白人化

   1-DSCF2329

             1-DSCF2330

                       1-DSCF2328

      今朝5時の山荘の気温11℃、曇り。

    予報ほどの冷え込みではないけれど、窓を開けると冷気が足元に流れ落ちる。
   昨日ふたたび山に向かった旅人は、テントの中で眠れただろうか。
    一昨日、蒸し暑かったので今年初めて半袖を着た。 両腕を改めて眺めまわし、
   肌の白さに驚いた。 北海道に住む者は、場所にもよるが半袖を身に付けるのは
   年に一ケ月位だろうか。 紫外線が最も強いのは5~6月。でもその時期はまだ
   寒いので、肌を出すことはない。
    アフリカで生まれた人類が四方に散らばり、北へと向かった一族が、今の白人
   のルーツだといわれる。 寒さから身を守るため、肌を露出せずに過ごしてきた
   事が、紫外線の洗礼を受けることなく肌の白さにつながったのだろうか。
    写真は一週間ほど前のジャガイモ畑。 今は花の盛りは過ぎたかもしれない。

              1-P1080118

          玄関横のナナカマド、葉の一部が赤く色づき始めた。
          そんなに急ぐこともないとは思うがね ・・・。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「おじさん、おはようございます。 人種による肌の色の違いは
       紫外線によって作られるビタミンDに原因があるって前に聞いた
       ことがあります。 詳しくは分かりませんが」   ─── 小姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         分かったら、こんど教えてください。
                 リケジョが近くにいると助かります。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「爺、そういう鮮度の落ちた写真じゃなく、最新の
          写真、載せなさい! 新聞も、一日前のだと意味が
          ないのと同じ」          ─── 仙台姫

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           いや偶然ですね。 昨日忙しかったんで、今まで
          その昨日の新聞読んでたところ。
           鮮度が落ちたと言いましても、撮ったときは新鮮
          だったんですよ。今から2階に上がって新鮮なのを
          撮ってきますんで、少々お待ちを。

   1-DSCF2363     1-DSCF2362
       (十勝連峰方向)           (遠く牧草ロール)

        2階談話室から撮影。 AⅯ・10:37、外気温17℃。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「爺、新聞読み終わった? 新聞、もう止めたら?」
                            ─── 仙台姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          ようやく昨日のぶん読み終えて、午後からは今日のぶん。
         まったくね、新聞が無ければ一日の時間も長くなるしねぇ。
         これ、中毒みたいなものかもな。 読まないと世の中から取
        り残されたようでイライラする。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             「テレビなんかと違って、新聞は
             奥深く入るからね。 麻薬みたいに」
                    ─── 仙台姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「危険予知運動。 建築や現場管理の人々が使うKY運動。
        危険予知の頭文字を採ってます。それを 『空気読めない』
        運動と訳した奴がいました。 正解です」
                          ─── 村人・A

                  1-img386
                    (連動)

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「場の空気」とか、「空気が読めない」とかよく使われますね。
       もしかしてソレって、山本七平さんの『空気の研究』からきてる
       んでしょうか。
        むかし夢中になって読みました、『日本人とユダヤ人』 とか。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「爺、BSで美瑛やってるぞ! いいなぁ~。 小姫が
         『私もラベンダー刈りたい!』 って黄色い声。
          爺、生のラベンダー送ってタモ~レ!」
                     *
          「『日本人とユダヤ人』、学生のとき私も読んだよ。
         著者のイザヤ・ペンダサン、訳者だといわれていた
         山本さん本人なんでしょう?」    ─── 仙台姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          山荘のラベンダーは、手入れが行き届かず雑草の中。
         明日にでも写真だけ送ってあげる。
          山本さんが著者だということは公然の秘密。そんな
         ウイットが通じる空気の世の中でした、あの頃は。

Filed under: お便り,北海道,季節、四季  タグ: — tomi 05:57
  • 2019年10月
    « 9月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー