ウトウトと

    
                      

        今朝5時の山荘の気温 -8℃、雪。 積雪深:80cm。

      昼間ウトウトして、夜中に目が覚める。そういう不規則な生活が数日来
     続いていて、正月が終わってもそのまま続くんじゃないかと、半分ぐらい
     ‘ それもいいか ’ と思いはじめてる。
      酒を飲み始めると、ときおり唐の詩人・李白が目の前に登場する。別に
     お会いしたこともないし、どんな詩を創った方かも忘れた。すると、同時
     代に生きた玄宗や楊貴妃も登場してきて、なにやら目の前があわただしく
     なる。ついこのあいだは北条政子が出てきて、頼朝のむなぐらをつかんで
     引きずりまわしていた。 最近の酒は楽しいことが多くなった。

       

       ウェブカメラから拾った画像。 右は偶然写っていた除雪中の姿。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「おじさん、おはようございます。それ、幻視っていうらしいです。
      お姉ちゃんもときどき見るそうです。 お姉ちゃんの場合、震災時の
      ストレス障害(PTSD)が原因だっていってました。お酒の飲みす
      ぎも原因になるそうですから、飲み過ぎないようにね」
                     *
       「お姉ちゃん心配だし、きょう仙台に帰ります」  ―― 小姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「西区手稲山ふもと部落は豪雪の正月を迎えました。
         早朝にキタキツネが目の前を走って行きました。それ
         を見た近所の人は 『変わった犬ですね』 と。 隙の
         ない動きは犬のおまわりさん、でしょう。
          北区にある病院、太黒胃腸科の前はイチョウ並木で
         すが、あれは偶然でしょうか。
          今年も宜しくお願い致します」   ―― 村人・A

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          こちらこそ、よろしくおねがいします。 それにしても
         いつもながら人を煙にまいたようなメールの終わり方。
         何がなにやら分からないけど、まぁいつものこと。
         『釧路湿原物語』、今年もまたお願いしますね。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「爺、おはよう。 妹からメール、幻聴が聞こえるん
         だって? アル中だ! いますぐお酒やめなさい!」
                           ─── 仙台姫
          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          姫こそ、そういう幻聴が聞こえるんだろう。頭の後ろ
         から、「アル中だ! いますぐお酒やめなさい!」 って。
          姫、朝から酔ってるな。 幻聴じゃなくて幻視ですよ。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「おじさん、ここだけの話(オフレコ)、お祖父ちゃん
        から聞いたんだけど、『 あの娘(お姉ちゃんのこと)を
        飼いならす男なんて、おそらくいないぞ 』 だって」
                     *
         「あれだけ大酒飲んで、男を男とも思わない娘をシュン
        とさせるなんて、明治の男ならなぁ・・、だって」
                            ─── 小姫
          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          オフレコって何のこと? いま酔ってて忘れたけど。
          高倉健さんみたいな男が現れたらなぁ。
          ところで健さん、酒一滴も飲めないって知ってた?

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「爺、妹の読んでる本、2~3ページ読み始めたけど
         挫折! 眠くなってくる。 よくこんな本読んでるなって
         感心する」
                      *
         「2.3日実家に帰ろうかなって思ったけど、妹がもう
         すぐ帰ってくるっていうし。なんか、お昼ごはん作って
         おいてあげなくちゃね。 爺、飲んでるかい!」
                           ─── 仙台姫
          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          酔いが少しさめたんで、今また飲み始めたところ。
         以前録画しておいた映画 『スケアクロウ』 観てる。
          なんだか淋しそうだね。 元カレたち呼んだら?

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           「爺のブログ見て、みんな集まってきてくれた、
          いろいろ食べるものいっぱい持ってきてくれて。
           妹も一関から両手にいっぱいお土産かかえて、
          これから新年会だ! 数時間前とは別世界、爺も
          横にいたらなぁ」        ─── 仙台姫

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         よかったね。 ところでオフレコって言葉、何だっけ?

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「はじめまして、仙台姫の友人です。 彼女が千鳥足で
         トイレに向かうと、小姫ちゃんが心配そうに後をついて
         行きました。
          みんなジンとして、シンと静まり返りました」
                          ─── 仙台・A子

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「ジ~ィ! 酔っ払っちゃった。 妹にケイタイのキー
         打ってもらってる。 楽だぁ、こういう機械あるといい
         な。
          『スケアクロウ』 観た? 学生のころ観たような。妹
         が嫌がってるから、きょうはもう寝る。 おやすみ!」
                          ─── 仙台姫

              ・・・・・・・・・・・・・・

                   おやすみ。

              ・・・・・・・・・・・・・・

          「おじさん、まだ起きてますか? 私のメールネーム
          『小姫』 の読み方は ‘ こひめ ’ なんですか?」
                            ─── 小姫

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        起きてますよ。 お姉ちゃんを大姫 (古代は大君・長女の意)
       とすれば、妹は中姫(中の君・次女)となるんでしょうが、まぁ
       まだ小さいから小姫としただけです。 読み方は 「こひめ」 と
       おじさんも読んでましたが、ネットで調べると 「おひめ」 また
       は 「さき」 と読むそうです。 君はどう呼んでもらいたいです
       か? ほかに好きなメールネームあったら、代えますよ。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           「 ‘ さき ’ がいいです」  ―― 小姫(さき)

Filed under: お便り,お酒  タグ: — tomi 05:36
  • 2019年10月
    « 9月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー