気づかわれて

   2465-1
                      2474-1

     今朝5時の山荘の気温14℃、晴れ。

   朝から雨かとおもいカーテンを開くと青空が見える。 なじみの旅人のブログを
  覗くと、いま黒岳にいるようだ。 「山頂の紅葉はまだまだ見頃ながら、ピークは
  過ぎつつあります」 とのこと。 一か月ほど後には、美瑛も紅葉の盛りとなるん
  でしょう。
                     *
   昨日は旅人の帰った後の片づけと、ジャガイモの収穫、ブルーベリーの収穫で
  疲れ果ててしまった。 たかがこの程度のことで音を上げるとは、体力・気力とも
  衰えたものだと ・・・しかし、そのあと飲んだお酒の美味かったことのなんの。
   先日お客様が差し入れてくれたお酒を一晩で飲んでしまったら、すまなそうに
  「飲み過ぎないでね」と気づかわれてしまった。 はたからだと、そういう飲み方
  をしているらしい。 体よりも精神のバランスが崩れかかっているんだろうか。
                     *
   今日からお客様は無いが、雑用は続く。雑用という用事は必要のない用事だと
  思っていたが、雑用をこなさないと、大切なことが出来ない。一人暮らしが続く
  かぎり付いてまわる。 若い頃の一人暮らしを思えば、なんともないはずなのに。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「おはよう、爺。 小姫の体の中にストレスなんか無い!
       単なる空太り!」
                     *
           「雑用ついでに、カレー作って、送れ!」
                       ─── 仙台姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             そのうち、雪が降り始めたらね。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「雪が降るまで待てない、飢え死にしちゃう!」
                        ─── 仙台姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         二人とも、それだけ肥えてれば死ぬことはない!

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「おじさん、お姉ちゃんがお酒飲んでるときの
         写真、送ったからね。 公開してもいいよ」
                          ―― 小姫
         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           公開はできないけど、こんどお酒飲むときは
          この写真見ながら飲むよ。お姉ちゃんとサシで
          飲んでる気分になる。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「おじさん、数日前には顔見知りの女性が来た
          んですね。
           なんかおじさん、デレデレしてたみたい」
                          ―― 小姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          そう、数年ぶりにおみえになった方。飲み過ぎ
         ないようになんて家族にも言われたことないしね。
         「・・飲んでるかい?」とはよく言われるけどね。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「爺、飲んでるかい? ・・じゃなくて、『おじ様、
         飲み過ぎないでね』。 ウヮーッ、体中痒くなる!」
                         ─── 仙台姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          聞いてるこっちは、ジンマシンが出てくるわ。

Filed under: お便り,お酒  タグ: — tomi 07:20
  • 2019年10月
    « 9月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー