090914-98
 
090914-991

                  今朝6時の山荘の気温:14℃、小雨。

                朝晩、寒さで眼がさめることが多くなりました。
               老化ではなく、たぶん劣化だと思われます。
                同年齢の ’ 村人さん ’ は、毎朝散歩されている
               とか、とても真似などできません。こちらは、昨夜
               飲み残したお酒がグラスに残ってないかと、手探り
               している、浅ましい姿の朝。
                若いころ読んだ川端康成の『眠れる美女』という
               作品。老醜の漂う老人が、薬で眠っている若い女性
               を抱くというお話し。どうしてこんな作品を書いた
               のかと当時は思ったが、いま自分もその老齢に達し
               理解できるような気もする。

                  ・・・・・・・・・・・・・・・・・

葦原

                      (葦原に沈む太陽)

                「朝晩は涼しくなりコスモスが揺れています」
                             ー村人・A

                  ・・・・・・・・・・・・・・・・・

DSCF0025

               PCの下の、筆記用具を入れてある箱の中に、写真の
              ような不思議な物がある。何だろう・・と、いつも眺め
              ていたが、今朝ようやく分かった。
               長さ3cmほど、ピストルの弾状のものでスポンジ製。
              ‘ な~んだ ‘ あの時のものか。
               以前、町の病院に入院していたことがあった。相部屋
              だったが、他に一人だけだったので、気持ちよく眠れる
              と安心していた。ところが夜になり、その隣人のイビキ
              がすごい! 夜中にナースセンターに駆け込み、事情を
              説明すると、手渡してくれたのが写真の物。 つまりは
              ‵ 耳栓 ’ だった。笑いをこらえて病室に戻り、さっそく
              装着してみると、これがなかなか良好。
               退院するとき、返さなければとは思ったが、そのまま
              戴いてきてしまった。山荘には、耳栓をしなければなら
              ないような隣人はいないが、時おり窓の外で、ガサゴソ
              奇怪な物音がする。

                ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

               「ジイ。むかし付き合ってた男がいてな、こやつ
               横で寝てるとイビキがひどいのなんの!」
                           *
               「開いてた口の中に梅干し突っ込んだら、なんとか
               収まったが、そのあと変な夢を見たと急に目を覚ま
               し夢の内容を語り始めた」
                           *
               「浜辺で海女の娘と抱き合ってたら、急に体中が炎
               に包まれた。‵ 助けてくれ!’ って叫んだら、娘が
               ニコニコしながら、また口を塞いだと・・」

                          *
               「バカバカしいから・・その男とはすぐ別れたよ」
                               ー仙台姫

                ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                夢判断といえば、若いころ、精神分析学の創始者
               フロイトの本を夢中で読んだ記憶があります。
                医学というメスで夢の世界を切り開く・・とても
               斬新な切り口で、夢中になったものでした。
                性的な夢は忌み嫌われますが、無意識の世界への
               扉として重要だそうです。‘ リビドー ’ という性的
               エネルギーの言葉は、広く絵画など芸術の分野にも
               拡がりました。
                近代絵画、例えばキリコやダリなどが近代絵画の
               祖を築けたのは、あのドイツの田舎医師「ジグムント
               フロイト」だったかも知れません。

Filed under: 未分類  タグ: — tomi 10:41
  • 2021年10月
    « 9月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー