麦稈ロール

   1-DSCF0073
                     1-DSCF0074

            1-DSCF0072

   1-118   1-120

            1-144

            今朝6時の山荘の気温 17℃、晴れ。

     大型機械で小麦の収穫作業を終えると、畑に残った麦ワラをクルクル
    ロール状に丸める。これを「麦稈(ばっかん)ロール」と呼び、今度は
    酪農家が飼っている牛の寝床に敷かれる。寝床として使われた麦ワラは
    牛の糞尿を多量に含み、今度は堆肥としてまた畑に戻される。そういう
    サイクルがくりかえされる美瑛の丘。美しいばかりでなく理にもかなっ
    ている

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「おはよう、爺。 『白痴』の件、真相がわかった。
         某講義をぼんやり聴いてたら、講師が(夏休み中に)
         『白痴』なんか読むと面白いよと言ったのを、あの子
         それが連休中の課題だと勘違いしたらしい」
                     *
         「せっかく『てんかん発作』まで調べ上げたのにと
         残念がっておった。でも、おかげでロシアの文豪の
         本にめぐり会えたと喜んでおったぞ」
                     *
         「夏休みには、『カラマーゾフの兄弟』読むんだと
         意気込んでいたぞナモシ」    ─── 仙台姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         そういえば、『カラマーゾフの兄弟』の中にも、イワン
        という名の次男が発狂する場面がありました。
         小姫は将来、精神科のお医者さんにでもなるんだろうか。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「昨日、近所の公園でヘビを踏みそうになりました。
         何度見ても嫌な気分になりますが、ヘビよりも昆虫が
         嫌いな人もいるから我慢しました」
                     *
         「ネジバナは根元から見て時計回りが右巻と言います
         が、左巻でもなく、まっすぐなものが有るそうです。
          東北地方ではネジズリ」     ─── 村人・A

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          子供のころ山の小道を走ってましたら、クツ裏に
         ヌリュッ! とした感触が。 何だろうと振り返ると
         大きなヘビを踏んづけてました。
          あの時の足の感触、いまだ忘れられません。
                     *
          山荘の庭にも、ネジバナはそこかしこに生えてます。
         以下は、以前(2010.8/10)この欄に掲載した
         報告の一部です。

       0-04-12   1-0-041

             写真は「ネジバナ」、別名:モジズリ。
            百人一首に出てくる ───

           ‟ みちのくの しのぶもぢずり たれゆゑに
            乱れそめにし われならなくに ”
     
           「モジズリ」の頭に ‛ 忍 ’ がつくと、趣が
           でますね。

Filed under: 本、小説、詩,美瑛,風景  タグ: — tomi 08:43

   1-130722-1
                      1-DSCF0060

   1-110723-3   1-110723-2-001

          今朝6時の山荘の気温 17℃、くもり~晴れ。

         久しぶりに青空が拡がった朝、風もなく穏やかです。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「ジイ、『白痴』上・下巻読破!(所々読み飛ばしたけど)。
       なんか頭の中がボーッとしてて、わけのわからん感じ!」
                    *
       「さっそく小姫に電話したら、あの子まだ途中みたいなので
       言葉を呑み込んだ。 あの子の読後ノートを読みた~い!」
                          ─── 仙台姫

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         若いころ読んだ記憶ですが、終章は頭を何かに打たれた
        ように、ボーッとしていた記憶があります。
         感受性豊かな小姫です。 どんな言葉を送ってくれるか
        楽しみですね。

Filed under: お便り,本、小説、詩  タグ: — tomi 07:12

   1-014  1-019

            1-090714-5

   1-090715-1  1-090715-1-4

           今朝5時の山荘の気温 16℃、小雨。

      雨模様の肌寒い朝ですが、晴れた日の爽やかな写真を並べて
     みました。
      山荘は美瑛の市街地から遠く離れた丘の上、訪れる人よりも
     野生動物たちが訳知り顔で一瞥して通りすぎる場所にある。町
     内の方々より動物たちによく知られているかも知れない。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「おはよう、爺。きょうから4連休。 朝から酒浸りなのも
      精神衛生上よくないので、一大決心! 本を読む事にした」
                   *
      「『源氏物語』はしばらくお休み。 小姫と同じ『白痴』を
      読む! 前に途中まで読んで挫折したので、本は今も本棚の
      奥に眠ってる」
                   *
      「小姫と同じ本読むのは高校生以来かな~、あの子の成長
      した姿が垣間見えそう」       ─── 仙台姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       うらやましいですね。同じ本を世代を超えて読むなんて。
      爺も、もう一度元気なうちに読んでみたいです。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「ジイ、『アネクドート』という言葉が解らなくて、
        ネットの『ウィキペディア』で調べたら・・あるわ
        あるわ。面白くて、全部読むのに1時間かかったよ」       
                   *
        「ロシアの近現代史、『白痴』読む前におさらいし
        なくちゃね」          ─── 仙台姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        ロシア人の名前って長いしね。主人公のムイシュキン
       侯爵は「レフ・ニコラエヴィチ・ムイシュキン」、ヒロ
       インのナスターシャは「ナスターシヤ・フィリッポヴナ
       バラシコーワ」。日本なら、「檀一雄」だと漢字3文字
       ですむ。

Filed under: お便り,本、小説、詩  タグ: — tomi 07:40

   1-DSCF9432-002  1-DSCF9434

      今朝5時の山荘の気温 15℃(12時:28℃)、ほぼ快晴。

   1-011  1-042
                 (小麦畑)

            1-105

          (写真左側の畝は小麦、中の畝は大麦)

        北海道はお盆が過ぎると夏が終わる。すると今ごろは
       盛夏かもしれない。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「爺、源氏物語『末摘花』を読んだところ。しこめ(醜女)
      と言われた末摘花を、とても大切になさる源氏の君、読んで
      いて涙が出てきたよ」          ─── 仙台姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       女性作家らしい視点だと思いますよ。美男美女ばかりでは、
      物語に深みが・・というか、奥行きが無くなりますもんね。
       恥じらいながら抱かれる末摘花が、とても可愛いです。

Filed under: 季節、四季,本、小説、詩  タグ: — tomi 12:42

            1-110607-1
                (2011.6/7)

  1-DSCF6327    1-DSCF6329-001

        今朝7時の山荘の気温 18℃、晴れ(暑くなりそう)。

      昨夜、夜遅くにメールをいただいた。その中に「齢」と「歳」が
     使い分けられていて、感心した。 つまり知らなかったわけだ。
      齢は、「よわい」と読み、意味は同じだが微妙に違う。 漢字が
     中国から伝わってきたときの日本語への変換に、先人達は苦労した
     んだろうな。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      なぜなんだか忘れたけれど、手元にいつも置いてある雑誌がある。
     自分で買った記憶が無いので、どなたかが贈ってくれたらしい。

              1-DSCF9399

      2.3ページ読んでみると、どこか記憶がある。だけどその先は
     まったく記憶が無く、その辺りで読むのをあきらめたらしい。
      「漢字に遊んだ巨人」と呼ばれる方だ。 亡くなられて久しいが、
     存命なら、「齢」と「歳」の漢字の成り立ちをうかがってみたい。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「ジイ、成り立ちなんかどうでもいいんだよ。いま、どう
       使われてるか。 あくまで文字なんかツールなんだからさ」
                          ─── 仙台姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        まぁ、言われてみれば身も蓋もないけどね。「身も蓋も
       ない」なんて、無くなってほしくない言葉なんだけどね。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「おじさん、前にお姉ちゃんの本棚の、シェークスピアの
       『じゃじゃ馬ならし』読んだんだけど、笑っちゃった。
        どうしてじゃじゃ馬が、じゃじゃ馬を読むのかって!」
                          ─── 小姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           本人は気づかないだけで、よくあること!
          

Filed under: 本、小説、詩  タグ: — tomi 11:57

   1-DSCF9388   1-DSCF9393

      今朝5時の山荘の気温 15℃、晴れ(午前10時:25℃)。

     今日の予想最高気温は27℃。相変わらず寒暖差の激しい美瑛です。

            1-DSCF9396

      山荘は樹齢20年ほどの雑木林に囲まれていて、野鳥の鳴き声が
     かまびすしい。今朝も夜明け前から、名も知らぬ鳥の鳴き声で目が
     覚めた。朝の訪れがうれしくて鳴くんだろうが、安眠妨害でもあり。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       十勝岳連峰の「雪形」も、このところの暖かさで雪解けが進み、
      形が崩れてきました。 下の写真は5/20ころのものだけれど、
      昨日撮ったものもその下に載せてみました。

   1-DSCF9271   1-DSCF9272
                (5/20頃の雪形)
 
   1-DSCF9389   1-DSCF9391

       コロナウイルスに似た妖怪の頭部もちぎれ、踊り子の羽根も
      みすぼらしく、下腹部もたるんできたようです。

   1-DSCF9390

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           「ジイ、『源氏』どこまで読み進んだ?」
                       ─── 仙台姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          『帚木』の最初の方で足ぶみ。もう無理かも。

Filed under: 十勝連峰,季節、四季,本、小説、詩  タグ: — tomi 10:55

   1-100607-093
                    1-100607-91
                       (2010.6/7)

      今朝6時の山荘の気温 16℃、うす曇り。

      明け方の気温は12度まで下がったようです。 初夏とはいえ、
     朝晩はまだまだ肌寒い美瑛です。
                   *
     現役医学生の小姫から深夜にメールが届いた。作家・井上ひさし
    さんの『吉里吉里人』を再び読んでいるという。
     あの分厚い本を二度も読むという、東北人の懐の深々さに脱帽!
    脱帽ばかりしていてもと、本棚を探したが・・・無い! どうやら
    ここに居ても日の目を見ることがないから、旅にでも出たんだろう。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「ジイ、『007 / ロシアより愛をこめて』観たんだって?
     アチキもこれから観るんだけどさ、どう、懐かしかった?」
                           ─── 仙台姫

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      教えてくれてありがとう。そう、懐かしかった。全編のまだ
     1/3ほど観ただけだけど、通して全部観るのが惜しくてね。
      最初に観たのが高校生の時だったか、あのテーマ音楽に誘わ
     れ、学校の帰りに観た記憶がある。いま思うとマセテいたんだ
     ろうな。
      ラストシーン(まだ観てないけど)、小舟の上から、二人の
     ムツゴトの映ったフィルムを投げ捨てるシーン、懐かしい!

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「ジイ、全部観たよ。ジェームス・ボンド、あの手の男が
      当時はモテたんだね」
                   *
      「ロシアの諜報部にも、女を使う組織があったんだ。アレは
      たぶん創作だね。でも音楽が良かった。作曲者は有名な人?」
                          ─── 仙台姫
  
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       作曲者は英国の著名な映画音楽家で、「ジョン・バリー」。
      小姫のお気に入りの音楽家です。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「 ‵ From Russia with love, I fly to you.・・・‘
                   *
       おじさん、お晩です。私も見ましたよ。冒頭の音楽がいい
      ですね。速い弾むテンポのあと、なめらかに流れる曲想~」
                   *
      「おじさんの高校生の時の映画音楽だなんて・・うらやま
      しいです」                ─── 小姫

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        映画も音楽も、世代を超えて受け継がれていくんだね。
       若い人と分かち合えるのがうれしいです。

Filed under: 本、小説、詩,美瑛  タグ: — tomi 06:40

   1-140531-7
                    1-140531-12
       (写真は2014・5月)

     今朝6時の山荘の気温 9℃、曇り。

     明け方、夢を見た。 どこか知らない街にいると、家と家の間の
    ブロック塀の上に猫がいた。どことなく見覚えがある。
     塀を飛び降りこちらに向かって来る。うす汚れた白と黒のブチ。
    近くまで来てゴロンと横たわり甘える仕草。 そのとき、口の横に
    ホクロのあるのに気づいた。死んだはずのミーだった。
     目が覚めると、手のひらに猫の毛の感触が残っていた。ミーが
    迎えに来たのかも知れない。

           1-1-1-DSCF6362

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           1-DSCF9311

        今朝8時ごろの南東の空。雲の姿に圧倒されます。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「ジイ、『源氏物語』どこまで読んだ? アチキは
       もうすぐ『桐壺』終わる」
                   *
       「横の部長がチラチラ覗き込むんで、衝立をたてて
       いる。 部長もヒマなんだよな」   ─── 仙台姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        爺も暇なんだけど、寝転んで活字を追っていると
       すぐ眠くなる。
        初めて読んだ時に作った相関図(写真・下)を探
       し出し眺めてる・・・、これがまた解読不能!
        部長の席との間に、不透明の衝立でも立てたら。

           0-0-03

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            1-5-8
          (むかしむかし人間が住んでいました)

      「 ‟ この曲は必ずヒットする ” と考えて出された曲は
      ほとんどヒットしないそうです。 ヒット曲は、ほんの
      小さな偶然によるものらしく、『川の流れのように』と
      いう曲もコマーシャル用に作られたそうです」
                       ─── 村人・A

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「ジイ、起きてる? 寝てない? 今夜9時からBSで、
      健さんの『海峡』あるよ」
                  *
      「もう何度も観たかも知れないけど、一応報告。アチキは
      また観る!」             ─── 仙台姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        何度も観たけど、また観るよ(眠らなければ)。
       あの頃の吉永小百合さん、きれいだったし、森繁
       さんも元気だった。
        津軽海峡に海底トンネルを掘るなんて話は、当時
       は夢のような話だった。
        冒頭に、洞爺丸台風の映像が出てきて、ふと三浦
       綾子さんの『氷点』を思い出した。クリスチャンの
       神父が、自分の救命胴衣を他の人に与える場面。
        小姫が観てなかったら教えてあげて。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「おじさん、ご無沙汰しています。お姉ちゃんから
       の電話で、おじさんが余命いくばくもない(笑い)
       というのでメールしてます」
                  *
       「映画『海峡』ですが、私も前に一度観てます。今
       その竜飛岬から百キロほどの所にいますが、一度は
       訪れてみたいです。 吉永小百合さんのように」
                        ─── 小姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          訪れるのはいいけど、小百合さんみたいに
         身投げしないようにな。

Filed under: お便り,動物,天気、星空,本、小説、詩  タグ: — tomi 07:17

ゆめ

   1-DSCF9306
                     1-DSCF9307

      今朝6時の山荘の気温 11℃、晴れ。

      明けがた夢を見た。どこなのか見覚えのない暗い部屋にいると、
     誰かが部屋の扉をノックする。恐る恐る扉を開けてみるが、そこ
     には誰もいない。
      若い頃、精神分析学の祖・フロイトの「夢判断」を読んだこと
     がある。暗い部屋は子宮を表し、扉を外からノックされるのは若
     い娘が処女喪失の恐れを意味すると。だが夢を見たのは先の短い
     老人。 ふしぎな夢だった。

   1-140511-21   1-140511-22
             
            (上の写真は2014・5/11)

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         『源氏物語』を再度(三度目?)読み始めている。
         本棚を探していると、昭和50年代の文庫と、平成
         20年代の文庫が行儀よく並んでいた(写真・下)。

             1-DSCF9309

         どうしてなんだろうと開いてみると文字が小さい!
        メガネを使えばいいのだけれど、それだとあの長編を
        読み通すのに、メガネをかけ続けなければならない。
        平成の文庫だって6冊。生きてるうちに「宇治十帖」
        までたどり着けるかどうか・・あやしいのに。

Filed under: 本、小説、詩  タグ: — tomi 07:15

白い墓標

            1-DSCF9049

            今朝7時の山荘の気温 0℃、晴れ。

             写真は午後5時ごろの十勝岳連峰。
            白樺の幹が、歳のせいか白い墓標の
            ように見えてくる。

            ・・・・・・・・・・・・・・・

          学生の頃だったか、『雲の墓標』という本を
         読んだ。特攻兵として、南の空に飛び立つ若者
         の話しだ。
          その若者(学生)が最後に残していった言葉、

          雲こそ我が墓標 落暉(落日)よ碑銘を飾れ

          白樺の白い幹を見ていたら、ふと思い出した。
         ちなみに、本の作者は阿川弘之さん。あの阿川
         佐和子さんのお父上。

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「おじさん、お晩です。『雲の墓標』のお話、
          今日一関のお祖父ちゃんに用事があったので
          ついでに訊いてみました」
                    *
         「驚いたのは、お祖父ちゃんも若いころ読んだ
         そうです。懐かしそうでした。ついでに娘さん
         がテレビに出てるよって教えてあげたよ」
                        ─── 小姫

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           お齢からだと、特攻兵と同じ年ごろだった
          かも知れないね。

Filed under: お便り,十勝連峰,本、小説、詩  タグ: — tomi 16:08
  • 2020年9月
    « 8月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー