着物文化

 この度の入院がどのくらいになるのか。 整形外科なので素人判断ができないから、
とりあえず文庫本を5.6冊、着替えの中に押し込んでいった。その中に藤沢周平の
『海鳴り』(上・下巻・2冊)。 購入したままなぜか未読だった文庫も。
 江戸時代の紙(和紙)問屋仲間の抗争が舞台、そこに色恋が散りばめられている。
読み終わり、巻末の「解説」を読んでいたら、以下のような文章が目に留まった。
  
 ‟ 「新兵衛」さん、待ってください」
  おこうのこの言葉につづく十行あまりの文章は、おそらくわが国の小説史に
  残るであろう比類のない美しさをもっているが、その十行を経てこの小説は
  一挙に情欲の世界を越える。・・・ ”

 恥ずかしながら、その場面は読み過ごしてしまい、どこであったか探してみると、
以下の場面でした(少々長いですが)。

 ‟ 「新兵衛」さん、待ってください」
  押し殺した声で言うと、おこうは新兵衛の手をおしのけて畳にすべり降りた。
  そしてあわただしく裾を合わせて座ると、半ばとけて畳に流れている帯を手
  もとに引き寄せた。帯をつかんだまま、おこうはうなだれている。
   息を殺して、新兵衛はおこうを見まもった。 すると、おこうの手がまた動
  いた。おこうは身体から帯をはずして畳んでいる。そしてきっぱりと立つと、
  夜具のそばに行った。
   おこうはそこで、さらに腰に巻きついている紐をはずし、着物を脱ぎ捨て
  ると、長襦袢だけになった。その姿のまま、新兵衛に背をむけてひっそりと
  坐った。新兵衛は立って行くと、跪いて背後からそっとおこうの肩を抱いた。
  こわかったら、ここでやめてもいいのだよおこうさん、と新兵衛が思った時、
  おこうが振り向いた。おこうは奇妙なほどにひたむきな顔で、手をのばすと
  新兵衛の羽織の紐をといた。”

 互いに既婚者。夫のある女と通じた男は引き回しのうえ獄門に懸けられ、女も
死罪になるという時代背景。
                  *

 着物が生活の場から遠のいて久しい。呉服問屋だった実家の両親は一年中着物が
普段着だった。姉たちが着物を着るとき、母親が着付けをしてあげている姿を子供
のころ横で見ていて、まぁ、なんと手間のかかることかと、ふと小説のその場面で
思い出した。現代なら、服と下着ですぐ片がつくところなのに。

 おこうがどんな姿だったのか、どういう所作なのか眼にみえるようだ。いつの日
かドラマ化されたなら、この場面はぜひ観たい。

Filed under: 本、小説、詩  タグ: — tomi 16:42

未読の本

  DSCF0002
                   DSCF7668

         今朝6時の山荘の気温 16.9℃、曇り。

   朝晩はまだまだ寒い! そう嘆いたからではなかろうが、ここ2.3日
  暖かくなった。日中、窓を開け放しても心地よい。猫のミーシャも昼間は
  ほとんど外に出ている。お気に入りは、レンガやコンクリートのたたきの
  上でゴロゴロ寝そべり、体を床にこすりつけること。思わず真似てみたく
  なる。車の洗浄用ブラシで全身ゴシゴシ擦ってやると、だらしないくらい
  体を伸ばす。猫の体って、こんなに長かったかなと驚くほどに。
                  *
   読み終えた本を本棚に返すとき、購入したままで一度も眼を通してない
  本があることに気づく。中には若くして亡くなった兄の蔵書も並んでいる。
  時間と体力がもう少しあれば、すべてに目を通したいものだが、その両方
  が無くなりつつある。タンポポの綿毛が風で飛ばされてゆく様に、ふわり
  と静かに流されてゆくんだろうか。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「爺、最近なんか元気ないゾ! 食欲ないんだって?
       朝から酒ばかり呑んでるからだよ」
                   *
        「小姫が心配してたゾ。相変わらず食事の回数、
        日に一度だけだって?」     ─── 仙台姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        食欲が無くてね。それでも体重は減ってないし、
        血圧もほぼ正常。
        『坂の上の雲』の秋山兄弟の兄・秋山好古さん。
        日本騎兵の父といわれた方ですが、馬上酒ばかり
        呑んでいて米のメシはあまり食べない。それでも
        写真で見ると、かっぷくが好い。弟の真之よりも
        20年以上長生きしたそうな。酒をあまりバカに
        してはイケンゾナ。

Filed under: お便り,お酒,日常生活,本、小説、詩  タグ: — tomi 06:42

ゆるゆると

  DSCF0037
                   DSCF0038

           DSCF0041

          今朝5時の山荘の気温 5.7℃、快晴。

   もう必要ないだろうと止めたはずの暖房機、2、3日前から朝晩だけ
  SWを入れている。室温は20度以上あるのに・・体力がおちてきたの
  かも知れない。道東の釧路方面では、真夏でも朝晩暖房を入れることが
  あるそうだが。温暖化って本当? それより我が身の老化、劣化が原因?
   窓の外、白い物がフワフワ舞っている。タンポポが綿毛をもう飛ばし
  てる。そんなに急がなくてもいいのに、ゆっくりと生きようゼ!

           DSCF7701

       あまりに面白かったので、禁を破り掲載(ナイショ)。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            5-10 (3)
                (旅の途中)

       「札幌も同じように寒くて、セーターを着ています。
       今朝、オホーツク海側では氷点下の所がありました。
       老化ではなく、本当に寒い日が続いています。
       『折々のことば』は本当に面白い!」
                      ─── 村人・A

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「爺、ジョン万次郎だけどさ。若いころ漁師となり、
       船が難破し米国に渡ったけど、帰ってきてから英語
       を教えるのに日本語のナマリ(土佐弁)がひどくて、
       竜馬以外に言葉が理解できなかったってのが笑える」
                        ─── 仙台姫

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        アメリカから帰って来た翌年、ちょうどペリーが
       浦賀に来た。通訳として活躍したと思いきや、相手
       との会話は出来ても、日本語への変換が難しかった
       らしいよ。なんといっても漁師ことば(浜言葉)の
       土佐弁だし・・龍馬とはすんなり通じたらしいけど。
        万次郎さんの子孫(女性)が、先日の朝日新聞の
       コラムに紹介されてました(また禁を犯し掲載 )。

           DSCF7616

        どことなく目鼻立ちがはっきりしていて、外国系の
       顔のようですが、純然たる大和ナデシコだそうです。
                   *
       先ほどネットで調べたら、万次郎さんの英語の和訳が
      載ってました(発音)。

        「こーる」=「cool」、「わら」=「water」
        「さんれぃ」=「Sunday」、「にゅうよぅ」=
        「New York」、・・など。

Filed under: お便り,季節、四季,本、小説、詩,植物、花、ハーブ  タグ: — tomi 06:28

(休)

100510-4
                 100531-6
                      (20日後)

      今朝7時の山荘の気温 10.7℃、小雨。

 掲載写真は、ほぼ同じ場所の20日後のすがた。春先の丘は、季節の
移りかわりが速い。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   「爺、おばんどすネン。『***』のほう、どうだった?
   もうすこし、なんとかなるって?」
                *
   「『勝海舟』だけどさ、‘ キン ** ’ 犬に喰われ、その
   あと結婚して、よく女の子ばかり3人もできたよなぁ~。
   こんど小姫に訊いてみっか」      ─── 仙台姫

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   小姫に訊いても、まだ無理じゃ! 男のアソコは体の中でも
   強靭らしい。歳とって、衰えるのは早いけどな。
   爺もきょう病院の待合い時間に、その辺りを読んでいたよ。
   野良犬がもう少し****を深く噛み切っていたら、歴史も
   いくらか変わっていたかも知れん。犬にも時代を動かす先見
   の明があったか・・とな。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   「おじさん、おばんです。アスベストの結果はどうでした?
   胸に爆弾抱えてるんですから、あまり無理しないで下さいね」
                *
   「いまBSで、『新日本風土記』観てます。古事記の世界が
   まだ生きてるんですね。サメのお刺身、食べてみたい!」
                       ─── 小姫
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    おじさんも観てますよ。ヒスイの話しになりましたね。
    人はどうして、金銀とかじゃなくて、ヒスイとかルビー
    とかの宝石に魅せられるんでしょうかね。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「爺、まだ起きてる? 宝石の話しだけどさ、金や銀は
   ゼニカネになるけど、玉などの宝石は、「美」とか「権威」
   の象徴になるよね」
                *
    「原発の立地県はゼニカネにはなるけど、決して美しい
   場所にはならない。それを良しとする地元の心の貧しさは、
   だれからも同情されなくなるよね」    ─── 仙台姫

Filed under: お便り,季節、四季,本、小説、詩  タグ: — tomi 07:49

タンポポ・Ⅱ

           DSCF7700
        
          今朝5時の山荘の気温 8.0℃、快晴。

   今朝の美瑛の最低気温は6.4度(午前4時)、予想最高気温28.4度。
  寒暖差20度以上。内地からみれば、朝は真冬、昼は夏の気温でしょうか。

  IMG_20180521_094754  IMG_20180521_094903
       TV番組で話題になった、近所の酪農家の牧草地。

  DSCF7688  DSCF7692
         話題にもなんにもならない、山荘の前庭。
                  * 
   若い頃、故あって北海道から静岡に越した。彼の地では正月に蚊に刺さ
  れることもある。 北海道の友人に、静岡は若者の住む所ではない、老人や
  病人の居場所だと嘆いたこともあった。 それがいま、冬に蚊に刺されても
  静岡がとても恋しい(体が死に場所を探している?)。
   毎日曜日の朝の 『サンデー・モーニング』、岸井さんが亡くなられた。
  ある日、帽子をかぶってきたので、どうしたかと思っていると、声が次第
  にかすれてきて・・享年73才(何の意味も残さない自分と比べてしまう)。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「爺、『竜馬』だけどね、寺田屋騒動の惨劇のあとで
       竜馬が唄う端唄だけどさ、あれ、どういうメロディーで
       唄うんじゃ?」            ─── 仙台姫

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        端唄は7語と5語の組み合わせで出来ているようで、
       メロディーは自由なようですよ。
        竜馬は土佐の出身だし、よさこい節の旋律で唄った
       かも知れないね。

            ♪ 咲いた桜に なぜ駒つなぐ
              駒が勇めば 花が散る
             (よさこい よさこい~)

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「爺、静岡へ帰るんだって? そんなら御殿場にしな。
       近くの長泉町に、いい病院があるからさ」
                        ─── 仙台姫

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「静岡がんセンター」か? 義兄が世話になっとる
       そうじゃ。 余生をそこで過ごすかな。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「爺、『竜馬』、いまどこ? アチキは『流転』。
        江戸に帰ってきた竜馬が、千葉道場で、さな子と
        試合をしたところ」
                   *
         「気を失ったさな子に、口移しで水を飲ませる、
         いい場面」          ─── 仙台姫

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         姫の好きそうな場面ですなぁ。父親の貞吉老人が
        これを見て、あきれるほど清々しいと言ってたね。
                   *
        今夜8時過ぎから、NHKで「龍馬」ありますよ。

Filed under: お便り,山荘周辺,本、小説、詩  タグ: — tomi 06:33

5月の残雪・雪形

  DSCF7683
                    DSCF7684

         今朝7時の山荘の気温 8.1℃、曇り。

   毎年5月のこの季節、雪解けが進む山肌が、まるで乳牛やシャチの体の
  模様に似てきて美しい。でもこの時期の雪質は硬くて重いそうだ。十勝岳
  の噴火で泥流が発生、多くの命を奪ったのは1926年(大正15年)の
  5月24日。山々の残雪はちょうどこの位だったかも知れない。硬く岩の
  ように締まった雪が、一瞬に融けて流れたので、想像以上の水量となった
  ようだ。
   写真下は十勝連峰の雪形。 毎年現れるのに、気づかずに過ぎてしまう。

  DSCF7686  DSCF7685
       (踊り子)            (怪獣の子供)

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「おはよう、爺。『竜馬がゆく』だけどさ、どこまでが
      史実で、どこからが創作なのか・・ってこと、その辺り
      を意識し始めたら、読んでて複雑なんだけどさ・・・」
                       ─── 仙台姫

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     最初読んだ高校生の時は、すべて史実だと思ってましたが、
    その後、他の歴史学者の評伝などに目を通すと、かなり創作
    部分が含まれてることが分かりました。 だから「坂本龍馬」
    ではなく「坂本竜馬」にしたんでしょうね。
     東京・神田に神保町という「古書街」があり、ある時期に
    大量の幕末史の書籍がトラックで運ばれたそうです。噂では
    行先は関西在住の新聞記者さんの所だと(当時、司馬さんは
    産経新聞・関西支局の職員だったそうです)。
     作品を読んでいると、ときおり(・・・・)書きの部分が
    ありますね、あれは古書街からの書籍の引用だと思われます。
    作品が発表された当時は、坂本龍馬という幕末の武士の名は
    ほとんど無名で、ほとんど知られていなかった。だからある
    面、作者の創作意欲は縦横無尽に羽ばたいたんだと思います。
     姫もだから、一編の創作上の人物、架空の史劇と捉えては
    どうでしょうか。そのほうが、より「龍馬」が好きになると
    おもいますよ。

Filed under: お便り,十勝連峰,季節、四季,本、小説、詩  タグ: — tomi 07:52

(お休み)

  DSCF0052
                   DSCF0053-001

      今朝6時の山荘の気温 14.4℃、晴れ(のち曇り)。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「爺、おばんでゴワス。『竜馬がゆく』、どこまで読み進んだ?」
                       ─── 仙台姫

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      二冊目の後半『希望』。 今夜中に三冊目に移る予定です。

Filed under: お便り,本、小説、詩  タグ: — tomi 10:44

茶の湯

  DSCF0059-001
                   DSCF0070

        今朝6時の山荘の気温 10.8℃、くもり。

   昼夜が逆転、不健康な生活を日々送っています。
   朝刊の届くのが待ち遠しく、早朝二度三度、ポーチの新聞受けを往復
  する日々。いい歳をして、まるで愛しい人からの恋文でも待ちわびてる
  ようなふう。
   その恋文(朝刊)に目を通していて、遠い記憶がよみがえってきた。

          DSCF7675-001

   それはタイトルの『千利休・・・』ではなく、下段に小さく載った
  「キリスト教の所作に酷似」という短い記事(写真・下)でした。
            
          DSCF7676

     若いころ愛読していた、旭川の作家・三浦綾子さんの小説に
    『千利休とその妻たち』があります。もう40年ほど前の作品
    ですが、この記事に酷似した内容の文章がありました。本棚を
    探したが見当たらないので、ネットで調べてみますと ───
 
   「・・・何と茶の湯は、キリシタンに似ておるではないかという
  ストレートな信長の言葉をはじめ、利休が、司教の掌る儀式を見て、
  『ふくささばき(四方さばき)、拭き方』を、『イエズスさまの
  十字架で流された血潮を記念してのブドー酒を入れた一つの杯から、
  多くの者がひと口ずる順に回し飲みしていた』ということを聞き、
  茶の湯(濃茶)に取り入れようとしたという記述。『狭き門より
  入れ』という講話から『躙(にじ)り口』を考案したとか・・・」
                 *
   「茶の湯の作法はキリスト教の聖体拝領の影響を受けたのは本当
  だと思うようになる。 千宗易(千利休)が堺にいた時代。 堺には
  キリシタンの教会があり、高山右近も教会に行ったことがある時代」
                 *
   「・・・、長年お茶会に参加している古参の女性信徒に聞いたら、
  聖体拝領と茶道の作法はそっくりだと話してくれた。これに関しては
  過去にNHKや朝日新聞も伝えているのでよく知られた情報のようです。
  手つきは、茶道そのものの流儀に見える」
                     ───以上、ネットより

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「茶道の道具にナツメやシャクがありますが、
       どうも日本的ではない形に見えます」
                     ─── 村人・A

Filed under: お便り,新聞、ニュース,本、小説、詩,歴史  タグ: — tomi 12:03

カタクリ

  DSCF7625
                   DSCF0041
                       (カタクリの花)

         今朝7時の山荘の気温 18.8℃、晴れ。

   この春一番の暖かい朝ではないでしょうか。 いつもは朝寝坊のネコが、
  まだ暗いうちから窓際で、外に出たいと鳴いておった。
                  *
   植物の花は、おおかた上を(大空を)向いて咲く。理由はいろいろある
  だろうが、カタクリは下を向いて咲く。人はその理由をつい思い、哀しい
  話しを創りたがる。地中に眠る、亡き子を想っているのだろうかと。
                  *
   司馬遼太郎さんの本(『竜馬がゆく』)を読んでいる。10代、30代
  そして今と、3度目になる。
   司馬さんのエッセイで思い出す。政治家の演説を聞いていて(講演会に
  招かれて)の一言 ───、「あの人も、黙っていればいい人なんだが・・」。
  政治家は言葉を駆使し、しゃべる事が職業。 ほかに取り柄はないのにね。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「受刑者の逃走や罪人を応援しませんが、
        ‘ 海を泳いで渡った・・・’ と言うのが凄い。
        親鸞は『善人往生をとぐ言わんや悪人をや・・』
        と説いていたけど、関係ありませんか・・・」
                      ─── 村人・A

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         読みかけですが、五木寛之さんの『親鸞』を
        少しばかりカジリました。「善人」とか「悪人」
        とかは、どうやら言葉とは裏腹で、悪人は善人に
        なろうと苦悩し、たえまなく努力し向上しようと
        する人。反対に善人は己が悪人であるなど夢にも
        思わない人 ─── そんな感じかな? まと外れかも
        しれませんが。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「爺、テレビ見てるかい? むかし流行った歌謡曲
       4時間だってさ。おやじ、テレビの前でくぎ付けで
       歌っとる、下手くそジャ~」
                   *
        「小姫がね、泣いとるんじゃ。 お父さんが酔って
        よく歌ってたと」        ─── 仙台姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          爺も小さい声で、泣きながら歌っとるわ。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「おじさん、泣きながら歌ってる曲って、な~に?」
                      ─── 小姫
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                言えるか。
                  *
        由紀さおりの『夜明けのスキャット』だけどね。
       当時ちょうど20才で、下宿生活だった。 テレビ
       なんか無くてラジオだけ。 そのラジオから深夜に
        ♪ ル~ル~ルルル~。誰が唄ってるんだろうって
       同じ下宿の、ギターの上手い奴と、男同士でコソ
       コソ夜中に真似て歌ってた。
        下宿の食堂のTVで観る機会があってね、初め
       て由紀さおりさんと出会った。軽く目を閉じて歌
       う姿が色っぽくてね・・・まだ二十歳でしたから。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「爺、『神田川』 だけどさ。 親父たちに訊いたら
       あんな貧乏クサイ歌、キライだと言うとった。
        世代の違いなんだろうな」     ─── 仙台姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        だろうな~。当時、『同棲時代』というマンガが
       流行ってましてね、若い男女の性はかなり乱れてた。
       乱れてたんじゃなく時代を先取りしてたかも知れん。
       『神田川』の歌詞は、当時の若者には、ごく自然の
       世界でしたよ。
                   *
        爺も御多分にもれず、そんな青春を送ってました。
       最近グーグルマップで、20代のころ生活していた
       アパートの在った所を探してたら、そのアパートが
       まだ残ってました(近くにあった銭湯は無かった)。
        当時(40年以上前)でも、それほど新しい建物
       ではないのにと、一度訪ねてみたいです。 当時の
       アパートの大家さんは、まだ健在かどうかも・・。
        今夜は、昔のことを思い出し過ぎた。

10年・20年あとに

           DSCF7599

          今朝7時の山荘の気温 7.5℃、晴れ。

     つい数日前までは昼間は暖房を止めていたが、昨日・今日は
    終日ボイラーは停止している。「平年」という言い方が、ここ
    美瑛でも当てはまらなくなりつつある。10年、20年あとに、
    あぁあの時が、温暖化の変わり目だったと振りかえられる時期
    なのかも知れない。
     10年・20年後の美瑛の丘は、今とそれほど変わらないと
    思われます。変わらない風景、変わらない大地、住む人の世代
    が代わろうとも、悠然として残り続けるであろう姿は脱帽です。
 
  DSCF7601
                  DSCF7600

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          DSCF7573
                (小姫へ〉

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     「爺、地元に書店が無ければ、ネットで買い求めれば?」
                 *
     「『竜馬』はどこまで読んだ? アチキは文庫の2冊目、
     もうすぐ終わる」          ─── 仙台姫

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      ネットの「アマゾン」で購入してたんですが、しばらく
     間をおいたら、注文のやりかた忘れてしまってね。
     『竜馬』は「淫蕩」。童貞を失うところジャ。可哀想に
     ノウ~。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「おぅおぅ、ずいぶん昔の話じゃのう~。それがな、
      いざというとき地震がきてな、お冴さんに男にして
      もらえなんだ」
                 *
      「けっきょく竜馬を男にしたのは、お田鶴さまか?」
                     ─── 仙台姫

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      さぁ、誰だったか忘れてしもうた。千葉道場のさな様
     でないのは確か。たぶん、お田鶴様だと思うけどな。

Filed under: お便り,季節、四季,本、小説、詩,美瑛  タグ: — tomi 07:47
  • 2019年9月
    « 8月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー