台風

    1-1-127
                       1-090812-1

              1-090815-2-1
                   (クサフジ)
 
              今朝6時の山荘の気温22℃、曇り。

     ほぼ10日ほど 「近況報告」 をお休みしました。 体が壊れたのではなく、
    P・C が雷に打たれ壊れたのが原因でした。場所がら相変わらずカミナリに
    弱い山荘です。山荘に P・C など不要だと雷様に叱られているんでしょう。
                     *
     北海道を襲った台風による被害はTVで知った。 風は無く、雨がいつもよ
    り長く降るなぐらい、まさか美瑛川が氾濫していたなど、予想も想像もしな
    かった。
     畑仕事をしていると、心配した内地のなじみの旅人から電話が入る。 知ら
    なかったなんて言えないから、適度に取り繕う。
     北海道は広いが、美瑛も広い!

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「大雨に強い山荘が証明されたようで安心しました」
                        ─── 村人・A

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         雨には強いんですが、カミナリ親父には泣かされます。
        ところで下の写真、玄関横のポーチに落ちていた野鳥の
        死骸です。どうして死んだのか分かりませんが、2.3日
        前には、この場所より2mほど離れた所に横たわってい
        ました。 死んだ鳥が動くはずもなく、恐らくキタキツネ
        あたりが窓際まで運んだものと ・・・、でも、なぜなん
        でしょうね。

      1-DSCF4711   1-DSCF4712

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           「鳥は窓ガラスに衝突して天国に行きました。
           暴風雨の夜に多発します」   ─── 村人・A

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          ほぅ ・・、するとつまりなんですか、暴風雨の夜は
         野鳥もハメを外してワイワイやるわけですね? それで
         辺りはもう暗いもんだから、飛ぶ方向を見失った奴が
         フラフラ窓ガラスにドスンと。 ただそれを、キタキツ
         ネがどうして移動したんでしょうかね?

Filed under: お便り,動物,天気、星空,美瑛  タグ: — tomi 09:49
  • 2019年9月
    « 8月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー