山荘にもオペックが

   1-091128-919
                     1-091217-3

     今朝6時の山荘の気温 -10℃、晴れ。 積雪深:15~20cm。

   降ったり止んだりしていた雪も積雪20cmを越えはじめた。 陸の孤島に
  なるほどではないけれど、郵便や新聞配達の方々に迷惑がかかりそうなので、
  今日はこの冬最初の除雪作業にとりかかります。 この冬は平年より雪が多く、
  気温も低いという予報が出ている。 いつものように外れてくれると有難いん
  ですがね。
                   *
   灯油の値段が下がってきた。 先月、灯油タンクを満タンにした時よりも
  10円以上安くなった。暖房を灯油にたよる北国には有難いことです。ただ、
  配達をもう少し先延ばししていたなら一万円ぐらい安くなっていたはず。
   オペックや、シェールガスの話題が山荘にも届きはじめた。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「おはよう、爺。 シャバの飯が喰えるのも今日までだからな、
     覚悟しなよ。 病院で看護婦さんのお尻、触るんじゃないぞ」
                          ─── 仙台姫

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       へぇへぇ、わかりました。まるでヤクザのお姐さんだな。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「おじさん、雪かき手伝いに行こうか?」  ─── 小姫

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「爺、雪の中で死んだら元も子もないないからな。
        死ぬんなら病院だぞ。 病院へ行こう!」
                         ─── 仙台姫

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       只今から出動です。 なに、表面をさっと撫でる程度です。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「爺、雪かき終わった? 生きてる? 雪の中で倒れてる姿、
      こんなかなって仰向けに倒れたら、小姫にド突かれたよ」
                            ─── 仙台姫

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       終わりました、疲れました。200mの私道3往復、ほぼ
      1.2km。 脚の付け根が痛い。明日はまず整形外科にも立
      ち寄らねばな。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「以前、お尻を触られたと言う女性との話ですが、『アイツは
     普通の触り方と違う触り方をする』 と言ったので、どんな触り
     方か訊いたことがあります」        ─── 村人・A

            1-img202
                (明日も晴れ)

        「(私用通信) 入院の際は筋肉が落ちないように、
                差し支えない程度の運動を課して
                ください。 結構ふにゃふにゃに
                なります」

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「どんな触り方か ・・?」 って訊いてもらいたそうな
       言い方ですな。 ところで、どんな触り方?

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「コラコラ! 『結構ふにゃふにゃ』って、どこがどう
       ふにゃふにゃになるのさ、『差し支えない程度の運動』?
       この欄は、そういう場所かよ?」    ─── 仙台姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         どうやら姫に、好物のエサを与えたようですな。
        ところで姫、だいぶ酔ってるようでうらやましいよ。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「アチキも明日から好物のエサがなくなり淋しいよ。
       爺、早く帰って来るんだよ (・・・クシュッ)」
                         ─── 仙台姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「おじさん、こんばんは。 お姉ちゃんほんとに
        泣いてる、ウソみたい。泣き上戸っていうんだね」
                    *
         「おじさん、いまテレビ見てますか。 選挙番組?
        私はいま札幌交響楽団の 『未完成』 観てます。
         若い頃、おじさん好きだったオーケストラです
        よね」             ─── 小姫

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         途中からですが観てました。次のアルべジョーネ
        ソナタ素敵ですよ。

          追伸: ふつうチェロで演奏されるんですが、
              ビエラでの演奏、楽しみです。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「いよいよ明日ですね。 『ガン友』 になってしまいまし
       たね。
       私の方が大先輩! 心配ご無用よ。潔くお医者様に委ねた
       らいいでしょう。 動物たちが寂しがるでしょうね?」
                          ─── 浮舟

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「ガン友」 ですか、いい言葉ですね。 たぶん、ガンを
       罹った人どうしでないと分かちえない表現なんでしょう。
       新米のガン友ですが、これからもよろしくお願いします。

Filed under: お便り,三浦光世,天気、星空,日常生活  タグ: — tomi 06:12
  • 2019年9月
    « 8月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー