日本映画の名作

   1-DSCF8634   1-DSCF8638

        今朝7時の山荘の気温 -8.5℃、雪。 積雪:20cm。

   1-DSCF8635   1-DSCF8636

   1-DSCF8637   1-DSCF8639
                        (階段の踊り場の窓から)

   「爺、一昨夜のBS・『居酒屋兆治』、よかったね。なんど観てもいい。
   血を吐いて死んじゃう大原麗子さんを抱きしめる健さん。涙ポロポロだよ」
                             ─── 仙台姫
 
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      最後の埋葬のシーン、明るくて救われますね。ちあきなおみさんが
     よかった。
      出演されてる俳優さんたち、もうほとんどが亡くなられてますが、
     日本映画の名作ですね。 健さんの歌がまたいい。感情を抑え、あんな
     ふうに歌える歌手はいないなぁ。

Filed under: お便り  タグ: — tomi 18:59

対向車線を・・

                1-DSCF8629
                (写真は数日前のもの)

        今朝7時の山荘の気温 0℃、ミゾレ。積雪:1~2cm。

      80代の老人が高速道路を逆走し、死亡したというニュースが流れた。
     この私もあと何年、運転感覚が保てるか分からないが、さいわい美瑛には
     片側2車線以上の道路は無い。
      若い頃の一時期住んでいた札幌市の新川(琴似川沿い)。当時の川沿い
     の道路は、北に向かっての1本、それも片側一車線だった。
      札幌を離れ十数年が経ったころ、久しぶりに川沿いの道を通って驚いた。
     対向してくる車が皆パッシングライトを点けて「何か」を知らせてくれる。
     道路上に標された矢印が、みなこちらに向かっていた。ようするに、片側
     3車線の道路を逆走していたわけだ。 危なかった! 後日、地図で調べた
     ら、片側3車線はおろか、川沿いの道路は両岸にあり、川をはさみ、つご
     う6車線となっていた。
      アレ以来、札幌にはもう車では行かないと決めた。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「爺、おはようさん。BSでやってる『赤ひげ』さんだけどね、
        最近、話のネタが無くなったのか、周五郎さんの他の短編混ぜ
        込んでお茶を濁してるって感じ」
                      *
        「むかし倉本聰さんがやってたって手法だね。赤ひげや保本が
        背景描写になってるようなね」        ─── 仙台姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         サブタイトルを見ると、周五郎さんの他の短編小説に似てる
        けど、それはそれでいいんじゃない。この物語、前にどこかで
        読んだみたいな・・でね。 脚本家も苦労してるんだよ。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「スマホを操作しながらの運転が厳罰化されます。
          以前にも当欄で指摘されていましたが疑問が残りま
          す。タバコやオニギリや化粧や談笑もスマホと変り
          ありません。現代の道路とクルマは、本当に安全を
          考えた移動手段ではないのかもしれません」
                         ─── 村人・A

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           車を運転したくてたまらないという人は別として、
          すべての車に自動運転機能を付けたらどうかな。行く
          先ををインプットしたら、到着するまで自動運転。
           そんなのツマランという御仁は、バーチャル空間
          で運転を楽しめばどうでしょう。

Filed under: お便り,テレビ、映画  タグ: — tomi 09:29

壊れかかって・・

   1-DSCF8611
                     1-DSCF8612

       今朝7時の山荘の気温 -8.5℃、晴れ。積雪:3cm。

     朝起きると、カーテン越しの外が薄暗い。ところでこれは、朝なのか
    夕暮れなのかは、時計を見てはじめて判断するようになった。体内時計
    が当てにならなくなった。
     体内時計といえば、先ほど、雪解けの進んだ北側の林の中を見ていて、
    ふと何かを目で追っているいる自分がいる。すぐに気づいたが、林の中
    にフキノトウを探している自分がいたようだ。
     何かがくるい、あるいは壊れかかってきたのかも。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「爺、トボケたこと言ってんじゃないよ。壊れたのはアソコだけ、
      アソコが立ち直れば元気になるから。なんなら手を貸してあげよう
      か?」                   ─── 仙台姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       なんだか朝からボーッとしてるとね、痴呆も悪くないなって。
      不思議に、朝からお酒だけは飲んどる、忘れずに。

Filed under: お便り,季節、四季  タグ: — tomi 11:03

             1-DSCF8610

         今朝9時の山荘の気温 0℃、小雪。 積雪:3~5cm。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「おじさん、観ましたよ、『絆 走れ奇跡の子馬』。
          泣けて泣けて、もう思い出すだけでも涙がわきます」
                     *
          「どうしてスタート直後に走り出せなかったのか、お
         じさんに前もって教えていただかなければ分からかった
         でしょう」
                     *
         「 ‵ リヤン、走れ! ’ という観衆の声援に、次第に
         走りだすリヤン、思わずもらい泣きしてしまいました」
                            ─── 小姫

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         おじさんは観るのは2度目なんですが、自分の記憶と違う
        部分が多くて、老いを感じました。でも、レースの出走の時、
        頭上をヘリが一機飛び去るのを見たリヤンが、思わず尻込み
        するシーンは、とても感動的でした。
         震災の時に産まれたリヤンの心に、傷となって残っていた
        んですね。

Filed under: お便り,テレビ、映画  タグ: — tomi 12:47

温暖化? 寒冷化?

   1-DSCF8588
                      1-DSCF8590
   1-DSCF8591-002
                      1-DSCF8589

     今朝6時の山荘の気温 -3.8℃、くもり。 積雪:20cmほど。

     写真は一昨日の午後2時ごろ。 いったん融けた雪の上に、吹雪いて
    新たに10cmほど積もり始めた様子。気温が高めなので助かります。
     土地の古老の話だと、昔はクリスマスの頃まで雪のない年もあった
    そうだ。 寒冷化しているのか、それとも温暖化しているのか、北海道
    だけは本州とは大気の流れが違うようだ。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「おはよう、爺。小姫からの伝言、『・・・入院して、
        しっかり治したほうがいいよ』とのこと」
                          ─── 仙台姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       そうだろうけど・・、入院すると、お酒飲めないしなぁ。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「ついでに、アル中も治しな」  ─── 仙台姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           姫と同じ病室で、マクラ並べて治すか。

Filed under: お便り,天気、星空  タグ: — tomi 10:54

もう歳です

   1-DSCF8579
                       1-DSCF8581
   1-DSCF8578
                       1-DSCF8582

        今朝8時の山荘の気温 -6℃、雪。 積雪:28cm。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「札幌西区も積雪10㎝ほどになりました。明日は雨の予報です。
      毎朝、鹿がなく声が聞こえていましたが静かになりました」
                           ─── 村人・A

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        札幌は明日は雨の予報だそうで、うらやましいです。雨は
       積もった雪を溶かしてくれますもんね。
        山荘は数日前から降り続いた雪が30cm程に(所よって
       は40cm以上)積もり、今日も降り続いています。衛星画
       像を見ると、線状の雪雲が日本海側からちょうど美瑛の上空
       に流れている様で、お隣の旭川市ではほんの数センチの積雪
       だそうです。
        除雪機を操作(運転)していても、その除雪機についてゆ
       けず、除雪機を減速することたびたび。もう息も絶え絶えの
       作業でした。 歳ですね~。
        上の写真4枚は、昨日(16日)除雪直後に撮ったもので、
       右下の写真は、屋根から落ちた雪の塊。
        下は今朝撮ったもの。昨日除雪した直後は地肌が露出して
       いたのに、一晩でまた新たに10cmほど積もったようです。

  1-DSCF8583     1-DSCF8585
                      (窓際で花を咲かすローズマリー)

Filed under: お便り,季節、四季,山荘周辺  タグ: — tomi 11:48

             1-DSCF8544

   1-DSCF8545    1-DSCF8549

             今朝6時の山荘の気温 6℃、晴れ。

             1-1-DSCF8550

    山荘の前庭にあるウッドデッキ。この下には浄化槽のタンクが埋もれている。
   マンホールの蓋が二つ地表面に表れていて見映えがよくないので、業者に頼み、
   ウッドデッキを作ってもらった(写真・上)。
    旅人が喜ぶので丸太の切り株を載せたところ、座布団が欲しいの、コーヒーが
   欲しいのと勝手なことを言う。その旅人も絶え、代わりに猫のミーシャのお気に
   入りの場所となった。どうしてここが気に入ったのか分からないが、部屋にいな
   いなって探すと、大抵ここでくつろいでいた。猫の分際で世の中をヘイゲイして
   いたのかも知れない。飼い主の私なんかより、よほど思慮は深かったようだ。

             1-DSCF7799
 
   1-DSCF6537   1-DSCF6538

   1-DSCF8428   1-DSCF6535

   1-DSCF6580   1-DSCF6576

   1-DSCF6568   1-DSCF6571

     1-DSCF6318     1-DSCF6317

      1-DSCF6570      1-DSCF6568

   1-DSCF6574   1-DSCF6573

            1-DSCF6577

   1-DSCF8384   1-DSCF8387

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   「おじさん、ミーちゃんの死でマイってますよね。学部の先生に伺ったところ、
   死体を掘り起こし解剖すれば、死因は特定されるそうです。どんな農薬を飲ま
   されたのかも」
                    *
   「でも、たぶんもちろん、おじさんは、そこまでしないでしょうね、地域に
   波風を立てないためにも・・。
    ミーちゃんの写真見ると、とても猫とは思えないです。 瞳の奥から見通さ
   れているようで・・怖いくらい澄んでますよね」     ─── 小姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「爺、『農薬を混ぜた餌で猫を殺した男が、書類送検された』と、
      NHKのニュースにあった。 最低だね」     ───仙台姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        人はいつなんどきでも、誰でも最低になっちまうからね。

Filed under: お便り,動物  タグ: — tomi 10:26

ミーシャ・ロス

             1-DSCF8541-001

          山荘の玄関前。このジャリ道を、トコトコ、時には
         駆け足で遊びに出かけて行ったなぁ~

    1-DSCF8538   1-DSCF8539

       ポーチの木製のテーブル。この上で「香箱座り」していた姿が
      可愛かった。

             1-DSCF8540

     2階の談話室。ソファーの上で、日の当たる昼間はゴロゴロ寝ていた。

    1-DSCF8536   1-DSCF8537

      1階食堂。どこに行ったかと探すと、たいてい、お気に入りの椅子の
     上で、丸くなって寝ていた。
 
    1-DSCF8534   1-DSCF8533
    
     写真・左は爺の部屋のP・Ⅽの上。なぜか、ここがお気に入りだった。
     写真・右は、その足元の足温器。寒くなると、ここで体を丸めていた。
    

    1-DSCF8542   1-DSCF8543
     
        亡くなった日に用意しておいたキャットフードと飲み水。
       いつか戻って来るんじゃないかと・・・、捨てられない。
        右は、室内トイレ。 砂を新しく替えておいてある。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「おじさん、心配です。 落ち込まないでね。
          私もあの震災の時、何もかも投げやりになりま
          したが、そんな時、音楽に救われました」
                    *
          「ミーちゃんの写真をPCの壁紙にして、毎朝
         話しかけてみてください」    ─── 小姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            ありがとう。明日からそうしてみる。
                    *
         さっそく、ミーの写真をPCの壁紙にしてみた。
         数年前、横浜から移って来たばかりの頃のもの。
         よかったら、小姫もどうぞ。ときどき新しいのに
         交換します。

    1-DSCF8156   1-DSCF8155
 
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「おじさん、おばんです。
       ブログを見て心配になりました。
       悲しみや孤独さ、虚無感でいっぱいだと思います、、。

        小姫が言っていたように、音楽は人の心に寄り添って
       くれますよね。
        おじさんに聞いてほしい曲があります。手嶌葵さんの
       『雨』という曲です。心がとけていくように寂しく優しい
       気持ちになれると思います。
        YouTubeに上がっているので是非聞いてみてください」
                         ─── A.T.

Filed under: お便り,動物  タグ: — tomi 12:02

秋色に包まれて

             1-1-DSCF1602

            今朝5時の山荘の気温 2℃、曇り~晴れ。

       朝のうちは曇ってましたが、次第に青空が拡がってきました。
      風は微風、穏やかな秋風情に、山荘もつつまれています。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「爺、おはよう。土曜日から休みなく会社に出ずっぱり。
       社内のP・Cの待ち受け画面、美瑛のにしておいたら、今朝
       女の子たちの「キャ~!」って悲鳴が。
                    *
        「保険会社はこれから忙しいからね、爺のお守りは小姫に
       任せたから」      
                    *
       「あの子、またボランティアで行きたがってたので、力仕事は
      男に任せて、あんたは勉学に勤しみなさいって言っといた」
                            ─── 仙台姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         天災で苦しんでる人がいれば、見過ごせないだろうね。
        一生つきまとうんだろうか。

Filed under: お便り,山荘周辺  タグ: — tomi 10:53

秋の壁紙

              1-1-DSCF1587

             今朝6時の山荘の気温 0.4℃、曇り。

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「おはよう、爺。いま会社。ズル休みしたのがバレて。
         PCの壁紙、秋用なのが欲しいんだけど、なにか送って」
                           ─── 仙台姫

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            姫もそろそろ焼きが回ってきたな。バレバレな
           嘘なんかついたんだろう。
            爺も最近、秋色に替えたばかり、それと同じで
           よければ使って(上の写真)。

Filed under: お便り  タグ: — tomi 11:58
  • 2019年12月
    « 11月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー