酒づくり

      1-0-1-11
                      

             
                 (クラブアップル)

            今朝6時の山荘の気温、10℃、晴れ。

   旅人が記念植樹した 「クラブアップル」 の木が、今年も実をたくさんつけた。
  毎年そのまま野鳥の餌になるところだが、今年は植樹された方に送ってあげようか
  と思ってる。形の悪い物は、ホワイトリカーに漬け込んで、アップル酒もいいかな
  なんて企んでいる。3ヶ月ほど寝かせば飲めるだろうから、根雪で白くなった年末
  冬景色を見ながら楽しもう。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「おはよう、爺。
         クラブアップル酒? 美味しそうだね、年末が楽しみ」
                     *
         「妹が爺に電話した件だけど、昨夜二人でその話し
         したら、あの子ほんとは分かってたみたい。分かって
         たけど、それでいいのかなって、誰かに背中を押して
         もらいたかったみたい」       ─── 仙台姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          震災直後、失くしたケイタイを探してたのは、中に
         両親の声が残ってるかもしれないって言ってたよね。
         思い出になる品々がみな流され、両親を次第に忘れて
         しまう日々が続くことに罪悪感を覚えているようだけ
         ど、思い出したい時だけ思い出せばいいし、忘れた事
         はそのまま忘れてしまえばいい。生きてゆくってそう
         いうことだと思うよ。両親だって、年に一度思い出し
         てくれればいいって言うはずだし。

          追伸: Sちゃん、姫と一緒に暮らすことができた
             おかげで、重い過去を忘れることが出来て
             いるのかもしれないよ。ただ、彼女の前で
             酔っ払って醜態だけはさらさないように。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「爺、どうした? いくらメールしても返事が無い。
         倒れたかな?」          ─── 仙台姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         今日は日中涼しかったんで(20度以下)、畑仕事に
        励んでおりました。
         明日の朝は、道北で霜注意報が出ています。
                     *
         最初のメールの件、そのとおりだと思います。彼女の
        心の奥底には、どうにもならない怒りが常にあるんだと
        思いますよ。 その怒りは、たぶん時間と共に薄らいで、
        変質してゆくでしょうが、その過程には姫の乾いた明る
        さが必要なんです。 たのみますよ。

Filed under: お便り,お酒,植物、花、ハーブ  タグ: — tomi 06:24
  • 2019年10月
    « 9月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー