山荘の玄関前ゾナ!

            1-DSCF8957-001

       今朝7時の山荘の気温 -2℃、晴れ。 積雪:15cm。

     以下の写真は、けさ8時すぎの山荘ポーチ前から窓ガラス越しに
    撮ったもの。一匹のエゾリスが木の枝に止まり、なにやらクルミの
    実らしきものを食べていた。
     「ここは山荘の玄関前ゾナ!」と言っても、我関せずという態度。

   1-DSCF8967   1-DSCF8958

   1-DSCF8959   1-DSCF8963

   1-DSCF8960   1-DSCF8961

   1-DSCF8963   1-DSCF8960-001

    むかし山荘の周囲には「アリンス」という名の、可愛いエゾリスがおった。
   このエゾリス、その孫か、ひ孫かもしれない。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「おはよう、爺。そういえば昔、京の色里から迷い込んできた
      ようなエゾリスおったのぉ。 血を受け継いでおるようじゃな」
                           ─── 仙台姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           姫と同じで、あまり色っぽくないけどね。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         追悼:『やまばと学園』の「宮城まりこ」さんが
            亡くなられた。いつかはこういう日が来る
            とは思っていたけれど・・。
             いまごろは吉行淳之介さんと再会してる
            だろうか。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       宮城まり子さんの事を書き込んだ近況報告がたくさんある。
      その中から、2つほどを以下に ───

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

               〈 2005、4/29 〉

             k-7

                余談。無駄話です。

 「子供は大人の小型ではない」と言われる。この言葉の背景を再確認する機会があった。
春三月、『ねむの木村』(静岡県・掛川市)に 『ねむの木学園』 の子供たちの描いた絵
を見に行く。ミモザの黄色い花房が枝いっぱいに垂れ下がり、雪柳の白く楚々とした点描
が、学園のベネチアンレッドの瓦の建物のまわりのそこかしこに咲いていました。
 おめ当ての 『ねむの木美術館} は、村の一番奥にある白い小さな建物。すぐまわりを
里山に囲まれ、道沿いには小川が流れ、そんな何気ないごく控えめな場所に静かにあった。
 ここに移転する前の浜岡町に学園があった頃にも一度、子供たちの描いた絵を見たこと
があるので、おおよその予想はしていたが、新しい美術館の扉を開けた瞬間は、ショッキ
ングでありました。
 「どうしてこんな絵が描けるのか?!」。 最初に出合った時の疑問が再びよみがえる。
若い頃、アカデミックな絵を多少学んだことのある者として彼らの絵をそんな目で眺めて
みると、構図といい、バランスといい、あるいは色使いといい、己が学んだものとはおよ
そかけ離れている。ならば自分ならどう描くかと、展示されている一枚を自己流に描き変
えてみる。するとどうだろう。確かにバランスや安定感は増すのだが、これが実につまら
ない絵になる。 オリジナルの絵のもつ力強さや躍動感、生命力が消滅する。 これは一体
どういうことなのか・・。音楽でいう 「不協和音の力強さ」 にどこか符合するものでも
あるのか、あるいは生(き)の凄さなのか。
 何か得体の知れない、人間の根っこの所に向かってドスンと飛び込んでくる子供たちの
絵は、プリミティブではあるけれど、それだけに潔く直截的だ。技巧をこらし計算しつく
された有名美術館の絵画が、なにか薄っぺらく小賢しく、小奇麗に見えてくるのは、ヘソ
曲がりの私だけなのか。
 「表現」 というより、心の奥深い所から、何かを吐き出すという方が適切かもしれない
彼らの絵を見ていると、どこか遠い昔の子供のころの原風景に出会ったような懐かしさと
安らぎを覚える。
 「子供は大人の小型ではない」 という言葉の裏には、子供には、自立した独自の感性と
表現能力があり、大人のそれとは別の次元で存在するという暗号が潜んでいるのかも知れ
ない。
 ピアニストの 「クリストフ・エッシェンバッハ」 がたびたび学園を訪れ、子供たちの
前で演奏したりして心を通わせたと聞く。自分のレコードのジャケットに彼らの描いた絵
を使ったとも聞く。あの透明なピアノの響きの向こうには、学園の子供たちの絵と共鳴し、
重なる部分がきっとあったに違いない。
 帰りの道すがら、南仏風の 『ねむの木学園』 の学舎を遠く望みながら、その中で日々
子供たちと接しておられる宮城まり子さんの優しいまなざしを思い、ご健康を祈った。

    追申 : 『ねむの木学園』 のホームページを開くと、
         宮城まり子さんの次のような言葉が載っていた。

          やさしくね やさしくね
                やさしいことは つよいのよ

                        ─── まり子

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

              〈 2007年 5 月 4日 〉
 
            1796-1

    今朝の朝日新聞『ひと』に、「ねむの木学園」園長・宮城まり子さんが
    載っていた。お歳が80歳とあり、まだ60代だとばかり思っていたので
    驚いた。 記事の中から、まり子さんの言葉を ───

     『 障害も個性の一つ。 そう思ったから、ちょこっとお手伝いを
     しただけ。 短くて長いねえ ─── 。 40年 』

       ねむの木のこどもたちの作品展が東京で開かれる。

     『 弱い子をいじめる子、自殺を考える子に見てほしいの。
     ねむの木のこどもたちは、大切な命でがんばって描いていま
     すって』

      いつの日か、新聞に訃報記事が載ることもあるんだろうか。
     彼女には、寿命が人の2倍、3倍 あって欲しい。
      「ねむの木の美術館」が新しく建て直されたと聞いた。この
     秋また出稼ぎに行った折には再び訪ねてみたい。 いつまでも
     お元気で、長生きしてほしい。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「おじさん、宮城さん亡くなられたんですね。前にお姉ちゃんと
    一緒に、掛川市の「ねむの木学園」を訪れたことがあります」
                   *
    「子供たちの(いえ私より年上の)生徒たちの描いた数々の絵に
    感動しっぱなしでした。 宮城さん、ご高齢だったんですね」
                         ─── 小姫
 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      おじさんが子供の頃、TVで『まりっぺ先生(?)』という
     番組がありました。もちろ子供向け番組ですが、いつも観てい
     た記憶があります。
                  *
      大人になり、出稼ぎ先で観た子供たちの絵は感動そのもので
     した。少しばかり絵を学んできたことが、かえって無意味だと
     思えるくらい圧倒的でした。
      まりこ先生がいなくなり、子供たちがかわいそうです。
                  *
     人の命に軽重は無いんだろうけど、無駄に生きているおじさん
    なんかの余命を、みな差し上げたかった。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「ジイ、無駄に生きてるようでも、無意味ではないんだよ。
     小姫は爺の言葉を、亡き両親の言葉のように受け止めてるん
     だからね」              ─── 仙台姫

Filed under: お便り,動物  タグ: — tomi 09:29

キタキツネにも 春が

            1-DSCF8930

        今朝6時の山荘の気温 -5℃、晴れ。積雪:30cm。

     写真は昨日撮影したもの。暖かくなったせいでしょうか、キタキツネが
    甲羅干し(?)
     5月に入れば出産シーズン。このキツネ君(さん?)も、もうすぐ親に
    なるはず。 昼寝している場合じゃなにのにね。
     (写真は窓ガラス越しに撮ったので、淡い青色に染まってます)

   1-DSCF8931   1-DSCF8932

   1-DSCF8933   1-DSCF8934

   1-DSCF8935   1-DSCF8936

   1-DSCF8937   1-DSCF8938

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「おじさん、おはようございます。 教えて下さった昨夜の
      『アナザーストーリーズ ‟ 太宰治心中〜死に焦がれた作家の
       生き方〜 ” 』観ました」
                    *
       「そのあと、朝まで『斜陽』を読んでました。同じ津軽に
       いま住んでいる私には、どこか体中に絡みついてくるような
       衝撃でした」               ─── 小姫

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        おじさんが『斜陽』を読んだのは高校生の時でした。遠い
       昔です。‵ 人は恋と革命のために生きる ’ なんて言葉に心
       おどらせたころです。その後「斜陽族」なんて言葉も生まれ
       ました。
        小姫がいま津軽にいて、太宰の本を読んでいるのが羨まし
       いです。今は太宰から遠く離れてしまいましたが、おじさん
       の懐かしい青春です。
        本棚から当時の本を探しましたが、あれから50年以上も
       経ってるんですね。写真は「中央公論社」発行『日本の文学』
      (昭和41年発行)『斜陽』の中に、当時、傍線を引いた跡が
       残っていて懐かしいような恥ずかしいような・・・。

       1-DSCF8940   1-DSCF8941

       1-DSCF8942   1-DSCF8944

        1-DSCF8945-001    1-DSCF8946-001

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            1-DSCF8947
                今夕の十勝連峰

            1-DSCF8948

                オプタテシケ山

Filed under: お便り,動物,季節、四季,本、小説、詩  タグ: — tomi 09:14

   1-DSCF8911
                    1-DSCF8912
                       (6時過ぎの日の出)

       今朝6時の山荘の気温 -6℃、晴れ。 積雪:40cm。

      晴れ上がった朝をむかえた。雪の上に小動物たちの足跡が多く
     見られる。 きっと動物たちも青空が待ち遠しかったんだろう。
                   *
            昨夜、遅くに入ったメール(以下)。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「ジイ、お晩ゾネ。 今日、事務所で、隣のデスクの部長が
      うるさいことを言うので、マスクを外し思いっきり咳をして
      やったら、デスクを1mほど遠ざけた」   
                   *
      「してやったり! この手があったか!!」
                           ─── 仙台姫

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          お年寄りを、あまりイジメてはいけません。
         ここにも一人いるんですからね。

Filed under: お便り,動物  タグ: — tomi 06:43

春ま近のキタキツネ

   1-DSCF8844-001   1-DSCF8844-002

   1-DSCF8846   1-DSCF8845

       今朝7時の山荘の気温 -5℃、小雪。 積雪:65cm。

       気温が高くなってきたせいでしょう、キタキツネが頻繁に
      現れるようになりました。でもまだ積雪が多くて、雪の下の
      小動物を捕まえるのは難しそう。深い雪に足を取られてウロ
      ウロしてるだけのようです。
       5月の上旬は出産シーズン。写真のキツネは雄雌分かりま
      せんが、あと2~3ヶ月で子ギツネたちの親となる。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            1-DSCF8853

           午後2時の山荘周辺。春めいてきました。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「爺、札幌でもコロナウイルスが蔓延してるようだけど、
       村人さん、大丈夫かなぁ」
                    *
       「ススキノ辺りでお姉ちゃんに呼び止められ、コロコロ
       ウイルスに抱かれたりなんかして?」
                         ─── 仙台姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          爺と違い、村人さんは現役バリバリですからね、
         アッチコッチに暖かいお布団と枕があるようです。
         爺なんか、もう20年近く世間とは隔離されてます
         から。 コロコロウイルスにお会いしたいですなぁ。

Filed under: お便り,動物  タグ: — tomi 10:47

             1-DSCF8837

       今朝7時の山荘の気温 -11℃、くもり。 積雪:40cm。

     2,3日前から気になっている玄関前のウサギの足跡。進行方向の横に並ぶ
    二本の跡は後ろ足のはずだが、左右の足にズレがある。 ウサギにも利き足が
    あるのか、あるいはどちらか片足にケガでもしてるのか・・・ 一度出会って
    みたいものです。

             1-DSCF8838
               
              午前11時半ごろの十勝連峰。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     
      「 ‟ 森の忍者 ”。 北海道の野ウサギは8万頭から数百頭に激減した
      ようです。植林されたカラマツの芽を食べるので、お尋ね者になりま
      した。
       ウサギには ” 足ダン ” と言われる音だし合図や、指摘された足跡
      も不思議で、分らない事がたくさんあります。
       アメリカインディアンは後ろ足が前に来るウサギの足を、ラビット
      フットと言って神聖なものとして扱ったようです。
       ケンケンパーのパーの足跡が後ろ足です。必ず右後足が前側にあり、
      左前は見たことがありません。時速80キロでジャンプしたときは一瞬
      で消えるそうです」             ─── 村人・A

Filed under: 動物,十勝連峰  タグ: — tomi 09:27

今朝の野鳥

   1-DSCF8806   1-DSCF8807
        (アカゲラ)

   1-DSCF8802   1-DSCF8803
        (オオマシコ)

             1-DSCF8804

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「写真のオオマシコは見た事がありません。
          朝からワインを飲んで、顔が赤くなったようで
          見事です。
           旭川・旭山動物園のカバの子供は二足歩行す
          るようです。
           札幌は一挙に大雪になり、例年の積雪量にな
          りました」         ─── 村人・A

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「爺、凍ってない? 体のアッチコッチ確かめて
         ごらん。 使いものになるかどうか・・・」
                         ─── 仙台姫

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           アッチコッチといっても、どこまでなのか
          確かめようがない。
           むかし使っていたゲル状の湯たんぽ。久し
          ぶりに探し出し、今夜使ってみるつもりです。

      1-DSCF8809   1-DSCF8810

            電子レンジで2~3分チンして温めると
           朝まで暖かいスグレ物。
    

Filed under: 動物  タグ: — tomi 10:12

マイナス20℃ の朝

            1-DSCF8742-001

   1-DSCF8743    1-DSCF8744

     今朝7時の山荘の気温 -20℃、晴れ。 積雪:30~40cm。

   この冬初めて(?)のマイナス20度の朝。暖房の設定温度を間違えたかと
  窓を開けると、刺すような冷気が室内に流れ込む(窓の内外の気温差40度)。
   写真・上は、朝日をまともに撮ってみた。写真下は、雪上に残る動物たちの
  足跡。左はエゾユキウサギ、右はエゾリスの足跡。

Filed under: 動物,天気、星空  タグ: — tomi 09:53

裏の林の ‟ エゾリス ”

   1-DSCF8717    1-DSCF8729

   1-DSCF8728    1-DSCF8718

   1-DSCF8719    1-DSCF8720

   1-DSCF8721    1-DSCF8722

   1-DSCF8723    1-DSCF8724

   1-DSCF8725    1-DSCF8726

      今朝7時の山荘の気温 -5℃、くもり~はれ。 積雪:35cm。

    裏の林に何やら動くものが。チョロチョロ、樹の枝伝いに走り回るエゾリス。
   暖かくなったせいか、木の実を探し回ってるようだ。
    写真・上段は窓ガラス越しに。 これより下段は窓を開けて撮ったものです。
   暇つぶしにどうぞ。

   1-DSCF8730    1-DSCF8731

   1-DSCF8732    1-DSCF8733

   1-DSCF8734    1-DSCF8738

   1-DSCF8739    1-DSCF8740

Filed under: 動物  タグ: — tomi 11:16

アカゲラのかんしゃく

             1-DSCF0043-001
                 (ナナカマド)

       今朝10時の山荘の気温 -12℃、晴れ。 積雪:20cm。

   シバレた朝でした(午前6時 -17℃)。ダイヤモンドダストが見られるかと
  2階の窓から目を凝らして眺めたが、気温がまだ高いのか湿度が低いのか、見ら
  れませんでした。

               1-DSCF8677-001

    一昨日(21日)のこの欄で、アカゲラがポーチに積んであるストーブ用の
   マキを突いていたと報告したが、今朝見ると、細めのマキが一本、ポーチの床
   に落ちていた。これはいったい何を意味するのか ・・・。 おそらく、アッチ
   コッチのマキを突いてみたが、中に美味そうな虫がいない。それでカンシャク
   を起こし、細めのマキを床に突き落としたに違いない。ヤッコサンの気持ちも
   分からぬではないが、どことなく微笑ましい。
    そんなわけで、札幌の村人さんから頂いた例の ‟ アカゲラ撃退グッズ ” が
   役立ってきた。 アレから外壁に穴を開けられることもなくなったし。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「アカゲラが玄関で遊んでいるのが見られて羨ましいです。
       置いてある薪の中にシラカバもありますが、シイタケの菌を
       植えると、シラカバからシイタケが出てきます。ナラの木の
       シイタケほど味は良くありません。

        アカゲラは木に棲む害虫を食べてくれるので、優秀な森の
       益鳥です。50㎝以上の大木が少なくなり、アカゲラはきっと、
       困っていると思います」       ─── 村人・A

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        子供のころ、父親の手伝いで、シイタケの原木にバケツで
       水をかける作業をさせられました。原木を湿らせると、よく
       出るんだそうですね。なつかしいです。採りたてのシイタケ
       の天ぷらは美味しかった。
        北海道でも栽培できるんでしょうか? 寒さの厳しい冬に
       原木は持ち応えられるんでしょうか? ちなみに私の郷里は
       富士山の北麓(河口湖)で、美瑛ほど寒さは厳しくはありま
       せんが、冬に雪が積もりました。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「山荘の森にもミズナラやコナラがたくさんあります。
        1メートルほどに切ってホダギにして、シイタケの菌を
        植えると1年後にシイタケがたくさん採れます。
         原木シイタケですので、格別な味がする筈です」
                          ─── 村人・A

Filed under: お便り,動物,天気、星空  タグ: — tomi 11:55

あかげら(オス)

    1-DSCF8668-001   1-DSCF8669

         今朝8時の山荘の気温 -7℃、晴れ。 積雪:20cm。

    1-DSCF8667   1-1-1-DSCF8665

         玄関ポーチの横に積み上げてあるストーブ用のマキに
        アカゲラ(キツツキの一種)が留まり、中に居る虫を突
        いていた。きっと生木で探すより、朽ちた木のほうが餌
        になる幼虫が多いのだろう、それに手っ取り早いし。

    1-DSCF8670   1-DSCF8674

        窓ガラス越しに斜めに撮ったので、ハードさに欠けますが、
       距離にして5mほど。冬の間の格好の餌場なんでしょう。

    1-DSCF8666-001   1-DSCF8671

            後頭部が赤いので、オスだと思われます。

    1-DSCF8672   1-DSCF8673

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「おはよう、爺。 昨日のアカゲラだけれどさ、頭の毛が
        赤いのは解るけど、下半身、お尻の辺が赤いのは変態か?」
                     *
        「女性が着物の下に付ける赤いオコシみたいで、なんだか
        変っていうか・・動物の世界ではよくあるよね」
                            ─── 仙台姫

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         動物の世界では、オスの方が色鮮やかに着飾ることは
        よくある事だそうです。人間とは逆ですね。
         下半身がオス・メスとも赤く染まっているのはどういう
        意味があるのか無いのか。それより、人間の女性の着物の
        下着のオコシが赤いのはなぜなのか? なにか意味がある
        んでしょうね。 魔除けとか?

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「赤い下着が魔除け? 逆じゃろが。赤い下着を見て
         男が委縮するか! 反対じゃ!」   ─── 仙台姫

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           調べたら、赤い下着は江戸時代になってからで、
          花街で遊女あたりが着けたのが初めらしい。
           京の花魁は、赤い下着は着けなかったそうです。
          やはり、格式というか、文化の違いでしょうかね。

Filed under: 動物  タグ: — tomi 14:01
  • 2020年3月
    « 2月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー