寒さに強いミーシャ嬢

   1-DSCF8462
                     1-DSCF8463

    今朝8時の山荘の気温 4℃、はれ。

    明け方4時には -2℃まで下がったようです。霜が降りたんでしょうが、
   猫に添い寝されていて(ネコあんか?)不明。
    その猫、夜が明けると途端に外に飛び出した。猫は寒がりのはずなのに。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「おはよう、爺。 いま実家。風が強くて眠れんかった。
       今日、仙台に戻る予定が、もう一日延ばすことに。
        実家が大変だから・・という理由(ウソ)で」
                         ─── 仙台姫

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         誰もがウソだとわかってるから、いいんじゃない。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「おじさん、美瑛は何事もなくよかったですね。
         お姉ちゃんは、昔から打たれ強いから大丈夫!
          どちらかというと、したたかかな?」
                         ─── 小姫

Filed under: お便り,動物,天気、星空  タグ: — tomi 10:21

休欄

             1-DSCF7768

             今朝6時の山荘の気温 16℃、雨。

       珍しく、昨日よりお客様(お一人)があるので、本日は休欄。
      夜遊びして明け方帰ってきたミーシャ嬢、ずぶ濡れになり、震え
      ながら帰って来おった。猫の朝帰りも、なかなか大変じゃの~。

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「爺、おはよう。たった一人のお客さんで、休欄するくらい
       忙しいのかよ~(笑)。もしや、若いピチピチした女の子だっ
       たりして?」               ───仙台姫

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           久しぶりのお客さんなんで、戸惑ってばかり。
          お歳は、爺と同じ70才男性。 残念じゃ!

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「おじさん、お晩です。・・お姉ちゃん・・・
           壊れた!」           ─── 小姫

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           だいじょうぶ。 お姉ちゃんは壊れ強いから。

Filed under: お便り,未分類  タグ: — tomi 06:48

             1-130816-7

            今朝4時の山荘の気温 14℃、くもり。

Filed under: お便り  タグ: — tomi 05:03

鶴岡~海坂藩

   1-DSCF8255
                     1-DSCF8256

            今朝7時の山荘の気温 15℃、晴れ。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「おはよう、爺。昨夜の地震だけどね、仙台も小姫のところも
      揺れは少なかったから、心配いらないよ」
                    *
      「ところで、山形の鶴岡っていったら、藤沢周平の小説に出て
      くる 『海坂藩 』だよね?」         ───仙台姫

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       奥羽山脈で分かれてるから、仙台までは揺れは届かなかった
      んだろうね。
       鶴岡って聞いて、『海坂藩』 が出てくるところは、さすが
      藤沢ツウです。
       昨夜、地震のニュースの時、『蝉しぐれ』 で 「おふく」が
      坂道を、遺体を載せた大八車の後を押す場面がふと思い浮かび
      ました。 鶴岡── 海坂── 蝉しぐれ、と、意識が勝手に巡った
      ようです
      

Filed under: お便り,テレビ、映画  タグ: — tomi 07:44

山は冬 丘は春

   1-DSCF8165

             1-DSCF8166

                       1-DSCF8167

      今朝7時の山荘の気温 9℃、晴れ。

    内地の関東周辺なら、1月下旬ごろの空気感でしょうか。 朝晩はまだ暖房が
   欲しく、日中は窓を開け放ちたい陽気です。
    ところどころ、淡い新緑の芽も拡がり始めてきました。

             1-DSCF8164-001

         雪解けが終わったばかり、霜のおりた庭にも、早々と
        ヒース(えりか)の花が咲き始めました。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           「おはよう爺。 きょうは、ようやく休肝日。
           小姫がユル~イお粥を作ってくれた。
            おいしい! 」       ─── 仙台姫

Filed under: お便り,十勝連峰  タグ: — tomi 08:47

キタキツネ、お出まし!

   1-1-DSCF8137   1-1-DSCF8138

             今朝7時の山荘の気温4℃、晴れ。

             1-1-DSCF8139

      遠くに姿を見せてはいたんですが、山荘の建物すぐ近くに現れた
     のは、この春初めて。窓ガラス越しに撮ったので、写真に多少の色
     がついてます。

   1-1-DSCF8134   1-1-DSCF8135

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「おはよう、爺。小姫が一人前になるまで、生きとれよ。
       御臨終ですって、脈をとってもらうんだろう?」
                         ─── 仙台姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                それまで待てんわ

Filed under: お便り,動物  タグ: — tomi 09:03

辰子さん

   110120-3
                     110120-4
                          (サンピラー)

     今朝5時の山荘の気温 -25.7℃、晴れ。 積雪:45cm。

    連日の-25度越え。夜更けにトイレに起きると、窓に驚くほどの星が
   映っていた。その窓の内と外では、温度差は50度近い。
    その昔、開拓時代の人々は、この寒さをどう乗りきったのだろう ・・。
                    *
    『氷点』の辰子さんが亡くなられた。 ご冥福をお祈りいたします。
   「市原悦子」さんといえば、三浦綾子さんのデビュー作・『氷点』がTV
   ドラマ化されたとき、踊りの師匠・辰子さん役で登場していた。わたしが
   まだ高校生の時だった。 芦田伸介、新珠三千代、北村和夫、・・・もう
   当時の俳優さんたちは、みな鬼籍に入っている。
    ポンポンとものを言う男っぽい役柄だった。『氷点』の舞台は、旭川市
   郊外。美瑛からは近い。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「今朝は旭川市郊外で-29度ですが、美瑛も連日の-25度以下で、
    毎年この時期は改めて驚きます。
     札幌でも-10度以下になると、早朝、聞こえてくるスズメの鳴き声
    が消えてしまいます。 集団で、何処かの屋根裏で暖まっている筈です。
     外気が-30度を下回ると、飛び出したスズメが温度差で落ちてくる
    ことがあります」               ─── 村人・A

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「村人」さんからの久しぶりのメール。最後の「飛び出した・・」は、
    相変わらずの・・・いつもの ‘ マユツバ ’。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「おはよう、爺。 久しぶりの『村人・話し』、快調だね。
      村人さんもアキレス腱切ったそうだけど、これもマユツバ?」
                          ─── 仙台姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         本人が切れたと言ってますから、切れたんでしょう。
        でも、車を運転して仕事してるそうですから ・・・?

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「おじさん、おはようございます。『氷点』読んだことあり
       ますが、あの日本舞踊家の『辰子』さんを、市原悦子さんが
       されてたんですね。小説読んでたときは、イメージが湧かな
       かったけど、言われてみれば、ピッタリ合いそう」
                    *
       「辰子さんの、あのポンポン、男の人みたいに小気味よい
       しゃべり方が好きです。主人公の陽子役の方はまだ存命なん
       ですか?」               ─── 小姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「内藤洋子」という女優さんが演じてました。結婚されて、
       米国に移住し、名も「喜多嶋洋子」に。 娘さんも女優で
       「喜多嶋舞」として活動してましたが・・今は知りません。
        若い頃、オジサンもフアンでしてね、『華麗なる闘い』
       (有吉佐和子・原作『仮縫い』)とか、『地獄変』(芥川
       龍之介)などの文芸ものにも出演されてましたよ。
        今も健在なようです。たぶん米国で、市原さんの訃報を
       聞いたことでしょう。
                    *
        この欄・左横の「月を選択」から、2016.7/7「大
       陸的」を探して下さい。 小姫のメールも載ってますよ。

Filed under: お便り,テレビ、映画,天気、星空  タグ: — tomi 05:37

新年おめでとうございます

   1-DSCF5566
                     121118-4

   今朝5時の山荘の気温 -7.4℃、曇り。積雪深:35cm(アメダス)。

     ドカ雪もなく、それほど寒さも厳しくない穏やかな元旦でした。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     「爺、明けましておめでとうございます。年末から、小姫と実家に。
     初日をあびた富士山に、爺の体調の回復を祈っておいたからね」
                           ─── 仙台姫
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「おじさん、新年おめでとうございます。足の具合はいかがですか?
    除雪作業はどなたがやってるんですか? 自分でなさらないで、人に
    頼んでくださいね」               ─── 小姫

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     気づかい、ありがとう。家に戻っている一番下の息子が、雪かき
    やってくれてるから助かります。 心配してくれてありがとう。
 

Filed under: お便り  タグ: — tomi 06:17

寝たきり老人

   DSCF7934
                      DSCF7936
   DSCF7933
                      DSCF7932

    上の写真4枚は昨日撮ったもの。下2枚は今朝(27日)8時ごろ撮影。

   DSCF7940    DSCF7939

    今朝8時の山荘の気温 -11.5℃、晴れ。 積雪深:45cm。

   昨日から新たに20cmほどの積雪。デッキの上の丸太の腰掛に積もった雪も
  こぼれる程に。
   退院するさい医者に、除雪作業など無理な動きは避けるよう言われ、しばらく
  は家に帰っている息子にお任せ。年が明けての再検査まで安静にするようにと。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「おはよう、爺。 小姫、明日帰ってくる。あの子、帰ってくるたびに
    大人びてきて恐いくらい」
                    *
    「なにご馳走してあげようかな、やはりまぁ・・・デパ地下かなぁ~」
                            ─── 仙台姫

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     昨日、小姫からメールが有ったんだけど、冬休みは短いんだそうだ。
    二十歳前後の女の子は、一年ごと、見違えるほど成長するからね、姫も
    いつまでも子ども扱いしないように。

Filed under: お便り,山荘周辺  タグ: — tomi 10:29

夕空

  DSCF7775
                   DSCF7776

      長い間お休みしました。

     しばらくぶりにパソコンに向かい、戸惑うことばかりです。
    以前のように毎日は報告は出来ませんが、美瑛の秋を、山荘の
    周りだけでも報告したいとおもいます。
     写真は9月の末、山荘からの夕空です。秋は物寂しくて辛く
    なります。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「おじさん、無理しないでね」 ─── 小姫

Filed under: お便り  タグ: — tomi 21:15
  • 2019年10月
    « 9月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー