DSCF6255
 
DSCF6257
 
               今朝7時の山荘の気温:15℃、くもり。
 
       山梨県・河口湖畔で生まれ育ったので、雪の残る富士山は子供のころから
      見なれている。でもそこに白い煙が加わると、山は死んではいない息づいて
      いるんだと不安になる。
       初めて十勝岳の噴煙を見上げたときは、恥かしいが恐怖であった。大爆発
      をいつ起こすんだろうかと。でも、この土地の人達には、そんな不安は微塵
      も感じられない。多かれ少なかれ、自然と折り合いをつけてて暮らしてるん
      だろう。 山は煙を出しているのが当り前・・っていうふうに。
       富士山頂には測候所があり、火口の底まで所員が下りて地温を計っていた。
      万が一の場合を考えると、空恐ろしい。

Filed under: 未分類  タグ: — tomi 10:49
  • 2022年6月
    « 5月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー