DSCF6329-001
 
DSCF6328
 
あ 2592x1944
 
あ 2592x1522
 
            今朝5時の山荘の気温:4℃、晴れ。
 
   同じ場所ですが、撮った視点をわずかに変えるだけで、微妙に印象が変わります。
  これは、山荘にみえたお客様に教えていただいたことです。
   一ヶ所にはりついて、なかなかカメラのシャッターを切ろうとしない。どうして
  なんだろう? バチバチ撮って、その中から気に入ったものを選び出せばいいのにと
  思いがちですが、彼等にはシャッターを押す寸前の画像が予測されている。だから
  「まぁいいや、何枚か撮って、その中から気に入ったものを選び出せばいい・・」と
  いうような、安易な気持ちでファインダーを覗かない。一枚一枚の写真が、自然との
  格闘なんだろうね、おそらく。
                    *
   古い話しですが(二十歳ごろ?)、アパートで同居していた職場の先輩に、描いた
  絵を贈ったことがあった。結婚されるというので、なにか贈るものはないか思案して
  いたら、彼が、私の描いた絵が欲しいと言う。その絵はとても暗い絵だった。
   当時、夏目漱石の本をよく読んでいた。中でも『門』がとても恣意的で好きだった。
  古ぼけた武家屋敷風の門の前で、男がたたずみ、この門を開けてくれと叩く。中から
  門番が、鍵はかかってないから、自分の力で開けて入れと言う。でも男には、その門
  を開ける力も勇気も無い。・・そうこうしているうちに、陽が陰り、暗くなる。男は
  門の前でたたずみ、陽の暮れるのを待つべき不幸な人であった・・・で文章は終わる。
   どうして、結婚を前にした彼がそんな暗い絵が欲しいと言ったのか、尋ねたような
  気もしたが・・もう忘れてしまった。

Filed under: 未分類  タグ: — tomi 06:21
  • 2022年6月
    « 5月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー