フキノトウ

      DSCF7613

     今朝6時の山荘の気温 1.0℃、晴れ。

 山荘の北側、屋根から落ちた雪。日差しがとどかないので
毎年夏近くまで解けずに残る。何か利用方法はないものかと、
これもまた毎年、見るたびに思うのだが。

      DSCF7612

 猫と散歩してると、日陰にまだまだ食べ頃のフキノトウが
出ている。ふと、この近況報告を書きはじめたころ、息子と
野原でフキノトウを探し歩いた時のことを思い出した。
 以下はそのときの近況報告(2004、4/5)───

 ‘ 電子レンジで軽くチンして、ポン酢で食べるのが好きです
(フキノトウのことですよ)。
 十数年前の早春、息子と一緒にフキノトウを採りに近くの
土手を歩いていました。当時5.6歳だった息子が、どの位の
大きさのフキノトウを採ればよいのか尋ねるので、「おまえの
オチンチンぐらいの大きさだ」と答えると、息子、おもむろに
ジャージーを下げ、己が股間をしげしげと・・・。
 彼も、今年で高校三年生になりました ’

  追伸:今はもう、立派な大人になっている(?)はず。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「おっはよう、爺。5.6歳の男の子にしては大き過ぎじゃ。
今はもう30代だろう? 巨大化してるんじゃない?」
                    ─── 仙台姫
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   歳とともに大きくなるってもんでもないだろう?
   なら80代の老人は・・・想像したら恐ろしいゾ!

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     「爺、‘ 太平洋にゴボウ ’ って言うぞ。
     小さすぎるのも困り物ジャがのう~」
                 ─── 仙台姫
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      実感こもってますな。心も体も広いのは
     いいこと・・・ばかりじゃないって事か。

Filed under: お便り,季節、四季,山荘周辺  タグ: — tomi 09:39

10年・20年あとに

         DSCF7599

        今朝7時の山荘の気温 7.5℃、晴れ。

   つい数日前までは昼間は暖房を止めていたが、昨日・今日は
  終日ボイラーは停止している。「平年」という言い方が、ここ
  美瑛でも当てはまらなくなりつつある。10年、20年あとに、
  あぁあの時が、温暖化の変わり目だったと振りかえられる時期
  なのかも知れない。
   10年・20年後の美瑛の丘は、今とそれほど変わらないと
  思われます。変わらない風景、変わらない大地、住む人の世代
  が代わろうとも、悠然として残り続けるであろう姿は脱帽です。
 
DSCF7601
                DSCF7600

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 DSCF7577  DSCF7578

    新刊本の新聞広告。箇条書きされた見出しを読むと、
   身につまされる言葉が並ぶ。近くに書店があれば・・と、
   でも、幸か不幸か、美瑛に本屋さんは無い。

        DSCF7573
          小姫へ(どさくさに紛れ)。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   「爺、地元に書店が無ければ、ネットで買い求めれば?」
               *
   「『竜馬』はどこまで読んだ? アチキは文庫の2冊目、
   もうすぐ終わる」           ─── 仙台姫

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ネットの「アマゾン」で購入してたんですが、しばらく
   間をおいたら、注文のやりかた忘れてしまってね。
   『竜馬』は「淫蕩」。童貞を失うところジャ。可哀想に
   ノウ~。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「おぅおぅ、ずいぶん昔の話じゃのう~。それがな、
    いざというとき地震がきてな、お冴さんに男にして
    もらえなんだ」
               *
    「けっきょく竜馬を男にしたのは、お田鶴さまか?」
                     ─── 仙台姫
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    さぁ、誰だったか忘れてしもうた。千葉道場のさな様
   でないのは確か。たぶん、お田鶴様だと思うけどな。

Filed under: お便り,季節、四季,本、小説、詩,美瑛  タグ: — tomi 07:47

花も実も

DSCF7596
                  DSCF7595

          DSCF7588
              (秋まき小麦畑)

         今朝6時の山荘の気温 1.9℃、晴れ。

 早朝、外で遊んでいた猫が急に窓を叩く。どうしたものかと窓を開けると
外が騒がしい。聞きなれぬ鳴き声が空いっぱいに拡がり、それが白く大きな
鳥の群れだとわかる。おびえた猫が室内に飛び込み、ふるえておった。
 十羽以上の群れだったかな、あれがうわさに聞く白鳥かと。暖かい本州で
越冬した白鳥たちが北へと帰ってきたのだろうか。北帰行、人間ならば闘い
やぶれ、「敗北」して流れてくる地が、ここなんだろうか。
                 *
 昨日、所用で街に行ったついでに向いの丘を巡ってきました。最近あまり
外に出たがらなくなり、カメラを持って写真を撮ることもなくなりました。
 早春の丘、農家のトラクターが動き回り、眠っていた人の営みも始まった
という風情。まだ何も無い不毛の丘ですが、これから「期待」というタネが
まかれ、緑の丘へと変身してゆきます。今はまだ花も実もない丘の姿ですが。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「おはよう、爺。今朝の小麦畑の写真、PCの待ち受け画面に
    いただき」
                 *
      「ところで『竜馬がゆく』、どこまで読んだ?」
                        ─── 仙台姫
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        美瑛の竜馬は、四六時中、眠り呆けておる。
                 *
        待ち受け画面用に、画像を大きくしたから。
                 *
         小さな荷物を送った、今夜配達予定で。
         寄り道せず、早く帰れよ。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「爺、なに送ってくれたんだよ~。いかがわしい
      本なんかだと要らんぞ」     ─── 仙台姫

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      村人さんから頂いた ‘ ぶんたん ’ (大きな夏ミカン
      みたいなの)の皮で作ったジャム(マーマレード)。
      それと、フキノトウで作った ‘ フキ味噌 ’ 。
      ぶんたんジャムは、パンに塗ったり、ヨーグルトの
      トッピングに。焼酎のお湯割りに浮かべるのもいい。
      フキ味噌は少し苦みがあるので、日本酒に合いそう。
      小姫にも同じ物、送っておいたから。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           CCF_0001
                (蛙観図)

      「多くの機械や施設に、安全装置が付いているのは、
      安全でないからです」       ─── 村人A

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      久しぶりの村人ワールド。ところで「蛙観図」という
     言葉、意味は理解できるんですが、読み方がわからない、
     広辞苑、漢和辞典を引いても・・。
      そのままネット上に放り込むと、「地面や水平面から
     虫や蛙の見上げるような、非常に低い視点からえがいた
     透視図」。読み方は ‘ あかんず ’。 勉強になりました。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     「おじさん、おばんでした。小包届きました。さっそく
     夕ご飯の仲間入り。 母も作ってくれたことあったなと、
     なつかしくいただきました」       ─── 小姫

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「爺、フキ味噌、いい! もっとたくさん作って
       送ってタモンセ」        ─── 仙台姫

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      日本酒に合うよな。爺のお父さんが生前、湯豆腐の
      上に乗っけてよく食べてたよ。 血は争えんな~。
      今年はもうおしまい、また来年な。 爺が元気なら。

Filed under: お便り,季節、四季,風景  タグ: — tomi 08:05

ボチボチ・・と

DSCF7580
                  DSCF7581

         DSCF7583

        今朝7時の山荘の気温 5.0℃、晴れ。

 体調がおもわしくなく、終日ゴロゴロしておった。「死んじゃった?」と
いう嬉しそうなメールも届いたけど、‘ 生きとるわい!’ と返信しておいた。
すると返事が、「この春もつまらん春じゃの~」。
 毎日この欄に、近況をアップするのが面倒くさくなり、だからボチボチと。
そのうち、そのボチボチが、ボチ~となり、ボ・・チ・・となったあたりが
臨終だろうかと。
 写真は、2,3日前の春の雪。朝晩はまだまだ氷点下の美瑛。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「爺、抗うつ剤が効いたようじゃの。しばらく山荘を離れな」
                        ─── 仙台姫
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      暖かくなり、庭仕事でも始めたら良くなるとおもうよ。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「昔、根津甚八に似てると言われた事があります。
       得意になって似た服装を探しましたが止めました」
                       ─── 村人A
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ネットで写真を探してみました。言われてみればなるほど・・。

          o0480032013841574748
             (若き日の根津甚八)

      亡くなられていたとは知りませんでした。 出生地が
      山梨県・都留市、私の故郷の近くです。
      深沢七郎といい、根津甚八といい、世の中を斜に構え
      て生きた人が、あの辺りには多いですね。私などは後ろ
      ばかり向いて生きてきましたが、真っすぐ前を向いては、
      恥ずかしすぎて生きられなかった(?)。

Filed under: お便り,季節、四季  タグ: — tomi 14:16

兼・防犯カメラ

         L1430

   今朝6時の山荘の気温 -1.8℃、曇り。積雪:ほぼゼロ。

   積雪もマダラ状態、乳牛だとホルスタインの毛並み模様。
   北国の春は、ジワジワと、まるで性悪オンナが手招きする
   ように、焦らしながら訪れるようです。
   写真は、W・カメラに残る猫のミーシャ嬢。雪融けが進み、
   恋人が現われないかと、待ち望んでいるお姿。

DSCF7575  DSCF7574

   防犯カメラを兼ねたW・カメラですが・・、不審者、発見!
  どこか見覚えのある・・・もうすぐ70才の老人(写真・下)。

         L1630-001

Filed under: 季節、四季,山荘周辺  タグ: — tomi 06:55

春の味・香り

130422-4
                 130422-3

   今朝7時の山荘の気温 5.5℃、曇り。積雪:ところどころ。

  この時期、アチラこちらに顔を出すフキノトウで「ふき味噌」を
 作ってみた。 ネットで作り方を調べて挑戦したけれど、きれいな
 黄緑色が茶色く変色して思いどおりにいかない。でも口に入れると
 春がふわり拡がる。
  写真は山荘ウラの丘。左上の写真の左隅に山荘が遠望できる。

        1-DSCF4012
           
    春の味・香りのフキノトウ。食べるにはチト開きすぎ。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「おっはよう、爺。そのフキ味噌、アチキにも作って
   おくれ。日本酒に合いそうじゃノ~。待っておるゾ!」
                     ─── 仙台姫
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   はは~、まぁそのうちにな。仙台は桜は咲いたのかい?

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    今が見頃。小姫の所はまだだそうじゃ。フキ味噌もって
   来るかい? 花見で一杯やろうゼッ」  ─── 仙台姫

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   「爺、まだ起きチョルかい? 『竜馬』どこまで読んだ?
   アチキは、江戸を離れて京に行くところじゃ」
                      ─── 仙台姫
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    速いですなぁ、とてもついて行けません。 数ページ
   読んではウトウトしてしまう毎日です。比べると、若い
   頃は熱気があったなと。 姫、お先にどうぞ。
                *
    雪が融けたので、昼間、TVのアンテナの修理に裏の
   丘に上がったんですが、足を滑らせ、手に怪我をしてね
   血が出た。体の一部から血が出たなんて遠い昔のような
   不思議な感覚。 お~! まだ熱い血が流れておったかと
   感激。 姫、もうちょっと酒が飲めそうじゃ。

Filed under: お便り,季節、四季,食べ物、飲み物  タグ: — tomi 07:31

春の雪

DSCF7566  DSCF7567

    今朝7時の山荘の気温 -0.2℃、晴れ。積雪:少し。

DSCF7569  DSCF7570

DSCF7568  DSCF7571

         DSCF7572-001
          (最初の写真より数分後)

    春雪、春の雪、小説の題名にも登場しそうな朝でした。
    午前9時のいま、雪は跡形もなく融け、いつもの北国の
    遅い春の風情です。ただし気温は低く、暖房用ボイラー
    は夜通し、いまも稼働しております。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   「爺、春じゃのう~。‘ 春雪 ’ なんて気取るんじゃないよ。
   もう歳なんだし、山荘は息子さんに任せて、静岡に戻りなよ。
   養生が大切なんだからさ」
                *
   「『竜馬がゆく』、文庫の1冊読み終わって、2冊目ジャ。
   こんなに夢中になって読んだ本、久しぶりじゃ」
                       ─── 仙台姫
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       姫も ‘ 歴女 ’ の仲間入りしたようですな。
      日本史は、幕末がおもしろいですからね。

Filed under: お便り,天気、星空,季節、四季  タグ: — tomi 09:35

山荘にも春が

DSCF7564
                 DSCF7563

  今朝7時の山荘の気温 0.0℃、うす曇り。積雪:ところどころ。

         DSCF7565

 さきほど、眠い目をこすりつつ撮った写真3枚。名残りの雪が時おり
積もることはあるようですが、暦どおり春は訪れているようです。
 屋根から落ちた雪が残る建物北側の雪は、例年6月ごろまで残ります。
雪の消えた前庭にはハーブの「サントリナ」が、雪の重みにもめげずに
地面にゆったりと枝を拡げていて、けな気でもあり微笑ましくもあり。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「おじさん、『尾瀬に生き尾瀬に死す』観ましたよ。
    終わりのほうで、息子の ‘ 惣明 ’ さんが誰もいない
    集会所で語る場面、泣きました」
                *
    「言われなければ、島津斉彬役の渡辺謙さんだとは
     分かりませんね。宮崎美子さんも若くてかわいい!」
                    ─── 小姫
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    謙さんが、誕生したばかりの環境庁に乗り込むシーン
   があります。当時、初代環境庁長官は仙台市出身の大石
   武一さんという、東北大学医学部出身のお医者さんです。
   小姫が生まれた頃には、まだ存命だったはずです。気骨
   のある方でしたよ。ドラマでは芦田伸介さん(故人)と
   いう有名な俳優さんが演じてます。
               *
    蛇足ながら、「芦田伸介」さんは、小姫も読んだこと
   のある『氷点』のTVドラマ版で、主人公・陽子の父親
   辻口啓造・役を演じてました。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「爺、テレビでさぁ、池上彰さんの『現代史を歩く』
    やってんだけど、観てる? 同じ世代でしょう?
     観てない? 観なさい!」    ─── 仙台姫

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     見てますよ。池上さんたちとは同じ世代ですからね。
    それに同じ時期に東京にいましたから、懐かしいです。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DSCF7522  DSCF7523-001

    小姫へ。いつものコラムですが、君に読ませたくてね。

Filed under: お便り,テレビ、映画,季節、四季,山荘周辺  タグ: — tomi 09:45

なんもない春

DSCF7454
                 DSCF7456

  今朝7時の山荘の気温 -0.1℃、曇り。積雪:0~10cm。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  「釧路にいます。とにかく寒くて人の姿も疎ら、何もない春です」
                        ─── 村人A
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   内地では、春だ! 桜だ! と騒いでますが、津軽海峡の北は
  どこもナンモナイですね。名残りの雪のすぐそばに、フキノトウ
  が顔を出しているくらい。
   今日はこれから街の病院へ。何科へ行くのか忘れてしまうほど、
  体のアッチコッチがガタついてきました。もう修復不可能なんで
  しょうけれど。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「爺、きょうは何科じゃ、泌尿器科か?
       おしっこ漏らすようになったか?」
                    ─── 仙台姫
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       今日は眼科。白内障が進んでおるそうじゃ。
      でも、歳の割には視力が良いそうで(両眼とも
      1.5)、手術はまだ先でよいそうじゃョ。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「小姫がどんなお医者になるか、楽しみじゃのう。
     メスで、お腹のアッチコッチ、ぶつぶつ切り取って
     ニコッと笑ったりしてな・・・てなことはないか」
                *
     「あの子は、やっぱり弱者に寄り添うような女医
     さんになるんだろうな」     ─── 仙台姫

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      爺もいつか小姫に脈をとってもらい、終わりたい。

Filed under: お便り,季節、四季  タグ: — tomi 08:25

雪解け

DSCF7525
                 DSCF7526

  今朝7時の山荘の気温 2.6℃、晴れ。 積雪:0~20cm。

 美瑛アメダス観測地点の積雪は0cm となりましたが、山間地に在る
山荘周辺は所どころまだ雪が残ってます。 裏の林は木の根元から雪解け
が始まり、植物の命の元が根にあることを証明しています(写真・下)。

         DSCF7544

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「爺、順調にボケとるかい? 『竜馬』読んどるかい?
   前に爺、本読んでて、読み過ごすのが惜しいような文章の
   横にサイドライン引くことがあるって言ってたよね」
                *
    「アチキも真似してんだけど、『竜馬』でのその最初が、
   寝待ノ藤兵衛が、伏見・寺田屋の船宿のお登勢を評して」
                *
   「 ‘ お登勢という後家が女手でやっておりますが、これが
  また、京女を江戸の水で洗ったような気っぷの女でございまし
  てな ’ という文章表現」
                *
   「うまいよねぇ。‘ 京女を江戸の水で洗ったような ’ って、
  ほかに何も言葉は要らない。それだけで、もうどんな女性か
  すぐわかる」              ─── 仙台姫

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  むかし(50年ほど前)、大河ドラマで最初に『竜馬がゆく』
 を放送していたとき、そのお登勢さんを、森光子(故人)さんが
 演じてました。森さんは京都のお生まれ、京言葉は慣れたもので、
 年の離れた竜馬(北大路欣也)に色目をつかうシーンなんか艶め
 かしかったですよ。他に、お田鶴さまは三田佳子、おりょうさん
 は浅丘ルリ子、乙女姉さんは水谷良重、それから、・・忘れてた
 寝待の藤兵衛は三木のり平さんでした。みな故人となりましたね。
                *
  失礼しました。朝丘ルリ子さんは存命で、昨年、倉本聰さんの
 『やすらぎの郷』に出演されてました。それから北大路欣也さん
 は、藤沢周平の『三屋清左衛門残実録』で元気なお姿でした。
                *
   姫は ‘ ボケ ’ という言葉をよく使いますが、「痴呆」とか
 「認知症」とかいう言葉より、爺は好きです。
  「ボケる」は「呆ける」~「暈ける」に通じ、ぼんやりするに
  行きつきます。歳をとると何もかもがボンヤリとして、視界に
  カスミが架かったような心持ちで、「彼岸はかくありなん」。
  「ボケ老人」と蔑まれても、当人はいたって幸せなんですよ。

Filed under: お便り,季節、四季,山荘周辺,本、小説、詩  タグ: — tomi 07:23
  • 2018年4月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー