DSCF7533
            (2018.3/31.17:23)

          今朝7時の山荘の気温 0.5℃、曇り。 積雪:0。

       早朝の気温から、マイナスの記号が消えて二日目。最近は
      コロナウイルス対策も兼ね、日中は窓を頻繁に開けるように
      している。 まぁ、こんな人里離れた所までコロナも好き好ん
      で来ないだろうとは思うが。

Filed under: 十勝連峰  タグ: — tomi 07:49

好き嫌い?

            1-DSCF8922

   1-DSCF8923   1-DSCF8925

            1-DSCF8926

      今朝8時の山荘の気温、-7℃、晴れ。 積雪:30~40cm。

    掲載写真は、昨夕5時半ごろの十勝連峰。 陽の沈むいっとき、西日を受け、
   朱に染まることが多くなりました。 春先によく見られる光景です。
                    *
    コロナウイルスが美瑛町にも襲いかかっている。人口1万人そこそこの町に
   ウイルス患者が3人出ている。 人口200万人の札幌市なら600人に相当。
   どうして美瑛町にマスクが配られたのかの理由がわかる気がする。
    本州でも静岡県(人口約360万人)の罹患者数は3人。静岡の知人に訊い
   たところ「静岡県民はお茶とかミカンをよく食べるから免疫力が強いのかな?
   でもドラッグストアの前には早朝からマスクを求める長蛇の列です」とのこと。
    東北地方にも罹患者数が少ない。海を越え北海道は多い。ウイルスにも好き
   嫌いがあるんだろうか。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     「爺、仙台を含む宮城県は一人、小姫のいる青森県はゼロ。東北地方は
     なぜか少ないよね。コロナには不思議な地域性があるんだね」
                             ─── 仙台姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      北海道は都市と都市の間、家と家との間が離れているので拡散しにくい
     はずですが、やはり雪祭りに集まった外国人や内地からの観光客などから
     全道に拡散したんでしょうか。
      美瑛の初罹患者も、発症前、雪まつり会場に足を運んだらしいですから。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

              1-ファイル
                 (オーバーヘッド)

         「昨年石狩で海に飛び込んでカニを捕まえた高校生
         は東京の大学に進学が決まりました」
            (写真は本人の了承を得ています)

          「追伸:高校生の卒業式は中止になりました」

        1-1-image1   1-1-image0
                  
                         ─── 村人・A

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           お齢からだと、村人さんのメイゴさんですか?
          それとも、隠し子?

Filed under: お便り,十勝連峰  タグ: — tomi 09:57

春めいて

             1-DSCF8884
                  十勝岳連峰

  1-DSCF8886
      オプタテシケ山

             1-DSCF8887
              美瑛富士(左)と美瑛岳(右)

                      1-DSCF8888
                            十勝岳

             1-DSCF8885
               連峰の東側・トムラウシ山

      今朝7時の山荘の気温 -2℃、うす曇り。 積雪:50~60cm。

       掲載写真は10日ほど前(2月下旬)のもの。夕陽に染まった
      十勝岳連峰です。
       今週は昼の気温が+になるという予報、真冬日が解消されるかも
      しれない。美瑛も春めいてきました。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「おじさん、・・・・。 下の血圧が最近高いですよ。
         夜、よく眠れてますか?」     ─── 小姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         よく眠れてません。ぐっすり眠れず、2.3度は目が覚め
        そのまま朝まで起きてることもあります。その代わり昼間
        ウトウトしてますが。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「体内時計がくるってるのかも知れません。 昼間、窓際で
        直射日光を浴びて下さい。それから、眠れないからといって
        お酒の力を借りないように」       ─── 小姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「爺、若くてカワユイ主治医の忠告、よく聞きなさいよ。
        小姫、3・11にはどこも出ないみたい。コロナが一段落
        したら帰っておいでって、言ってあるから」
                           ─── 仙台姫
         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           それがいい。 東北は感染者が少ないようだけど、
          外出しないほうがいいよ。

Filed under: お便り,お酒,十勝連峰  タグ: — tomi 08:20

              1-DSCF8894-001

        今朝7時の山荘の気温 -13℃、晴れ。 積雪:55cm。

       写真は今朝8時20分ごろの十勝岳の噴煙。穏やかなようです。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「爺、退屈だから朝からテレビ三昧。B・Sで『子供たちに残したい
      美しい日本の歌』をやっててね、その中に『ふるさと』があった」
                     *
      「 『 ♪ うさぎ追いし かのやま~ 』っての。前にこの欄で見たよう
      な気がしたんだけど、アレどこにある? ウサギを捕まえて食べたら
      美味しかったての(笑い)」          ─── 仙台姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           忘れた。 そういう下らんことは思い出すな!

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「おじさん、私も知りたい! なんのことだか分からない
        けど」                ─── 小姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          小姫に・・言われると・・だらしないおじさんです。
         以下です ──────

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      2012 年 2 月 8 日

    大輪田泊 (おおわだのとまり)

  子供のころ、父親によく言われたことのひとつが 「お前は文字を知らない奴だ」で
 あった。 嫌いなもののひとつに漢字があって、漢字を知らない、読めない、書けない、
 間違える・・・さらには適当に書いたり、自己流に読んだりするから始末が悪かった。
  前にも書いたけれど、「♪ ウサギ追いし・・・」 を 「♪ ウサギ美味し・・・」 は
 可愛いほうで、その癖は大人になるまで、さらには未だに続いていて、だからこの欄へ
 の書き込みも細心の注意をはらい、パソコンの漢字変換も半信半疑、わざわざ広辞苑ま
 で引いている。最近は、本を読むときは傍らに国語辞典と漢和辞典を置いておくように
 なった。 若いころは時間が無くて、漢字の字面を見て大概こんな意味だろうで通して
 いたが、時間に余裕ができた近頃は、当の本より辞書を読む時間のほうが多くなって、
 読書がなかなか進まない。
  どうしてこんなことを書き始めたのかというと、大河ドラマ 『平清盛』 を見ていて、
 高校生の時の日本史の試験を思い出したからである。 先生が試験の答案を返しながら
 私の番になったとき、黒板に 「大輸田泊」 と大きく書いて、漢字は間違えないように
 と釘を刺した。近くで失笑が聞こえたが、本人は何のことやら分らず、休み時間に隣の
 席の男が面倒くさそうに教えてくれた。
  つまり、「大輪田泊(おおわだのとまり)」 という地名の 「輪」 を 「輸」 と間
 違えて覚えこみ、答案用紙にそのまま書いてしまったわけだ。 日宋貿易で栄えた現在
 の神戸港の古い地名で、先日、大河ドラマの終わりに紹介されていたのを懐かしく思い
 出した次第。
  そういえばもう一つ思い出したのが漢字の書き取り試験。 「寒」 という漢字が急に
 書けなくなり、下の写真のように書いて現国の先生に笑われたものだった。試験の最中
 は頭がパニクって、「アレ? ここの横の棒、出るんだっけ? 出ないんだっけ?」 で、
 結局、中に入れてしまった次第。
  つまり、漢字にはあまり興味がわかない・・・というか、弱い男らしい。

            

Filed under: お便り,テレビ、映画,十勝連峰  タグ: — tomi 08:43

噴煙

    1-DSCF8892
                      1-DSCF8893-001
                       (午後4時ごろの十勝岳)

       今朝6時の山荘の気温 -21℃、晴れ。 積雪:50cm。

      最近、十勝岳の噴煙が多いかなと気になっていたのでネットで
     調べたら、気象庁から以下の報告が ───

     「気象庁によると、27日16時頃から十勝岳で火山性地震が増加しました。
    噴煙の状況に特段の変化はありません。 噴火警戒レベルは「1(活火山で
    あることに留意)」が継続です」
                    *
     「27日16時頃から、十勝岳で62ー2 火口付近を震源とする火山性地震が
    増加しましたが、21時以降は少なく経過しています。 27日の火山性地震
    の日回数は117回(速報値)となりました。・・・
     十勝岳では噴煙の高い状態、地熱域の拡大や温度上昇が続き、1月20日
    以降火山性地震のやや多い状態が続いている中、短時間に火山性地震が
    増加しました。 火山活動の活発化が考えられますので、今後の火山活動
    の推移に注意が必要です」

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「おじさん、お晩です。 その後、体調はいかがですか?
       新型コロナウイルスが流行してます。・・・・・」
                     *
        「いつもの、血圧・心拍数・体重に加え、体温も計って
        報告してください。 北海道は特異地域ですから」
                           ─── 小姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      体温は日に何度も計っていて、いずれも平熱(36.5前後)です。
     気にかけてくれて、ありがとう。 明日から報告します。

Filed under: 十勝連峰  タグ: — tomi 16:59

小さな町のお話

             1-DSCF8872

       今朝6時の山荘の気温 -21℃、晴れ。積雪:50~60cm。

      夜が明ける前が一番寒いと言われる。掲載写真は今朝6時ごろ撮影し
     た山荘の窓からのもの。
                     *
      北海道の小さな街・美瑛町でコロナウイルス患者が出た。札幌で罹患
     したらしい。
      ここからは架空の話も混ざるが、一昨日、定期的に通っている町の病
     院に行くと、常日ごろ込み合っている待合所がガラガラな状態、待たさ
     れることもなくすぐに診てもらえた。いつもは次から次へと息つく暇も
     なく患者を診るお医者さんも、この私と世間話をするほどだった。
      ニュースで美瑛町にも患者が出たと聞いたので、てっきり町の病院だ
     と思った。患者は町の消防署職員。消防署と病院はすぐそばだし、だか
     ら当病院はごった返しているに違いないと覚悟して行ったものの、意外
     に空いていて驚いた。
      思うに、・・・(この先は不確かな憶測ゆえ、削除)。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            写真下は、PM・2時半ごろの十勝連峰。
           さわやかな青空でした(外気温:-3℃)。

   1-DSCF8875
            1-DSCF8877
                     1-DSCF8879
   1-DSCF8882
       (トムラウシ山)
 
            1-DSCF8883
                (オプタテシケ山)
 
                     1-DSCF8881
                          (十勝岳)

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「ジイ、今夜の『日本人のおなまえっ!』(NHK・TV)だけどね、
    山梨県に渡辺姓が多いっての、観た?」
                    *
    「前に(むかし)、爺の近況報告でその話してたよね。 高校生の時、
    先生が朝の出席の点呼で、名字のあいうえお順から生徒の名前を呼ぶ
    んだけど、最後の渡辺姓は多すぎるから名前だけにしたっての。あれ、
    どこにある?」                ─── 仙台姫

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     探してみるけど、見つかるかどうか分からん。それよりもう寝な!
                    *
        探したら ─── 2006.6/16、『ワタル!』
               2017.8/28、『嗚呼~渡辺』にある。

Filed under: お便り,十勝連峰  タグ: — tomi 08:57

   1-DSCF8865
             1-DSCF8868
                       1-DSCF8866

   1-DSCF8869    1-DSCF8867

      今朝7時の山荘の気温 -16℃、晴れ。 積雪:50~60cm。

      山荘をひいきにして下さる、オーストラリア在住の方からメールを
     いただいた。 あちらは季節が真夏だろうから、とびっきり寒そうな
     山並みの写真をそえて。
      さしさわりのある個人的な部分は(・・・)として。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「お父さんへ、お元気ですか? お母さんも、お元気ですか?
     また、入院してるんじゃないかと思って、気になっていたのですが、
     こちらも・・・・夏休みで、忙殺されておりました。
      コロナウィルスの事もあって、久々にブログを拝見させていただ
     きましたが、とりあえず大丈夫そうなので安心しました。食材とか、
     ネットで買える時代なので、お酒はネットで買ってもらえたら嬉し
     いです。あはは。
      オーストラリアでは、感染者が少ない事になっているので、誰も
     マスクをつけて歩いていません。中国人が集まる地域では、地元の
     中国人がその場所を避けて、うちの近所の方へ来てるらしいです。
      中国至上主義みたいな、中国人は金持ちでありがとうって空気が、
     お金持っててもお前いらない空気になってきていますよね。見た目
     では日本人か中国人かわからないので、私と娘を避けて、さささと
     逃げる人がいます。 2週間くらい前は、ジムへ行ったら、あっと
     いう間にガラガラになってしまいました。 あはは。 罵倒されない
     だけ、ましかな?
      今年も日本へ行く航空券を買いました。7月の最初の週に美瑛に
     行こうと思っています。 頃な(コロナ?)が収まっていることを
     願います。 くれぐれもご自愛くださいね」    ─── T.T.

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             1-DSCF8870

               午後4時ごろの十勝連峰。

        東西にのびる筋状の雲が、気持ちを和ませてくれます。
                    *
        気が付けば、今日は2月26日、「2・26事件」の日。
       明治生まれの父が、千葉の連隊から何も知らされず、雪の
       降る未明から帝都(東京)に向かい行軍。宮城(皇居)の
       周りを取り囲んだ・・という話を、子供のころ何度も聞か
       された。歴史の背景・外野として父は存在していた。
        それから日本は暗い時代へと突き進むわけだ。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
             1-DSCF8871
            
               午後5時ごろの十勝連峰。

Filed under: お便り,十勝連峰  タグ: — tomi 10:29

              1-DSCF8839

          今朝7時の山荘の気温 -6℃、雪。 積雪:60cm。

       一晩で20cm以上の降雪。 車を軽に替えたので、私道の坂道を
      上がるのが辛い。 なので久しぶりに朝から2時間ほどの除雪作業。
       除雪機も大型に替えたので、替えた当時は作業は楽だったが、最近
      は除雪機に引っ張られ、しばしば転倒することが多くなった。 誰も
      見てないのでいいけれど、みっともない情けない姿。 体力が落ちた。
       さらにみっともない話。 作業を終え、やれやれと車庫の横で立ち
      ションをしてたら、そのままの姿で前のめりに雪の中に倒れてしまい。
      情けないやら冷たいやらで・・縮みあがった。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「爺、縮みあがる前はまともだったんだ? よかったね」
                           ─── 仙台姫

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

              ?・・・、意味がよく分からん!

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

              1-DSCF8840

          午後4時ごろの十勝連峰(明るさを加工しました)。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「おじさん、昨夜の『クラッシック音楽館』観ました。
         ブラームスの交響曲3番の第3楽章、甘く切ないですね。
         何度も同じメロディーが登場するので、すぐ覚えてしま
         いました」              ─── 小姫

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        あの曲のあのメロディーは、フランスの作家フランソワーズ・
       サガンの小説『ブラームスはお好き』を映画化した『さよならを
       もう一度』の中でも使われています。 女性に人気の映画です。
       機会があれば観て下さい。
        おじさんの好きな、イングリッド・バーグマンが登場します。

Filed under: お便り,テレビ、映画,十勝連峰,天気、星空  タグ: — tomi 12:20

             1-DSCF8837

       今朝7時の山荘の気温 -11℃、くもり。 積雪:40cm。

     2,3日前から気になっている玄関前のウサギの足跡。進行方向の横に並ぶ
    二本の跡は後ろ足のはずだが、左右の足にズレがある。 ウサギにも利き足が
    あるのか、あるいはどちらか片足にケガでもしてるのか・・・ 一度出会って
    みたいものです。

             1-DSCF8838
               
              午前11時半ごろの十勝連峰。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     
      「 ‟ 森の忍者 ”。 北海道の野ウサギは8万頭から数百頭に激減した
      ようです。植林されたカラマツの芽を食べるので、お尋ね者になりま
      した。
       ウサギには ” 足ダン ” と言われる音だし合図や、指摘された足跡
      も不思議で、分らない事がたくさんあります。
       アメリカインディアンは後ろ足が前に来るウサギの足を、ラビット
      フットと言って神聖なものとして扱ったようです。
       ケンケンパーのパーの足跡が後ろ足です。必ず右後足が前側にあり、
      左前は見たことがありません。時速80キロでジャンプしたときは一瞬
      で消えるそうです」             ─── 村人・A

Filed under: 動物,十勝連峰  タグ: — tomi 09:27

            1-DSCF8759

        今朝7時の山荘の気温 -8℃、雪。 積雪:40cm。

      日々の外気温、最高最低の温度差が20度近くなることがある。
     暖房用ボイラーが終日自動運転しているので、室内にいるぶんには
     外の寒さは分からない。窓ガラスの外の風景は、まるで映画の世界
     のようで、実感がわかない。この土地で生まれ育った古老の話では、
     昔は朝起きると枕元に雪が薄っすら積もっていたとか。

            1-DSCF8758-001

     上の写真は、昨夕の十勝連峰。うっすら朱に染まってきれいでした。

   1-DSCF8757   1-DSCF8756
       (トムラウシ山)          (オプタテシケ山)

    トムラウシ山は美瑛町と十勝管内新得町の間にあり、どちらかというと
   新得からの方が存在感のある山だと聞きます。
    オプタテシケ山は、十勝岳連峰の北の端にそびえる独特の山容。火山の
   爆裂崩壊で生まれた山なんだそうだ。山荘に見えたある女性客が、まるで
   女性の陰部のようだと顔を赤らめておった。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「爺、総合病院で診てもらった結果はどうなんじゃ? 無事帰ってきた
    ところをみると、もう少し生きられるのか?」    ─── 仙台姫

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      いろいろ診てもらった結果、差し迫って(入院)どうこうはない
     そうじゃ。様子見だと。
      循環器科の先生なんだけど若い小柄の女医さんで、おもわず小姫
     かと・・。あの子もあと2~3年もすれば研修医になるんだろうな。
 
            1-DSCF8760

                (午後1時ごろ)

Filed under: お便り,十勝連峰,天気、星空  タグ: — tomi 10:33
  • 2020年4月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー