バクチ ?

    1-149
                       1-143

              1-151

             今朝6時の山荘の気温、18℃、晴れ。

     美瑛は平地が少なく、大抵はなだらかな丘ばかり。 だから大雨には弱い。
    雨水が川となり、丘の畑を削り、農作物を流してしまう。収穫を間近にした
    ジャガイモや豆類が道路際まで流されているという光景を、新聞配達の方が
    話してくれた。現地を見るのが気が重いので、例年の今ごろの、ジャガイモ
    の収穫風景などの写真を探してみた (写真・上、2004、8/26)。
     給与所得者とちがい、農家は一年の所得を数種類の作物を生産して得る。
    だから天災のダメージは大きい。 近くの農家の方が以前語っていた言葉を
    思い出した ───「農業はバクチみたいなものだ。 いくら努力しても報われ
    ないことがある」。さらに「内地で災害があると大儲けすることもある」と。
     この秋の収穫風景は写真には残せない。

              1-006
                   (ボリジの花)

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「おはよう、爺。 もう畑仕事やめな。小姫が心配してたぞ。
        最近また朝の報告が無いって」      ─── 仙台姫

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          血圧計が出払ってるもんだから、つい忘れてしまってね。
         夏バテ気味で食欲無し。体重2kg減! これからまた畑。

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「爺、どうした? 最近元気ないぞ! ペロリ菌入りの
          お酒もう飲んじゃった? こんどポロリ菌入りのお酒
          送ってあげようか?」        ─── 仙台姫

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             なんだ? そのポロリ菌入りってのは。

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           「姫のカワユイ乳首に浸したお酒」  ─── 仙台姫

              ・・・・・・・・・・・・・・・・

                 要るか、そんなもん!

Filed under: お便り,美瑛  タグ: — tomi 07:17
  • 2019年9月
    « 8月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー