1-DSCF2416

            今朝5時の山荘の気温 18℃、くもり。

              ・・・・・・・・・・・・・・

       「おはよう、爺。久しぶりの朝帰りじゃ。夜コソコソ帰るより、
      さわやかな朝日を浴びて帰る方が健康的じゃ・・、のうジイ!」
                            ───仙台姫

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           そういうの、一般的には不健康っていうんじゃ。

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「爺、教えてくれた 『シルクロード』 観てる。
          司馬遼太郎さんが出てきてびっくり。
           白髪のメガネかけたオッサンだったんだ?」
                    *
          「あのオッサンが『竜馬がゆく』や、『坂の上の
          雲』書いたんだ。関西弁の柔和な語り口に驚き!」
                          ─── 仙台姫

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           もう、亡くなられてどのくらいになるんだろう。
          懐かしい語り口でした。大坂外語大のモンゴル語
          学科卒ですので、水を得た魚のように現地の人々
          と語らってましたね。
           高校生の時の世界史の時間、爺が最も興味を覚
          えたのが、シルクロードの世界でした。生まれて
          は消てゆく少数民族が好きでしてね。
           外国旅行でどこへ行きたいかと問われたならば、
          天山山脈周辺とか、タクラマカン砂漠とか・・。?・
          変な子供でした。

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           「爺、起きてる?  寝てる? 起きなさい!
           いま小姫と呑んじょる。 一緒に呑もうゼ!」
                         ─── 仙台姫

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            寝てた。 朝から飲んでるから、もう要らん!
           小姫はお酒、強いんかい?

Filed under: 未分類  タグ: — tomi 06:05

             1-DSCF2420

            今朝7時の山荘の気温 24℃、くもり。

        南風が強く、蒸し暑い朝。(写真は、2015.8/24)

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「おじさん、おはようございます。最近、血圧が安定してますね。
       夜、よく眠れてますか?」          ─── 小姫

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             夜ばかりでなく、昼間もよく眠れます。

Filed under: 未分類  タグ: — tomi 09:04

             1-DSCF2424
                (2015.8/24)

            今朝7時の山荘の気温 18.5℃、晴れ。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「札幌の南区に出没していたクマが今朝、射殺されました。
        犬を襲う知床のクマと違い、小さなクマです」

        1-鶴居村2   1-鶴居村

        「先日、鶴居村に行きました。
        同じ北海道でも美瑛と道東の鶴居村の風景は随分違いますが、
        広い大地と空の青は同じです」     ─── 村人・A

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          昔、どういう映画だったか忘れましたが、網走監獄から
         脱走した囚人が廃屋に逃げ込んだ夜、ヒグマに襲われた時
         の映像が忘れられません(今でも嘘だろうというくらい)。
          後ろ足で立ち上がり、前足を振り上げた姿はおよそ3m
         近い。もうこれは化け物だと思いましたね。
                     *
         射殺というニュース。 何故かテレビ画面にクマの死体が
        出ませんね。あのクマが、人に危害を与えたのなら出るんで
        しょうが・・。そこに人間たちの後ろめたさというか、矜持
        みたいなものがあるんでしょうか。
         藤野といえば、昔は原野だった。原野を拓けば人は我々の
        領土だと胸を張るが、驕りはなかったか。
                     *
         今朝まだ暗い時間に、窓は締めていたのに屋外から甲高い
        動物の鳴き声が。キタキツネの鳴き声だ。猫のミーシャ嬢は、
        まだ夜遊びから帰ってない!
         窓を開け、「コラ~ッ!」っと何度も吠えたら、そのうち
        遠ざかったようだ。気になりポーチに出てみると、ミーシャ
        嬢、体を丸くして固まっておった。
                     *
         人家の少ない山荘の周囲。 クマが現われたらどうするか
        対応を考えたことがある。 もちろん銃などは無い。
         そこで思いついたのが、古くなった消化器。法的には使っ
        てはいけないが、火災の初期消火用ではなくて、突然現れた
        クマ用に窓際に何本か並べてある。 噴射距離:7m。
         効果があるかどうか一度試してみたいが・・勇気がない。

Filed under: 未分類  タグ: — tomi 07:58

             1-DSCF8319

               今夕7時ごろの、東の空の雲。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「爺、終活作業も順調だね。あまり急がなくていいからね。
        昨日、久しぶりに覗いたら、2016年まで進んでいて。
        ・・急ぐんじゃないよ、急がない、いそがない」
                            ───仙台姫

Filed under: 未分類  タグ: — tomi 20:16

退院・・したか・・

   1-DSCF8307
                      1-DSCF8308
   1-DSCF8309
                      1-DSCF8311

           今朝9時の山荘の気温 25℃、晴れ。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「爺、久しぶりの職場復帰。久しぶりの事務所。
        朝、会社に顔出すと、皆に『ヤセたね~』だと」
                   *
        「そりゃぁ病院のベッドで、お酒呑むわけにいか
        ないからね」
                   *
        「小姫が見舞いに来てくれてね、『お姉ちゃん、
        これでお酒、止められるね』 が第一声!」
                   *
        「『やめるわけねぇだろう!』って追い返した。
        体重が2㎏も減ったよ。まぁすぐ取り戻すだろう
        けどさ」           ───仙台姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          未来の名医の言葉には、従いなさいよ。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「仙台のかたが入院? 酔って骨折かな?」
                      ─── 村人・A

Filed under: 未分類  タグ: — tomi 10:36

いらっしゃいませ

            image1

               山荘・受付カウンター

Filed under: 未分類  タグ: — tomi 22:15

ハーブたち(ヒース、和名・エリカ)

   1-DSCF8314
                     1-DSCF8315

Filed under: 未分類  タグ: — tomi 10:38

ハーブ たち(オレガノ)

   1-DSCF8312
                     1-DSCF8318-001

            1-DSCF8313

Filed under: 未分類  タグ: — tomi 10:32

   1-DSCF8303
                      1-DSCF8304

      今朝6時の山荘の気温 21℃、くもり。 写真は7月22日。

       生温かい朝です。 午後からは天気が崩れるという予報。

    

Filed under: 未分類  タグ: — tomi 09:12

 花束にして

   1-DSCF8280
                     1-DSCF8281

      今朝6時の山荘の気温 17℃、晴れ。

     定期的に街の病院で診てもらっている。そのあと近くの調剤薬局で、
    処方された薬を出してもらう、ほぼ、向う2ヶ月分の。
     毎日・毎食後に飲まなければならない薬が、たまに、いや時々忘れ
    てしまう。だから、薬が多く残り、薬局で残量調整してもらうことに。
     そのことを薬局の係りの方に伝えると、忘れないようカレンダー式
    の袋があり、一週間分の薬をその袋に前もって入れておくという便利
    な物があるという。
     ボケ老人には、うってつけのその袋、さっそく購入して薬を詰めた。

              1-DSCF8306

     ところが帰って間もなく薬局から電話が。その袋の代金を頂くのを
    忘れたとのこと。袋の代金は100円。近日中にお届けしますと電話
    口で申したが、なぜかこれから頂きに伺いますと。
     薬局からだとおよそ10㎞、往復20㎞の山荘。事情はあるんだろ
    うが、待っている間に、庭に咲いているヒース(エリカ)と、ピンク
    のヒソップを小さな花束にして、そのあと、彼女に差し上げた。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「この薬袋に薬を追加するのは、日曜日の夜の2錠を飲んでから
     でしょう。飲まないで追加すると飲み忘れます。
      マカとスッポンエキスが入った錠剤がありませんが」
                           ─── 村人・A

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      最近の村人さん、意味不明な内容のメールが多くなりました。
     スッポンより、ボケに効くお薬の方が、いいんじゃないの?
      南の島の、あの美女の、その後はどうなったのか・・という
     メールが届きます。彼女も年老いて、島から離れられなくなっ
     たんでしょうか?
      

Filed under: 未分類  タグ: — tomi 07:26
  • 2019年8月
    « 7月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー