意気込みだけは・・・なぁ

121127-7
                 121127-18

   今朝7時の山荘の気温 -17.1℃、晴れ。 積雪:70cm。

   体調が悪く除雪をサボっていたが、そろそろ取りかからないと
  陸の孤島になりつつある。どうせやるなら2度のところを1度で
  済ませたい。一週間先までの天気予報を食い入るように眺めつつ
  (ときおりため息を吐きつつ)、やはり今日かとあきらめる。
   朝食をしっかり獲り、覚悟をキメ、コップ一杯の不凍液を流し
  込み・・・そのあたりで「今日は止めとこうか」と、いつもなら
  ふて寝するところだが今日は違う! 除雪機から飛ぶ雪を、はるか
  東京上空までバラまいてやるという、意気込みだけはあるぞト。

DSCF7271  DSCF7270

          猫だって尻込みしておる。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「爺、おはようでゴアス。仙台も大雪じゃ!
      昨夜から20cmも積もってな。シメシメ今日は
      会社休めると喜んでおったら・・な」
                *
      「新入社員の若いのが朝早くに迎えに来おった。
      昨夜退社するとき部長に言われたらしい」
                *
      「アヤツ、雪を口実にずる休みするから、朝一で
     迎えに行ってやってくれだと。おかげでいつもより
     30分も! 早い出社となったでゴアス」
                     ─── 仙台姫
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        それはそれは。 ジャッドン、早起きして
        仕事始めたほうが健康的じゃ。会社の同僚
       みな目を丸くしておるじゃろうな。
       「珍しく仙台に雪が降るはずじゃ」とな。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「爺、雪かき作業に出るときは
        ケイタイ忘れるなよ」  ─── 仙台姫

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

              ラジャー!
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         DSCF7275
              (小姫へ)

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「爺、雪かきご苦労さん、いつもより時間
       かかったね。 一杯飲むことを許すぞ!」
                     ─── 仙台姫
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        あのナ~、作業中にケイタイ鳴らすな!
       バイブの振動で、心臓が止まりそうになる。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「強心剤代わりじゃ。胸ポケットなんかに
       入れないで、今度はパンツの中に入れときな。
       強壮剤代わりになるかもよ」
                     ─── 仙台姫
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       そんな程度じゃ、強壮剤代わりにゃならん!
       お漏らししたかと・・かえって滅入る。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「おじさん、おばんです。 今日の『折々のことば』
     何度も読み返してます。震災で失ったもの、でも得た
     ものもある」
                 *
      「だからといって、失ったものより得たものの方が
     大きいのか。 そういう問いは・・・辛いです」
                 *
    「震災で両親を失わなければ、おじさんにもお姉ちゃん
    にも、大人の皆さんにも出会うことがなかった。でもね、
    だからといって、失った事を肯定する気にはなれません」
                 *
     「きっと、そういうふうに生きなさいってことですね、
     『遠野物語』のあの場面のように。 東北に生きる者の
     バイブルなんですね」         ─── 小姫

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     「死んだ子供の歳を数える」という、どちらかというと
    生きてゆく上では後ろ向きな言葉がありますよね。 でも
    たぶん、それが生き残った者の生きる支えになっている
    気がします。
     後ろを振り返ったり脇道にそれたり、一休みしたりして
    生きてゆきましょう。

Filed under: お便り,山荘周辺  タグ: — tomi 08:55

体力・気力 ともに

DSCF7257  DSCF7258

  今朝8時の山荘の気温 -10.5℃、雪。 積雪:70~80cm。

 雪の降ってるのが分かりづらいので、カメラのフラッシュを強制的に
発光させてみました。どことなく趣が出てきますね(手前みそ)。
 写真・下は、町道まで歩いて朝刊を取りに行った時の私道沿いの様子。
往復500mの雪道をアエギアエギ・・、体力・気力ともに衰えました。

DSCF7264-001

         DSCF7262

                 DSCF7263

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 「山梨でもとうとう初雪を観測している。30cmぐらいは積もる
 だろう。だいぶ吹雪いて、外に出ることは無理なので炬燵で過ごす。
 どこかの誰かのように昼から不凍液を補充するデモなく難しい本を
 読むでもなく、ぽか~んと炬燵にうずくまっている。明日は御老体
 に雪かきという仕打ちが待っている。だから今日はゆっくり休むに
 する。1月22日・午後2時、積雪5cm」
                         ─── ?
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  どちら様からのメールか、差し出し名が無いので分かりません。
 「山梨」という県名があるので・・・、おそらくあの方でしょう。
  そちらの雪は重いので、腰を抜かさぬよう気をつけて下さいよ。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「爺、腰の具合よくなってきたみたいね。歳をとっても
    腰の運動は欠かさないようにな」
                *
    「なに? 相手がいない? じゃっどん仙台から通って
    やるわけにもいかんしなぁ~」    ─── 仙台姫

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     こんどは薩摩弁かよ。姫はやはり花魁言葉がいいな。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「小学生の頃の寒い朝。自転車で通学している生徒は、
    耳が凍傷になり、赤く大きくなっていました。大人用の
    自転車は足が届かないので、サドルの下に足を通す三角
    乗りです。今の小学生には絶対無理な乗り方でした」
                     ─── 村人・A
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    我々の小さい時は、子供用自転車はまだ無かったですね。
   私もその乗り方で遊んでました。慣れると結構進むんです
   よね。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「爺、山梨の友達って、例の高校生時代の友達?
     いい歳して、まだつき合いがあるんだ?」
                      ─── 仙台姫
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     高校時代の友達とは、卒業してからは音信不通でした
    が、静岡に住んでいたころ、なぜか彼が訪ねて来てくれ
    ましてね。それが縁で、彼の結婚祝いに私の描いた絵を
    贈ったんです。たぶんその絵が、彼の心の中に残ってた
    んでしょうか。
     あまり人に、下手な絵なんか贈るもんじゃないね。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「どんな絵描いて贈ったのさ。
       いやらしい裸の女の絵か?」  ─── 仙台姫

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         そんな絵、結婚祝いに贈るか ?!
        円空という名の江戸時代の乞食仏師が
        彫った仏像の絵じゃ。先程から探して
        るんだけど、写真一枚見つからん。

  52    20

 数年前、円空仏に会いたくて飛騨を訪れたんですが、お目当ての像に
会えなかった。展示室にはパネル写真だけ(写真・上)。 現物は高さ
60cmほどで意外と小さいそうだ(この像をF-20のキャンバスに
描き、前述の友達に贈った)。
 下の写真は、円空仏を紹介した本の中の一部。 円空が彫った尼僧像
について、想像をたくましゅうして書かれている。

         DSCF7272      DSCF7273

Filed under: お便り,山荘周辺,日常生活,音楽、美術  タグ: — tomi 11:24

無力ではない

111215-2
                 111215-8

  今朝7時の山荘の気温 -1.6℃、曇り。積雪:70~80cm。

   今朝はこれから体調を整え除雪作業。除雪をするかしないかは、
  朝刊が配達されているか否かで決める。配達の車は軽の4輪駆動。
  車重が軽いので雪道には割と強く、動物ならばエゾユキウサギか。
  そのウサギが二の足を踏むという事は、雪かきしなければならない
  ということ。
                *
  昨夜、久しぶりにTVの長時間番組を観ていた。世界情勢を扱った
 池上彰さんの番組で、その番組の最後に池上さんが語った言葉が今も
 テーブルの上のメモ用紙に残っている。
   「私たちは 微力ではあるが 無力ではない」 
  原水爆禁止運動に関わる被爆地・長崎の女子高生の言葉だという。
 私たち大人は今まで何をしてきたんだろうかと、とても恥ずかしい。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   「おはよう、爺。小姫、今朝帰った。すぐまた春には戻る。
   向うは雪が深いらしいから、長い防寒ブーツを買ってあげた」
                *
   「雪かき無理すんなよ。ため息つきながらするといいってさ。
  ため息は肺の呼吸を整え、精神的にもいいんだと」
                       ─── 仙台姫
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    先ほどから窓の外を見ながら、もう何度もため息ついて
   ますけどね。精神的にちっとも良くなりませんね。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     「爺、まだ起きてる? 小姫ロスだ~! あの子さ、
     今朝さっさと帰っちゃうんだよね。明日から授業が
     始まるとか言ってさ、淋しいよ~」
                     ─── 仙台姫
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         いいかげん、もう小姫ばなれしな。

Filed under: お便り,テレビ、映画,山荘周辺  タグ: — tomi 08:57

暖かい年明け

091231-1
                 100104-7

    今朝8時の山荘の気温 -3.7℃、粉雪。 積雪:60cm。

   暖かい朝です。年が替わってからは朝晩の気温が一桁台で経過。
  このツケは、回り回っていつかは帳尻合わせされるんでしょうか。
  写真は何気ない雪上の姿。モノクロの世界にも彩はある。

Filed under: 季節、四季,山荘周辺  タグ: — tomi 08:53

おおつごもり

121128-6
                  DSCF7197-001

  今朝7時の山荘の気温 -9.8℃、曇り。積雪:50~60cm。

   夜明け前(3:50)には-17.9度まで冷え込んだようです。
  今日は大みそか(大晦日)。少し前には「おおつごもり」と呼んだ
  そうですが、こちらの方が味のある響きで好きです。 樋口一葉に
  そういう題の小説がありました。今風に『おおみそか』と題したら、
  なんとも慌ただし気で、味気も無くなりそう。
   写真・右下は、車庫の窓ガラスに映った雪景色。窓枠の下に雪の
  しめ縄が飾られて、ここだけは正月の準備が整ったようです。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   「『竹田の子守唄』『南部牛追い唄』やスコットランド民謡、
   イングランド民謡、ロシア民謡。作者の分らない昔の民謡には
   力があるような気がします。
   皆さん、良い年をお迎えください」    ─── 村人・A

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        今年もお便り、ありがとうございました。
       くる年もまたよろしくお願いします。

Filed under: お便り,山荘周辺  タグ: — tomi 10:01

吹雪の跡

DSCF7179  DSCF7181

  今朝7時半の山荘の気温 -10.2℃、曇り。積雪:50cm位。

  2、3日前の雨で、いったん解けた道路の雪の上に新たな積雪。
  昨日の吹雪がウソのような穏やかな朝です。これから天気は回復に
  向かうようなので、久しぶりの除雪作業。体が嫌がっているので、
  もうしばらくなだめすかしてから。
 
DSCF7183-001  DSCF7184
(積雪深の目安の丸太も埋もれ)

DSCF7185  DSCF7186

DSCF7180  DSCF7182
   (2階談話室の窓から)       (階段踊り場の窓から)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「おはよう、爺。 体調が今一なんだから、無理すんなよ。
    ケイタイ忘れずに、酒気帯び作業はやめなよ」
                        ─── 仙台姫
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

               ラジャー

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「お~い、爺! 雪かき終わった?」
                *
     「例のアレだけど、50cmじゃ、ちと足りんなぁ」
                      ─── 仙台姫
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    今日はいつもより倍近く(3時間ほど)掛かりましてね、
    へとへと。例のアレですか、もうそんな元気ないですよ。
                *
    小姫の所もだいぶ積ったようですね。仙台で生まれ育った
   から、寒さは堪えるだろうな。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「小姫は冬休みで、いま一関。 明日仙台に帰ってくる、
    楽しみだぁ~」           ─── 仙台姫

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「おじさん、おばんです。先ほどのニュースで、前に
    NHKで放送された葛飾北斎のドラマが芸術祭の大賞に
    選ばれたそうですね」
                *
    「9月でしたか、近況報告でも話題になりましたよね。
    再放送があると思いますが、楽しみです」
                       ─── 小姫
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     北斎より、娘のお栄さんが主役でしたね。 岡場所の
    夜の風情が思い出されます。
     一関のお祖父ちゃんの所だそうですね。お姉ちゃんが
    仙台で首を長くして待ってますよ。

Filed under: お便り,天気、星空,山荘周辺  タグ: — tomi 09:18

エゾリス

         DSCF7147

  今朝7時の山荘の気温 -5.8℃、晴れ。積雪:30~40cm。

 それほど冷え込んだわけではないのに、ダイヤモンドダストが現われた
朝です(あいかわらず写真写りは悪い)。
  
DSCF7148   DSCF7149

  写真・上はエゾリスの足跡かと。体長は30~40cm ほどですが、
その半分近くは大きな尻尾。 山荘の周りで過日撮った写真を下に ───

1-DSCF2784   1-DSCF1755

1-DSCF2949   1-DSCF1757

         091013-3

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  「おはよう、爺。 体調はどう? 一昨日の『壬生義士伝』観た?
  二度目だけど、何回観ても泣けるね。朝起きたら眼が腫れてたよ」
                 *
  「南部訛りの言葉、いいねぇ、あったかくて。小姫のお祖父ちゃん
  思い出しちゃった。正月小姫が帰ってきたら見せてあげる、あの子
  も二度目だけどさ。一緒に観るのが楽しみ」
                 *
  「中井貴一、最近見かけないなって思ってたら、ミキプルーンの
  CMに出てる。いい役者なのに・・私生活に問題でもあるのか?」
                        ─── 仙台姫
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  おはよう、姫。・・さぁね、俳優である前に、人間のオスですから
 いろいろあるんでしょうよ(どうでもいいが、爺なんか日々何も無い
 から羨ましいけどさ)。
  爺は『ふぞろいの林檎たち』からの付き合いですから長いですよ。
 そのあと何でしたか・・・『ライスカレー』で緊張すると下痢する
 役だとか・・・。『最後から二番目の恋』はよかった。でも『風の
 ガーデン』は絶品でした、まだ亡くなったわけじゃないけどね。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  「爺、お晩でヤンス。さっきTVでやってた『日本人のお名前』、
  学生時代つきまとってた男が恵比寿にいてね、嫌な奴だった」
                 *
  「それ以来、恵比寿って地名はアチキにはトラウマ。駅に電車が
  止まると早く発車してくれって感じ。そういう事ってあるよね」
                         ─── 仙台姫
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      どういう事か分からんけど、酔ってメールするな!
     昔ストーカー紛いの男に惚れられたってことだろう?
                 *
     恵比寿といえば爺の姉が広尾にいてね。恵比寿駅で
    降りて歩いて行ける距離なんだけど、前に道に迷った。
    通行人に尋ねたら、「ワタシ、日本語ワカリマセン」。
    あそこは外国人が多くなりましたよ。

Filed under: お便り,テレビ、映画,動物,山荘周辺  タグ: — tomi 09:55

運動不足解消

 DSCF7094
                   DSCF7093

   今朝7時の山荘の気温 -7.3℃、小雪。 積雪:10~15cm。

   昨日より10度以上冷え込んだ朝。 あの雪解けした道は新雪に覆われ、
  たぶん雪の下はツルツル、ガリガリ状態であろうかと。 このような道は
  車にとっては怖い。ふわっと雪の積もったその下はツルツル路面なので、
  ブレーキもハンドルも利かなくなる。 新聞配達の車もここ数日上がって
  こない。 配達人も冬の山荘の道を熟知しているからだろう。
   というわけで、これから徒歩で町道まで下り、朝刊を受け取りに行く。
  受け取るといっても誰かいるわけではないけれど、運動不足気味なので。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「おはよう、爺。 無理すんなよ、携帯忘れんなよ」
                        ─── 仙台姫
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          忘れませんよ。 命に係わるからね。
                  *
       今シーズン初めてかな、徒歩で町道まで雪道を往復
      してきました。 体力はまだ少し残っているようです。
      カメラを携えて行ったので、その時の写真を ───

 DSCF7097  DSCF7098

  防寒着に防寒靴、防寒帽、防寒手袋と、身体じゅう防寒だらけで武装。
  その割には余り寒さは感じませんでした。 まだまだ若いぞ!
  大陸からの季節風でしょうか、上空高く流れるような雲の筋が・・。

 DSCF7099  DSCF7105

   樹氷の奥に山荘の建物が。ロマンチックといえば・・・言える。

 DSCF7107  DSCF7100

   外気温 -8度ほど。それほどシバレないこの程度が、雪の姿が
   一番美しいようです。 写真・右は、雪の帽子のツルウメモドキ。

 DSCF7095  DSCF7101

       動物の足跡。 左はキタキツネ、右はエゾリス。

 DSCF7104    DSCF7102

                  とうちゃこ! 黄色の筒の中に朝刊。

 DSCF7103  DSCF7109

     帰り道。 足跡が乱れてはいるけど、酔っては・・いない!

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「おじさん、おばんです。 血圧の値は落ち着いてますが、
     寒暖差はよくありません。無理して外に出ないで、春まで
     お家の中で。階段を上り下りぐらいにしてください」
                          ─── 小姫
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      できるだけ外に出ないで、春まで閉じこもっています。
      最近、昼も夜も眠くて、冬眠状態になりつつあります。
      そちらは寒くはありませんか? ネットで天気や気温を
      チェックしてますが、仙台より寒さは厳しそうですね。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「コリャ、ジジイ! 小姫にはエラク従順じゃノ~。
      ところで、酔って外に出ないほうがいいぞ。 会社の
      *** が・・・・で入院したからな。 アホな男だよ。
      女房・子供がいるのにな~」     ─── 仙台姫

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      女房・子供がいるから、アホな事したいんじゃないの。

Filed under: お便り,天気、星空,山荘周辺  タグ: — tomi 07:56

たぶん、もう、根雪?

 111125-2
                   111125-002
                      (フェンネルの上に)

    今朝7時の山荘の気温 -6.8℃、小雪。 積雪:15~20cm。

  玄関先のタイヤ跡が消えているので、昨夜また新たに雪が積もった模様。
 雪かきをするほどの積雪ではないが、除雪機の整備が遅れているので不安。
                  *
  どのくらい雪が積もったかというと、以前は木の棒に簡単な目盛りをつけ
 雪の中に刺して測っていたが、外に出るのが面倒だし、体にもよくないので
 今は目見当。 美瑛のアメダス観測所より、(気持ち)いくらか多い。

 DSCF7032   DSCF7033

   庭のデッキプレートの上の丸太(直径:約30cm)、灯油タンクの
  上に積もった雪などで、おおよその測定。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「おじさん、おはようございます。 一関のお祖父ちゃん、
     カゼをこじらせ、検査のためという名目で入院してました。
     元気でした。 お酒が飲めないので不機嫌でしたけれど」
                  *
      「録画しておいた『赤ひげ』、昨夜観ました。 テンポが
     速くて、えっえって感じ」
                  *
     「でも最後のあのシーン、即死だと本には書かれてますが、
    胸に刺さった短刀を抜いて後を追わないでほしいという意味が
    含まれていて・・・泣きました」       
                  *
     「お姉ちゃんへ、『赤ひげ診療譚』読んでるんですってね。
    うれしいです。 感動を共有できる人が傍にいるのは幸せです」
                          ─── 小姫
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「『人に話を訊くときには自分の意見ぐらい持て』、
     赤ひげさんの言葉ですが、前におじさんに何か相談した
     時にも言われたことがありました(笑)」  ─── 小姫

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     若いころ感銘を受けた言葉が、頭のどこかに刷り込まれて
    いたんでしょう。あの頃は夢中で周五郎さん読んでましたから。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「爺、アチキも仲間に入れとくれ。『病気を治すだけが
     医者の仕事じゃない』─── 赤ひげさんの言葉だけど、他に
     医者の仕事って何があるんだよ~」    ─── 仙台姫

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      ‘ 人に意見を求めるときは、自分の意見ぐらい持ちな ’

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「山本周五郎が描く登場人物は、本当に目の前に出て
     来そうな感じがします。『日本婦道記』を読んだら本当に
     出てきました」           ─── 村人・A

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「昼間の話しだけど、お酒で酔っちゃう前に言うけどさ、
     つまり、医者は人は見ずに病気だけ診るっていうアレか?」
                  *
      「どうしてそういう病気になったのか、病気になる前の
     生活に問題があるんじゃないかってこと?」
                  *
      「人は突然病むんじゃなくて、徐々に心も体も蝕まれて
     ゆく。そこには貧しさもあり無知もあり、淋しさや悲しみ
     も有るってこと?」
                  *
      「そういうことを赤ひげは、保本や森さんに教えたかった
     って事か?」               ─── 仙台姫

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       酒飲みながら、まともに考えたわけだ。小姫がなんと
      言うかな。
       病を得て人は生きる哀しみを知る。悲しみと病は同居
      しやすいって事を赤ひげは教えたかったんじゃないかな。
      病は医術で治せても、患者の心の奥の病巣を見つめる事
      も大切だって、二人に教えたかったと思いますがね。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「おじさん、おばんです。盛り上がってますね。
      お姉ちゃん、さすが年の功ですね。 私もそこまでは
      気づきませんでした」
                  *
       「おじさんが教えてくれた、遠い昔にNHKで放送
      された『赤ひげ』、今度オンデマンドで観るつもり
      です。楽しみです」          ─── 小姫

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       観てもいいけど、泣くなよ・・・泣いてもいいけど。

嵐のあと

    DSCF6996      DSCF6993

      午前11時の山荘の気温 0.6℃、晴れ。 積雪深:5~10cm。

 DSCF6991   DSCF6992-001

 DSCF6999   DSCF6997
       (2階からの遠望)              (階段踊り場の窓から)

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「おじさん、教えていただいたBSの番組観ました。
         すばらしいお医者さんたちのお話しに感動しました。
          おじさん、私が一人前の医者になるまでは、長生き
         してくださいね」             ─── 小姫

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             再放送だけど、参考になればと思ってね。

Filed under: お便り,山荘周辺  タグ: — tomi 12:51
  • 2018年1月
    « 12月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー