台風 来るの?

 DSCF6672   DSCF6671

             今朝11時の山荘の気温 18.8℃、快晴。

    北海道にはめったに来ない台風。 来てもサッと通り過ぎるだけの台風が
   昨年は大きな爪痕残していった。 一年経った今でも、昨年秋の台風10号
   による日高の日勝峠の通行止めは続いている。 高緯度にあるため、西から
   の偏西風の影響を受けやすいから、北海道は台風とは無縁だという意識が
   あった。 でもそうも言ってられないらしい。 これも温暖化の影響なのかな?
    写真は山荘2階からの昨日の様子。 きょうも青空が広がり、爽やかだ。

 DSCF6673   DSCF6674

              DSCF6622
                      (オレガノ)

      ワイルドなハーブと言えば、このオレガノもその一つかもしれない。
     多年草で寒さに強く、種が飛んで、山荘の周りにも野生化している。
     旭川空港横の道路ぎわにも咲いていたし、遠くはギリシャのパルテ
     ノン神殿の周囲に野生化しているそうだ。 トマトやチーズとの相性が
     良く、イタリア料理、特にピザに使われる。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           「爺、いま実家。 昨日から雨ばかりで、今日も雨。
          雨降りばかりの仙台から逃れて来たら、御殿場も雨
          ジャ。 アチキはすっかり雨女になってしもうたワ」
                               ─── 仙台姫
            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           しっとり濡れて、しめやかな三十路女におなり。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「爺、TVで 『応仁の乱』 観たよ (2時間は長い!)。
         爺の好きな中野信子さんの話しのポイント、いいね」
                         *
          「日本史の中でも、もうアソコはゴチャゴチャしていて
         苦手だったね。 日野富子は悪女だって先入観、アレは
         訂正しないとな」             ─── 仙台姫

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       再放送でしたね。 番組後半に ‘ あぶり餅 ’ を食べる場面が
      ありました。 店の女将に 「いつから始められたんですか?」 と
      尋ねると、今年で1017年目 (応仁の乱の前から) だと。
       前に司馬遼太郎さんのエッセイを読んでいたら、京の和菓子
      職人の話しが載ってました。 以下に、その話題を載せた古い
      近況報告の一部を ───

       「司馬遼太郎さんのエッセイにありましたが、ある和菓子職人
      に司馬さんが訊いたそうです、『いつからやってるんですか』 と。
      職人は 『さあ、どのくらい前からでっしゃろう、先の大戦の頃から
      やそうですが ・・』。 『先の大戦とおっしゃると太平洋戦争 ・・』。
      『いえいえ、応仁の乱のことどす』。 なんと600年以上前からと
      いうわけだ。 京都の方々の時間認識のスケールは、チャラチャラ
      して慌ただしいだけの東京の時間などよりはるかに大きいですね」
                   (2009年 5/15、『閨待月?』 より

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「爺、以前は多くの人のメールでにぎわってたよなぁ。
         皆さんどうしてるんだろう? 『博多のオイシャン』 元気
         だろうか? なつかしいね。 話題が多様で豊富、勉強に
         なったよ」                 ─── 仙台姫

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           震災を境に、お便りが少なくなりました。 皆さんも
          こころに痛手を負ったことでしょう。
           たまにお便りがあるんですが、この欄に載せないで
          下さいという添え書きがあります。

Filed under: お便り,天気、星空,山荘周辺,植物、花、ハーブ  タグ: — tomi 12:12

(お休みなさい)

 090914-99-1
                          090914-99

   今朝9時の山荘の気温 19.9℃、晴れ。

   カラリと晴れ上がった清々しい朝です。 未明に目が覚めてしまい、そのまま
  朝を迎えました。 おかげで読みかけの本を読破、これから寝なおしです。
 

              DSCF6631
               ハーブの庭から  「ムスクマロウ」
 

 DSCF6646   DSCF6650

              DSCF6649

                 山荘上空の 今朝の雲たち

 DSCF6644   DSCF6651

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           「お~い、爺、どうしたんだよ? 小姫に訊いたら
          どこも悪くないそうじゃない? 休んでばかりいると
          ボケがひどくなるぞ!」        ─── 仙台姫

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

              ボケが進んでくると、ボケもいいもんだ。
             何でもかんでもボケのせいに出来るしな。
             ところで ・・ あなたはどなたでしたっけ?

Filed under: お便り,山荘周辺,日常生活  タグ: — tomi 10:35

おむすび ころりん

             090808-3

             今朝6時の山荘の気温 15.4℃、曇り。

  カレンダーの今日の日付が赤いので、近づき覗き込むと 「山の日」 だそうだ。
 山荘にも私にも、あまり関係はないけれど。
  昨夜、山荘のご近所がTV番組の舞台になっているというメールをいただいた。
 ふと思い出したのが、そのメールに登場した 「O さん」 のこと。
  話が横にそれるが、「電柱止まりの家」 というのが北海道には多い。 どういう
 意味かというと、人家があるところ電信柱はある。 その電信柱がその家を最後に、
 その先に無い、つまり、その先には人家が無いという意味だ。 牛飼さんのOさん
 のお宅が、まさにその電柱止まりの家である。
  話を戻すと、ある日、丘の上から麦稈ロールが、山荘の敷地内に転がってきた。
 どうしたのかと不思議に思っていたら、ある日、Oさんがトラクターを運転して山荘
 にみえた。 間違えて、ロールを1個転がしてしまったので取りに来たのだそうだ。
 「お客様が喜びましてね、上にまたがって写真を撮ったり大騒ぎでした」 と言うと、
 じゃあしばらく置いておくかと、眼鏡越しに柔和なまなざしを残して帰られた。
  だがロールは、そのまま何年もその場に置かれ、いつしか朽ちて、今はどこに
 あったか跡形もない。 ただ、自然は朽ちても、思い出だけは残してくれました。

    新しいイメージ5-001    新しいイメージ3-001

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「爺、具合どうじゃ? 唐人お吉さんの絵、描いとるかい?
       今朝、小姫に呼び出され、いま一関の爺々の所」
                        *
       「月命日とお盆が重なり、きょうは小姫の両親のお墓参りに
      参加した。 仏壇に置かれた小姫のお母さんの写真見てると、
      小姫が次第に似てきて驚いたよ。 小姫のお母さん、美人だ!」
                        *
       「これから宮沢賢治の息子とサシで飲む。 だいじょうぶだ、
      横にうるさい未来のお医者のタマゴがいるからな」
                                 ─── 仙台姫
           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      宮沢賢治も、お盆だから墓場からヌルっと出てくるんじゃないの。
     「いや違う、それは違う。 身に覚えのない事だ!」。
      男の使う言葉は、いつの時代も同じなんでしょうかね。

Filed under: お便り,山荘周辺  タグ: — tomi 07:53

夏空

 062
                           055

  今朝6時の山荘の気温 18.1℃、うす曇り。

  寝る前に窓を少し開け、網戸を下げて寝る。 すると明け方、肌寒くて目が覚める。
ちょうどそのころ猫のミーシャが夜遊びから帰ってくる。 ところで今朝は夜遊び先で
何があったか、とても興奮していて、帰るなり部屋の中を走り回る。 コラッ! っと
軽く頭を叩いて叱ると、また窓から勢いよく外に飛び出して行きおった。 猫の世界も
複雑なようです。

   DSCF6523     DSCF6521

  自然の真っただ中、本来なら人の住むような所ではない。 窓を開け放ち、網戸を
 下ろすのを忘れていると、部屋中が蝶や蛾、昆虫類でいっぱいになる。 都会から
 来た旅人の 「ワー! キャー!」 という超自然適な叫び声が響く。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「おっはよう、爺。 きれいな白い蛾だねぇ。 窓ガラスの
        外に止まってるんだろう? 4つの足先に吸盤でもあるんだ
        ろうか、器用なもんだね」          ─── 仙台姫

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          姫も手足に吸盤があったら、窓ガラスにへばり付いて
         誰か男の部屋でも覗いてみたい? 窓を見た男は、恐ろ
         しくて叫び声をあげるだろうよ。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「爺、小姫のお祖父ちゃん、元気になったって。 仙台の
        あの元気な女の子と、また一杯やりたいと言っとるらしい」
                               ─── 仙台姫
            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        宮沢賢治の隠し子だってね? 賢治は酒好きだったかなぁ。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「あのねぇ、タネは賢治でも、産んだのはお酒好きな
         女だったわけ。 賢治はそれまでドウテイだったからね」
                               ─── 仙台姫
            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

              DSCF6524
                  (マイ・スクラップブック)

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             「爺、懲りないねぇ。 手が後ろに回るぞ!」
                              ─── 仙台姫
            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         かまわん。 もういい歳だし、それに、むかし仕事で警察の
        留置場とか刑務所に入ったことがあるから、体験済みだ。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「爺、初犯だと罰金程度だ。 爺をオリに入れて飯を
         食わせるのは、税金の無駄づかいじゃからな」
                              ─── 仙台姫
            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

              じゃあ、姫を強姦したという罪ならどうだ。
             口裏を合わせな。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「一目見りゃ分かるじゃろうが、そんな元気ない事ぐらい。
        それより、ムショに入るとお酒飲めないからね」
                              ─── 仙台姫
            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            そうだった。 姫、お酒の差し入れしてくれ!

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「ムショを何だと思ってんだよ。 働かずに3食付いて
         お酒が飲めれば、アチキだって入りたいよ」
                               ─── 仙台姫
            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

               姫、入れば労働作業も有るんだよ。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             「おばんです。
            復旧、思いの外早かったですね! よかった」
                             ─── A.T.
            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             「おじさん、お晩でした。 ・・・・・・。 一関の
            お祖父ちゃん、夏風邪をこじらせたようですが、
            元気になりました」
                          *
             「私の顔を見て、亡くなったお母さんの名前を
            呼ぶんです。 震災の事、津波の事。 母と私が
            二重写しになったようなんです」
                          *
             「息子の嫁に対し、さかんに謝ってました。
            母になりきって、はいはいと相槌を打つ私、
            とても辛かったです」       ─── 小姫

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           もしかしてお祖父ちゃん、小姫と小姫のお母さんを
          わざと取り違えていたかも知れない。 そうやってしか
          本音を言えなかったのかもよ。

Filed under: お便り,山荘周辺  タグ: — tomi 06:59

原野に戻そうか

 DSCF0073
                           DSCF0074
 DSCF0072
                           003

  今朝5時の山荘の気温 13.6℃、晴れ。

 牧草の刈り取り、麦の収穫、その後はじゃが芋の収穫でしょうか。 これから11月の
ビートの収穫まで、畑は実りの秋を迎えます。
 山荘周辺では、実りとはおおよそ無関係な草刈り作業が続いている。 放っておけば
元の原野に戻るものを、無駄なアガキとは分かっていての作業は空しいものです。

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            「おはよう、爺。 小姫から聞いたけど、最低血圧が
           最近高いそうよ。 眠りの質が悪いんじゃないかって。
           熟睡できてる?」             ─── 仙台姫

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          最近、眠れないことが多くてね、つい寝酒に頼っちゃう。
         どうすればいいか訊いといて。

Filed under: お便り,山荘周辺  タグ: — tomi 08:25

いずれは元の原生林に

 DSCF0032
                          DSCF0028-001

    今朝7時の山荘の気温 23.3℃、晴れ。

    窓を少し開けて寝たら夜更けに寒くなり、あわてて閉めた記憶がある。
   未明には16度まで下がったようだ。 それにしても暑い。 今日の美瑛は
   32度まで上がるという予報。 美瑛だけでなく、北海道のこの夏はどこも
   かしこも暑い。 その暑い中、「マサカリ草雄」 の草刈り作業は今日も続く。

              062

       山荘のラベンダー畑は昨年から雑草に覆われ、哀しい末路を
      たどりはじめた。 いずれは元の原生林に戻る運命だが、わずか
      ばかり株を庭のハーブ畑に移し、なんとか体裁だけは保っている。
      でもここもどうなることやら、体力勝負の山荘暮らしゆえ、行く先は
      見えている。
 
             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             「おっはよう、爺。 なにやらヤケクソ気味だぞ。
            今日も草刈り? もうやめなよ~!」
                               ─── 仙台姫
             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             もう少しだ。 来月までお客様があるからね。
            休み休みやるから。

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           「おじさーん! ラベンダーきれいですね。
          でも草刈りは無理しちゃだめですよ。 また来年でも」
                                ─── A.T.
             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           昼前32度まで上がってね、体がだるくなったので
          草刈り作業はやめました。
           一休みして、これからブルーベリーとカシスの、今年
          最初の収穫でもしようかと。 暑くても忙しいんですよ。

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             「爺、収穫終わった? たくさん採れた?」
                             ─── 仙台姫
             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             今年最初の収穫ですから、まぁほどほどに。
            ブルーベリーで疲れてしまい、カシスは明日に。

  DSCF6429  DSCF6428

               DSCF6430                   
             ハイブッシュ系の早生品種、収量2kgほど。

               DSCF6432
            隣に生えているハスカップの実で喉の渇きを。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「今年もジャガイモのお花畑、写真を有難うございます。
         もう一度実物が見たいデース。 私も72歳になりましたが、
         未だパートで勤務しております」     ─── 秋田親父

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             お懐かしい方からメールをいただきました。
            秋田の親父さん、お元気そうでなによりです。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             「爺、お晩でヤンス。 カシスのリキュール
            アレ美味しかったなぁ ・・、うん美味しかった。
            すぐじゃなくていいからな」   ─── 仙台姫

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

              姫、お晩でした。 牛タンとずんだ餅、
             アレ美味かったなぁ ・・、うん美味かった。
             他にお返しは要らないからな。

Filed under: お便り,山荘周辺,植物、花、ハーブ  タグ: — tomi 08:21

今日は雨

 DSCF6371
                         DSCF6370

    今朝6時の山荘の気温 21.7℃、曇り。

   朝の気温 (最低気温) が20度以上というのは、今年初めてではないか。
  窓を開け、網戸を下げ、そのまま昨夜は寝入った。
   雲が重く垂れ、昼前から雨が降り出すという予報も出ている。
                       *
   上の写真は、民放テレビのCMの背景に出ていた所。 何のCMだったか、
  今でも放送してるのか知らないが (あまり民放TVを観ないので)、山荘の
  向かいの丘です。 どなたか、何のCMか、ご存知でしたら教えて下さい。

             023

   ジャガイモの花が美しい季節です。 品種によって花の姿・色が違います。
  むかしは覚えていたんですが、今はもう忘れました。 そう、認知症です。

 020  021

 022  024

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「おはよう、爺。 昨夜は仙台も暑かった (いや熱かった)。
       ところで昨日の首に巻くアイテムだけどね、アレ送ってくれた
       のは若い女の子?  ‘ アタイ、あなたに首ったけ ’ っていう
       告白かもよ」                 ─── 仙台姫

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      なるほど、そういうふうにもとれるわけか。 気づくのが遅かった。
     「爺々専」 という女の子もけっこういるんだ。 ボケてはおられん!

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「爺、小姫がね、毎日 『近況報告』 をチェックしてるんだと。
      誤字脱字がないか、文章のつじつまが合っているかどうかで、
      爺のオツムが壊れてないかとね。 さすが医者のタマゴだよ」
                               ─── 仙台姫

Filed under: お便り,山荘周辺,植物、花、ハーブ  タグ: — tomi 06:40

ありし日の姿

 081
       (2004、8/17)

              090821-1
                    (2009.8/21)

                          101008-6
                                (2010、10/8)

   今朝5時の山荘の気温 16.7℃、小雨。

 昨日は、ほぼ一日中ベッドで横になっていた。 おかげで今朝は寝覚めがいい。

 数日前、街へ行く途中、お気に入りの丘を訪ねた。 長い道路の先に十勝連峰が
拡がり、左手になぜか取り残されたような一筋の林が伸びていて、私の大好きな
場所の一つ。 古い写真を探してみると、10年以上前のものもある。

             026

        その林の手前、少し離れて一本の木が立っていた。
       ある女性の旅人が 『’ 行かないで ’ の木』 と命名した。
       彼女曰く、「別れて行く彼の後ろ姿に、行かないで~と、
       手を差し伸べている女性のようだったから」 と。

             017

         また、さらに手前には 「うちわ 」 のように、枝を
        拡げた木もあった。 若い女性が 『 ‘ おいでおいで ’
        の木』 と名付けた。 手の平を拡げ、こっちにおいでと
        手招きしているように見えたらしい。
         それらの木も、いまは見る影もなく無くなっていた。

             DSCF6373

         その林の数日前の写真。 手前半分ほどが伐採され、
        樹木が地面に横たわっている。 あの中には、おそらく
        『行かないでの木』 の亡骸も、行かないでと嘆きつつ
        ・・・。 力尽きたか。

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 090821-4  DSCF6372

      林を反対側から撮った写真 (2009、8/21) と、伐採後 (右)。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「おはよう、爺。 美瑛には 『酔っぱらいの木』 とか
         『スケコマシの木』 なんてのはないのかい?」
                             ─── 仙台姫
            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          あるかもな、こんど探しとくよ。 「酔っぱらい ・・」 は
         想像できるけど、「スケコマシ ・・」 は、はてどんな枝
         ぶりの木か、思い描けん!

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「爺、小姫からの便り (ナイショ)、好きな男ができた
         らしい。 まだABCのうち、Aだけらしいぞ」
                               ─── 仙台姫
            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             ナイショの話しを、他人に話すんでない!

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「ナイショだって言ったのに、公表するんでナイ!!」
                              ─── 仙台姫
            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             なんか ・・・ なんとなく淋しい~んだよな。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            「なんで淋しいんだよう~。 女は皆そうやって
           女になるんだよ。 小姫、’ あっぱれ! ’ 」
                              ─── 仙台姫
            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           ところで姫、今日のお客さん、あす夜明けとともに
          旅立つ。 もし夜中にトイレに起きたら、起こしてくれ。

Filed under: お便り,山荘周辺,風景  タグ: — tomi 06:21

(休)

               DSCF0063

              今朝6時の山荘の気温 14.7℃、曇り。

   昨日から私道道路わきの草刈り作業を始めています。 体力の衰えが目立ち、
  長続きせず、2時間ほどで音を上げている。 例年2,3日で終わる作業も、この
  ぶんだと1週間位かかりそうです。
   今日からお客様が連日大勢お見えになる。 山荘にとってはめったにない事。
  この欄も数日はお休みするかも知れません。

Filed under: 山荘周辺,日常生活  タグ: — tomi 09:14

つづら折りの丘

 DSCF0028-001
                         DSCF0029-001

             今朝7時の山荘の気温 9.8℃、小雨。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「おじさん、一枚目の写真素敵ですね! うねうねの道、
       去年おじさんに教えてもらった所だと思います。 テレビに
       映っていて、よく見たらここだった、と言っていた所ですよね?」
                                ─── A.T.
          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        テレビのコマーシャルに出てましたね。 何のCMだったか
       忘れましたが、最近見かけないです (おじさんが余り民放の
       番組を見ないからでしょうが)。
        CMで話題になれば、「***のクネクネ道」 なんて呼ばれ、
       美瑛のまた一つの名所になるかも知れませんね。
        クネクネ道より 「つづら折りの丘」 のほうが、ネーミングと
       してはシャレてますかね。
 
 DSCF6316  DSCF6317

                DSCF6318

    DSCF6353    DSCF6354

Filed under: お便り,動物,山荘周辺,新聞、ニュース  タグ: — tomi 08:07
  • 2017年9月
    « 8月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー