秋空

   1-127   1-125

   1-122   1-123

          今朝5時の山荘の気温 16℃、くもり~快晴。

       台風一過の青空でしょうか、吹く風もおだやか、樹々の葉も
      やさしく揺れています。
       窓を開けると肌寒い冷気。もう美瑛の夏も終わったようです。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「おはよう、爺。 きょうは朝早くから小姫が朝ごはん
        作ってくれた。あの子も腕を上げたゾナ~」
                    *
        「男もいるみたいだし、あ~ぁ! 先を越されそう」
                          ─── 仙台姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         小姫はまだ研修医(?)なんだろう。だいじょうぶ、
        姫のほうが無駄に歳くってない。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「そう言われると見も蓋もないけどさ、小姫みてると
        自分がふがいなくって、こんなはずじゃぁなかったっ
        て後悔しきり」
                    *
        「今日から心を入れ直し、お酒も絶ち、三十路おんな
        の心意気を見せてあげようと思ってるんだけど、つい
        朝からまたお酒を飲み始めてる・・」
                         ─── 仙台姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          爺もおんなじです。 朝から飲んだくれてます。
         体を気遣いながら、ほどほどにですけどね。
          姫にもきっと良き伴侶が現われますよ。もしか
         したらすぐ近くにいるのかも知れない、気づいて
         いないだけで。
          小姫のカレって、どんな子? 同級生?

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「開業医の息子らしい。 血を見ると青ざめるん
         だと。ある日、授業中にビーカーが割れ、小姫が
         手にケガをした時、彼がハンカチで傷口を押さえ
         てくれたんだと。そのあと彼は気を失い医務室へ。
         それからの付き合いらしい」   ─── 仙台姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         もしかしたら、いい出会いかも。精神科のお医者
        さんなら血を見なくて済むし。
         小姫だって震災の時、たくさんの血生臭い現場を
        見てきたと言ってた。それがクラリネット吹くこと
        で癒されたと。 何がどう幸いとなるか分らん。

Filed under: お便り,季節、四季  タグ: — tomi 09:39

うるさい!

  1-062
                    1-060

  1-059
                    1-057

           1-061

          今朝5時の山荘の気温 16℃、晴れ。

     8月に入り、そのせいか、朝からセミの鳴き声がうるさい。
    春から初夏~盛夏へと移るたびにセミはうるさく鳴く。春ゼミ
    から夏ゼミに代わるらしいけど、鳴き声はみな同じに聞こえる。
    オスがメスに求愛でもしてるんだろう、とにかくうるさい。
     人も同じ。他人の睦言を聞かされるほど耳障りなことはない。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     「おはよう爺、二日酔い! 話し相手も無いので(爺も寝てた
     ようなので)昨夜は一人酒。 飲みすぎじゃった~」
                   *
     「『細川ガラシャ』読んでるんだけど、大河が休止になって
     いて、興味半減。ガラシャの最期の場面だけ最初に読んだけ
     ど、壮絶すぎて、もう最初から読む気になれない」
                   *
     「小姫が来週帰ってくる。あの子、少しはお酒強くなったか
     なぁ。‛ 酔いどれ女医 ’ なんての、爺、見たいでしょう」
                         ─── 仙台姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       小姫はまだ二十歳過ぎたばかりと思ってたけど、震災の
      時から数えたら、もう25才になるんだ。若い子の成長っ
      て早いねぇ。
       爺なんかも、なんもしなくても、歳だけはとってゆくよ。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「ジイ、アル中気味! テレワークで、もう二十日近く
      朝からアルコール漬けじゃ」
                   *
       「止めなければと思うんだけど、つい目の前に酒ビンが
      並んでるとね、ついふらふら・・とね」
                   *
       「ジイ、『麒麟がゆく』で、‛ 細川ガラシャ ’ 誰がやる
      んだろうね? まだ配役決まってないのかな?」
                         ─── 仙台姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        大河も、今年は先が詰まってくるから、最後は短縮
       バージョンのため、ガラシャの死の場面はカットされ
       るんじゃないのかな。
        姫、「麒麟がゆく」ではなくて「麒麟がくる」じゃ。

Filed under: お便り,テレビ、映画,季節、四季  タグ: — tomi 09:00

夏セミ

   1-DSCF9460   1-DSCF9459

             1-DSCF0002

   1-055   1-054

            今朝6時の山荘の気温 16℃、快晴。

      朝早くから、セミの鳴き声で目が覚めた。 どこかしら春ゼミとは
     ちがう声音、どうやら夏ゼミに代わったらしい。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「おはよう、ジイ。 仙台も朝早くからセミがうるさい!
       今まで気づかなかったけど、テレワークになって朝の時間
       にゆとりができたせいかも知れん」    ─── 仙台姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        鳥やセミは何故鳴くんだろうね? 黙って静かに暮らせば
       穏やかな生涯をおくれるのに。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            image0
                 (札幌駅前)

        「朝から晴れ、無風。日中は28度まで上がるようです。
       本州と違い朝晩はかなり涼しい。
        昨日、札幌駅前いました。ほとんど人がいません。
       たぶん地下道を歩いているのでしょう」  ─── 村人・A

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「爺、テレワークの良いところ ─── 頭ボサボサ、パジャマ
       姿でも、酒気帯びでも仕事ができること。 上司のブツブツ
       うるさい小言にイライラしなくてすむこと」
                    *
       「意外とテレワークのほうが仕事がはかどる。なぜかと考え
       たら、余計なところに神経を使わなくすむことかなぁ~」
                          ─── 仙台姫

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          なるほど・・姫でも神経疲れするんだねぇ~

Filed under: お便り,季節、四季  タグ: — tomi 07:11

   1-100
                     1-130720-3
   1-110
                     1-090717-92

           今朝6時の山荘の気温 14℃、くもり。

    昼夜の気温差が10度以上。朝は肌寒く、日中は暑い日々が続いている。
   もう若くはないので、この寒暖差は身にこたえる。
    昼夜の気温差が激しいモンゴル高原ほどはないけれど、北海道では内陸
   地帯になる富良野・美瑛・旭川は大陸的な気候。若ければ刺激的でいいけ
   れど、老いると一段と身にしみる。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「おはよう、爺。『白痴』ようやく一冊目終わり(途中とばし飛ばし)。
   今日からは二冊目・後編」
                   *
    「疲れたゾナ~、寝不足ジャ~。 小姫に訊いたら、あの子もう2冊目に
   入っとると。 若いからの~」            ─── 仙台姫

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       若いだけじゃなくて・・・酒飲みながら読むの止めな!

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「ジイ、毎日階段の上り下りしてる? ミーちゃん死ん
       じゃってから元気ないぞ! 代わりの猫さがしたら?」
                         ─── 仙台姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          たまに夢の中に出てくることがある。探したら
         出てくるかなぁ。

   1-1-1-DSCF6362  1-DSCF4931

         ‵ 死んだ子の歳を数える・・’ というけど、ミーが
        死んだのは昨年の秋。あのあと体力がガクッと落ちた
        ような気がする。

Filed under: お便り,季節、四季  タグ: — tomi 08:12

   1-DSCF9432-002  1-DSCF9434

      今朝5時の山荘の気温 15℃(12時:28℃)、ほぼ快晴。

   1-011  1-042
                 (小麦畑)

            1-105

          (写真左側の畝は小麦、中の畝は大麦)

        北海道はお盆が過ぎると夏が終わる。すると今ごろは
       盛夏かもしれない。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「爺、源氏物語『末摘花』を読んだところ。しこめ(醜女)
      と言われた末摘花を、とても大切になさる源氏の君、読んで
      いて涙が出てきたよ」          ─── 仙台姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       女性作家らしい視点だと思いますよ。美男美女ばかりでは、
      物語に深みが・・というか、奥行きが無くなりますもんね。
       恥じらいながら抱かれる末摘花が、とても可愛いです。

Filed under: 季節、四季,本、小説、詩  タグ: — tomi 12:42

   1-121
                    1-108
                       (2004.7/23)

            1-109

           今朝6時の山荘の気温 20℃、晴れ。

       内地の被災地の方々には申し訳ないような、好天の日々が
      続いています。
       コロナの影響でしょうか、美瑛の宿泊施設は旅人の入りが
      悪いようです(山荘はコロナの影響ではなく、年中休業状態
      です・・。よけいでした)。
       北海道の内陸地方の夏は短い。富良野~美瑛~旭川の夏は
      7月の半ば過ぎから8月のお盆頃までのほぼ一ヶ月ぐらい、
      9月に入ると秋空が拡がる。野山の草花も、季節にこだわら
      ずに、いっしょに咲いているのが微笑ましい。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「おはよう、爺。 岩手県が未だコロナの罹患者が出てない。
      南部の反骨精神は感動ものだよね」
                   *
      「小姫と暮らしてたころ、この子どうしてこんなに頑固なの
      かと驚いたことがあった。いま思うと、あの子にも南部の血が
      流れてたんだ」             ─── 仙台姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「おじさん、おはようございます。南部の山は『岩手山』。
      山体は、肩ひじを張ったような頑固なお姿。盛岡から見ると
      北西にそびえています」
                   *
      「あの山を見ながら育った南部の人たちには、中央の人たち
      には染まらないぞっていう気骨が、はぐくまれてきたのかも
      知れません」             ─── 小姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       ほんとだね。 ネットで調べたけど、肩ひじを張りながら
      大空を見上げてる。 「南部の桜は北を向いて咲く」という
      言葉があったけど、そういう頑固さがコロナなんか寄せつけ
      ないのかも知れないね。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            1-DSCF9443
              午後1時ごろの「夏空」。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「ジイ、起きてるかい? あんまり早く寝ると、
         そのままアッチの世界へ行っちゃうぞ~~!」
                   *
         「ジイ、一人で飲む酒は味気ないの~。コロナ
         のせいで毎晩一人酒。 ジイとおんなじじゃ」
                       ─── 仙台姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         爺は朝から飲んでおる。これから酔いを醒まして
        寝るところじゃ。 姫も枕でも抱いて、早く寝な。

Filed under: お便り,季節、四季  タグ: — tomi 11:16

    1-120601-1
                      1-120601-2

       今朝7時の山荘の気温 14℃、くもり。

       時節がら、コロナウイルスのような雲が現われる十勝岳上空です。
      フランスの画家・ルドンにこんな作品があったような・・。

             1-100607-7
              
               白い花のライラック(リラ)

        ライラック(リラ)といえば、うす紫色の花が一般的ですが、
       白い花弁をつけるライラックは清楚といいますか、‟ リラ ” と
       いう呼び名がふさわしいようです。

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

              1-6-14-3
                  (おりゃー!)

            「近所に美味しい蕎麦やさんがあります。
            たぐと、やま賀、続八条庵、雨耕庵など
            個性的ですが、中には堅くて苦労する蕎麦
            もあります。
            山荘の手打ち蕎麦を食べてる夢をみました」
                      ─── 村人・A

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・

            私も山荘のソバは、食べたことがありません。
           夢にも見たことがありません。

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・

            姫、仙台上空にUFOが現われたんだって?
           テレビに映ってたけど・・見た?
            白いアドバルーンにアンテナみたいなものが
           ぶら下がってたけど、北朝鮮あたりから流れて
           きた気球かも? 地図帳を見ると、緯度的には
           合うけどな。
            仙台の何が北の将軍様に気に入られたんだろ
           うか、まさか「仙台姫」じゃないだろうね?

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・

            「ジイ、テレワークも意外と大変じゃ~!
            お酒飲みながらだから、PCのキーの打ち
            間違いが多くてね」
                      *
            「小姫がいたら肩なんか揉ませて、お酒の
            オツマミ作らせたり、ご飯の支度させたり
            して・・」
                      *
            「でも、女医さんのタマゴにそんな事させ
            られないし、あの子、いま大変らしいよ」
                        ─── 仙台姫

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・

             小姫が前に言ってた、「私には最先端の
            医療を学び、施す技量は無いけど、病んで
            いる人に寄り添える「村医者」になりたい
            と。
             震災が今もあの子の中でいきてるんだね。

Filed under: 十勝連峰,天気、星空,季節、四季  タグ: — tomi 10:12

   1-DSCF9388   1-DSCF9393

      今朝5時の山荘の気温 15℃、晴れ(午前10時:25℃)。

     今日の予想最高気温は27℃。相変わらず寒暖差の激しい美瑛です。

            1-DSCF9396

      山荘は樹齢20年ほどの雑木林に囲まれていて、野鳥の鳴き声が
     かまびすしい。今朝も夜明け前から、名も知らぬ鳥の鳴き声で目が
     覚めた。朝の訪れがうれしくて鳴くんだろうが、安眠妨害でもあり。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       十勝岳連峰の「雪形」も、このところの暖かさで雪解けが進み、
      形が崩れてきました。 下の写真は5/20ころのものだけれど、
      昨日撮ったものもその下に載せてみました。

   1-DSCF9271   1-DSCF9272
                (5/20頃の雪形)
 
   1-DSCF9389   1-DSCF9391

       コロナウイルスに似た妖怪の頭部もちぎれ、踊り子の羽根も
      みすぼらしく、下腹部もたるんできたようです。

   1-DSCF9390

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           「ジイ、『源氏』どこまで読み進んだ?」
                       ─── 仙台姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          『帚木』の最初の方で足ぶみ。もう無理かも。

Filed under: 十勝連峰,季節、四季,本、小説、詩  タグ: — tomi 10:55

覗き見したいが ・・

             1-DSCF9343
               (今朝9時ごろの十勝岳)

            今朝9時の山荘の気温 23℃、快晴。

       夜明け前の気温が 8℃ほど。 それが一気に15度も上がり、
      窓を全開にしている。冬用の衣類を春向きに替えたいところだ
      けれど、歳をとると体が外気に順応しづらくなり、少々の暑さ
      は我慢している。
       今日は何度まで上がるのか、さらに夜更けには何度まで下が
      るのか、旭川周辺は大陸風の気候ゆえ、油断ならない。

   1-DSCF9325  1-DSCF9326

            1-DSCF9331

       山荘の外壁(木の板を張り付けたもの)に、野鳥が穴を開け
      困っていたところ、巣箱をこしらえてあげたらいいというので
      ありあわせの木の板で作って壁に取り付けた。
       最初はアカゲラが占領していたが、そのうちシジュウカラが
      乗っ取り、さらに名も知らぬ野鳥が乗っ取りして、今は写真の
      小鳥が我がもの顔で出入りしている(名前は不明)。
       巣箱は2階の窓からすぐ近くにあるので、カメラを向けても
      慣れたもので、知らんぷり。すこし脅かしてやると、ようやく
      外に飛び出した。
       巣箱の中はどうなってるのか、開けて覗いてみたい気もする
      が、軽犯罪法に触れるので、やめておく。

   1-DSCF9331-001  1-DSCF9334

   1-DSCF9335  1-DSCF9336

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「巣箱にシジュウカラが入ったようです。
         アカゲラやゴジュウカラより小型で声もキレイです。
         住居も驚くほど清潔で、子が孵ると、木の葉の毛虫
         や植物についている害虫をほとんど食べてくれます」
                        ─── 村人・A

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          前にも教えていただいたはずですが、鳴き声は
         ‘ ピーチェ チョイ! ’ です(メモしてました)。

Filed under: 動物,季節、四季  タグ: — tomi 10:29

   1-140511-6
                     1-140512-3
                     (写真は2014.5月のもの)

     今朝6時の山荘の気温 12℃、雨。

     この春は、桜の花見をするのを忘れていた。新コロナウイルス騒ぎで
    外に出るのを控えていたので、春の訪れは山荘の窓からチラリと辺りを
    眺めるだけだった。

        願わくは 花の下にて 春死なん その如月の望月のころ
                           ─── 西行法師

     齢70歳をすぎた。少女の肌のような薄桃色の「エゾヤマザクラ」の
    花。 もうあと何回眺めることができるのかと、ふと寂しさがただよう。
                    *
     美瑛の春は(秋まき小麦を除けば)淡い色彩から始まる。常緑の樹々
    が少ないせいだろう。一年の初めが淡い若葉から始まる姿は初々しくて
    すてきだ。

Filed under: 季節、四季  タグ: — tomi 11:32
  • 2020年9月
    « 8月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー