内地は遠い

    1-046
                       1-DSCF0015
                          (秋まき小麦?)
      今朝6時の山荘の気温12℃、晴れ。

      朝の気温が15度以下になると、室温が20度ほどになり家の中でも寒い。
     下着の上に綿シャツ一枚でジッとしていると体が重くなったようにこわばる。
     何度も言うようだけど北海道の秋が始まった。 イネ科の花粉も舞い始めた。
      昨夜みえた旅人は東京から。 北海道に住んでいると、ときおりこの国の
     首都は札幌だと勘違いすることがある。 北海道から内地に行く時は外国に
     行くように遠い。反対に内地からの旅人にとっての北海道は、テーマパーク
     気分かも知れない。
      その旅人の一人が、今日はあの 「青い池」に行くそうだ。 台風での濁り
     も消え、また観光客でにぎわっているというニュースも流れた。 足の無い
     旅人なので (幽霊ではなくて)、現地まで車で運んでやるつもりだけれど、
     私はどうもあの池は苦手だ。 入浴剤のような、高校生のころ習った化学の
     金属塩のような、水に青緑の絵具を多量に混ぜ込んだような、とても自然の
     美しい色とは思えない。観光協会からお叱りを受けるかもしれないけれど。

    11    1-oki-1

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           「おはよう、爺。 明日から休みばかりが続くよな。
          思い切って全部休んじゃおうかな」
                     *
           「でも、もう有給全部使い果たしたし、仮病使って
          入院したとでもしとこうかな。 ヤブをグルにして」
                          ─── 仙台姫

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           ・・(省略)・・。 勝手気ままに振る舞える姫が
          うらやましいよ。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            「ジイ、ヤブに偽の診断書書けって言ったら
           ‘ バカ野郎 ’ だと。ヤブ医者のくせに偉そうに」
                         ─── 仙台姫

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          ヤブヤブって言うけど、小姫が世話になったんだろう。
         それに大学病院の医者に、ヤブ医者はおらん!
          お客様が帰ったので、これから畑。 メール送るな!

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・

               1-21 (2)
                (見かけない顔だねえ)

             「美瑛の『青い池』 は不思議な色で、
             棲んでいる魚や生物に興味があります。
             真冬はどんな風になるか、想像がつき
             ません」      ─── 村人・A

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「青い池」には魚は棲んでいないと思います。美瑛川も
         昔は魚は棲んでいなくて、ある時期放流したと聞いたこ
         とがあります(不正確かな情報)。
          美瑛という名も、アイヌ語の 「ピエイ」(濁った川)
         から名づけられたとか。 源流が火山の下ですから硫黄
         分が多く含まれていたのかも知れません。
          ネットから拾った冬の「青い池」(写真・下)。冬は
         ほとんど外に出ませんので、こんな姿になるとは知りま
         せんでした。

    4876e536afe1-b856-4d98-a79c-0193d927671c_m   646788db04cec480f9209edea0a3fa48

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            「おじさん、大変! お姉ちゃん行方不明。
            携帯の電源も切ってるみたい」
                          ─── 小姫

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           大丈夫だよ。 たぶんどこかで飲んでるか、夜遊び
          してるんだろうよ。 たまにはハメ外したいんだろう。

Filed under: お便り,季節、四季,美瑛  タグ: — tomi 07:04
  • 2019年9月
    « 8月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー