たぶん、もう、根雪?

 111125-2
                   111125-002
                      (フェンネルの上に)

    今朝7時の山荘の気温 -6.8℃、小雪。 積雪:15~20cm。

  玄関先のタイヤ跡が消えているので、昨夜また新たに雪が積もった模様。
 雪かきをするほどの積雪ではないが、除雪機の整備が遅れているので不安。
                  *
  どのくらい雪が積もったかというと、以前は木の棒に簡単な目盛りをつけ
 雪の中に刺して測っていたが、外に出るのが面倒だし、体にもよくないので
 今は目見当。 美瑛のアメダス観測所より、(気持ち)いくらか多い。

 DSCF7032   DSCF7033

   庭のデッキプレートの上の丸太(直径:約30cm)、灯油タンクの
  上に積もった雪などで、おおよその測定。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「おじさん、おはようございます。 一関のお祖父ちゃん、
     カゼをこじらせ、検査のためという名目で入院してました。
     元気でした。 お酒が飲めないので不機嫌でしたけれど」
                  *
      「録画しておいた『赤ひげ』、昨夜観ました。 テンポが
     速くて、えっえって感じ」
                  *
     「でも最後のあのシーン、即死だと本には書かれてますが、
    胸に刺さった短刀を抜いて後を追わないでほしいという意味が
    含まれていて・・・泣きました」       
                  *
     「お姉ちゃんへ、『赤ひげ診療譚』読んでるんですってね。
    うれしいです。 感動を共有できる人が傍にいるのは幸せです」
                          ─── 小姫
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「『人に話を訊くときには自分の意見ぐらい持て』、
     赤ひげさんの言葉ですが、前におじさんに何か相談した
     時にも言われたことがありました(笑)」  ─── 小姫

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     若いころ感銘を受けた言葉が、頭のどこかに刷り込まれて
    いたんでしょう。あの頃は夢中で周五郎さん読んでましたから。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「爺、アチキも仲間に入れとくれ。『病気を治すだけが
     医者の仕事じゃない』─── 赤ひげさんの言葉だけど、他に
     医者の仕事って何があるんだよ~」    ─── 仙台姫

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      ‘ 人に意見を求めるときは、自分の意見ぐらい持ちな ’

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「山本周五郎が描く登場人物は、本当に目の前に出て
     来そうな感じがします。『日本婦道記』を読んだら本当に
     出てきました」           ─── 村人・A

嵐のあと

    DSCF6996      DSCF6993

      午前11時の山荘の気温 0.6℃、晴れ。 積雪深:5~10cm。

 DSCF6991   DSCF6992-001

 DSCF6999   DSCF6997
       (2階からの遠望)              (階段踊り場の窓から)

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「おじさん、教えていただいたBSの番組観ました。
         すばらしいお医者さんたちのお話しに感動しました。
          おじさん、私が一人前の医者になるまでは、長生き
         してくださいね」             ─── 小姫

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             再放送だけど、参考になればと思ってね。

Filed under: お便り,山荘周辺  タグ: — tomi 12:51

(休)

 091015-92
                          1-DSCF2584

             今朝7時の山荘の気温 8.7℃、快晴。

     やわらかい南風が白樺の葉をサラサラ揺らしてる朝です。
   青空に黄色の配色、遠くなつかしい記憶をやさしく呼び覚ましてくれます。

                DSCF6901

Filed under: 山荘周辺  タグ: — tomi 08:10

鮮やかな赤

              DSCF6887-001

             今朝6時の山荘の気温 -3.1℃、晴れ。

      一度氷点下の寒さに見舞われると、一気に紅葉も進むようです。
     300mほどの山荘の私道わきは、手入れの行き届かない雑木林。
     電線に木の枝が絡みついたりして困ることもあるが、秋も深まると
     鮮やかに色づく落葉樹の葉が美しい。 植樹したわけでもなく勝手に
     根を下ろした木々たち、互いにどんな会話をしてるのか聞いてみたい。
     
 DSCF6888   DSCF6889

      写真・上は、私道途中の登りと下り。 左は下り坂、右は登り坂。

 DSCF6885      DSCF6886

     いつも思うのですが、紅葉の鮮やかさを絵具で表わそうとしても
    なかなかうまくゆかない。 純色の赤や黄色を使っても、薄っぺらい
    だけで、色の深さが出ない。 どうしてなのかと、近づいて葉を一枚
    一枚観察すると、深紅の葉の横にもうすぐ散るであろう焦げ茶色の
    葉が有ったり、まだ赤くなりきれない薄紅色の葉も有る。
     言い方が爺々臭いが、赤い葉を美しいと思うその裏には、様々な
    色が陰で支えているということか。 自然をうつくしむ眼を育てたい。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「おはよう、爺。 誤字脱字もなく、文章も長くなったし、
       順調、順調。 『うつくしむ』 なんて言葉、知らなかったな」
                               ─── 仙台姫
          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       本を読んでいて、ふと目に留まった言葉で古語らしいです。
      漢字だと 「愛しむ、慈しむ」 ですが、使うなら平仮名がいい
      ですね。

Filed under: お便り,季節、四季,山荘周辺  タグ: — tomi 09:43

秋、もうすぐ冬

 091010-96
                          091010-99

   今朝8時の山荘の気温 5.5℃ (午前3:30、3.2℃)、曇り。

  霜注意報が出ていましたが (期待しているわけでないけれど)、カメラ片手に
 外に出ると、玄関わきの草の葉には、霜ではなく夜露でした。 でも週間天気
 予報によると、おそらく数日中には霜は降りるようです。 やって来たばかりの秋、
 でもその背後には、もう冬が見え隠れしています。
  写真は、昨日の丘の道の頂部近く。 なんとも癒されます。

 DSCF6813   DSCF6804

  写真・左は2日前の私道。 大きな木は、手前がドングリの木、奥がクルミの木。
 エゾリスが忙しく枝の間を走り回る姿がほほえましい。
  写真・右は、今年もたくさんの実をつけてくれたブルーベリーの紅葉の様子。

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「爺、アップ遅いゾ! 死んじゃったかと思ったゼ。
         小姫がね、冬の間は本州に来ればと言うとった。
          静岡に住む所あるんだろう?」   ─── 仙台姫

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          最近、気分が天候に左右されるようになりましてね。
         きょうは日差しの無い、暗い一日。 気分もウツ。

              DSCF6828

                カシワの葉も色づいてきました。

              DSCF6830

              内地から移植したハーブ (名前忘れ)。
             なんとも言えぬ控えめな色合いがいい。

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「おじさん、・・・・。 下の血圧がまた高くなりましたね。
         心拍数も多いです。 眠れないからといって、夜遅くまで
         お酒を飲まないようにね」         ─── 小姫

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        分ってはいるんです、夜遅くまでお酒を飲まないようにって。
       お酒を手元に置かず部屋の隅に移したり、台所の奥に持って
       いったりしてね。 たぶん、張りつめた生きがいのようなものが
       薄れたんでしょう。 熱く燃えるような気持ちを、もう一度取り
       戻さなければね。

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           「爺、お医者の道を勧めたのは爺だからな。
          言う事きいて長生きせんとな」   ─── 仙台姫

Filed under: お便り,季節、四季,山荘周辺  タグ: — tomi 11:22

ラクヨウ (という名のキノコ)

DSCF6790

            DSCF6791

                        DSCF6792

  キノコの出始める9月上旬の頃は、青々とした草の中に現れるので見つけ
 やすいけれど、落葉が地面を覆い始めると、似たような色なので、見分けが
 つかなくなる。
  上の3枚の写真は同じ場所だが、最初の写真にキノコが写っていることが
 分るだろうか。 2枚目は近づいてみてようやく気づき、落葉を取り除いた姿の
 3枚目でようやく全身が現われる。

DSCF6793  DSCF6794
      (落葉一枚の陰に)               (取り除くと)

DSCF6796  DSCF6795
                               (30分ほどで)

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           「爺、小さく切ってあったから分からなかったけど、
          そのキノコ、なかなか立派だねぇ。 立派、りっぱ!
          こんど、切らずにそのまま送って?」
                               ─── 仙台姫
            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             コ レッ! また何かよからぬ事を考えてるな。
            お望みならそのままを、冷凍にして送ってやる
            けど、常温に戻すとすぐにフニャフニャになるぞ。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

              「だいじょうぶ、そういうの慣れてるから」
                             ─── 仙台姫

Filed under: お便り,山荘周辺  タグ: — tomi 09:34

             DSCF6751

DSCF6752

             DSCF6753

                          DSCF6754

             今朝8時の山荘の気温 9.9℃、小雨。

  気温はそれほど下がってはいないものの、空気が湿っているせいでしょうか
 肌寒さを感じる朝です。 雲間より十勝岳が現われたので、山頂付近をズーム
 してみましたが、初冠雪はまだのようですね。 べつに待ち望んでいるわけでは
 ありませんが。
                        *
  毎日30分以上日の光を浴びるようにというアドバイス。 でも、曇り空だとつい
 うつ向いてしまう。 うつ向いて足元ばかりを見て歩くのも年寄り臭いし、だから
 最近は、落ちている木の枝を振り回しながら、キノコを探すことにしている。

             DSCF6749

   つい2.3日前に採ったばかりだから出てないだろうと、期待もしなかったが
  意外と採れた。 昨日はこのキノコで、いつもの一杯が多くなってしまったけど。
   ひとつ意外な事を発見。 ゆるりゆるりと辺りを見回しながら探すと見つから
  ないキノコも、立ち止まってしゃがみ込み、視線を低くすると意外と見つかる。
  知らずに靴で踏みつけていることもあった。 目線を低くするだけで、見え方が
  これほど違うのかと教えられたしだい。

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「爺、まだ起きてる? 明日朝は霜が降りるそうだよ。
       小姫がね、最近爺の脈拍数が多いのが心配だと言うとった」
                        *
        「何か朝からドキドキするような、心配事でもあるのか?」
                                ─── 仙台姫
           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          心臓がね、「俺はまだ元気だからな」 って強がって
         いるんだろうよ。 ドキドキするような事はまるで無し!

Filed under: お便り,山荘周辺  タグ: — tomi 09:17

(休)

 DSCF6743
                         1-DSCF2443

      今朝9時の山荘の気温 17.5℃、晴れ (午前5時、7℃)。

      写真・左上は、昨日の山荘より東方向。 紅葉が始まっています。
     右下は2週間ほど前のガクアジサイ。 静岡に出稼ぎに行った折に、
     挿し木苗を何本か作り、当地に移植したもの。 ふつう、アジサイは
     本州だと梅雨時に咲くものだが、このアジサイ、なぜか花開く時期
     が遅く、毎年9月にならないと花が開かない。 なぜだろうか。
      そういえば、この時期まだワラビが芽を出し、そのワラビの根元に
     キノコが出ていることもある。 春夏秋が、この地ではごちゃ混ぜに
     なっている。
    
 DSCF6730  DSCF6731

     手入れも何もしないブドウが、毎年よく生る。 写真・左は黒ブドウ、
    品種名は忘れた。 右は 「ナイアガラ」。 風味が良く、このブドウで
    作ったワインは、たまに食前酒としてお客様に提供することもある。

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「爺、観たよ、『居酒屋兆治』。 テレビ版なんだね。
        渡辺謙さんの兆治もいいね。 高倉健さんに比べ、熱い
        けどさ」
                        *
         「舞台が東京なのが減点! (原作はどこなんだ?)。
        やはり函館がいいなぁ。 太原麗子さんがどうして出て
        こないんだと ・・ つい思っちゃう」
                        *
         「大原麗子さんの 『あなたが悪いのよ ・・・』 という
        電話。 血を吐いて死んじゃう最期。 死がとても艶めか
        しいんだよな~」             ─── 仙台姫

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

              わかった、分かったからもう寝な!

             choji_1
              (兆治さん、あなたが悪いのよ~)

Filed under: お便り,山荘周辺,植物、花、ハーブ  タグ: — tomi 10:22

台風 来るの?

 DSCF6672   DSCF6671

             今朝11時の山荘の気温 18.8℃、快晴。

    北海道にはめったに来ない台風。 来てもサッと通り過ぎるだけの台風が
   昨年は大きな爪痕残していった。 一年経った今でも、昨年秋の台風10号
   による日高の日勝峠の通行止めは続いている。 高緯度にあるため、西から
   の偏西風の影響を受けやすいから、北海道は台風とは無縁だという意識が
   あった。 でもそうも言ってられないらしい。 これも温暖化の影響なのかな?
    写真は山荘2階からの昨日の様子。 きょうも青空が広がり、爽やかだ。

 DSCF6673   DSCF6674

              DSCF6622
                      (オレガノ)

      ワイルドなハーブと言えば、このオレガノもその一つかもしれない。
     多年草で寒さに強く、種が飛んで、山荘の周りにも野生化している。
     旭川空港横の道路ぎわにも咲いていたし、遠くはギリシャのパルテ
     ノン神殿の周囲に野生化しているそうだ。 トマトやチーズとの相性が
     良く、イタリア料理、特にピザに使われる。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           「爺、いま実家。 昨日から雨ばかりで、今日も雨。
          雨降りばかりの仙台から逃れて来たら、御殿場も雨
          ジャ。 アチキはすっかり雨女になってしもうたワ」
                               ─── 仙台姫
            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           しっとり濡れて、しめやかな三十路女におなり。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「爺、TVで 『応仁の乱』 観たよ (2時間は長い!)。
         爺の好きな中野信子さんの話しのポイント、いいね」
                         *
          「日本史の中でも、もうアソコはゴチャゴチャしていて
         苦手だったね。 日野富子は悪女だって先入観、アレは
         訂正しないとな」             ─── 仙台姫

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       再放送でしたね。 番組後半に ‘ あぶり餅 ’ を食べる場面が
      ありました。 店の女将に 「いつから始められたんですか?」 と
      尋ねると、今年で1017年目 (応仁の乱の前から) だと。
       前に司馬遼太郎さんのエッセイを読んでいたら、京の和菓子
      職人の話しが載ってました。 以下に、その話題を載せた古い
      近況報告の一部を ───

       「司馬遼太郎さんのエッセイにありましたが、ある和菓子職人
      に司馬さんが訊いたそうです、『いつからやってるんですか』 と。
      職人は 『さあ、どのくらい前からでっしゃろう、先の大戦の頃から
      やそうですが ・・』。 『先の大戦とおっしゃると太平洋戦争 ・・』。
      『いえいえ、応仁の乱のことどす』。 なんと600年以上前からと
      いうわけだ。 京都の方々の時間認識のスケールは、チャラチャラ
      して慌ただしいだけの東京の時間などよりはるかに大きいですね」
                   (2009年 5/15、『閨待月?』 より

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「爺、以前は多くの人のメールでにぎわってたよなぁ。
         皆さんどうしてるんだろう? 『博多のオイシャン』 元気
         だろうか? なつかしいね。 話題が多様で豊富、勉強に
         なったよ」                 ─── 仙台姫

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           震災を境に、お便りが少なくなりました。 皆さんも
          こころに痛手を負ったことでしょう。
           たまにお便りがあるんですが、この欄に載せないで
          下さいという添え書きがあります。

Filed under: お便り,天気、星空,山荘周辺,植物、花、ハーブ  タグ: — tomi 12:12

(お休みなさい)

 090914-99-1
                          090914-99

   今朝9時の山荘の気温 19.9℃、晴れ。

   カラリと晴れ上がった清々しい朝です。 未明に目が覚めてしまい、そのまま
  朝を迎えました。 おかげで読みかけの本を読破、これから寝なおしです。
 

              DSCF6631
               ハーブの庭から  「ムスクマロウ」
 

 DSCF6646   DSCF6650

              DSCF6649

                 山荘上空の 今朝の雲たち

 DSCF6644   DSCF6651

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           「お~い、爺、どうしたんだよ? 小姫に訊いたら
          どこも悪くないそうじゃない? 休んでばかりいると
          ボケがひどくなるぞ!」        ─── 仙台姫

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

              ボケが進んでくると、ボケもいいもんだ。
             何でもかんでもボケのせいに出来るしな。
             ところで ・・ あなたはどなたでしたっけ?

Filed under: お便り,山荘周辺,日常生活  タグ: — tomi 10:35
  • 2017年11月
    « 10月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー