いつもと同じだけど

120119-8
   (ダイヤモンドダスト)
                 120128-1

    今朝7時の山荘の気温 -7℃、雪。 積雪:70cm。

  朝起きると、なぜか腰が痛い。腰が痛いなどこれまでなかった事で、
急いでネットで調べると、どうやら寝相が悪かったのが原因のようだ。
一晩で急に老けたわけではなくホッとしたが、さて今日一日どう過ごす
か、まずは安静にして横になっていようか・・・いつもと同じだけど。
  雪が激しく降ってきた。だけど除雪は腰の痛みが治るまでやらんから
なと雪雲に吠える。今日は絶対安静! ・・・いつもと同じだけど。

        DSCF7235

      猫は腰が痛いなんてことは無いんだろうか。

          DSCF7237
         (過日の『天声人語』の一部)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「爺、腰の痛いの治った? 年がいもなく
       腰を使うような事するからだよ」
                    ─── 仙台姫
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     前の日、寝る前は何ともなかったんだけで、今朝
     起きたら痛くて目が覚めてね。
     今日はベッドで一日、お酒を飲んでゴロゴロして
     たら治まった。 アルコール切れだったんだな。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「おじさん、おばんです。 腰の痛いの治まった
     ようですね。きっと除雪作業の疲れからでしょう。
     お酒の力を借りては駄目ですよ」
                      ─── 小姫
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   今夜はもうやめます。 薬が効いてきたようです。
   ところで正月に仙台に戻ってきた時のことをお姉ちゃんから
  聞きました。たくさんの人たちに二十歳になったことを祝って
  いただいたこと。 なのに、ほんとは昨年が成人式だったこと。
  だけど式には出席しなかったこと。
   高校生の時ひどいイジメに遭ったこと。それが原因かどうか、
  成人式の会場には行きたくなかったようですね。 朝日新聞の
  読者の投書欄『声』に以下の投稿がありました。

DSCF7252-001  DSCF7253

  おじさんも中学生の時イジメに遭いました。当時、吃音(ドモリ)
 だったので、笑われたり殴られたりしたものでした。でもその時の
 友達(?)の顔はもう忘れています。もしかしたらその時の相手の
 ほうが、いまだ覚えているかも知れませんね。 北海道のこの地に
 移住して、子供たちもイジメに遭ったようです。今はみな家を離れ
 てますが、いつかそのうち戻ってくるかも知れません。
  小姫は大勢の大人の人たちに祝福され幸せですよ。成人式に出席
 出来なくても、晴れ着を着ることが出来なくても、羨ましいくらい
 皆さんから祝福を受けたんですから(おじさんは、狭くてうす暗い
 下宿で、寒さにふるえながら成人の日を迎えたことを今思い出して
 ます)。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「おじさん、おはようございます。 昨夜の言葉、
     ありがとうございます。 大人の仲間入りしようと
     した私が、心がとてもねじれていたことが恥ずか
     しいです」
                 *
      「いつか医師になり、病んだ人の心と体の痛みを
     和らげてあげようとする身なのに、その自分自身
     の心が病んでいてはね。反省してます」
                      ─── 小姫

Filed under: お便り,動物,日常生活  タグ: — tomi 08:49

かよいネコ

         121127-2
 
121127-1  121127-10

   今朝7時の山荘の気温 -12.8℃、曇り。 積雪:50cm。

  昼夜暖房されている部屋に居ると、外気の様子が視覚だけだと分かり
にくい。特に雪が深く積もると、寒いのか、それ程でもないのか、窓を
開けてみて初めて体感することがある。
  写真は前夜に降った雪が樹木に積もった様子。一見寒そうに見えるが、
この日の朝は-5度程で、それほど冷え込んだわけではない。水気が多く
暖かい雪質なので樹の枝にまとわりつき、写真のように見事な姿になる。
そもそも-10度以下になると、降る雪は木の枝にまとわりつかない。

DSCF7150  DSCF7151

  猫は寒さ嫌い? 雨や雪は嫌うはず・・なのに村人さんに不思議がら
れるように、ミーシャ嬢は雪などなんともないようす。 この日も除雪が
終わるのを待ち構えていたように外へ飛び出し、雪道を嬉々として外出。
どこへ行くのかというと、おそらく近所のオス猫の所へ。何といっても
横浜生まれ、ハマッコ娘。鼻息が荒いというか・・男まさり。この日も
一時間ほどして帰って来おった。見事な ‘ かよい妻 ’ ぶりである。

DSCF7152  DSCF7153

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   「おじさん、おばんです。 テープ、ありがとうございました。
   昨夜から繰り返し何度も聴いてます」
                 *
   「フルートが尺八、ハープがお琴なんですね。外国の演奏家が
   日本の曲を、これほど素敵に演奏するなんて驚きです」
                         ─── 小姫
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   かなり昔、レコードからダビングした物です。カーステレオで
  聴いていたため、テープがメロメロ、音質もひどいと思われます。
   おじさんが好きなのは『出船』。演奏してる二人がフランス人
  であることを、思わず忘れてしまいます。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   「爺、お晩でヤンス。BSの番組、観た? 最後の将軍・慶喜、
   晩年は静岡で過ごしてたんだよね。 爺も静岡に戻りたい?」
                         ─── 仙台姫
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   観ましたよ。番組に出てきた静岡駅前にある『浮月楼』、仕事で
  何度も行ったことがありますが、最後の将軍が居住していたことは
  残念ながら後で知りました。静岡市内の一等地なのに、庭がとても
  静寂で、いつ行ってもお客様の姿が無いのが不思議でした。
   姫も、御殿場に帰りたくなったんだろう?

Filed under: お便り,動物,天気、星空,音楽、美術  タグ: — tomi 10:46

アイマイ

         121127-9

   今朝9時の山荘の気温 -5.3℃、雪。積雪:40~50cm。

  朝6時ごろからの雪が次第に激しく降ってきました。昼ごろには止む
という予報ですが、除雪が必要かどうかは微妙。
  ネットやドローンが発達し、冬の間一歩も外に出なくても生活できる
ような日がもうすぐ訪れるだろうことを期待しつつ・・、でもそれまで
生きていられるかどうかは、これまた微妙。
  「微妙」というと一点に絞られるが、「曖昧」のほうが拡がりがあり、
いいかもなって・・無駄に時間を過ごしてる朝です。

DSCF7141  DSCF7143

    棒のような物はマタタビの茎。「猫にマタタビ」のアレ。

DSCF7142  DSCF7145    

   「香りはいいんだけど」       「美味しくないわネ」

DSCF7144  DSCF7146  

     「アキタ~」           「寝ようっと」

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「おじさん、・・・。『南部牛追い唄』の件ですが、
     ネットでの視聴、出来ませんでした。CDとかは発売
     されてないんでしょうか?」      ─── 小姫

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    調べたらCD化されてるようですよ。 なにせ半世紀近くも
   前(1969年)の録音ですのでね、でも当時は評判でした。
    もし手に入らなければ、カセットにダビングしたのが有り
   ますから、送ってあげますよ。

DSCF7157  DSCF7158

(当時のLPレコードジャケット)       (裏面)

Filed under: お便り,動物,天気、星空  タグ: — tomi 09:31

エゾリス

         DSCF7147

  今朝7時の山荘の気温 -5.8℃、晴れ。積雪:30~40cm。

 それほど冷え込んだわけではないのに、ダイヤモンドダストが現われた
朝です(あいかわらず写真写りは悪い)。
  
DSCF7148   DSCF7149

  写真・上はエゾリスの足跡かと。体長は30~40cm ほどですが、
その半分近くは大きな尻尾。 山荘の周りで過日撮った写真を下に ───

1-DSCF2784   1-DSCF1755

1-DSCF2949   1-DSCF1757

         091013-3

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  「おはよう、爺。 体調はどう? 一昨日の『壬生義士伝』観た?
  二度目だけど、何回観ても泣けるね。朝起きたら眼が腫れてたよ」
                 *
  「南部訛りの言葉、いいねぇ、あったかくて。小姫のお祖父ちゃん
  思い出しちゃった。正月小姫が帰ってきたら見せてあげる、あの子
  も二度目だけどさ。一緒に観るのが楽しみ」
                 *
  「中井貴一、最近見かけないなって思ってたら、ミキプルーンの
  CMに出てる。いい役者なのに・・私生活に問題でもあるのか?」
                        ─── 仙台姫
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  おはよう、姫。・・さぁね、俳優である前に、人間のオスですから
 いろいろあるんでしょうよ(どうでもいいが、爺なんか日々何も無い
 から羨ましいけどさ)。
  爺は『ふぞろいの林檎たち』からの付き合いですから長いですよ。
 そのあと何でしたか・・・『ライスカレー』で緊張すると下痢する
 役だとか・・・。『最後から二番目の恋』はよかった。でも『風の
 ガーデン』は絶品でした、まだ亡くなったわけじゃないけどね。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  「爺、お晩でヤンス。さっきTVでやってた『日本人のお名前』、
  学生時代つきまとってた男が恵比寿にいてね、嫌な奴だった」
                 *
  「それ以来、恵比寿って地名はアチキにはトラウマ。駅に電車が
  止まると早く発車してくれって感じ。そういう事ってあるよね」
                         ─── 仙台姫
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      どういう事か分からんけど、酔ってメールするな!
     昔ストーカー紛いの男に惚れられたってことだろう?
                 *
     恵比寿といえば爺の姉が広尾にいてね。恵比寿駅で
    降りて歩いて行ける距離なんだけど、前に道に迷った。
    通行人に尋ねたら、「ワタシ、日本語ワカリマセン」。
    あそこは外国人が多くなりましたよ。

Filed under: お便り,テレビ、映画,動物,山荘周辺  タグ: — tomi 09:55

トンネル抜けた?

 111121-2
                   111121-1
 
    今朝7時の山荘の気温 -4.7℃、晴れ。 積雪:30cmほど。

   昨日は、ほぼ終日プラスの気温で経過。 降る雪も湿り気を帯びて重く、
  屋根に積もった雪の地上に落ちる響きは、どことなく春先のような明るさ
  がありました。でもまだ冬に入ったばかり。
 
 DSCF7132   DSCF7135

    暖かさに誘われた猫のミーシャ嬢、外に出たくて仕方がない。
   窓を開けてやると、しばらく逡巡していたが(猫に逡巡なんて
   言葉は似合わない? こわごわ・・か)。

 DSCF7133   DSCF7134

            意を決して雪の中へ!

   DSCF7136     DSCF7137

     ほんの数秒後、「中に入れてくれ!」と外壁にしがみつき。
    雪が冷たいものだと何度も学んだはずなのに、懲りないヤツ!
                 *
    DSCF7128    DSCF7126

   早々とクリスマスカード(兼年賀状)をいただいた。遠く海外から。
  香港を拠点とする航空会社の客室乗務員の方から。そういえば先ごろ
  北朝鮮のミサイルが落ちてゆくのを見たという飛行機があったそうだが
  彼女の乗務していた便だったかも。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   「コリャ爺々、まだ生きとったか。 小姫に訊いたら、毎朝血圧と
   体重の報告があるそうだから、心臓は動いていたわけだ」
                 *
       「香港の航空会社といえば、キャセイだろう。
       あそこの飛行機には絶対乗ってやらないから!」
                        ─── 仙台姫
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     思い出しました。採用試験受けたそうですね。学力(英語)
    容姿とも抜群だったけど、接客態度が乱暴だったとかで不採用。
    英語にも汚い英語ってあるんだろうね。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「汚い英語ってより、訛りのある英語はある。英国の
     南と北で発音が少し違う」
                  *
     「それより、アメリカのあの馬鹿男が使う米語、日本だと
    中学生程度の語彙力。あんな男を大統領に選び出すんだから
    あの国も地に落ちたよ」          ─── 仙台姫

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       爺には分かりやすい英語(いや米語?)だけどね。
      日本の総理大臣も、国会で小学生程度の言葉で話し
      たら、分りやすくていいんだけどね。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「爺、ウツだけどね、アルコール依存症が原因で
       なる場合もあるんだってよ」    ─── 仙台姫

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         だったら、姫もウツになってるはずだ。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「大統領の米語は、日本の社長に理解出来るような
      語彙を使い、親切なかたです」   ─── 村人・A

Filed under: お便り,動物,天気、星空  タグ: — tomi 07:45

(休)

         DSCF7114-002

    今朝7時の山荘の気温 -4.2℃、小雪。 積雪:20cm。

  雪が積もり根雪になる頃になると、きまってキタキツネが山荘周辺に
現れます。 たぶん他の季節にも徘徊してるんでしょうが、辺りが白一色
になる冬は見つかりやすいのかも知れません。
 
DSCF7117-001   DSCF7118

         DSCF7110

        こりゃミーシャ! 寝てる場合じゃないよ。

Filed under: 動物  タグ: — tomi 12:50

(休)

         DSCF7111

    今朝7時の山荘の気温 -9.1℃、晴れ。 積雪:15cm。

DSCF7112   DSCF7113

 玄関わきのミーシャ嬢。 日向ぼっこのつもりが・・・数分で家の中に。

Filed under: 動物  タグ: — tomi 09:45

ミーシャ嬢 近況

 DSCF7056  DSCF7055

 DSCF7053  DSCF7054

 DSCF7080  DSCF7082

 DSCF7083  DSCF7084

Filed under: 動物  タグ: — tomi 08:09

雪のアート

          DSCF7078

     今朝7時の山荘の気温 -2.5℃、曇り。 積雪:30cm。

   毎年冬の初め、写真のような雪のアートが見られる。場所は倉庫の壁。
  山荘が出来たばかりのころ、手作りの看板を町道からの入り口に掲げた。
  だが余りにもみすぼらしいという声があがり、代わりのものを立てたが、
  最初のその看板を捨てるに忍びず、倉庫の壁に、少し斜に構えて張った。
   その看板に、どうしてなのか毎年雪のヒモが垂れ下る。自然現象とは
  思えない何らかの意思がありそうで、ほほえましい。

 DSCF7050-001  DSCF7051-001

           DSCF7079

 DSCF7052-001  DSCF7085

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     「山荘の猫は普通の猫ではない。普通の猫は雪道を嫌い、
    堂々と歩かない。不思議な猫」      ─── 村人・A
 
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ネコ科の動物は、熱帯・亜熱帯育ちなので、寒さへの順応性は
   弱いと思ってましたが、アムールトラなど、シベリア極東の地で
   生息してる仲間もいますので、猫も元来は寒さに強いのかも知れ
   ません。人間が甘やかして、家内で飼いすぎたかも知れませんね。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  「おはよう、爺。 先週の『赤ひげ』だけど、‘ おゆみ’ が哀れだよな~。
 心の病が治ってきたら、自分の犯した罪に目覚め、自ら命を絶とうとする。
 私たちは何のために治療をしてきたのかという保本の苦悩にジンときたよ」
                 *
  「昔の医者は内科や外科はもちろん、精神科・神経科もやってたんだね。
 赤ひげが、保本、お前診てこいと言った言葉には、医者は心の病も見落とし
 てはいけないってことなんだ?」            ─── 仙台姫

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   赤ひげが、「保本、おまえ診てこい」という時は、保本になにか
  教えたい、経験させたいという意図があるんですね。そんな師弟愛
  が溢れてます。
   原作があり、それを元にしたシナリオがあるわけですが、本箱に
  今からほぼ50年前NHKで1年間にわたり放送されたシナリオ本
  の一部がありました。何人かの脚本家が交代でシナリオを手掛けた
  ようですが、その中の一人は倉本聰さんが担当、後に本として出版
  されたようです(写真・下)。

   DSCF7087  DSCF7090

   写真・右は、先々週の回『最期の告白』で、匕首で胸を刺し自害
  する場面です。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   「爺、そのシナリオ(原作はたったの8話)で生まれた放送が
   50回近くも続いたってのが驚き。
   今どきのTV放送界、安っぽい番組ばかり、白痴化シチョル!」
                         ─── 仙台姫
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     ‘ 白痴化シチョル! ’ と言われると話しづらいんだけど、
    遠いむかしの高校一年生のときだった。 入学してすぐの
    席替え、前の席に大柄な女の子が座りました。美人でした。
    その子が事あるごとに後ろを振り向き、話しかけてくる。
    ドキドキの毎日でした。
     ところが、それから間もなく、突然退学してしまった。
    東京に移り、俳優養成所に行くんだとかで。
     彼女の出身地は(若い人は知らないでしょうが)往年の
    映画界の大女優・山本富士子さんの御主人(ギターリスト
    で古賀政男のお弟子さん)の出生地。その人を頼って女優
    の道に進みたかったようです。
     数年経ち、テレビで『赤ひげ』を観ていたら、どこか
    見覚えのある顔。保本登の許嫁の妹 ‘ 天野まさを’ 役で、
    高校生の時のあの子に違いないとワクワクして観ていた。
     時はまた過ぎ、それとなく最近ネットで調べてみると、
    年齢は合うが、『赤ひげ』の彼女は東京生まれ。人違いで
    あったことが判明。そして、その人違いの女性は50才で
    病没していた。
     人違いではない、前の席からたびたび笑顔で振り返った
    あの同級生、今どこでどうしてるんだろう、健在だろうか。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「爺、思い出に浸ってるのは分かるけどさ、今夜8時から
    BS・11で大原麗子さんやるよ。爺の時代のアイドルなん
    だろう?」               ─── 仙台姫

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           知らんかった、ありがとう。
         アイドルなんかじゃない、女神だね。
                 *
      「サントリーレッド」、あの頃よく飲んでたっけ。

Filed under: お便り,テレビ、映画,動物,季節、四季  タグ: — tomi 09:34

私も猫になりたい

 DSCF7075
                   DSCF7072

   今朝7時の山荘の気温 -8.0℃、小雪。 積雪:30~50cm。

  昨日、今シーズン初めての除雪作業をしたばかりなのに、夕方から今朝に
 かけ、新たにまた雪、雪、雪。気持ちが折れてしまいそう。
  昨夜どの位また積ったのか、これから車で下まで、ついでに新聞を取りに
 行ってこようかと。連日の除雪作業だけは勘弁してもらいたい。

 DSCF7032
      (11/20)

          DSCF7070
               (11/26)

                   DSCF7074-001
                         (今朝)

 DSCF7069   DSCF7071

         猫はいいよな~。 猫になりてぇよ~。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     「おはよう、爺。 だからさ、冬の間だけでも仙台においで。
    雪は降らない、暖かい、酒はうまい、女は気立てがいいしね」
                         ─── 仙台姫
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       その気立てのいい女の中に、姫も含まれるのかい?
      ‘ ♪ 酒は美味いし 姉ちゃんはきれいだ~ ’ って歌が
      むかし流行ってたけどな。
       結局、今日も朝から除雪作業。 これから朝昼兼用の
      食事(お酒付き)、きれいな姉ちゃんいないのが残念。
                 *
 DSCF7077  DSCF7076
   
 4時ごろの夕景。 左は富良野方面、右は夕陽に照らされたトムラウシ山。

          DSCF7065-001

    2,3日前、旭川に行ったおり書店に寄り、文庫本を10冊ほど
   購入した。近くに古書店しかなかったので、一冊100円ほどの
   安価ながら割ときれいな文庫本を。 ただし、ひと昔前の本なので
   文字が小さい!
    古書を嫌う人が多い。誰が読んだのか分からない、汚れた指で
   ページをめくったかも知れず、その指はもしかすると舌で舐めた
   かも知れないと嫌われる。
    読んでいるうちに素敵な文章、胸を揺さぶる場面が現われると、
   前の所有者も、ここできっと心ときめかしたはずだと、おもわず
   仲間意識が芽生える。 投書の『ボロボロの文庫本』、素敵な光景
   に出合ったんですね。 気持ちよくわかります。

Filed under: お便り,動物,天気、星空,風景  タグ: — tomi 07:58
  • 2018年1月
    « 12月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー