:36
  • 2020年7月
    « 6月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー