過去はコワイ

              DSCF6655
                      ( ラクヨウ )

              今朝7時の山荘の気温 12.8℃、雨。

    今日・明日の天気は、美瑛も大荒れという予報。
   「ラクヨウ」 という名のキノコが今年は豊作のようだ。 秋の訪れが早かった
  のと、雨模様の日が続いたせいかも知れない。
                         *
   昨日、高校時代の友人から突然電話。 北海道旅行の途中、富良野・美瑛に
  立ち寄ると言う。 立身出世され、そのご褒美だとか。 顔が見たいというけれど、
  どの面で会えばよいのか戸惑ってしまう。

      友がみな われよりえらく見ゆる日よ 花を買ひ来て ・・・・ (啄木)

   最後に会ったのは40年ほど前。 なまじ昔を知っているから、会うのがコワイ。

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「爺、むかしワケ有りの女の子が、突然訪ねて来たらどうする?
      20代の頃の相手。 あれからもう半世紀近くの時間が流れチョル」
                         *
      「‘ お互い髪に白いものが増えましたね ’ から始まり、‘ お孫さんは
     もう如何ほどで? ’ なんて会話になり、‘ あのままの時間が流れたら
     私たち、ジジババですね ・・・ ’ と?」         ─── 仙台姫

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       姫、仕事ヒマそうだね。 でも、いつかそういう感慨にふける時が、
      姫にも訪れますよ。
       藤沢周平の 『蝉しぐれ』 の最後の場面、女が 「あなたの御子が
      私の御子で、私の御子があなたの御子であるような道はなかった
      のでしょうか」 と語る場面がありました。 男と女が人生で交差する
      一瞬は、切ないものですな。

Filed under: お便り  タグ: — tomi 08:29

お知らせ

              090914-4

              今朝5時の山荘の気温 7.9℃、曇り。

  『 にっぽん縦断 こころ旅〜とうちゃこ 〜 ▽ 658日目 北海道美瑛町 』 が
 再放送されます。 ご覧になれなかった方、今まで番組を観たことのなかった方、
 どうぞご覧ください。 山荘のすぐ近くが登場します。

         9 /14 (木) BSプレミアム、PM12:29~13:00

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「なんだよ~爺、生きてたじゃん。 もう死んじゃったかと
        思ったゼ。 生きてる証拠に、毎日写真一枚でも載せな!」
                                 ─── 仙台姫
            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                   できるだけ、そうします。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「小姫からメール ───、‘ 毎朝おじさんから、血圧と体重の
        測定結果が送られてくるから、生きてること確認!’ だとよ」
                                 ─── 仙台姫
            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        血圧が上も下もゼロだったら、もうこの世にはいないって事さ。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             「ありゃ 旅に出かけたのかと思いました」
                              ─── 村人・A
            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

              旅は旅でも ‘ 死出の旅 ’ かと思った?
             もうそろそろ用意だけはしておかないとね。

Filed under: お便り,テレビ、映画  タグ: — tomi 09:34

顔を ペロペロ

 090914-8
                          090914-7

   今朝6時の山荘の気温 13.6℃、晴れ。

   夜中に目が覚め、そのたびに本を読みはじめる。 本を読む習慣がなければ
  どうしているんだろう。
   夜中に読んだ本の内容は翌日には大抵忘れている。 それでも読み返して
  みると、所々記憶が残っているから脳もまだ全壊してはいないようだ。
   自分の行動を忘れてしまう、 そうならぬよう天気の良い昼間は、 庭で野良
  仕事に精を出すことにしている。
                         *
   一日 15~30分、太陽光を浴びるのがいいと言われ実行している。 すると
  昼間寝てばかりの猫のミーシャも庭に出てきて、草取りをしている私の近くに
  しゃがみこみ、じっと様子を眺めている。 半分眠っているようでもある。
   なんで外に出てきたのか不思議に思っていた時、ふと、私が庭で倒れてしま
  うんじゃないかと、心配しているのかも知れないと気づいた。 昼間は外に出た
  がらない夜行性の猫が、草取りをしている私の手元を、半分眠ったような目で
  眺めている。 筋書き通りに私が倒れたら、一体どうするんだろう。 そばに来て
  顔をペロペロ 舐めるんだろうな。

      DSCF6624    DSCF6620

  DSCF6629  DSCF6630

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            「おはよう、爺。 猫にペロペロされ、大往生?
           マンガにもならん!」
                         *
            「今朝の丘の写真だけどさ、手前の畑の右隅に
           小さな点のようなのが写ってるけど、アレは人?」
                                ─── 仙台姫
           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          そう、農作業中の女性です。 比べると丘の雄大さが
         分かるかと。 下は、その時の拡大写真。

              090914-6

             もう一枚ありました (写真・下)、遠景です。

              090914-5

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             「写真の中央、おおぜい人が集まってるけど
            何してるんだ?」        ─── 仙台姫

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            拡大してみると分かりますが、あれは人ではなく、
           収穫したジャガイモを入れた袋です。

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            「爺、『全力失踪』 観た? 失踪願望ある?
           爺も失踪してみたい?」      ─── 仙台姫

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          録画してあったの、先ほど観た。 失踪願望あるよ。
         全力ってわけにはいかないけど、誰も知らない土地に
         行って、そこで生きて骨を埋ずめたい願望はある。
          ドラマはこれから2ヶ月間もあるんだ? とりあえず
         疑似失踪体験でもするか。

Filed under: お便り,動物,風景  タグ: — tomi 08:01

(お休みなさい)

 090914-99-1
                          090914-99

   今朝9時の山荘の気温 19.9℃、晴れ。

   カラリと晴れ上がった清々しい朝です。 未明に目が覚めてしまい、そのまま
  朝を迎えました。 おかげで読みかけの本を読破、これから寝なおしです。
 

              DSCF6631
               ハーブの庭から  「ムスクマロウ」
 

 DSCF6646   DSCF6650

              DSCF6649

                 山荘上空の 今朝の雲たち

 DSCF6644   DSCF6651

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           「お~い、爺、どうしたんだよ? 小姫に訊いたら
          どこも悪くないそうじゃない? 休んでばかりいると
          ボケがひどくなるぞ!」        ─── 仙台姫

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

              ボケが進んでくると、ボケもいいもんだ。
             何でもかんでもボケのせいに出来るしな。
             ところで ・・ あなたはどなたでしたっけ?

Filed under: お便り,山荘周辺,日常生活  タグ: — tomi 10:35

牡丹灯籠の~伴蔵さ~ん

              DSCF0014

              今朝5時の山荘の気温 9.9℃、晴れ。

        朝は10度以下でも、日中は夏日という予報。 気温差15度。
       2,3日前、朝晩が寒かったので長袖の下着を取り出したところ、
       日中との気温差が大きくて閉口した。 もう若くはない、外気の
       変化に体がついて行けなくなった。

 090914-92   090914-91

     収穫が終った畑には、秋まき小麦の種がまかれる。 20cmぐらいに
    育ったころで冬を向かえ、そのあとは深い雪の中で春を待つ。 そういう
    サイクルが美瑛の風情の基になっている。 丘に麦畑がないと淋しい。
                         *
     TVのEテレで落語の番組を見ることがある。 怪談もの (「死神」など)
    があったりして、子供の頃よくラジオで聞いていたので懐かしい。
     『牡丹灯篭 (ぼたんどうろう)』 という 幽霊ものがあるが、実は内容は
    よく知らない (覚えてない)。
     小学校に上がる前だと思う。 生家は商家だったので、大きな家だった。
    便所は母屋の北西の隅にあって、夜中に用を足すため便所に行くには、
    二つの部屋と廊下を恐るおそる通らなければならない。 使われていない
    部屋や廊下にはもちろん電灯は無く、便所の明りも小さく暗いものだった。
     あるとき、いっしょに寝ていた祖母が 『牡丹灯籠』 の話しをしてくれた。
    怖かった。 夜中に便所に行けなくなった。 それでも威をふるって便所に
    行こうとすると、「伴蔵さんが出るぞ~」 と脅かす。 それが原因かどうか
    オネショがなかなか治らなかった。
     伴蔵さんが物語の中でどういう人物だったかは忘れたが、「牡丹灯籠」
    と聞くと、いまだそのあと 「伴蔵さん」 が付く。 おかしな祖母だった。
     ‘ 牡丹灯籠の~伴蔵さ~ん ’ しばらく忘れていた祖母の顔がちらつく。

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「おはよう、爺。 お祖母ちゃんと寝てたってことは、オッパイ
       どうしてたんだよ? 授乳はお母さんがしてくれたんだろう?」
                                 ─── 仙台姫
             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        記憶は無いんだけど、母親はもう乳は出ないから粉ミルクか
       なんかで育てたらしいよ。 なんといっても8人兄姉の末っ子だ
       からね、母も高齢だし、もう乳も出なかったんでしょう。 祖母の
       しなびた乳房をペチャペチャ吸ってた、かわいそうな赤子でした。

  DSCF6640   DSCF6641

     午前10時ごろの十勝連峰。 十勝岳の噴煙がいつもより多いようです。
    噴煙が、南東ないし東の風に乗ると、美瑛に向かってきます。

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「じゃあさ、最初に若い女の子のオッパイ、見たり触れたり
        したのはいつさ。 ばあちゃんのオッパイしか知らなかったから
        驚いたんだろうな」               ─── 仙台姫

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         またその話かよぉ。 爺はオクテだったから、実際に目の前で
        女性の乳房を見たのは、美術学校の裸婦デッサンの時でした。
        もちろん手で触れたのは、そのまた後日。 お祖母さんのシワ
        だらけの乳房しか触ったことがなかったから、感動しましたね。

                 DSCF6642

                草取りの途中、見上げた空の雲。

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

              DSCF6643-001

                  今夕、5時ごろの十勝岳。

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「お~い、爺! 生きてる? 起きてる? 飲んどるかい?
       きょうはオッパイの話しで盛り上がったねぇ。 アチキの胸も
       心なしかいつもより盛り上がっチョル」
                         *
        「アチキのオッパイだけど、オッパイの上に小さな膨らみが
       あるんだよな、癌じゃないよね」        ─── 仙台姫

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      医者じゃないから分からないけど、たぶん 「副乳」 じゃないかな。
     哺乳動物は、犬でも猫でも左右対でいくつも乳房はあるからね。
      絵のモデルさんにも副乳があって、それが女体の当たり前の胸だと
     思ってたら、次のモデルさんには無い。 それで隣の女生徒に訊いた
     ところ 「副乳」 だと教えてくれた。 オクテでしたからねぇ、爺は。

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            「爺、副乳だったら、手が四つ欲しくなるねぇ」
                             ─── 仙台姫
             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             ?? 何でだよ~、・・・あぁそういうことか。
            もういいかげん早く寝な!

Filed under: お便り  タグ: — tomi 09:29

(お休み)

 041
                          045

    今朝6時の山荘の気温 12.8℃、快晴。

    厚い雲に覆われていた明け空、次第に雲が流れ快晴の朝となりました。
    (掲載写真は今朝のものではありません)

 DSCF6632   DSCF6623

   タネを蒔く時期が遅かった 「シナワスレナグサ (支那勿忘草)」。 忘れずに
  ようやく花を咲かせてくれました。 気温が低いせいか、花色がいつもの年より
  冴え冴えとしています。

               DSCF6639
                      (小姫へ)

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           「おじさん、ありがとう。 おじさんは私がこれから
          どんな事で悩むか、分かって下さってるんですね。
          きょうの新聞記事、大切にします」   ─── 小姫

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          地域医療で活躍する一方、音楽に親しみ、ときには
         絵も描く、そんな小姫の姿を楽しみにしてます。

Filed under: お便り,季節、四季,植物、花、ハーブ  タグ: — tomi 07:13

萩が・・・ナナカマドが

 DSCF6625
                          DSCF6627
                                  (萩の花)
    今朝5時の山荘の気温 6.6℃、晴れ。

    この秋一番の冷え込みでしょう、未明には5.5度まで下がったようです。
   今年の夏は早く来たせいか、秋の訪れも半月ほどは早いようです。 その
   ためかどうか、秋の草花による花粉症も例年より早く始まりました。

 DSCF6626   DSCF6628

  ナナカマドの実が色づ いています。 なぜかこの実は、枝についている期間が
 長い。 8月の末には赤く色づき始め、秋から冬、白い雪の帽子を冠っても、まだ
 枝から落ちずに残っている。 早く地面に落ちたほうが子孫を残しやすいと思うが、
 野鳥に啄まれて遠くに運ばれるのを望むのか ・・・ 植物の知恵も深そうだ。

 DSCF6637   DSCF6638

              今朝の雲 シュルシュルっと伸びて

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「おはよう、爺。 雲、新体操のリボンみたいだね」
                            ─── 仙台姫
           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            姫と新体操? リボン? 似合わんなぁ~。

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「なにもアチキが、新体操するわけねぇだろうが」
                        *
          「今日は病院に行くんだろう? 体の隅々までよく
         診てもらいな、隅々までな」     ─── 仙台姫

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           「秋風に揺れる木の葉の裏が金色に光るのは
          陽光の入射角度が真夏と違うからでしょうか。
           ナナカマドの赤い実は10月から2月まで木に
          付いています。 担当がおっしゃるように、他の木
          と異なる実の付き方で不思議です。
           七回カマドで燃やしても燃えない、ひねくれ者
          が理由でしょうか」       ─── 村人・A

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          19か20才頃だったでしょう、本州から札幌に
         越してきたころ、初めてナナカマドを見てつくった
         詩 (のようなもの)があり、この欄に載せた記憶が
         ありました。 恥ずかしいんですが、暇な方、覗いて
         みて下さい。 「2004、8/22」、「2007、9/19」
         の近況報告です。

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           「爺、お酒を口に含んでいたので、むせて危うく
          吹き出すとこだった。 まぁ、20歳だから許そう」
                             ─── 仙台姫
           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                 許してくれんでもイイ!

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            「おじさん、みましたよ。 私と同じ歳のころの
           詩なんですね。 さわやかで、とてもいいです。
            なんだか私も作ってみたくなりました」
                               ─── 小姫
           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             たくさん作ってください。 お姉ちゃん曰く、
            小姫には宮沢賢治の血が流れているそう
            だから 。

Filed under: お便り,季節、四季,植物、花、ハーブ  タグ: — tomi 06:31

低温

157

              154

                           155

               166

               今朝7時の山荘の気温 11.6℃、曇り。

   麦の収穫が終り、牧草の今年2度目の刈り取りが進む美瑛の丘の風情です。
  相変わらず低温状態が続いてます。 初夏の真夏日続きの日々と相殺されては
  困ります。 平均すれば平年の夏だとしても、植物はそうはいかない。 成長に
  応じて、それなりの適正な温度が必要だろう。 身をもってしか表せない植物は、
  結果を人間に突きつけるだけ。 冷害という事にはならなければよいが。
   青空が広がってきました。 今日の昼の気温は20度前後という予報。 もうあと
  5度ほど上がるとよいのだけれど。

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「おはよう、爺。 体調どう? 一日4食たべてるかい?」
                               ─── 仙台姫
             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           4食は無理、3食がやっと。 それに作るのも面倒だし。
          体重も下げ止まった。 血圧も下が少し高いだけで安定。
          小姫に勧められ、毎日30分ほど外で草取りをしておる。
          陽の光を浴びるのがいいらしい、理由は分からないけど。

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                「お~、えらい、エライ、偉い!
               自分の食べる分は自分で作らんとな」
                            ─── 仙台姫
             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                よく言うわ。 姫みたいにデパ地下で
               済ますわけにはいかんからな。

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

               「美瑛には、デパ地下無いのかい?」
                            ─── 仙台姫

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

               無い! 美瑛にはデパートも無ければ、
              地下街も無い!

Filed under: お便り,天気、星空  タグ: — tomi 08:13

秋さえなければ

 138
                          106

             153

             今朝5時の山荘の気温 8.8℃、曇り。

   ナナカマドの実が色づいてきました。 今日から9月。 そう言い聞かせると、
  体が微妙に反応します、もう秋は何度も来ないんだよと。
   長く生きてきて、ふと思うのは、秋が最もつらい季節だということ。 秋さえ
  無ければ、人生のどかで楽しいのになって。
   肉体的には冬がつらいが、秋は心が蝕まれる。 過去を思い、後悔もする。
  秋さえなければ、秋さえなければと酔いつぶれもする。
                        *
   食欲の秋、でも食欲がわかない。 一日2食、気が付けば1食の時もある。
  体重が日に日に落ちてるので4食にせよとの主治医 (小姫) のアドバイス。
  試しに昨日やってみたら何とか食べることができた。 そして今朝、体重計の
  目盛りは下げ止まったようだ。 胃が小さくなったこと、外に出て体を動かさ
  なくなったことが食欲を失くしたのだと主治医が言う。
   いつもは9時ごろにならないと食べない朝食。 さてこれから (7時20分)
  用意しましょうかね。 今日も4食、食べてやる!

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           「おはよう、爺。 小姫の最初の患者さんだね。
          まだ医師免許持ってない、ヒヨッコだけどな」
                        *
            「無断掲載、どうした? 早く載せなよ!
           共謀罪の片棒、担いでやるからさ」
                             ─── 仙台姫
            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             DSCF6618
                  (まだまだ続きそうだ)

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「爺、2食目食べた? お酒は入ってないよね?」
                             ─── 仙台姫
            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           食べた。 缶ビール1本入った (ワインも少し)。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「おじさん、おばんでした。 一日4食、やってみましたか?
      一度の食事量を、できるだけ少なくすると出来るそうですよ」
                        *
       「マーラーの 『復活』、以前おじさんに勧められ、ネットで
      聴いた記憶があります。 でも全曲は無理でした。 長いです。
      新聞に載ってるのは、たぶん終曲なんでしょうね」
                                 ─── 小姫
            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       3食が一杯いっぱいでした。 量を少なくしてやってみます。
      『復活』 は、たぶん災害から立ち直るという意味で演奏され
      たんでしょうね。 本来は、キリストの復活がテーマですから、
      宗教色が濃いものです。 終曲は合唱が加わってます。
       今夜8時からNHKで、富士山噴火の模様が放送されるよう
      です。 お姉ちゃんと登山した、宝永火口あたりが出るそうです。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

              「おじさん、体調大丈夫ですか ー。
             ちょっとずつ分ければ、それなりの量
             食べれますもんね。
              良い主治医がいて羨ましい限り!」
                           ─── A.T.
            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           一人前のお医者になるには、まだ10年以上先。
          おかしな話だけど、それまでは生きていたいです。
          医術としての技量より、患者にそっと寄り添う医者
          になるんじゃないかな、たぶん。
           そんな姿を見届けたいから、長生きしたいです。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           「爺、起きてるかい? 寝た? 起きろ~!
          いまカラオケ、大塚博堂の 『めぐり逢い紡いで』
          歌ったところ。 拍手喝采!」
                        *
           「なになに、らしくないって? よけいなお世話!
          日付が替わらないうちに帰るからね」
                             ─── 仙台姫

Filed under: お便り,季節、四季,食べ物、飲み物  タグ: — tomi 06:45

反魂とは?

 113
 (セイタカアワダチソウ 「背高泡立草」)
                          107
                            (オオハンゴンソウ 「大反魂草}) 

  今朝6時の山荘の気温 13.0℃、晴れ。

 秋といえば、美瑛も帰化植物の花盛り。 写真の花々は北米から渡ってきたとか。
漢字で表記されると何とも微笑ましい。 漢字は当て字だと思っていたが、しばらく
眺めていると、なかなか意味が深そうだ。 「反魂」 とは何ぞや?
                        *
 8月も今日で終わり、9月の後半には山は初雪に覆われる。 さてこの秋はどんな
姿を現してくれるのか、台風だけは勘弁してもらいたい。

                DSCF6609
                     (今朝の雲)

 DSCF6610  DSCF6611

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             DSCF6613
                     (小姫へ)

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「おはよう、爺。 『てんでんこ』、なんか小姫と重なるよね。
      震災が無ければ、あの子も音大なんかに行ってたかもしれない」
                        *
      「中三の女の子の話しが載ってるけど、小姫は当時中二だったし、
     それからがんばって、今は小姫も医大にいってるし」
                        *
      「アチキが言うのもなんだけど、人生って何がどうなるか驚きが
     いっぱい。 苦難に立ち向かう姿、小姫から目が離せないよ」
                                  ─── 仙台姫

Filed under: お便り,季節、四季,植物、花、ハーブ  タグ: — tomi 08:59
  • 2017年9月
    « 8月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー