道東へ(オンネトー)

   

             

                       

    雌阿寒岳の麓に 「オンネトー」 と呼ばれる湖がありました。 湖というより
   濃い青緑の池という風で、樹木を湖面に写している色合いがなんとも美しい。
    どうしてこんな色になるのか、たぶん火山に近いために金属塩が混ざっている
   のかもしれません。 緑は銅の化合物でしょうか。 美瑛の 「青い池」 はアルミ
   ニュームの化合物が混ざっているそうです。
    古い話ですが、受験で金属化合物の色を問う問題がありました。前の日に丸暗
   記したものが、ほぼそのまま出たようで、してやったり!と喜んだことを思い出
   しました。 だからもうほとんど覚えてはいませんが。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           「 『オンネトー』 素敵ですね~。
          白い馬が一匹、走りだしてきそうな写真ですね。
          まるで、東山魁夷そのもののようです」
                           ――浮舟

              84377e35d24f2846ae1319793907a7b2-640x458
              (東山魁夷「白い馬」、ネットより)

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「お父さん、ご無沙汰です。
        へ~道東に行かれてたんですね。オンネトー、私も初北海道の時
        宿の方に教えて頂いて行きましたよ。 めっちゃ美しかったよ~
         でもひとりじゃ怖かったけど・・・」  ――S.T.

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         ヒグマも恐れるいういう・・。 何が恐かったんでしょうね?

Filed under: お便り,北海道  タグ: — tomi 07:06
  • 2019年10月
    « 9月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー