道東へ (1)

        

    先日、4,5日お休みして道東に行ってきました。 旅行というわけでもないん
   ですが、日ごろ亡き親代わりに私の面倒をみてくださっている姉夫婦二組と一緒
   に、レンタカーの運転手を買って出たわけでした。
    上の義兄はもう80代、私が還暦を過ぎたと言ったら驚いてましたが、好奇心
   など私なんかより旺盛で、カメラを持って歩きまわる歩行距離は、私の倍以上!
   足腰のしっかりして崩れない姿には圧倒されました。
    写真は釧路の 「幣前橋」 附近。釧路は20数年ぶりでしたが、小樽運河同様、
   釧路川の川岸は公園としてきれいに整備されていて、 少しばかり寂しい気もしま
   した。これも時代の流れでしょうか。
    翌朝、名物の霧がかかり、昨年亡くなられた地元作家・原田康子さんの『挽歌』
   の舞台であることを急に思い出した。
    霧の 「幣前橋」もいいが、夜の灯りに照らされた橋もよかろうと、酒に酔って
   早く寝てしまったことを悔いた。

        

Filed under: 北海道  タグ: — tomi 12:47
  • 2019年10月
    « 9月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー