白日本人

   
                      

     今朝7時の山荘の気温 -18℃、曇り。 積雪深:80~100cm。

     昨日より10度も高い、暖かい(?)朝です。-27度を体感すると、
    冷凍庫内と同じ-18度が、それ程でもなく感じられるから不思議です。
     アフリカで誕生した私たちの先祖が世界中に広がったなかで、北方に
    向かった種族が白人の原型になったと聞いたことがあります。寒冷のせ
    いではなく、紫外線の少なさが肌の色素に影響したんでしょうか。
     モンゴロイドや北極圏のイヌイットの目のまぶたが一重なのは、まぶ
    たに脂肪を貯めて寒さから眼球を保護するためだそうです。
     北海道民の歴史はまだ数百年ですが、これから10万年、100万年
    後には白人に近い色白の人種になるかもしれません。そのためには内地
    との血縁を断ち、青函トンネルを埋め、独立国として日本本土から貞操
    を守る。モンゴル軍に陵辱され、混血を強いられたのが黄ロシア、純潔
    を守ったのが白ロシア(真偽不明)だというふうに、「白日本」が出来
    上がるかもしれない。 出来るといいな、それまで生きていたいな。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            「おはよう、爺。 仙台は大変! 大雪。
            除雪機もって、雪かきに来て~!!」
                             
          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            除雪機は重くて、担いでゆくわけには
           いかない。 元カレ軍団に頼むんですな。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           部屋は2階だから平気だけど、明日会社や
          学校に行けなくなる。誰かこの欄見てるはず
          なのに、誰も来てくれな~い!」
                        ─── 仙台姫

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           この欄、姫の掲示板代わりかよ! それより
          マンションの管理会社とか大家さんに連絡とっ
          たら? 他の住人とか、駐車場なんかはどうな
          ってる? 小姫を叩き起こして働かせなさい!

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「妹はゴロゴロ横になって、テレビで 『男たちの旅路』
        観てる。 駐車場の車は一台も動いてない。マンションの
        住人、誰かがやるだろうって感じ」    ─── 仙台姫

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          じゃあ、誰かがやるんでしょう。姫もゴロゴロ横
         になって、お酒飲んだり、テレビ観たりしたら?

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           「おじさんが余計なこと言うから、お姉ちゃん
          テレビの前で、トドみたいに横になって、お酒
          飲んでる」
                     *
           「お昼ごはんは? って訊くと、自分で作りな
           さいだって。あ~ぁ、誰か、お姉ちゃんの友達、
           何か作って持ってきてくれないかなぁ~」
                           ―― 小姫
          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           しょうもない姉妹だなぁ。おじさんは今、ご飯
          炊いて、サンマ焼いて、一人でお昼ごはん食べる
          ところ。 何かお姉ちゃんに作ってあげなさい!
          アザラシだったり、トドだったり、よく似てるよ。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「爺、小姫がお昼ごはん作ってくれた。 ごはん
          炊いて、キャベツ炒め、ハムと目玉焼き乗っけて
          ・・・まぁ食べられないことないけどね」
                     *
           「調理師の元カレに、仕込んでもらおうかな、
           花嫁修業も兼ねて」      ─── 仙台姫

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          先に姫が仕込んでもらったら、花嫁修業を兼ねて。

Filed under: お便り,北海道  タグ: — tomi 08:47
  • 2019年10月
    « 9月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー