青空全開の朝

 090914-997
                          090914-998-1

  今朝7時の山荘の気温 9.0℃、晴れ。

  冷え込んだようです。 明け方4時半の気温が6.5度、霜注意報が出てましたが
どうやら霜が降りまでには2~3度高かったようです。 「注意しな!」 と言われても
農家ではないので、何をどう注意すればよいのか困りますが。
                        *
  未読の新聞が3日分たまっている。 3日分を隅から隅まで読むと丸1日かかる。
興味のない記事を飛ばしても時間は過ぎる。 気がつくと同じ記事を何度も繰り返し
読んでいることに気づく。 これは認知症ではなく、健忘症か?
                        *
  新聞か、それとも何かの本に載っていたのか、ノートの隅に短い文章の断片が
メモ書きされていた。

            「悲しみと美しさは、とかく同居しやすい」

  出典はどこなのかネットで調べたが、よく分からない (載ってない)。 この欄の
左横の 「検索」 で調べると、どうやら音楽評論家の故・吉田秀和さんの言葉らしい。

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「おじさん、おはようございます。 その言葉、記憶があります。
      確か、モーツァルトのピアノ協奏曲21番の第二楽章を評しての
      言葉だったと思います」
                        *
     「おじさん、記憶が無いとか認知症だとか気にしないで、ここまでは
    覚えてるけどその先は忘れたでいいんですよ。 くよくよしないで下さい」
                        *
       「今朝の血圧と体重の結果の報告、まだ届いてないですよ」
                               ─── 小姫
           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       忘れてました。 まだ朝ご飯前なので、すぐ計って報告します。

 DSCF6677  DSCF6676
        (Pm 16:17)

      久しぶりに晴れあがった美瑛。 雨降りの日が続いたせいでしょう、
     十勝岳の噴煙が常より多く、高く上がっていました。

Filed under: お便り,十勝連峰,天気、星空  タグ: — tomi 07:51

             DSCF6261

            今朝8時の山荘の気温 15.2℃、曇り。

 DSCF6263   DSCF6262

    早朝4時の気温が 5.7度、昼の気温が24度の予報。 昼夜の気温差が
   20度近くにもなる一日の始まりです。
    写真は昨日午後6:30頃の十勝連峰。 陽の沈む時間の前に、月の出が
   始まっています。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「おっはよう、じい。 夜が短くなったね。 W・カメラ見ると
        暗闇は夜8時~朝3時までの7時間しかない?」
                        *
         「これから10か月後の出生数は少ないってホント?」
                               ─── 仙台姫
          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       ホントらしいですよ。 北欧なんかでは、この時期に妊娠する
      女性が少ないそうです。 昼間みたいに明るい夜ではねぇ ・・。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「べつに ・・ 暗くなくてもいいのにね」   ─── 仙台姫

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                       ・・・・

Filed under: お便り,十勝連峰,天気、星空  タグ: — tomi 08:56

(休)

 DSCF6259
              DSCF6258
                           DSCF6260-001

     今朝4時の山荘の気温 5.3℃、晴れ。

    夜明け前、午前3時ごろに目が覚めてしまい、そのまま朝を迎えました。
    明け空が次第に赤みを帯び、美しい夜明けでした。
    それでは再び、お休みなさい。

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           「コラッ、ジジイ! 起きろ! 寝たきりになるぞ!」
                          *
        「起きたら横に美人が添い寝してて。 『ここはどこじゃ、
       お前は誰?』。 『ここはあの世、アチキは天国の女王じゃ!』」
                          *
        「朝から毎日お酒が飲めるし、カワユイ姫がいて極楽じゃ!」
                                  ─── 仙台姫
             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
             起きたよ。 朝から ・・ 暇な会社じゃのぉ~。
            食べる物が無いので、今日は冷凍室の掃除を
            兼ねて食料作り。 でもやる気なし。

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「爺、おばんでやんす。 今夜の周ちゃん、どう? いい?」
                                  ─── 仙台姫
             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         『山茶花帖』 ですよね。 読んだ記憶はあるんですが ・・・。
        本棚を探したのに見つかりません。 たぶん娘が持ち去ったん
        でしょう。 もうすぐ始まりますよ。

Filed under: お便り,十勝連峰  タグ: — tomi 04:31

(当分お休み)

            100520-1

            今朝6時の山荘の気温 4.3℃、曇り。
 
  とにかく寒い! 老いのせいか寒さに敏感になった。 いったん整理した
 冬物の衣類を取りだしてもまだ寒い。 体がいじけてるのかもね。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「おっはよう、爺。 寒くない? 朝から立っとるかい?」
                             ─── 仙台姫
         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        寒いけど、朝から立っとる。 知らない人が誤解すると
       いけないので断っておくけど、立っているのは携帯の
       アンテナの棒の話し。 山荘は電波状態がよくないので、
       棒が立ってもせいぜい1本か2本 ・・・ なんですな。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「歳とっても、寒くても立つのかい? アッチの話し」
                             ─── 仙台姫
         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       歳とっても、寒くても、立つときは立つ! コッチの話し。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 DSCF6254  DSCF6255

       午後6時ごろの十勝の山々。 雨と寒さで、山は雪で再び白く
      覆われてると思いきや、数日前と同じお姿でした。

             DSCF6253

           同じ時刻、これから夜遊びに向かうミーシャ嬢。
          たぶんまた朝帰りとなるんでしょう。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 DSCF6256  DSCF6257

   前の写真から50分後の山々。 十勝岳の噴煙の量が多く、不気味です。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「爺、お晩でヤンス。 庭で手振ったりして、やっぱり
         外仕事してたんだ。 もうちょっとカメラの近くで写る事
         出来ないのかよ?」            ─── 仙台姫

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           W・カメラは2階に固定されてるから出来ない。
          庭で草取り作業中、虫に刺されて大変でしたよ。
          まだ虫も寄ってくるってことは、若いってことよ!

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           「寄ってくるのは虫だけか」   ─── 仙台姫

Filed under: お便り,十勝連峰,天気、星空  タグ: — tomi 06:31

絵が動く?

 DSCF6118  DSCF6119

      今朝5時の山荘の気温 6.4℃、晴れ。

     雲一つない晴天の日々が続いたあとの、今朝4時半ごろの明け空。
    どうやら天気はこのあと崩れるようです。
     雲が、斜め左上から右下に流れる構図が好きで、絵を習いはじめた
    高校生のころ、よくこの手を使った。 朝昼晩、毎日うっとうしく目の前に
    立ちはだかる富士山。 他に描くものもないから、この山ばかり描いて
    いたある日、背景の雲を斜めに描いてみたら画面に動きが生まれた。
    そうすると次は主役の富士山。 雲の挑戦を真っ向から受け付けなけれ
    ばならない。 画面全体を朱色で染めた。
     小さなベニヤ板に描いた稚拙な油彩画。 その後、何年かして親しく
    した下宿の友人に別れぎわに贈った。 彼の手元にまだあるだろうか。

              DSCF6089

      上の写真は4/27、山荘2階から撮影。 秋風景ではありません。

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

               505 (1)
                       (予感)

             「贅沢な写真でいっぱいです。
            カラマツ林の夕日と福寿草の黄金色が豪華。
            バッハのフーガをタチアナのギターで聴いて
            います」
                         *
            「日本語の五十音の並べ方ですが、どうして
           『あいうえお かきくけこ』 なのでしょう。
           『あおいうえ かこきくけ』 のほうが言いやすく
           上品な気がします」       ─── 村人・A

Filed under: お便り,十勝連峰,音楽、美術  タグ: — tomi 06:02

‛ チラリ・トムラウシ ’ そのⅠ

            100404-7
                   (2010 4/7)

            今朝5時の山荘の気温 4.1℃、曇り。

   写真の整理を始めている。 もちろん、まだ自分の写真をではなく。
  10数年前、子供たちに勧められ、この欄に載せるために撮った写真
  たちをです。 面白がってバチバチ数多く撮ったものの、消却するのが
  しのびなく、いちど日の目を見させてあげたいと、この場を借りた次第。
   写真は山荘から見て東の方向。 私道を登り、二つのヘアピンカーブ
  を曲がった所。 遠く正面に見えるのは 「トムラウシ山」。 お気に入り
  の場所です。 このポイントがなぜか好きで、古い写真にも数多く登場
  する、名づけて 「チラリ・トムラウシ」。 季節ごとの表情には、雲隠れ
  してるのもありますが、その前景がフォローしてくれておるようです。

 1-DSCF2403   1-DSCF2592
        (2015 8/12)               (2015 10/15)

 1-DSCF2704   DSCF5186
       (2015 10/29)               (2016 11/9)

              DSCF5673
               (ようやく主役登場 2017、2/9)

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「おはよう、爺。 連休の谷間、退屈、ヒマじゃ~。
         新聞の時事川柳、載せてくれ~」    ─── 仙台姫

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           若い (?) 娘が時事川柳と? ・・・暇そうだね。
          まずは 「今日の言葉」 から。

   DSCF6090  DSCF6100

      時事川柳の欄の下に 「無断転載を禁止します」 という断り書きが
     ありますので、読み終わるころに削除します。

               
               (この場所の掲載写真削除しました)

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          姫へ。 ケイタイがまた壊れたので、メールはネットで。

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                419 (2)
                    (朝日が昇るころ)

             「『スマホ廃人』 と題した本がありました。
            子供と老人にはスマホは危険じゃあるまいか」
                             ─── 村人・A
           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             子供たちに、ケイタイからスマホに替えろと
            よく言われるんですが、・・・ 廃人にねぇ。
             ケイタイがよく壊れるのは、廃人になるのを
            防いでくれてるんでしょうか。
  L1720   L1720-001
                                 (左の写真の拡大)

    写真は今夕 (17:20) の W・カメラ。 手前右隅にキタキツネが写ってます。
   猫のミーシャ嬢、まだ外出から戻ってませんが、心配ですね。

  DSCF6106   DSCF6105

   急いでカメラを向けたものの、思いなしかキツネのお腹が膨らんでいたりして・・。
  ミーシャ嬢、暗くなってもまだ帰ってません。 もしや、キタキツネのお腹の中か?

  DSCF6108   DSCF6109

   上の写真・右にキタキツネが2匹 写ってます。 カップルです。 キタキツネは
  1~2月が恋の季節。 5月が出産です。 どこかに子供たちがいるんでしょうね。

Filed under: お便り,写真、絵,動物,十勝連峰,風景  タグ: — tomi 06:12

(お休み)

 DSCF5992  DSCF5993

              DSCF5994

              今朝8時の山荘の気温 4.6℃、曇り。

       写真は昨日の拡大版。
      上段左・オプタテシケ山、上段・右の左が美瑛富士、右が美瑛岳。
      下段は十勝岳。 下は最近のミーシャ嬢 (おまけ)。

              DSCF6077

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             「爺、具合どう? 急に外で働き出すからだよ。
            寒そうだから、今日は一日横になってな」
                              ─── 仙台姫
           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

              そうする。 気力と体力がバラバラな感じ。

Filed under: お便り,動物,十勝連峰  タグ: — tomi 08:36

架空の対談

 DSCF5985
             DSCF5986
                         DSCF5990

         今朝6時の山荘の気温 -0.2℃、晴れ。

       写真は5日前 (日曜日) の夕陽に照らされた十勝連峰。

 DSCF5988  DSCF5989-001

   新聞に載るコラムを毎日楽しみに読む。 昨日は 「半藤一利」 さんでした。

               DSCF6024

    まずは ‛ おやっ ’ と。 大変失礼ながら、もう鬼籍に入られたとばかり
   思ってましたので、頬がゆるむことしきり。 半藤さんと司馬遼太郎さんの
   対談から近代史を学ぶ事が多かったので、頑固おやじのお元気な言葉に
   ふれ、頬がゆるんでばかり。
    司馬さん、半藤さん、それにもうひと方、井上ひさしさんが加われば、
   さてどんな内容になるかと、そんな架空の対談をお聞きしたいものです。
    コラムの最後の言葉 「わずか2週間程度のイベントのために、100年
   先まで禍根を残すことがあってはならない」。 肝に銘じます。

Filed under: 十勝連峰,新聞、ニュース  タグ: — tomi 07:38

動物たちも動き出し

DSCF5957

             DSCF5958

                          DSCF5961

             昨日、夕刻の十勝連峰 (時間を追って)

 DSCF5959   DSCF5960

         今朝7時の山荘の気温 3.9℃、晴れ。 積雪深:ゼロ

 昨日はなにかと気忙しく、「近況報告」 も珍しくお休みしました。 朝から消防署の
予防査察などがあり、終日ゴロゴロしているわけにもゆかず ・・・。
 朝晩は氷点下まで下がる気温も日中は10度近くまで上がり、窓を開け放っても
それほど寒くない季節となりました。 地面からはフキノトウが顔を出しています。

    DSCF5953      DSCF5956

      昼間は寝てばかりだったミーシャ嬢、暖かくなり外へ出る時間も多くなり、
     でも遠く南の空を眺めてばかり。 故郷の横浜を思い出してるんでしょうか。

              DSCF5954

 DSCF5950   DSCF5952

    見えづらいですが、エゾシカの群れが樹々の間を通り抜けて行きました。

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「爺、あまり無理して毎日アップしなくても、週に一度ぐらいで
      いいよ。 元気で順調にボケてるなって分かればいいんだからね」
                                 ─── 仙台姫
           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          心がけます。 でも、順調にボケるってのが難しそう。

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「おじさん、こんにちは。 『星めぐりの歌』 聴きました。
         賢治はチェロを弾いてたそうですね、シンプルでゆったり
         した音階が好きです」
                         *
          「あの女性の歌い方が好きだというおじさんの気持ち
         解ります。 おじさんらしいなって」
                         *
       「歌詞に星座が出てきますが、‘ あかいめだまのサソリ ’ とか、
      ‵ あをいめだまの小いぬ ’ とか。 あれはいったい何ですか?」
                                ─── 小姫
            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       『銀河鉄道の夜』 にもよく出てきますが、賢治は星とか星座が
      大好きだったようです。 歌詞の出だし ‵ あかいめだまのさそり ’
      は、夏の夜空の代表的な星座 「さそり座」 の一等星アンタレスが
      赤い色をしているから、‛ あおいめだまの小いぬ ’ は、冬の星座
      小犬座の一等星シリウスが青白く輝いているからです。
       どちらも南の空に見ることができます。 たまには星空を見上げ、
      『星めぐりの歌』、クラリネットで吹いてみたら。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                411 (1)
                     (朝日があたる家)

            「ラップが好きになれません。 繰り返すリズムが
           ‛ まじっすか、チョウ、イラつく~ ’ 」
                              ─── 村人・A
            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                メールの掲載が遅れ、申し訳ない。

Filed under: お便り,動物,十勝連峰  タグ: — tomi 03:32

 100311-14-2
              100311-15-2
                           100311-14-4

       今朝6時の山荘の気温 -4.0℃、小雪。 積雪深:55cm。

         山々の雪は6月まで残ります。
        夕陽を受けて照り返す峰々の姿も、白い雪があればこそ。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「おはよう、爺。 『朝日川柳』 おもしろいゾ!
         毎日載せてタモ」        ─── おじゃる姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           新聞社から苦情が来そうだから、時々ね。

            DSCF5882

             いつもの 「言葉」 もオマケ (下)。

             DSCF5843

         もう一つオマケ。 足利三代将軍・義満が光源氏を
        気取ったって話。 『源氏物語』 を精読された姫なら
        興味深いかも。

              DSCF5883

       紫式部と足利義満とは400年位の年代差があるんで
      すね。 安倍総理が徳川家康を気取るようなもんですな。
       ところで、藤沢周平さんはもう読み終わりました?

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「シリーズ最後の 『凶刃』 で挫折、力尽きた。
         出てくる男どもが多すぎて、名前が覚えきれん!」
                            ─── 仙台姫

Filed under: お便り,十勝連峰,新聞、ニュース  タグ: — tomi 07:36
  • 2017年9月
    « 8月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー