130816-1
 
130816-2
 
                   今朝4時の山荘の気温:16℃。うす曇り。

               夜が明ける前、まだ薄暗いうちから鳴いている小夜鳴き鳥。
              どうしてこんな時間にさえずるんだろうか。夜が明け、明るく
              なると他の鳥たちの鳴き声に消され、その存在さえ朝の冷気に
              埋もれてしまう不思議な鳥、先ほどまで盛んに鳴いていたのに。
              何か自然界の ‘ 掟 ’ のようなものを感じてしまう。
                            *
               この欄にほぼ毎日投稿して下さる「村人」さん。その作画の
              一本一本の線にとても若さを感じる。 執念さえ感じます。
              それに比べ・・と、我がことは言いにくいが、枯れてしまった。
               窓を開け朝の冷気に身をさらしても、蘇えるものが少ない。
 
                  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

7-21森
 
                        「森を抜けて行く」
                
              「今日22日は海の日、23日はスポーツの日で祝日になりました。
              土曜日を含め4連休になります。
              8月11日の山の日は祝日ではありません。不思議な年です」
                                  ー村人・A

                ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

               今朝はまだ暗いうちから目が覚め、そのあとひと眠りしたら
              また薄暗い。もう夕方か・・最近時間の流れが早くなったなと
              時計を見たら、数時間しか経っていない。 なんだか損をした
              ような、得をしたような。

                ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

              「おはよう ジイ。 ルノアールの『アルジェリア風の女たち』
              って絵知ってる? 2~3人の女たちが半分裸になってる絵」
                            *
              「その絵真似て、小姫とポーズとった写真あるんだけど、ジイ
              見たい? 絵と違って、アチキたちはスッポンポン」
                            *
              「ただし、見たらすぐ消すこと。どこかに保存しておかないで
              確実に消去すること。
               見たくなったらいつでも送ってあげるから」  ー仙台姫

                ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                二人とも豊満な体形で驚いた、特に小姫には。もう20代
               も半ばだもんな、初めて会ったのはまだ高校生だったし。
                それにしても姫の豊満な体形、思わず、あぁ描いてみたい
               なって、絵心をそそられるよ。

Filed under: 未分類  タグ: — tomi 06:41
  • 2021年9月
    « 8月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー