ピンク色の春

              1-140531-13

              今朝6時の山荘の気温12℃、雨。

      終日雨の予報。 京都からみえた旅人、数日の北海道旅行の最終日に美瑛を
     選んだようだ。 雨の美瑛、印象はよろしくない。
      帰って人に訊かれたら、「評判ほどでもなかった」 と、たぶん答えるだろ
     うか。 雨の日の美瑛、お勧めの場所はと訊かれると困ってしまう。

    1-120618-2    1-120618-1

     手入れの行き届かないハーブの庭。 体調を崩し、2年ほど放っておいたら、
    雑草にもめげず、たくましく自己主張するものが結構ある。もともとハーブは
    雑草みたいなものだから、かえって居心地が好いのかもしれない。
     いま草だらけの庭で輝いているのが写真の「チャイブ(ス)」。複数形「S」
    が付くが理由はあまりよく分からない。 別名:西洋アサツキと呼ばれ、両者は
    見分けがつきにくく、山荘のものも雑種かも知れない。 春先の庭で、ピンクの
    花を咲かせる 「イブキジャコウソウ」 ともども、心を和ませてくれます。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           「爺、お客さんもう帰った?」   ─── 仙台姫

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           北海道(道東方面)に移住したいという方々でした。
          何の力にもなってあげられないけど、北海道の人口が
          一人でも増えるのは良いことです。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「順調に予約があるみたいね。よかった、よかった」
                           ─── 仙台姫

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           よかったと言えば、来月まで予約が有りませんので、
          よかった、よかったとばかりは言えますけどね。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           「コラッ、ジジイ! やる気あんのか?」
                            ─── 仙台姫

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           ありません。 ありませんけど、おいで下さる方には
          最善をつくします。 ただ、帰り際に 「また来てもいい
          ですか?」 と訊かれると、首を傾げる癖があります。

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

              「おバカだねぇ、首は前に倒すもの。
              あとでペロッと舌出せばいいんだから」
                         ─── 仙台姫

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            ほう ・・、姫らしくもない。 姫も世の荒波に
           もまれ、丸くなりましたねぇ。

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           「爺、今朝の 『こころ旅』 観た? 正平ジジイ、
           カラシとタクアン間違えてやんの。 歳だねぇ~」
                          ─── 仙台姫

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             可愛いじゃないですか。言外に姫のイタワリが
           あふれてますね。

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                1-img136 (2)
                  (隙間から朝日)

           「ワインに干し葡萄やチーズ、日本酒にニシンの燻製や
          硬いジャムパンの相性がいい話をしていると、『酒は何
          でも合うべさ』 と言われました」   ─── 村人・A

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           掲載が遅れてしまい、申し訳ない。 夕方から数時間
          眠ってしまいました。

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「こらっ、ジジイ! 連絡が取れないけど、どうした?
         ついに死んじゃったか?」       ─── 仙台姫

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             だから、眠ってたって言ってるでしょう!

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            「おじさん、おばんです。 今日の 『こころ旅』、
           北上川の源泉を訪れる番組でしたね」
                      *
            「あの可愛い水音が次第に大河になってゆく姿は、
           どこかスメタナの『モルダウ』に似てませんか?」
                            ─── 小姫

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           「モルダウ」の最初の数小節は、木の葉から落ちた
          水滴が、チョロチョロとした流れになり、次第に川へ
          となってゆきますね。 チェコのボヘミアの森を源泉
          として、やがて国境を超えて、ドイツに入ると名を
          「エレベ川」 に変え、北海に注ぎます。
           国境を超えると名が変わるという事がない日本の
          川。 あたりまえだという事を大切にしたいですね。

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「爺、『花のあと』どこまで読んだ? 今夜も読む?」
                           ─── 仙台姫

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             今夜は録画しておいたテレビ番組をこれから
            観ますので、読書はお休みです。

Filed under: お便り,植物、花、ハーブ,美瑛  タグ: — tomi 06:34
  • 2019年9月
    « 8月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー