もう歳です

   1-DSCF8579
                       1-DSCF8581
   1-DSCF8578
                       1-DSCF8582

        今朝8時の山荘の気温 -6℃、雪。 積雪:28cm。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「札幌西区も積雪10㎝ほどになりました。明日は雨の予報です。
      毎朝、鹿がなく声が聞こえていましたが静かになりました」
                           ─── 村人・A

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        札幌は明日は雨の予報だそうで、うらやましいです。雨は
       積もった雪を溶かしてくれますもんね。
        山荘は数日前から降り続いた雪が30cm程に(所よって
       は40cm以上)積もり、今日も降り続いています。衛星画
       像を見ると、線状の雪雲が日本海側からちょうど美瑛の上空
       に流れている様で、お隣の旭川市ではほんの数センチの積雪
       だそうです。
        除雪機を操作(運転)していても、その除雪機についてゆ
       けず、除雪機を減速することたびたび。もう息も絶え絶えの
       作業でした。 歳ですね~。
        上の写真4枚は、昨日(16日)除雪直後に撮ったもので、
       右下の写真は、屋根から落ちた雪の塊。
        下は今朝撮ったもの。昨日除雪した直後は地肌が露出して
       いたのに、一晩でまた新たに10cmほど積もったようです。

  1-DSCF8583     1-DSCF8585
                      (窓際で花を咲かすローズマリー)

Filed under: お便り,季節、四季,山荘周辺  タグ: — tomi 11:48

財布を忘れ、・・も忘れ

   1-IMG_20191104_103829    1-IMG_20191104_104051

   1-IMG_20191104_104240    1-IMG_20191104_104755

       今朝6時の山荘の気温 1.6℃、曇り。

      毎週一度、街のスーパーに買い出しに行く。大半は酒とそのツマミ
     のたぐい。
      ところが今日、レジで支払いをしようとしたら、財布を忘れてきた。
     買い物かごを預かってもらい、家まで戻り、もう一度10kmの道を
     往復。つごう40kmを車で走らせたことになる。
      そろそろ運転免許を返納する年頃だと自覚していたが、買い物に行
     くのに財布を忘れるとは・・ボケの進行も予想外に速くなっている。
                    *
      久しぶりに外出したので、帰りに近くの丘を巡ってきた。カラ松の
     紅葉が美しく、カメラを持ち合わせていなかったので、手持ちの携帯
     (ガラ携)で撮ってみた。美瑛の秋は、そろそろラスト・ステージに
     入ったようだ。 来週は初雪の予報も出てきた。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「爺、お晩でヤンス。物忘れはね、ボケとは違うんだよ。
       夜中に艶めかしい夢を見るでしょう? アチキの夢とかね。
       それは正常なんだからね、男としてもね」
                    *
        「小姫がね、台風被害で、お姉ちゃんの会社が大変だろう
       って、3日ほど仙台に戻ってくれた。あの子はね、人がどう
       困ってるか、すぐ分かるんだよね。 助けられたよ」
                            ─── 仙台姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「サイフを忘れるのは普通です。サザエさんも忘れてます」
                    *
          「八千草薫と倉本聰の話を一年続けてください」 
                           ─── 村人・A

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         物が欲しい、その代価としてお金を払う。その代価を
        忘れるなんて・・幼児以下! 困ったものです。
                    *
         仕事で連泊されているお客さんが、早朝まだ暗い内に
        お出かけになる。その方のために、毎朝コーヒーを煎れ
        てお出ししている。ところが今朝、目が覚めたら窓の外
        がもう明るい。「シマッタ!」と台所に行くと、コーヒ
        ー茶わんやスプーン、サイフォンなどが、きれいに洗わ
        れ、片付けられていた。
         そういう一連の動作や、お客様が出かけた後のことを
        すっかり忘れている。オツムが壊れかけ始めた。
         村人さんからの昨夜のメールも、すっかり忘れていて、
        きょう(5日)初めて気づいた。お便りを送って下さっ
        ても返事がないときは、もうオツムも修復できないほど
        壊れているとお察しください(この項、5日記載)。

Filed under: 山荘周辺  タグ: — tomi 17:20

    1-DSCF8510
                     1-DSCF8509-001

         今朝6時の山荘の気温 6℃、うすぐもり。

             写真は7時半ごろの山々。

      久しぶりにお客様がみえている。
     昨日、防鳥作業の最中、突然携帯が鳴った。身の危険が迫った時のように
     ハシゴの上で身構えたが、なじみのお客様から。アチラも急にだったらし
     く、他の宿への問い合わせもしないで、こちらに(ハシゴの上に)きた。
     今朝はまだ暗い4時すぎに、美瑛の秋を撮りに出かけたが、そのバイタリ
     ティーには脱帽。
      写真・下は、数日前、山荘2階から撮った秋風景。

    1-DSCF8508  1-DSCF8506

Filed under: 季節、四季,山荘周辺  タグ: — tomi 10:01

高所作業

                1-DSCF8496

              今朝5時の山荘の気温 2℃、晴れ。

   先日のこの欄で、山荘の外壁をアカゲラやアオゲラ等のキツツキの仲間が突いて
  穴を開けて困る・・という報告をしたところ、札幌在住の「村人」さんが、奇妙な
  物を送ってくださった。
   まずは、その奇妙な物の一式を(写真・上)。下はそれぞれの個別を紹介。

       1-DSCF8494      1-DSCF8495

    商品名:「防鳥・トルネード」。壁や木の枝に吊るしておくと、風でクルクル
   渦巻き状に回転する。ちょうど、理髪店の例の看板のように。

                1-DSCF8492

        次は商品名:「タカ・くん」。これはタカを模した人形で、
       風で回転すると、角度のある両眼が不気味に光る。
        おじさんが見ていても、近寄りがたいほど不気味!

              1-DSCF8493

     最後は商品名:防鳥糸「ハッ! 鳥君」。ナイロン製のヒモに、キラキラ
    光るものが織り込まれていて、風で揺れると鳥が嫌うらしい。
                     *
      以上の品々が、はたして効果があるのかどうか、半信半疑で数日放って
     おいたが、村人さんの誠意になんとか応えなければと、足腰の震えを何と
     かこらえ、昨日取り付け作業をした次第。 ハシゴをかけての作業なので、
     足を滑らしたら一巻の終わり。ヘルメットをかぶり、安全帯をつけたり。
                     *
   まずは、以前巣箱を取り付けたが、効果が無かったのでここは無視(そのまま)。

             1-DSCF8500

    (以前、村人さんの「巣箱を取り付けるといい」というアドバイスを真に
    受け取り付けたが、出入りする鳥たちもアカゲラは最初のうちだけ、今は
    他の野鳥にも見向きもされなくなった)

    1-DSCF8499-001   1-DSCF8502

    上の写真・左は、その巣箱の90度横の軒。大きな穴はアカゲラが突いて
   開けた穴。近づいて見ると、穴の中は蜂の巣になっていた。アカゲラよりは
   蜂の方が上手だったわけだ。
    上の写真・右は、穴を盲プレートで塞ぎ(蜂君ゴメン!)、近くの軒に例
   のトルネードをぶら下げた。
    蛇足だけれど、以前、村人さんに、近くにトウキビをぶら下げておいたら
   効果があると聞き・・そのままになっていて・・。

    1-DSCF8501   1-DSCF8503

     次は、屋根の頂部に近い最も高い場所。2連バシゴをいっぱいに伸ばし、
    腰から下がフラつくのを堪えての作業。若い頃は、このくらい平気だった
    のに・・・。

             1-DSCF8504

      最後は、あの愛嬌者の「タカ・くん」。傍の黒い物は、小さな穴
     だったので、黒い粘土様のコーキングで埋めた跡。 ひも状の物は、
     例の防鳥糸「ハッ! 鳥君」。
      疲れました。10年ほど前だとハシゴ作業もスルスルだったのに、
     今はへっぴり腰。それにハシゴがこんなにも重かったとは・・・。
     なんだか、そのうちまたアカゲラが来て、コンコンやりそうな・・。

Filed under: テレビ、映画,動物,天気、星空,山荘周辺  タグ: — tomi 07:08

秋色に包まれて

             1-1-DSCF1602

            今朝5時の山荘の気温 2℃、曇り~晴れ。

       朝のうちは曇ってましたが、次第に青空が拡がってきました。
      風は微風、穏やかな秋風情に、山荘もつつまれています。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「爺、おはよう。土曜日から休みなく会社に出ずっぱり。
       社内のP・Cの待ち受け画面、美瑛のにしておいたら、今朝
       女の子たちの「キャ~!」って悲鳴が。
                    *
        「保険会社はこれから忙しいからね、爺のお守りは小姫に
       任せたから」      
                    *
       「あの子、またボランティアで行きたがってたので、力仕事は
      男に任せて、あんたは勉学に勤しみなさいって言っといた」
                            ─── 仙台姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         天災で苦しんでる人がいれば、見過ごせないだろうね。
        一生つきまとうんだろうか。

Filed under: お便り,山荘周辺  タグ: — tomi 10:53

寝たきり老人

   DSCF7934
                      DSCF7936
   DSCF7933
                      DSCF7932

    上の写真4枚は昨日撮ったもの。下2枚は今朝(27日)8時ごろ撮影。

   DSCF7940    DSCF7939

    今朝8時の山荘の気温 -11.5℃、晴れ。 積雪深:45cm。

   昨日から新たに20cmほどの積雪。デッキの上の丸太の腰掛に積もった雪も
  こぼれる程に。
   退院するさい医者に、除雪作業など無理な動きは避けるよう言われ、しばらく
  は家に帰っている息子にお任せ。年が明けての再検査まで安静にするようにと。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「おはよう、爺。 小姫、明日帰ってくる。あの子、帰ってくるたびに
    大人びてきて恐いくらい」
                    *
    「なにご馳走してあげようかな、やはりまぁ・・・デパ地下かなぁ~」
                            ─── 仙台姫

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     昨日、小姫からメールが有ったんだけど、冬休みは短いんだそうだ。
    二十歳前後の女の子は、一年ごと、見違えるほど成長するからね、姫も
    いつまでも子ども扱いしないように。

Filed under: お便り,山荘周辺  タグ: — tomi 10:29

晩秋の 虹

             DSCF7824

    夕暮れどき、色づいたカラマツの様子を見ていると、虹が現われてきた。
   何年ぶりだろうか、虹なんて。 いままで気持ちに余裕が無かったんですね。

   DSCF7822
                      DSCF7823

     久しぶりに ─── 今日の山荘の朝の気温2℃。日中の気温8℃。

Filed under: 季節、四季,山荘周辺  タグ: — tomi 16:08

タンポポ・Ⅱ

           DSCF7700
        
          今朝5時の山荘の気温 8.0℃、快晴。

   今朝の美瑛の最低気温は6.4度(午前4時)、予想最高気温28.4度。
  寒暖差20度以上。内地からみれば、朝は真冬、昼は夏の気温でしょうか。

  IMG_20180521_094754  IMG_20180521_094903
       TV番組で話題になった、近所の酪農家の牧草地。

  DSCF7688  DSCF7692
         話題にもなんにもならない、山荘の前庭。
                  * 
   若い頃、故あって北海道から静岡に越した。彼の地では正月に蚊に刺さ
  れることもある。 北海道の友人に、静岡は若者の住む所ではない、老人や
  病人の居場所だと嘆いたこともあった。 それがいま、冬に蚊に刺されても
  静岡がとても恋しい(体が死に場所を探している?)。
   毎日曜日の朝の 『サンデー・モーニング』、岸井さんが亡くなられた。
  ある日、帽子をかぶってきたので、どうしたかと思っていると、声が次第
  にかすれてきて・・享年73才(何の意味も残さない自分と比べてしまう)。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「爺、『竜馬』だけどね、寺田屋騒動の惨劇のあとで
       竜馬が唄う端唄だけどさ、あれ、どういうメロディーで
       唄うんじゃ?」            ─── 仙台姫

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        端唄は7語と5語の組み合わせで出来ているようで、
       メロディーは自由なようですよ。
        竜馬は土佐の出身だし、よさこい節の旋律で唄った
       かも知れないね。

            ♪ 咲いた桜に なぜ駒つなぐ
              駒が勇めば 花が散る
             (よさこい よさこい~)

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「爺、静岡へ帰るんだって? そんなら御殿場にしな。
       近くの長泉町に、いい病院があるからさ」
                        ─── 仙台姫

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「静岡がんセンター」か? 義兄が世話になっとる
       そうじゃ。 余生をそこで過ごすかな。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「爺、『竜馬』、いまどこ? アチキは『流転』。
        江戸に帰ってきた竜馬が、千葉道場で、さな子と
        試合をしたところ」
                   *
         「気を失ったさな子に、口移しで水を飲ませる、
         いい場面」          ─── 仙台姫

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         姫の好きそうな場面ですなぁ。父親の貞吉老人が
        これを見て、あきれるほど清々しいと言ってたね。
                   *
        今夜8時過ぎから、NHKで「龍馬」ありますよ。

Filed under: お便り,山荘周辺,本、小説、詩  タグ: — tomi 06:33

タンポポ

  IMG_20180521_095306
                   IMG_20180521_095143

          今朝6時の山荘の気温 10.9℃、快晴。

    この時期の美瑛は、どこもかしこもタンポポでいっぱい。もちろん
   植えたわけではなく、風で飛んだ綿毛で増えたものだ。根をゴボウの
   ように深く地中に下ろすため、根絶が難しい(根をコーヒーの代用品
   として使う手もあるけれど)。

           IMG_20180521_094423

       廃屋も、周囲をタンポポで囲まれ、きまりが悪そう。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「おはよう、爺。タンポポの天ぷら、おいしいゾ!
        葉も美味しいけど、花がオツ! 日本酒に合う」
                       ─── 仙台姫

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        偶然だけど、いまウドの天ぷら食べながら昼間から
       一杯ヤッチョル。山荘のすぐ横に20cmほど伸びた
       初物のウド。 揚げたては美味いゾナモシ。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

              20180522_161637

       「裏山に熊が出ました。熊より人間の方が怖いです」
                    ─── 村人・A

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        さすが、大都市・札幌ですな。 看板がりっぱ!
       カネが掛かっチョル!
        そこへゆくと、山荘の奥に立つ看板は 「熊出没
       注意!」 と白地に赤い「熊」の文字。最近は出没
       した月日が手書きで書かれるようになった。 町の
       職員が手弁当で担いで立てるんだろうな。

           DSCF6330

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「爺、竜馬、いまどこ?」  ─── 仙台姫

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・

          3冊目の『寺田屋騒動』に入ったところ。

Filed under: お便り,山荘周辺,植物、花、ハーブ  タグ: — tomi 06:30

飼い主をまねて

  DSCF7678
                    DSCF7679

          今朝6時の山荘の気温 5.9℃、雨。

     写真は数日前の日没時。めずらしく、この時期、この時間帯に虹が
   現われました。写真に撮ってみて、はじめてわかる程度の虹でしたが。

   DSCF7681 DSCF7682

    猫のミーシャ嬢。最近は昼間も眠りこけ・・・眠り呆けております。
    飼い主を真似てるんでしょうね。

Filed under: 動物,山荘周辺  タグ: — tomi 06:49
  • 2019年11月
    « 10月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー