幕が開くまえも

DSCF0100-001
                 DSCF0099-001

   今朝7時の山荘の気温 13.7℃(午前4時7.6℃)、快晴。

 相変わらず昼夜の気温差(20度ほど)が大きい日々です。でも四季を
通じ、この時期の美瑛が最もすばらしい。風も雲も。光も爽やかだ。畑は
種がまかれ、苗はまだ植えられたばかりだけれど、なぜかワクワクする。
これから芽を出し、大きく育ってゆくという期待感のせいだろうか。
 ジャガイモの花が咲き、ラベンダーの花が匂い、黄金色に小麦が色づく
畑も美しいが、そういった視覚や嗅覚の満足感ではなく、そういう風情を
思い描いたり期待したりする時間もいいもんだ。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「お~い、爺! 『竜馬』どこまで読んだ?
       アチキは『海へ』に入ったゾナモシ」
                     ─── 仙台姫
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       越された~! 越されるはずよ。 昨夜読んでると
      ‘ あれ、前にここ読んだことがあるぞ ’ 、ページを
      ペラペラもどすと前の日に読んだばかり。それに
      気づき、取り返すのにまた半日かかってしまった。
       シオリをはさみ忘れたのが原因。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「シオリのせいにすんナ! 原因はボケじゃ!」
                     ─── 仙台姫
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       ボケ、ボケ言うな! ボケが可哀そうではないか。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「1782年、伊勢白子から出た船が漂流して千島列島の
    孤島に漂着し、自力で船を作り、孤島を脱出してロシアに
    渡り、10年後に戻ってきた男がいます。名前は大黒屋光
    太夫。元NHK編集責任者の望田武司さんが詳しい冊子を
    出されました。
     知れば知るほど驚きの人生です。江戸時代の日本人は世界
    を見ていたようです」         ─── 村人・A

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   鎖国をしていたからといっても、けっこう世界を見てますよね。
  信長の時代には少年遣欧使節団、江戸の初めには仙台の伊達政宗が
  家臣をスペインに送ってる。鎖国の頃は長崎の出島からも見てる。
   幕末に米国からやって来たペリーやハリスよりも前、暴風で漂流
  した回船がアリューシャンまで漂流した話は、高田屋嘉兵衛にも
  ありました(たしか司馬遼太郎さんの『菜の花の沖』でしたか?)。
  井上靖さんの『おろしや国酔夢譚』とゴチャ混ぜになってきて、脳
  はかなり壊れてます。『竜馬がゆく』を読んでいると、前に2度も
  読んだなんて信じられないです。きれいにみな忘れてる!

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     「こりゃ、じじい。 何年か前の記憶ならゆるすけど、
     前日どこまで読んだか忘れるなんて最悪! 移植手術で
     新しい脳と交換してもらいな」    ─── 仙台姫

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     いいねぇ。できれば若い女性の脳を移植してほしいな。
    姫の脳と交換する?

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「嫌じゃ」  ─── 仙台姫

Filed under: お便り,季節、四季  タグ: — tomi 09:13

指折り数えて

DSCF7704
                 DSCF7703

       今朝6時の山荘の気温 10.3℃、快晴。

   夏至はまだ一ケ月ほど先なのに、朝晩の光が伸びてきました。
  夕闇は午後7時すぎ、暁は午前3時台。指を折りつつ数えると、
  暗闇の時間は8時間ほど(写真・下は、昨夜の日没後と今朝の
  明け方。W・カメラより)。

L1930  L0320
   (昨日 午後7:30)       (今朝 午前3:20)

   北欧ではさらに夜(暗闇)の時間が短くなって、白夜となる。
  年間を通じての赤子の出生率が、北欧では夏と冬とで違うとか。
  どちらがどう違うのかは・・・知らない。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     「おはよう、爺。そりぁ、決まっとるじゃろうが。
     夜が、暗闇が長けりゃ、他にやる事ないからアレ
     するしかなかろうが」
                * 
     「そうすると、つまり、指折り数えて10か月後の
     次の秋あたりが、べビーシーズンとなるわけゾネ」
                     ─── 仙台姫
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        指折り数えんでいいから、仕事しな!

Filed under: お便り,季節、四季  タグ: — tomi 09:02

ゆるゆると

DSCF0037
                 DSCF0038

         DSCF0041

        今朝5時の山荘の気温 5.7℃、快晴。

 もう必要ないだろうと止めたはずの暖房機、2、3日前から朝晩だけ
SWを入れている。室温は20度以上あるのに・・体力がおちてきたの
かも知れない。道東の釧路方面では、真夏でも朝晩暖房を入れることが
あるそうだが。温暖化って本当? それより我が身の老化、劣化が原因?
 窓の外、白い物がフワフワ舞っている。タンポポが綿毛をもう飛ばし
てる。そんなに急がなくてもいいのに、ゆっくりと生きようゼ!

         DSCF7701

     あまりに面白かったので、禁を破り掲載(ナイショ)。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          5-10 (3)
              (旅の途中)

     「札幌も同じように寒くて、セーターを着ています。
     今朝、オホーツク海側では氷点下の所がありました。
     老化ではなく、本当に寒い日が続いています。
     『折々のことば』は本当に面白い!」
                    ─── 村人・A
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     「爺、ジョン万次郎だけどさ。若いころ漁師となり、
     船が難破し米国に渡ったけど、帰ってきてから英語
     を教えるのに日本語のナマリ(土佐弁)がひどくて、
     竜馬以外に言葉が理解できなかったってのが笑える」
                      ─── 仙台姫
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      アメリカから帰って来た翌年、ちょうどペリーが
     浦賀に来た。通訳として活躍したと思いきや、相手
     との会話は出来ても、日本語への変換が難しかった
     らしいよ。なんといっても漁師ことば(浜言葉)の
     土佐弁だし・・龍馬とはすんなり通じたらしいけど。
      万次郎さんの子孫(女性)が、先日の朝日新聞の
     コラムに紹介されてました(また禁を犯し掲載 )。

         DSCF7616

      どことなく目鼻立ちがはっきりしていて、外国系の
     顔のようですが、純然たる大和ナデシコだそうです。
                 *
     先ほどネットで調べたら、万次郎さんの英語の和訳が
    載ってました(発音)。

      「こーる」=「cool」、「わら」=「water」
      「さんれぃ」=「Sunday」、「にゅうよぅ」=
      「New York」、・・など。

Filed under: お便り,季節、四季,本、小説、詩,植物、花、ハーブ  タグ: — tomi 06:28

動物たちも春

DSCF0089
    (エゾユキウサギ)
                 090620-002
                      (キタキツネ)

       今朝7時の山荘の気温 7.3℃、晴れ。

 窓際で寝てばかりのミーシャ嬢が、ときおり身構え、激しく立ち上がる
ことがある。外になにか動く気配を感じたとき、たいていはタカやワシの
猛禽類が視界に入る時だが、エゾユキウサギやキタキツネ、タヌキなどが
通ると、全身が総毛立ち、唸り声もあげる(2重窓の内と外だ、威嚇した
ところで相手に聞こえるわけないけど)。
 写真・左上は、山荘近くを車で走らせたときに出合ったエゾユキウサギ。
この時期は冬毛の白い毛から夏毛の茶色に生え替わるころ。ちなみに下の
写真は真冬のエゾユキウサギ。目を凝らさないと、どこにいるのか・・。

110214-1  110214-1-1

  以前、山荘裏手の材木置き場に春先、キタキツネが子を産んだ。
 3,4匹生まれたが、写真・右下はそのうちの一匹。縫いぐるみの
 ようでとても可愛かった。このキツネ、人の住まいの近くで生まれ
 育ったせいで人懐こく、そのためかどうか交通事故で死んだ。下の
 写真は、大きく育ち、山荘の庭で遊ぶ姿。名前を付けたが忘れた。

        8

P1060724  P1060736

   ためしに寝転んでみると、心配になるのか近寄ってきたっけ。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  「爺、『竜馬』どの辺読んでる? 昨夜読んだ中に、ちょっと
  シャレた言い回しがあったんで、爺の真似して写メで送るよ」

           IMG_20180527_155214

  「場所は『伯楽』の中ほど。勝海舟の家を辞して帰る途中の
  竜馬に、同郷の役人が現われたところ」   ─── 仙台姫

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    大学でモンゴル語を専攻されたという司馬さんですが、
    作品を読んでいる途中、国語辞典を引くことシバシバ。

Filed under: 動物,季節、四季  タグ: — tomi 07:45

(休)

100510-4
                 100531-6
                      (20日後)

      今朝7時の山荘の気温 10.7℃、小雨。

 掲載写真は、ほぼ同じ場所の20日後のすがた。春先の丘は、季節の
移りかわりが速い。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   「爺、おばんどすネン。『***』のほう、どうだった?
   もうすこし、なんとかなるって?」
                *
   「『勝海舟』だけどさ、‘ キン ** ’ 犬に喰われ、その
   あと結婚して、よく女の子ばかり3人もできたよなぁ~。
   こんど小姫に訊いてみっか」      ─── 仙台姫

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   小姫に訊いても、まだ無理じゃ! 男のアソコは体の中でも
   強靭らしい。歳とって、衰えるのは早いけどな。
   爺もきょう病院の待合い時間に、その辺りを読んでいたよ。
   野良犬がもう少し****を深く噛み切っていたら、歴史も
   いくらか変わっていたかも知れん。犬にも時代を動かす先見
   の明があったか・・とな。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   「おじさん、おばんです。アスベストの結果はどうでした?
   胸に爆弾抱えてるんですから、あまり無理しないで下さいね」
                *
   「いまBSで、『新日本風土記』観てます。古事記の世界が
   まだ生きてるんですね。サメのお刺身、食べてみたい!」
                       ─── 小姫
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    おじさんも観てますよ。ヒスイの話しになりましたね。
    人はどうして、金銀とかじゃなくて、ヒスイとかルビー
    とかの宝石に魅せられるんでしょうかね。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「爺、まだ起きてる? 宝石の話しだけどさ、金や銀は
   ゼニカネになるけど、玉などの宝石は、「美」とか「権威」
   の象徴になるよね」
                *
    「原発の立地県はゼニカネにはなるけど、決して美しい
   場所にはならない。それを良しとする地元の心の貧しさは、
   だれからも同情されなくなるよね」    ─── 仙台姫

Filed under: お便り,季節、四季,本、小説、詩  タグ: — tomi 07:49

田に氷が張ることも

DSCF7670
                 DSCF7672

        今朝7時の山荘の気温 7.5℃、晴れ。

 夜明け前には0℃近くまで冷え込んだようです。草木は緑があふれて
いるけど、朝晩の気温はまだ冬。それでも田植えが始まってきました。
 きょうからめずらしくお客様が。写真撮影の好きな方々には、なぜか
好まれている宿のようです。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   「おじさん、おはようございます。今朝の『こころ旅』、
   再放送ですが、心打たれました。九州・福岡県の旅です」
                *
   「両親が離婚し、そのあと母と暮らしていたけど、中学生
   のとき、再婚したという父に会いに行ったという便り」
                *
   「父は大きな農家で暮らしていた。歓待されたけど、帰り
   ぎわ、『もう二度と来ないでくれ』と言われ、一万円札を
   握らせてくれた」
                *
   「あれから年月が経ち、結婚して子供もでき、気がつけば
   笑顔が父に似ている主人がいます・・・」
                *
   「見ず知らずの方の便りなのに、聞いていてポロポロ涙が
   流れて仕方ありませんでした。 人にはそれぞれの人生が
   あり、それぞれの重さがあるんですね」
                       ─── 小姫
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      そうだね。言葉に出して話したり、文章にして
     語ったり出来なくても、それぞれの人生の思いを
     人はみな抱いて生きてるんですね。
      いつか小姫の前に、亡くなったお父さんに似た
     男性が現れるといいね。

Filed under: お便り,天気、星空,季節、四季  タグ: — tomi 08:37

5月の残雪・雪形

DSCF7683
                  DSCF7684

       今朝7時の山荘の気温 8.1℃、曇り。

 毎年5月のこの季節、雪解けが進む山肌が、まるで乳牛やシャチの体の
模様に似てきて美しい。でもこの時期の雪質は硬くて重いそうだ。十勝岳
の噴火で泥流が発生、多くの命を奪ったのは1926年(大正15年)の
5月24日。山々の残雪はちょうどこの位だったかも知れない。硬く岩の
ように締まった雪が、一瞬に融けて流れたので、想像以上の水量となった
ようだ。
 写真下は十勝連峰の雪形。毎年現れるのに、気づかずに過ぎてしまう。

DSCF7686  DSCF7685
     (踊り子)            (怪獣の子供)

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「おはよう、爺。『竜馬がゆく』だけどさ、どこまでが
    史実で、どこからが創作なのか・・ってこと、その辺り
    を意識し始めたら、読んでて複雑なんだけどさ・・・」
                      ─── 仙台姫
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   最初読んだ高校生の時は、すべて史実だと思ってましたが、
  その後、他の歴史学者の評伝などに目を通すと、かなり創作
  部分が含まれてることが分かりました。 だから「坂本龍馬」
  ではなく「坂本竜馬」にしたんでしょうね。
   東京・神田に神保町という「古書街」があり、ある時期に
  大量の幕末史の書籍がトラックで運ばれたそうです。噂では
  行先は関西在住の新聞記者さんの所だと(当時、司馬さんは
  産経新聞・関西支局の職員だったそうです)。
   作品を読んでいると、ときおり(・・・・)書きの部分が
  ありますね、あれは古書街からの書籍の引用だと思われます。
  作品が発表された当時は、坂本龍馬という幕末の武士の名は
  ほとんど無名で、ほとんど知られていなかった。だからある
  面、作者の創作意欲は縦横無尽に羽ばたいたんだと思います。
   姫もだから、一編の創作上の人物、架空の史劇と捉えては
  どうでしょうか。そのほうが、より「龍馬」が好きになると
  おもいますよ。

Filed under: お便り,十勝連峰,季節、四季,本、小説、詩  タグ: — tomi 07:52

こころ への ゴチソウ

DSCF0044
                DSCF0048

       今朝6時の山荘の気温 8.8℃、くもり。

 丘の上の曲がりくねる道。その先に拡がる、どこか懐かしい解放感。
年に一度、この時期だけの光景。
 雪が融けたばかりの丘は、黒く露出した畑ばかりだと思われますが、
前年の初秋に種まきされた小麦(秋まき小麦)が、まるでゴルフ場の
芝のように現れます。背丈が増し、黄金色に色づく夏までのゴチソウ。
夏、刈り取りが終わると、大きな麦わらロールが畑にコロコロ転がる
風情は微笑ましい。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「爺、『源氏物語』の夕顔の死因は何だったと思う?
   一般的には ‘ 六条御息所 ’ の物の怪に殺されたと言われ
   てるけど、現代医学ではどう診断するか・・・」
               *
    「というような内容の講義が小姫の授業であったと。
   『ところで源氏物語、読んだことある者』と教官が訊く
    と、講義室で手を上げたのは小姫一人だけだったとさ」
                     ─── 仙台姫
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      それはそれは、男子学生ばかりの中で、小姫も
     鼻高々だったわけだ。文学やクラッシック音楽を
     愛する ‘ リケジョ登場!’ だね。
     源氏の正妻・葵の上も六条御息所の物の怪に殺さ
    れたことになってるけど、平安時代の嫉妬心は凄ま
    じいね。現代医学はこれをどう解明するんだろう。

Filed under: お便り,季節、四季,風景  タグ: — tomi 09:23

春の小川は ・・・

DSCF0035  DSCF0034  

       今朝7時の山荘の気温 7.1℃、くもり。

   ‘ ♪ 春の小川は さらさら行くよ・・ ’ の文部省唱歌は、最初は
  ‘ さらさら流る ’ だったそうだ。「流る」より「行くよ」のほうが
  方向性があり、時代に合ったのかも知れない。
   北国の春の小川は、さらさらと流れも行きもしない。雪どけ水が
  渦を巻き、轟音をともなって流れる。特にこの春は、雪解けが早く
  始まったので、美瑛川の両岸いっぱい、溢れるくらいの水量だ。
 
         DSCF0042

     こちらは「カタクリ」と「エゾエンゴサク」の群生。
    どちらか一種類だけではなく、両方混ざったのがいい。
    北海道の春を彩る風物詩です。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          503
              (作陶の毎日)

      「何処へ行っても、皆さん、スマホを見ている。
      過去に見た事のない様子で不気味。そして自分も
      見ている」         ─── 村人・A

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          衰えぬ創作意欲には敬服します。
         こちらは毎朝の新聞と一冊の文庫、
         合間にお酒をちびちびの日々です。

Filed under: お便り,季節、四季,植物、花、ハーブ  タグ: — tomi 07:20

遠い春

DSCF0023
                  DSCF0024

       今朝6時の山荘の気温 3.5℃、くもり。

 肌寒い霜の降りそうな朝。芽吹いたばかりの新芽が寒さにふるえてる
ようです。でもこの一週間で季節は急速に移りました。写真は連休前の
山荘周辺の林。

DSCF0025  DSCF0020-001

         DSCF0022

 自然(植物)は、いったいどこで季節を認識するんだろう。寒がりの
グータラ人間には、まだまだ季節は冬だと思いがちだ。たぶん植物たち
は、日照時間の量で春を感じるのかも知れない。
 Web・カメラで確認すると、夜明けは午前3時台で明るくなり、宵闇
が拡がるのは午後7時台。寒くて霜が降りようが、彼らは季節を律儀に
認識する。動物と植物の季節認識の違いは、自らが動くか動かないかに
よるのではないか。動きたがらない人間には、春はまだまだ遠い。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「お~い 爺! 今朝は早いの~! 残り時間が
      少なくなるから早起きせんとな」
                     ─── 仙台姫
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    そうそう、その時がくれば、いくらでも眠れるからの~。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「爺、毎朝計っている血圧の報告が、ここ最近
     届いてないと小姫が言うとった。ちゃんと報告
     せんといかんゼヨ」       ─── 仙台姫

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     認知症やらボケやら進んでのう~、忘れておった。
     最近、小姫からメールが無くてな淋しいかぎりジャ。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「講義についてゆくのが大変らしい。根が文系だから、
    思考がアバウトというか、‘ ゆらぎ ’ が許されない」
                *
     「でも・・だから、どんな医者になるか楽しみだと
     も教官に言われたそうジャ」    ─── 仙台姫

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     なるほどね。もしかしたら名医になるかも知れんぞ。
    人間の体の元はファジーな部分にあるらしいからな。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            車谷長吉

     「車谷長吉が、函館から知人に送った手紙です。
     秋に見ると不気味な句で、啄木の墓がある立待岬
     で詠んだものかも知れません」

         ‘ 墓場より 眺める海や 秋の色 ’

                  ─── 村人・A
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     車谷さんは、朝日新聞・日曜版の『悩みのるつぼ』で
    知りました。こういっては的外れかもしれないが、悩み
    相談での回答として、相談者に対しこれでいいのかなと
    思いたくなるような奇抜な回答でした。 でも相談者の
    身になれば、勇気づけられたかも知れません。
     墓地で首まで埋まり、そこから世の中を睥睨している
    ような方でしたね。

Filed under: お便り,季節、四季  タグ: — tomi 07:04
  • 2018年6月
    « 5月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー