今年のラベンダー模様

        

     今朝5時の山荘の気温、17℃、くもり。

    朝晩は長袖が欲しい山荘ですが、日中は夏日を越える蒸し暑さが続く毎日です。
   今年のラベンダーは、早咲きの濃紫 (こいむらさき) に枯れた株が多く、また
   開花も例年より10日ほど遅れたようです。近くの農家の方の話だと、あらゆる
   作物の成長が悪く、こんな年は珍しいとのこと。
    スカッとした大陸的な青空が、ここ2ヶ月ほどまったく現れず、温暖化の影響
   でしょうか、北海道にも “ 梅雨 ” という季節が生まれてしまったかのようです。

        

     刈り取りも人手不足でままならず、いつものように刈り残しが目だちます。
    刈り残され満開に花開いたその妖艶な姿を見ていると、彼女たちにとっては
    このほうが良かったんだと、そっと指先で撫でてしまいます。

        

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「やっと再開ですね。
      それにしても、長袖ですか? いいな、いいな~。 行きたいな~。
       ところで、豪雨が報道されていましたが、仙台姫さんは大丈夫で
      しょうか?」                  ――みもざ

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       なにもメールが送られてきませんで、たぶん大丈夫なんでしょう。
      うるさいですからね、なにかあると。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           「爺、生きてた? 足2本ある? うれしいな!
           うん、よかったよかった!!」
                      *
        「昼休み、部長が 『お~い、姫! ゆずりは始まったぞ!』
        って大声で言うから急いでアクセスしたら、もう再開2日目。
        冷たいよ、爺!
         でも休欄中に爺の生声聞いちゃったからカンベンしてやる。
        仙台は豪雨被害はありませんでしたが、ときどき怖いくらい
        の強い雨が降りました。余震も未だ続いていて、今でも余震
        のあとは体がこわばって、手の震えがしばらく続きます」
                            ――新・仙台姫

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      ところで姫、私物のパソコンまだ壊れたままなの? ケイタイからの
     メール、書き写すの大変なんだから、はやく修理するか新しいのに替え
     なさい。
      それでなくても歳のせいか、目がしょぼしょぼして面倒なんだから。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「『きょうは残業します~』って言ったら、部長に『私用でパソコン使うな』
   ってクギ刺されちゃった。最近社内でのわたしの呼び名は 『姫』になってしま
   い、男性社員はいいけど、同僚の女子社員に呼ばれると、なんだか大河の『江』
   姫になったような気分。 猿顔の課長を、つい 『コラ!サル!』なんて言い出し
   てしまいそう(このメール、あした物議を醸し出しそう)。
    近頃の若い子みたいにケイタイ、パソコンにあまり興味ないんです。だから無
   ければ無いで平気。 パソコン買おうかなって思ったけど、そのお金でちがう使い
   みちあることに気づいたから、しあわせです。わずかな金額ですが、お金って使
   われる人によって、こんなにも生きることを知りました」
                              ――新・仙台姫

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「震災で二親とも亡くしてしまった女の子がいます。保険の仕事の関係で知り
    ました。中学2年生で一人っ子、近くに叔父さんがいたんですが、この叔父さん
    の家庭も、叔父さんが亡くなり、叔母さんと二人の子供さんが助かり、そこに引
    き取られたそうです。 両親の生命保険と、あしなが育英会が彼女のこれからの
    糧となるのかもしれません。 わたしも仕事を離れて彼女をみつめていきたいと
    思ってます」                    ――新・仙台姫

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     姫、えらいね。 誰かのために・・という気持ちは、人を向上させるからね。
    夜遊び、朝帰りの姫からは、もう本当に卒業したんだね。
                      *
       姫、病院に入院したおばあちゃんは、その後元気になったかい?

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     「おばあちゃんは10日ほどで退院し、いったん避難所に戻ったあと近くの
    民間賃貸住宅に入れました。『みなし仮設住宅』 という制度があって、家賃
    は要らないそうです。引っ越すとき、震災直後にわたしが届けた派手なコート
    を、『これ、もらっていっていいかい?』と笑顔でいわれ、ただうなずくだけ
    で、涙があふれてしかたがありませんでした。
     週に一度ほど顔を出していますが、元気になりましたよ」  
                               ――新・仙台姫

Filed under: お便り,北海道,季節、四季,植物、花、ハーブ  タグ: — tomi 05:56
  • 2019年10月
    « 9月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー