今年のラベンダー模様

        

     今朝5時の山荘の気温、17℃、くもり。

    朝晩は長袖が欲しい山荘ですが、日中は夏日を越える蒸し暑さが続く毎日です。
   今年のラベンダーは、早咲きの濃紫 (こいむらさき) に枯れた株が多く、また
   開花も例年より10日ほど遅れたようです。近くの農家の方の話だと、あらゆる
   作物の成長が悪く、こんな年は珍しいとのこと。
    スカッとした大陸的な青空が、ここ2ヶ月ほどまったく現れず、温暖化の影響
   でしょうか、北海道にも “ 梅雨 ” という季節が生まれてしまったかのようです。

        

     刈り取りも人手不足でままならず、いつものように刈り残しが目だちます。
    刈り残され満開に花開いたその妖艶な姿を見ていると、彼女たちにとっては
    このほうが良かったんだと、そっと指先で撫でてしまいます。

        

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「やっと再開ですね。
      それにしても、長袖ですか? いいな、いいな~。 行きたいな~。
       ところで、豪雨が報道されていましたが、仙台姫さんは大丈夫で
      しょうか?」                  ――みもざ

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       なにもメールが送られてきませんで、たぶん大丈夫なんでしょう。
      うるさいですからね、なにかあると。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           「爺、生きてた? 足2本ある? うれしいな!
           うん、よかったよかった!!」
                      *
        「昼休み、部長が 『お~い、姫! ゆずりは始まったぞ!』
        って大声で言うから急いでアクセスしたら、もう再開2日目。
        冷たいよ、爺!
         でも休欄中に爺の生声聞いちゃったからカンベンしてやる。
        仙台は豪雨被害はありませんでしたが、ときどき怖いくらい
        の強い雨が降りました。余震も未だ続いていて、今でも余震
        のあとは体がこわばって、手の震えがしばらく続きます」
                            ――新・仙台姫

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      ところで姫、私物のパソコンまだ壊れたままなの? ケイタイからの
     メール、書き写すの大変なんだから、はやく修理するか新しいのに替え
     なさい。
      それでなくても歳のせいか、目がしょぼしょぼして面倒なんだから。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「『きょうは残業します~』って言ったら、部長に『私用でパソコン使うな』
   ってクギ刺されちゃった。最近社内でのわたしの呼び名は 『姫』になってしま
   い、男性社員はいいけど、同僚の女子社員に呼ばれると、なんだか大河の『江』
   姫になったような気分。 猿顔の課長を、つい 『コラ!サル!』なんて言い出し
   てしまいそう(このメール、あした物議を醸し出しそう)。
    近頃の若い子みたいにケイタイ、パソコンにあまり興味ないんです。だから無
   ければ無いで平気。 パソコン買おうかなって思ったけど、そのお金でちがう使い
   みちあることに気づいたから、しあわせです。わずかな金額ですが、お金って使
   われる人によって、こんなにも生きることを知りました」
                              ――新・仙台姫

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「震災で二親とも亡くしてしまった女の子がいます。保険の仕事の関係で知り
    ました。中学2年生で一人っ子、近くに叔父さんがいたんですが、この叔父さん
    の家庭も、叔父さんが亡くなり、叔母さんと二人の子供さんが助かり、そこに引
    き取られたそうです。 両親の生命保険と、あしなが育英会が彼女のこれからの
    糧となるのかもしれません。 わたしも仕事を離れて彼女をみつめていきたいと
    思ってます」                    ――新・仙台姫

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     姫、えらいね。 誰かのために・・という気持ちは、人を向上させるからね。
    夜遊び、朝帰りの姫からは、もう本当に卒業したんだね。
                      *
       姫、病院に入院したおばあちゃんは、その後元気になったかい?

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     「おばあちゃんは10日ほどで退院し、いったん避難所に戻ったあと近くの
    民間賃貸住宅に入れました。『みなし仮設住宅』 という制度があって、家賃
    は要らないそうです。引っ越すとき、震災直後にわたしが届けた派手なコート
    を、『これ、もらっていっていいかい?』と笑顔でいわれ、ただうなずくだけ
    で、涙があふれてしかたがありませんでした。
     週に一度ほど顔を出していますが、元気になりましたよ」  
                               ――新・仙台姫

Filed under: お便り,北海道,季節、四季,植物、花、ハーブ  タグ: — tomi 05:56

マリモの歌

    
                       
                         (写真はネットより拝借)

   観光バスで道東を旅行し阿寒湖畔に近づくと、バスガイドさんが必ず次のような
  アイヌの伝説をマイクに向かって話してくれます。

  「むかし昔、阿寒湖にモノッペというコタンがありました。 村長にはセトナという
  愛らしいメノコがいて、16の春を迎えたある日、婿定めをすることになりました。
  選ばれたのは副村長の次男メカニ。 コタン一のやくざもので、セトナはこれを嫌い、
  家の下僕であるマニペを心密かに慕っていました。マニペぱ勇敢で気だてのよい若者
  でした。
   セトナの気持ちを知ったメカニは、マニペを亡き者にしようとくわだてましたが、
  カおよばず、かえってマニベに殺されてしまいました。 罪を悔いたマニペは湖上に
  丸木舟を浮かべ、この世の名残に葦笛を吹き鳴らし、哀れにも湖に身を投げたので
  した。
   マニペの死を知ったセトナは悲しみにくれ、ある日、舟を湖に漕ぎ出すと、その
  まま帰らなかったそうです。 それからは、湖の奥に生じ球藻の中に、二つ一緒に
  なったものが、ただ一個あるとのこと。 そして阿寒おろしの吹く夜は、セトナの
  むせび泣く声に混じって、マニペの悲しげな葦笛が聞こえてきたそうです」

   そう物語り終えると、バスガイドさんが静かに歌いだすのが 『マリモの歌』。

             作詞:岩瀬ひろし 作曲:八州秀章

                水面にわたる 風さみし

                ・・・・・・・・・・・
                ・・・・・・・・・・・

              マリモよ マリモ 緑のマリモ

              (歌詞は著作権に抵触するため
               削除しました。YouTube 等で
               ご覧ください)

               

   この度の道東ゆきでも阿寒湖に立ち寄った。北海道に住んでいて、阿寒湖を訪れる
  のが初めてというのも恥ずかしい話ですが、湖の観光船の発着場に近づくと、どこか
  らか、この 『マリモの歌』 が流れてきました。なつかしく切なく、遠く悔恨の情が
  湧いてきました。
   酒でも飲まなければ言葉も出ない恥ずべき思い出です。二十歳を一つ二つ過ぎた頃、
  美学生だった当時、絵のモデルさんがほしかった。知り合いに話したら、ある女性を
  紹介してくれた。 まだ二十歳前の観光バスガイドのタマゴだといっていた。 彼女を
  モデルにして2.3枚描かせてもらった。 たいしたモデル料が払えないと言ったら、
  お金は要らないから、代わりに観光バスの乗客になってほしいと言われた。数日後に
  道東に行かなければならない。いま猛勉強中だけど、人を前にして話さないと雰囲気
  がつかめないのだという。
   そして、にわか乗客になった私の前で、語り・歌ったのが上記の『マリモの歌』で
  した。透き通るような声質だったことを今も思い出します。
   その後親しくなった彼女は、私の部屋に泊まることも多くなったが、私は理不尽に
  も棄ててしまった。 人として恥ずべき行いであった。 今でも夢でうなされて目覚め
  ることがある。
   阿寒湖畔の入り口で足湯に浸かりながら、遠く聞こえる 『マリモの歌』 を、何度
  もくり返し聞いていた。 哀しい唄でした。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「おじさん、その観光バスガイドさんて、『ライラック祭り』 という詩に出て
   くる女性でしょう?
    おじさんの若いころって興味あるなぁ。タイムスリップして覗いてみたい気分」
                                ――仙台姫

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     まだ初老のオジサンをつかまえて、「若いころに興味 ・・」 とは失礼な!
    歳を重ねると、いい味が出てくるもんなんですよ。 顔に一つ二つシワがある
    くらいが、深みが出ていいもんです。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「人の過去をネホリハホリ掘り起こすのって、いい趣味じゃないけど、自分には
   味わえない他人の過去を追体験できるのって、文学書を読むのと同じで、人間一人
   の人生だけじゃ味わえない豊かな人生を享受できるんだよね。それに、あまりハッ
   ピーじゃない、うしろめたい余韻のある過去って、『人の不幸は蜜の味』って言う
   じゃない、安心して追体験できるのね。
    この 『欄』 のはじめのころに、『「K」のむかし話』って題のはなしが載って
   いて、すこし甘くてくすぐったい感じもするんだけど、好きなのね。
    病院で出会った看護婦さんが、むかしの女性に瓜二つだってはなし、コピーして
   あるんだけど・・・載せてもいいよね?」  ――仙台姫

                                
               「K」のむかし話     2004 年 12 月 6 日
 
   二年ほど前、久しぶりに札幌に帰った。 二三日の帰郷予定が一週間ほどに延びた。
  理由は、帰った翌日からメマイがひどく、近くの大学病院で検査を受けていたためだ。
  結果は大したこともなかったが、そこの病院で見かけた若い看護婦さんに面くらった。
  あのころ同棲していた女性にうりふたつだった。
   胸の名札の苗字はもちろん違うが、思い切って聞いてみた。

   「失礼ですが、あなたのお母さんの旧姓は、何というのですか」
   娘はキョトンとして忙しく動かしていた手を止めた。理由を言うと明るく答えて
   くれた、あの頃の君の名を。
    帰りぎわ娘に、「母の若い頃をご存知なんですか」と聞かれた。
   「ええ、まぁ少し・・・」
    と言葉を濁した。
    あのあと娘は母親に話したかも知れない。 こういう名前の患者さんに、きょう
   病院でお母さんの旧姓を尋ねられたと。そのとき君はどんな顔をしただろうか。
   俺と同じように、遠く、なつかしく、少し悲しい顔をしただろうか。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   何十年も心の底に押し込めているものが、人には誰にだって二、三あるものです。
  フタを取って吐き出してしまえば身軽にもなろうけど、どこに吐き出すかによって、
  装飾というか偽りの衣の色合いが違ってくる。 こうした、不特定多数の人の前では、
  素直に、自分を弁護することなく言えることも、一対一では自分をかばってしまう
  こともある。
   この欄も、誰が見ているか分らないという恐怖はありますが、でも会ったことも
  ない他人だと意識すれば、フタをとって、そのまま吐き出せるのでしょう。姫とは
  面識がないからこそ、お互い素直な物言いが出来るのかも知れません。

Filed under: お便り,北海道  タグ: — tomi 22:07

道東へ(オンネトー)

   

             

                       

    雌阿寒岳の麓に 「オンネトー」 と呼ばれる湖がありました。 湖というより
   濃い青緑の池という風で、樹木を湖面に写している色合いがなんとも美しい。
    どうしてこんな色になるのか、たぶん火山に近いために金属塩が混ざっている
   のかもしれません。 緑は銅の化合物でしょうか。 美瑛の 「青い池」 はアルミ
   ニュームの化合物が混ざっているそうです。
    古い話ですが、受験で金属化合物の色を問う問題がありました。前の日に丸暗
   記したものが、ほぼそのまま出たようで、してやったり!と喜んだことを思い出
   しました。 だからもうほとんど覚えてはいませんが。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           「 『オンネトー』 素敵ですね~。
          白い馬が一匹、走りだしてきそうな写真ですね。
          まるで、東山魁夷そのもののようです」
                           ――浮舟

              84377e35d24f2846ae1319793907a7b2-640x458
              (東山魁夷「白い馬」、ネットより)

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「お父さん、ご無沙汰です。
        へ~道東に行かれてたんですね。オンネトー、私も初北海道の時
        宿の方に教えて頂いて行きましたよ。 めっちゃ美しかったよ~
         でもひとりじゃ怖かったけど・・・」  ――S.T.

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         ヒグマも恐れるいういう・・。 何が恐かったんでしょうね?

Filed under: お便り,北海道  タグ: — tomi 07:06

道東へ(3)

      0-109      0-1101

       幣前橋の欄干には 『春』 『夏』 『秋』 『冬』 と題した4体の
      裸婦像が並ぶ。 それぞれ有名な彫刻家の作で、右上の像は佐藤忠良
      さんの作品。娘さんの女優・佐藤オリエさんがモデルなのかどうか。
       右下は札幌出身の彫刻家・本郷新さんの作品。

      0-112      0-113     

Filed under: 北海道,音楽、美術  タグ: — tomi 14:33

道東へ(2)

       0-107
        幣前橋の欄干に並ぶ裸婦像。        
        背景が深い霧に隠れ、幻想的。
                        
                         河口に近いため、漁船が並ぶ。
                         網から魚を外している漁師二人。

               
                三歳年上の姉とのツーショット

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           「お姉さまとの写真、とてもいいですね。
          リラックスされている様子が体に現れているようです」
                           ――薫子

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「おじさん、なかなかロマンスグレーの髪でいいじゃないですか。
        若いころの女性のお話、行方のわからない彼女に聞かせてあげたい
        ですね。 ただ歳を重ねるというだけでも、人と人との関係は熟成
        されていくもんなんですね。 歳をとるのも悪くないっか」
                              ――仙台姫

Filed under: お便り,北海道  タグ: — tomi 14:04

道東へ (1)

        

    先日、4,5日お休みして道東に行ってきました。 旅行というわけでもないん
   ですが、日ごろ亡き親代わりに私の面倒をみてくださっている姉夫婦二組と一緒
   に、レンタカーの運転手を買って出たわけでした。
    上の義兄はもう80代、私が還暦を過ぎたと言ったら驚いてましたが、好奇心
   など私なんかより旺盛で、カメラを持って歩きまわる歩行距離は、私の倍以上!
   足腰のしっかりして崩れない姿には圧倒されました。
    写真は釧路の 「幣前橋」 附近。釧路は20数年ぶりでしたが、小樽運河同様、
   釧路川の川岸は公園としてきれいに整備されていて、 少しばかり寂しい気もしま
   した。これも時代の流れでしょうか。
    翌朝、名物の霧がかかり、昨年亡くなられた地元作家・原田康子さんの『挽歌』
   の舞台であることを急に思い出した。
    霧の 「幣前橋」もいいが、夜の灯りに照らされた橋もよかろうと、酒に酔って
   早く寝てしまったことを悔いた。

        

Filed under: 北海道  タグ: — tomi 12:47

エゾシカの「花世」さん

        

     ラベンダー畑で作業をしていると、背後でドスンと鈍い音がする。何ごとか
    と振り向くと大きなエゾシカが目の前で、体を斜にかまえ顔だけこちらに向け
    ている。間違いなくエゾシカの 「花世」 さんだが、またひとまわり体が豊満
    になられたようだ。
     カメラを取りに行くあいだも、その場を離れることなく、ほぼ1時間ちかく
    牧草を食んだりして遊んでいた。ヨダレなど垂らしていないので、口てい疫の
    心配はなさそうだが、ヒズメを持つ動物たちには受難の時節がら、遊びに来て
    くれるのはうれしいが、しばらくは人家に近づかないほうがいい。近くに酪農
    を営む農家もあることだし。

        

         「 京都は連日30度を越える暑さどす。 暑うおます。
         梅雨入りも近うらしく、湿度も高いさかいに、かなしま
         へんぇ。
         『花世』さん、お久しぶりどしたなぁ。尻尾の毛も白い
         のどすなぁ。 なかなかのおしゃれどす。
          草の中で涼しげな写真が、はんなりしますなぁ」
                            ――末摘花

Filed under: テレビ、映画,動物,北海道  タグ: — tomi 08:34

移動時間

     
         (5/17)
                     
                          (5/31)
    今朝5時の山荘の気温、7℃、高曇り。

   写真は山荘裏の農道。2週間という春先の時間の経過は、道路わきの植物の姿を
  一変させる。
   季節の変化が、内地にくらべると激しい。冬が一年の半分を占めるので、残りの
  半分を春・夏・秋で3等分しなければならない。春の花がまだ残っている夏、もう
  秋の花が咲いていることがあるし、ワラビの横にキノコが出ていることもあった。
   北海道の季節の主役は、やはり冬なんでしょうか。
                     *
   近場の旅行ならいざ知らず、すこし遠出するとなると、目的地までの移動時間が
  馬鹿にならない。 海外旅行はもとより、国内でも九州や北海道となると、1日は
  (往復2日は)移動に費やされる。
   先日みえた旅人は3泊4日の美瑛の旅だったが、前後2日は移動に費やされた。
  ゆっくり美瑛の空気を吸ったのは2日間だけであった。
   2泊3日の旅で、人気の 『旭山動物園』 にやってくるという、社員旅行の話を
  小耳にはさんだ。本州の真ん中あたりから昼頃の飛行機でやってくるから、着いた
  らしばらく移動してすぐ宿に入る。3日目もほぼ同じだから、動物とご対面できる
  のは中一日ということになる。動物園の入場料は800円だから、その目的のため
  に入場料の百倍ちかい移動・宿泊費用がかかることになる。
   北海道民にとってはありがたいことなので、動物園のオットセイやシロクマたち
  に、「内地から変な珍獣たちがやって来るから、珍しがらずに、ちゃんと挨拶する
  んだよ」 と、言い含めておかねばなるまい。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   「おはようさんどす。6月とは思えない程の清々しい朝どすぇ、肌寒いほどの。
   どないしたのやろうかぁ? 皆さん今日は、はようおますなぁ。
    6時前から10人ものお人が、この欄開きおうてますなぁ」   
                                ――末摘花

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    なにやら、先ほど書き込んだ社員旅行の件と関係あるような気もしますが。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「どこまでも続くジャリ道。美瑛の 『アッピア街道』 のようですね。
     アツピア街道も当初はこのようなジャリ道だったのでしょうね?
      歩きたいですぅ! 気持ち良いでしょう。 もう一度言わせて下さい。
     『そのジャリ道を歩きたいっ!』。
      モモ広場のオイシャン達のライラックも、もうソロソロ花開くころで
     はないかしら?」
                               ――浮舟

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        時間とお金を使い、どうぞジャリ道を歩きにきてください。
       アッピア街道は、たしか石敷きの道だったとおもわれますが、
       そうでないと、あのチャリオットとかいう戦車が通りにくい
       からではないでしょうね。
        美瑛のジャリ道は、小型戦車並みの大きなトラクターが走り
       ますが、馬鹿でかいタイヤがついてますから心配要りません。
        今週中にはライラックも花開くとおもわれます。 ただいま
       デジカメが壊れてますので、お伝えできないかもしれません。

Filed under: お便り,動物,北海道,山荘周辺  タグ: — tomi 07:17

仮定の話

    
    今朝6時の山荘の気温、2℃、曇り。    
                       
                            
 アメダス地点の気温、午前4時に1.4度を記録。かろうじて氷点下は避けられたもよう。
5時ごろ外に出てみたが、霧が深く、しっとりとした心地よい寒さでした。霜は降りなかっ
たようです。
                     *
 沖縄が琉球としての統一王国となったのが15世紀。17世紀の初め、つまり江戸時代が
始まったころ薩摩藩に侵略され、その属国になったが依然独立は保っていた。
 それが1879年(明治12年)に正式に日本に併合され現在に到っている(高校のとき
の日本史の教科書より)。つまり沖縄の長い歴史のなかで、琉球王国として独立していたの
が450年。日本という国の一部だったのは、わずか130年でしかない。
 似たようなことが前世紀の初めにあった。30年近く韓国を属国としていた(日韓併合)。
米軍基地問題で揺れているなかで、ある沖縄住民が、「日本から独立したい」 とTVカメラ
に叫んだ姿が印象的だった。その昔、日本語を強制的に教え込まれ、日本文化を強いられた
朝鮮半島の人々が、いまだに日本に対し根強い恨みを持ち続けている姿が、どうしてもTV
画面の中で重なってしまう。
 仮定の話。沖縄が独立を宣言したとする。独立を維持できるかどうかは別として、独立は
可能である。1933年の 『モンテビデオ条約』 によれば、主権を持つものとしての国家
の資格要件について述べている。条文中では国家とは永久的住民、明確な領域、政府、外交
能力を持つものとして定められている(第1条)。 ただ各国が承認するかどうかは別である。
中国はただちに承認するだろうが、米国は当分は承認しまい。 日本は条件付で承認となる。
沖縄本島を含む南西諸島全域の問題が絡むからだ。
 さらに仮定の話。 北海道が独立するのもいい。 北方領土を含む千島列島や樺太も含め、
『オホーツク共和国』 として独立する。 日本人とアイヌ人、ロシア人の混族とする。産業
は農業と漁業、観光、ハイテク産業などなど。ロシア共和国の一部となってもよいが自治は
守る。
 その昔、バイカル湖畔に住んでいたブリヤート人の一部が南下し、古代日本人の血の一部
になったそうだから、あながち見知らぬ間柄ではない。
 北海道と、沖縄を含む南西諸島が無くなってしまったら、日本という国はつまらない国に
なるだろうな。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  「沖縄へ一度行った事があります。 どこまでも続く澄んだエメラルドグリーンの海。
  市場では驚く程の物の数々。 豚の頭がぶら下がっていたり・・、見るもの聴くもの、
  食べ物、あらゆるものが多彩でした。 豚の耳、ひずめ、苦いゴーヤ・チャンプルー。
  三線 (さんしん) にのせた歌と踊り。 数々の苦難を感じさせない南国の明るさが
  ありました。
   沖縄の人の著書にありました、『ヤマトは帰るべき祖国ではなかった』 と ・・」
                                 ――浮舟

Filed under: お便り,北海道,歴史  タグ: — tomi 08:25

かさぶた

             
            今朝6時の山荘の気温、+6℃、くもり。

   雨はそれほどでもありませんが、風の強い日々が続いています。
  玄関脇の看板が風でゴトゴトうるさいので外したまま。そういえば、私道入り口の
  看板はポールから落ちたまま、さらに下の町道の看板は、倒れて地面にころがって
  いて。
   別に、「看板を下ろした」 わけでもないし、「看板倒れ」 という言葉もあるし、
  このくらいが山荘には似合っているかも知れず、天気が良くなったら撤去処分する
  つもり。宿を始めた時の意気込みはどこへやら、朽ちてゆく末路だけは汚してはい
  けないと、肝に銘じて。
   写真は山荘の前の丘から見た十勝連峰。美瑛から、ほぼ20kmの位置に拡がる
  北海道の屋根。海抜2000m級の山々だが、水平に置きかえれば、わずか2km
  そこそこの高さ。「屋根」というより、広い台地の一筋の 「かさぶた」 のような
  ものか。
   この欄では 「十勝連峰」 と呼んでいるが、正式には 「十勝岳連峰」 と呼ばれ
  ています。主峰の名を冠しての呼称というのも気に入らないので、あえてヘソ曲が
  りを通しています。信州の 「八ヶ岳連峰」 を 「赤岳連峰」 とは呼ばないように。

Filed under: 北海道,十勝連峰  タグ: — tomi 06:40
  • 2022年8月
    « 7月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー