1-130701-92
              (2013、7/13)

  1-130701-6   1-130701-5

          今朝6時の山荘の気温 16℃、晴れ。

     夜明けまえ、なぜか「中島みゆき」さんの歌を思い出した。
    中島さんとはもちろん面識はないが、ちょうど同じころ札幌で
    同じ空気を吸っていたはずで、歳も割りと近い。
     彼女の歌の中に『誘惑』という曲があった。その曲の歌詞の
    中に以下のフレーズがある。

         ♪ 悲しみをひとひら かじることに子供は
          悲しいと言えない 大人に育つ

      悲しみは誰にもあるが、思春期の悲しみはあとに残る。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「爺、暑いのう~仙台は夏日じゃ。明日からまたテレワーク
      だけど、月曜の朝チョイと会社に顔を出し、そのあと一週間
      またテレワーク」
                   *
      「テレワークといえば楽ができると思ってたけど大間違い!
      面倒な仕事が一気にまわってくる。 時間外手当てが欲しい
      ところだけど、役職手当もらってるからなぁ~」
                          ─── 仙台姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     お酒、飲みすぎないように。役職手当がみな酒代にならないよう。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     「中島みゆきの曲に『あなたが海を見ているうちに』があります。
     ほとんど誰も知らない曲です」
                   *
        「仙台のかたは取締役ですか?」  ─── 村人・A

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         あんな尻軽おんなに取り締まられたら、保険会社の
        信用丸つぶれ! 酒グセは悪いわ、男グセは悪いわで!

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「アチキのお尻が軽いかどうか、抱いたこともない
        くせに! こんど会ったら存分に抱かせてやるヮ!」
                         ─── 仙台姫

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・

              爺にまだ元気があればね。
           
         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       若いころ、「中島みゆき派」と「五輪真弓派」があった。
      どちらも同じころ活躍されていたが、お二人は歌の方向が
      まるで違っていた。中島みゆきさんが、大地の土の匂いだと
      すれば、五輪真弓さんは、その上を吹く風の匂いだと言った
      知人がいた。
       お二方とも還暦を過ぎている。若い人に楽曲だけでも提供
      していただけないものかと。

Filed under: お酒  タグ: — tomi 07:18

一人 二人

   1-DSCF8906
                     1-DSCF8907

       今朝7時の山荘の気温 -2℃、くもり。 積雪:45cm。

     昨夜、新たに5cmほど積もったようだ(車のワダチ跡から推測)。

   1-DSCF8905   1-DSCF8904
         (写真は、テレビ番組をカメラで撮ったもの)

    一昨日、民放の昼の番組『徹子の部屋』を観た。脚本家の倉本聰さんが
   出演されるというので。 その後、その倉本さんの作品『やすらぎの刻』
   を久しぶりに観ていると、なんと、あの高橋由美子・嬢が出演されていて
   驚いた。醜聞を撒き散らし、芸能界から干されたとか聞いていたが、意外
   に早い復帰だったらしい。
    酒豪を自他ともに認めていた彼女。大河ドラマ『篤姫』で篤姫付き老女
   として出演されていたころ、NHKの昼の番組で、鹿児島を訪れリポート
   する番組があった。鹿児島といえばイモ焼酎が名産。場組中、酒蔵を訪れ
   る場面、さらに焼酎を試飲する場面があった。酒好きな彼女、生放送中で
   あることも忘れ、ゴクゴク、ゴクゴク・・・。番組の後半は、もうかなり
   出来上がっていて、言葉もシドロモドロ。
    こんな女優、一人二人いてもいいな、ねえ、仙台姫どの。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「なんでアチキに話をふるのさ!」  ─── 仙台姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       いや・・お歳といい、お顔といい、酒好きといい、男好き
      といい、姉妹かと思われるくらい良く似てますもんでね。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             1-ファイル-001

             (ずいぶん遠くまできたなあ)

       「木綿とうふで日本酒を飲むとき、とうふの上の長ネギが
       気になります。長ネギを直角に切る人と85度で切る人とで
       は味が違います。切る速度でも変わります。
        縦長のヒゲ状がとうふに合うかも知れません」
                         ─── 村人・A

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        ずいぶん長いお休みでしたね。これからまたボチボチ
       作品をお願いします。

Filed under: お便り,お酒,テレビ、映画  タグ: — tomi 12:04

きょう このごろ

            1-DSCF8900

     今朝7時の山荘の気温 -2℃、くもり。 積雪:40~50cm。

     暖かくなってきた。真冬日も解消され、昼の気温がプラスなる日が
    続いている。
     暖かくなると花粉が飛びはじめる。雪解けが始まると、まず白樺の
    花粉が飛び始め、その後は競うように春の草花が花粉をまき散らす。
    花粉症の私には、春・夏・秋の草花の出す花粉に晩秋まで悩まされ、
    そのあとは、寒暖差アレルギーという半年間つづく冬場のアレルギー
    に悩ませられる。つまり、この地球上の環境には生存できない生命体
    なのかもしれない。
                    *
      写真は前にも紹介した、使い捨てマスクにポケットティッシュを
     内側にはさんだもの。マスクが手に入りにくいので、ティッシュを
     替えるだけですむし、テッシュにアルコール度の高いお酒を湿らせ
     ておくと、なお良いような(?)気もする。
      このやり方を以前この欄で紹介したところ、酒好きな女性が会社
     で真似、さらに隣の上司が真似・・、その上司うん悪くウイスキー
     をティッシュに湿らせたため、マスクに茶色くシミが出来、危うく
     バレそうになったとか。多少この私も責任を感じている今日この頃。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「爺、今夜9時からBSで『海峡』あるよ。 観る?」
                         ─── 仙台姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         ありがとう。 でも観ない、もう何度も観てるから。
        でも・・・やはり観ようかな? いい映画だしな。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「爺、健さんの映画で一番好きなのナニ?」
                       ─── 仙台姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        『遥かなる山の呼び声』と『駅 STATION 』かな~
        『居酒屋兆治』もいいなぁ~。
        『遥かなる・・・』 のラストシーンは、思い出す
        だけで、目頭が熱くなるよ。

Filed under: お便り,お酒,テレビ、映画,季節、四季  タグ: — tomi 11:47

春めいて

             1-DSCF8884
                  十勝岳連峰

  1-DSCF8886
      オプタテシケ山

             1-DSCF8887
              美瑛富士(左)と美瑛岳(右)

                      1-DSCF8888
                            十勝岳

             1-DSCF8885
               連峰の東側・トムラウシ山

      今朝7時の山荘の気温 -2℃、うす曇り。 積雪:50~60cm。

       掲載写真は10日ほど前(2月下旬)のもの。夕陽に染まった
      十勝岳連峰です。
       今週は昼の気温が+になるという予報、真冬日が解消されるかも
      しれない。美瑛も春めいてきました。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「おじさん、・・・・。 下の血圧が最近高いですよ。
         夜、よく眠れてますか?」     ─── 小姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         よく眠れてません。ぐっすり眠れず、2.3度は目が覚め
        そのまま朝まで起きてることもあります。その代わり昼間
        ウトウトしてますが。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「体内時計がくるってるのかも知れません。 昼間、窓際で
        直射日光を浴びて下さい。それから、眠れないからといって
        お酒の力を借りないように」       ─── 小姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「爺、若くてカワユイ主治医の忠告、よく聞きなさいよ。
        小姫、3・11にはどこも出ないみたい。コロナが一段落
        したら帰っておいでって、言ってあるから」
                           ─── 仙台姫
         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           それがいい。 東北は感染者が少ないようだけど、
          外出しないほうがいいよ。

Filed under: お便り,お酒,十勝連峰  タグ: — tomi 08:20

未読の本

  DSCF0002
                   DSCF7668

         今朝6時の山荘の気温 16.9℃、曇り。

   朝晩はまだまだ寒い! そう嘆いたからではなかろうが、ここ2.3日
  暖かくなった。日中、窓を開け放しても心地よい。猫のミーシャも昼間は
  ほとんど外に出ている。お気に入りは、レンガやコンクリートのたたきの
  上でゴロゴロ寝そべり、体を床にこすりつけること。思わず真似てみたく
  なる。車の洗浄用ブラシで全身ゴシゴシ擦ってやると、だらしないくらい
  体を伸ばす。猫の体って、こんなに長かったかなと驚くほどに。
                  *
   読み終えた本を本棚に返すとき、購入したままで一度も眼を通してない
  本があることに気づく。中には若くして亡くなった兄の蔵書も並んでいる。
  時間と体力がもう少しあれば、すべてに目を通したいものだが、その両方
  が無くなりつつある。タンポポの綿毛が風で飛ばされてゆく様に、ふわり
  と静かに流されてゆくんだろうか。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「爺、最近なんか元気ないゾ! 食欲ないんだって?
       朝から酒ばかり呑んでるからだよ」
                   *
        「小姫が心配してたゾ。相変わらず食事の回数、
        日に一度だけだって?」     ─── 仙台姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        食欲が無くてね。それでも体重は減ってないし、
        血圧もほぼ正常。
        『坂の上の雲』の秋山兄弟の兄・秋山好古さん。
        日本騎兵の父といわれた方ですが、馬上酒ばかり
        呑んでいて米のメシはあまり食べない。それでも
        写真で見ると、かっぷくが好い。弟の真之よりも
        20年以上長生きしたそうな。酒をあまりバカに
        してはイケンゾナ。

Filed under: お便り,お酒,日常生活,本、小説、詩  タグ: — tomi 06:42

カーテンを開けたら ・・

    121111-2
                      1-DSCF2714

     今朝9時の山荘の気温 -0.5℃、雪。

     明るくなりかけた窓のカーテンをぼんやり眺めて、はて、今日は天気は
    良さそうだ・・ が、たいていは外れる。 外れるのはいっこうに構わない
    んだけれど、どうしてこう人ってのは一寸先のことに一喜一憂するのかな。
     今朝は寝坊し、眼が覚めてカーテンを開けたら雪景色。予定していた事
    が一日たくさん有るので、報告はこれでおしまい。

              DSCF7005
               (今朝9時ごろの玄関前)

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           「おじさん、おはようございます。 ・・・・。
          今夜BSで宮沢賢治ありますよ。 必見ですよ!」
                         ─── 小姫

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           はいはい、観ますよ。 小姫に必見ですよなんて
          言われたの、初めてですな。
                     *
           小姫にお返し。 見たいテレビ番組が終わって
          消し忘れていたら、とても面白い子供向け番組が
          ありました。 いちど見てごらん。

               番組名:『 デザインあ 』 
            Eテレ、土曜・Am 7:00~7:15

           BSプレ、木曜・Am 11:15~11:30

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「・・・。 風邪が治ったんで、昨夜おもいっきり
          飲んだら今度は二日酔い。 今日は仕事にならん!」
                         ─── 仙台姫
 
            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            そう言われてもねぇ・・。思い出した、姫に
           とっておきの新聞記事がありました。長い記事
           の最後の一部ですがね。

              DSCF7004-001

              立川談志とは名人と言われた落語家。
             どうです姫、胸にグサリとくるでしょう。

Filed under: お便り,お酒,天気、星空,日常生活  タグ: — tomi 09:20

(休)

    100927-4
                       100927-3

          今朝7時の山荘の気温 8.7℃、雨。

       P・Cの具合が悪いので、この欄またしばらくお休みします。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「おはよう、爺。 どうしたんだよ~、PCじゃなく、
         ウツで頭がおかしくなっちゃった?」
                         ─── 仙台姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        直ったみたい。 昨夜、P・C の操作が忙しくて、キーを
       ガチャガチャ叩いているうちに、訳の分からんようになって
       しもうた。 今朝再びガチャガチャ叩いたら、元に戻った。
        機械もキーボタン操作なんかで動くんじゃなく、人の声を
       認識して即座に反応しないとな。 もうそういう時代なんだ
       から。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「酔っぱらった爺の声なんかに反応するキカイなんか、
         永久に出来ん!」
                     *
         「PCの待ち受け画面替えたいんだけど、何かない?」
                          ─── 仙台姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        少し前の写真だけど、風に波打つ麦の穂の動きが良くてね、
       爺のP・Cでは、だいぶ前から使っとる。
        大きいサイズのまま送るから、気に入ったら適当に使って。

             DSCF6474

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           「爺、呑んどるかい? 今宵もキノコで一杯!
          ‘ あてなよる ’ じゃあ~」   ─── 仙台姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          偶然! 爺もキノコで呑んどる。日本酒もいいけど
         白ワインも、なかなか合うゼョ~。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           「ワインなんか合うかよ~。 キノコに大根、
          それに ‘ めんつゆ ’ 。 辛口の日本酒じゃ~」
                         ─── 仙台姫

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

              どうでもいいけど、もう寝な。

Filed under: お便り,お酒  タグ: — tomi 07:26

道路は ツルツル

             100402-1

      今朝6時の山荘の気温 -3.3℃、くもり。 積雪深:47cm。

      写真は手前から奥への上り坂道。 道路は凍てついてツルツル。
     この時期の路面は一年で最も恐ろしい。 雪解けが始まり、昼間は
     道路わきから雪解け水が流れ、それが夜間に凍結し見てのとおり。
     知らずに車を走らせたら大変なことになる (昼には融けてグシャ
     グシャ状態になるが)。
      車といえば最近運転する機会が少なくなった。10日に一度ほど
     街中に酒の買い出しに行く時ぐらいで、オートマ車のギアチェンジ
     をたまに間違えて慌てることがある。 多いのが、ギアをバックに
     入れたつもりで振り返りながらアクセルを踏むと、車は前進したと
     いう事。すぐにブレーキを踏んだが、パニックっていたら大変な事
     になる。
      そろそろもう免許証を返納すべきかと。ならばお酒はどうするか。
     一年分のお酒を配達してもらうという手もあるが ・・ それよりも
     いつまで肝臓がもちますか、半年分ぐらいにしておきましょうか。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「おはよう、爺。 屋外の灯油タンクの横にお酒のタンクを
       置いて、バキュームカー ・・・ じゃなく、タンクローリー
       でお酒を配達してもらいな。いつでも好きなだけ飲めるゾ~」
                          ─── 仙台姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        いいかも。 酔って、灯油と間違えないようにしないとな。

             DSCF5893
                 (7:45)

         急に雪が激しく降ってきましたが、すぐに小止みに。
        春の雪はせわしない。リズムは有るがメロディーが無い。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「爺、きょうも3時からBSで藤沢周平あるからな、見ろよ」
                    *
       「他にきょうは何もないな。・・ 以上で朝刊読み終わり。
       さて、ぼちぼち仕事すっか」
                    *
       「爺、『こころ旅』 始まったね。 最近の小姫、声変わり
       したみたいで、こころ旅のテーマソングの高い音が出なくな
       ったと言うとった。 女にも変声期あるのか?」
                           ─── 仙台姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        男みたいに低くなることはないけど、高い音が2.3度ほど
       出なくなるって聞いたことがある。 そう、あの高く透き通る
       ような小姫の声、もう聴けないんだ。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「爺、藤沢周平、始まるぞ! 時間だよ~!」
                       ─── 仙台姫

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            今、観てるところ。 メール送るな!

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

              3-17 (1)
                 (明日も晴れ)

           「私の田舎の坂道も、つるつる路面でした。
          道路脇の笹原にスコップで穴を掘り、黒い土
          をつるつる路面に撒きました。 日光が黒い
          部分に反応して滑りにくくなったようです」
                      ─── 村人・A

Filed under: お便り,お酒,山荘周辺  タグ: — tomi 07:21

なごり惜しいような

    1-030
                      1-028

      今朝6時の山荘の気温10℃、曇り。

     今朝の北海道は各地で10度を割ったようです。 窓を少し開けると
    冷気がサッと足元に流れ込みます。季節はもう後戻りしないでしょう。
    ホッとするような、なごり惜しいような。

             1-039
                   (五味子)

     五味子(ごみし)の正式名は「朝鮮五味子」。 山ブドウのように赤い
    実をつけます。食べると五種類の味がすることから名づけられたようだ。
    すなわち、甘味、酸味、辛み、苦味、塩味。 じっさい口に入れてみると、
    とても複雑な味で、私には美味しいとは・・? 実を乾燥させ、お茶に
    して飲むのが漢方のやり方。 近頃がん細胞の増殖を抑える効果があると
    いう話も。 以前、梅酒のように焼酎に漬けて飲んでみたが、かなりいい
    感じだったような(味はもう忘れた)、薄赤いショッキング・ピンクの
    お酒でした。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「おはよう、ジイ。 そのお酒、作って送っておくれ!」
                    *
      「仕事が退屈なんだよな。 最近 『言葉』 が載らないぞ!」
                         ─── 仙台姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          イヤ! 実を取りに行くと、熊に出合いそう。
         これからまた畑だから、静かに仕事に励め!

             1-DSCF4776
               (もう、前科何犯に?)

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           「爺、きょうの畑仕事、もう終わった?
          『山谷ブルース』 って歌があるんだってね」
                    *
           「♪ きょうの仕事はつらかった~ あとは
          焼酎 あおるだけ~」    ─── 仙台姫

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          よく知ってますね。 爺の青春時代に流行った
         歌です。 肉体労働をした後は、日本酒やワイン
         ではなく、やはり焼酎がいいですね。
                    *
          今日はラベンダー畑ではなく、ブルーベリー畑
         の草取り作業でした。 疲れました。

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

              1-5
                (弾を撃ち落とす)

         「公園のベンチに座っている人々は、全員スマホの
         操作をしている。 本を読んでいる人や木々を眺めて
         いる人はいない。 10年前には誰も想像しなかった
         事が現実になっています」    ─── 村人・A

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        私たちの若い頃、寺山修司さんの「書を捨てて町に出よ」
       の言葉が若者を鼓舞しました。 皮肉にも書を捨てた若者が
       今はスマホをカチャカチャやってるわけですね。 寺山さん
       なら何とコメントしますやら。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「おじさん、おばんです。 ・・・・。 浮舟さんですが
        その後の経過はいかがですか? おじさんの方には情報入
        ってますか?」           ─── 小姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        最近、便りがありました。一時は全身に転移していたガンも
       医者が驚くほど消えたそうです。今は毎日、庭仕事をされてる
       ようですよ。 最近の浮舟さんからのメール ───
 
       「今、ショパンのノクターン第20番 『遺作』 聴いてます。
       『風のガーデン』、・・・。 球根を植えるたびに、中井貴一
        さんのあのシーンを思い出します」
 
        末期のガンで死んでゆく主人公がエゾエンゴサクの球根を
       植える姿と、自分が重なったのかも知れません。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「おじさん、夜遅くのメールでごめんなさい。
          人は死を間近に感じた時は、生きた証や痕跡を
          残したくなるんでしょうね」
                    *
         「私の両親にはその時間が無かったけれど、将来
         医者になれたら、死を間近にした患者さんに、どう
         向き合ったらいいのか、自覚しなければなりません」
                          ─── 小姫

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          どれほど辛い最期でも、お医者さんにニッコリ
         笑って肯いてもらえたら、安心して死をむかえら
         れるでしょう。
                    *
         いつか 『風のガーデン』 の再放送があるといいね。
        町医者である父親(緒形拳)が、息子(中井貴一)の
        死を看取るシーン、小姫に見せてあげたい。

Filed under: お便り,お酒,季節、四季,植物、花、ハーブ  タグ: — tomi 07:38

(写真のみ)

    1-012
                        1-019

              1-168

           今朝7時の山荘の気温19℃、曇り (通り雨)。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           「爺、なんとかオシャベリ出来るようになったね。
           歳なんだから無理すんなよ。 姫の送ったポロリ酒、
           飲み過ぎないように」       ─── 仙台姫

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           アレは媚酒だね。なんとも言えん、飲むとドキドキ
          してくる。 死ぬかと思った。 ほんとに一体何入って
          るんだ?

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「ジイ、毎日毎日ラベンダー畑の草取りやら枝の剪定
          やってるんだろう? 何のため? 誰かに見せるため?」
                      *
          「もうあと10年の命だって言ってるのに、そんなこと
         してていいの? 体だって弱ってるし、なんか苦行みたい」
                      *
          「でもなんか・・・こういうことかな? 生きる目的って
         誰でも持つよね。 でも、日々の生き様を残す人は少ない」
                      *
          「その残した生き様も、やがてまた草に覆われてしまい、
         一人の生きた証も消えてしまう。 諦観? さわやかだよ」
                      *
         「富良野のラベンダー畑残したおじさん、皆が採算が合わ
         ないからと引き抜いたのに一人だけ守った。 ラベンダー
         よりその人の心根のほうが、もっともっと美しいんだよな」
                            ─── 仙台姫
           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           姫様、今宵はオシャベリが多いですな。
          美瑛を舞台にした映画 『愛を積むひと』 を観ました。
          都会から美瑛に移住し、家を建て、家の周りに石で塀を
          めぐらす夫婦の物語です。石を積むその行為自体に何の
          意味も無いのに感動する。現実ならば、たぶん十数年で
          積んだ石垣の一部は崩れ、辺りは雑草に覆われるはず。
          「愛」の痕跡は次第に消えて無くなります。
           人間の行為ってのは、一部のエリートを除けばみんな
          そんな形の繰り返しなんじゃないのかな。生きた歴史の
          どこにも残らない、ただ風景の一部に幻影として残るだ
          けなのかも知れない。 それを非とするか是とするかの
          覚悟は、生きてどういう風景を見たかったかの問題だと
          思うよ。

Filed under: お便り,お酒,写真、絵  タグ: — tomi 07:24
  • 2020年9月
    « 8月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー