非日常

  1-066
            1-065
                      1-094

   1-090807-1    1-045

           今朝6時の山荘の気温 20℃、くもり。

        暑苦しいので、昨夜寝る前に部屋の窓を少し開けて寝た。
       明け方、重苦しくて目が覚めたら、変な夢を見ていた。
        妖怪のような薄気味悪い雲が空に漂い、形を変えながら
       手招きしているように浮かんでいた。最近このような訳の
       分からん夢をよく見る。
                    *
        現実の日常より夢の世界のほうが、変化があり不思議が
       あって楽しい。若いころ、フロイトの『夢判断』を夢中に
       なって読んでいたころは、「あ~そんなもんか」で通り過
       ぎていたことが、今では日常のことになっている。
        脳の劣化とともに、非日常が入り込んでしまったかな?

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             1-3-26 (2)
               (気象が変わった)

        「ラジオ深夜便で五木寛之が、1本のライ麦の毛根を
        すべてつなぐと1万メートルを超える話をしていました」
                    *
        「人は生きているだけで価値がある、と言う内容の説明
        に使ったようです。 85歳の五木の話が聞きやすいのは、
        こう生きなさい! と断言しないからでしょうか。清涼剤
        を飲んだ気分でした」        ─── 村人・A

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「おじさん、おばんです。 きょうは昼ごろから
         お姉ちゃんと仙台の街をぶらぶらしてきました。
         今年は七夕祭りが中止でしたが、人混みは多かっ
         たです」
                    *
         「街中を二人歩くと、人の視線はみなお姉ちゃん
         のほう。中には『高橋由美子』が来てるぞ!なん
         て、大きな声を出す人も」
                    *
         「だから私は、お姉ちゃんから少し離れた後ろか
         ら付いて行くと、お姉ちゃん「こりゃ**! 早く
         来んかい!」
                    *
         「お姉ちゃんと街中を歩くのは気が重~いですが、
         今日は一つだけ、良いことがありました。それは
         お姉ちゃんの懇意にしてるお寿司屋さんで、無銭
         飲食できたことです」
                    *
         「『この子が例の子かい?」で、あとの会話はなし。
         大きな寿司桶に食べきれないほどの握り寿司。
          お姉ちゃんはお酒ばかり飲んでいて、たまに二つ
         三つ手を出すだけ、残しちゃいけないと私が完食!」
                    *
         「おじさん、お姉ちゃんのお腹、いったいどうなっ
         てるんでしょうね? いちど解剖室で腑分けしてみ
         たいです」           ─── 小姫

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・

           さ~ね、何が出てくることやら・・おじさんも
          一度覗いてみたいですな。
                    *
           それより、小姫のお腹も心配です。どうなって
          るのか気になりますよ。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「ジイ、まだ起きてる? 小姫ねぇ(もう寝たけど)
         仙台に帰ってきて3日目で2kg 太った。 将来の
         お医者が、体調管理はまだまだですね」
                    *
         「あの子、手相に凝ってるんだって。医大でそんな
         こと教えるのかよ~。手相見て、『ハイ、あなたは、
         頭に腫瘍がありますね」とか、指先を見て、男運が
         悪いですよ・・とか?」
                    *
         「そのくらいのことなら、アチキだってできるよ。
         『あなた女難の相があるから、早いとこオチンチン
         取っちゃいなさい!』ってね」   ─── 仙台姫

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           爺も若いころ、手相見に言われたことがある。
          「あなたの手を見ると、手のひらに比べ指先が
          とても短い。器用な手とも言われてるが、女を
          泣かせる手相だともいえる。気をつけなさい」。
           この手相見の所見は的外れ。以来、爺は女に
          は泣かされっぱなし・・!

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「ジイ、小姫が起きてきた。寝ぼけマナコで
          ジイとのメール読んでる。そのあとひとこと」
                    *
          「手のひらには、大変な情報が現われてる事
          があるんだから。手のひらに触るだけで体調
          の変異が分かることもある・・そうだ」
                    *
          「ジイ、女医さんに手を握られて、ドキドキ
          してちゃダメなんだぞ!」   ─── 仙台姫

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           爺は女医さんに手を握られ、「ご臨終です」
          と言われ、旅立ちたいよ。

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「そんなことぐらいなら、アチキが言ってやるわい!」
                         ─── 仙台姫

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         姫に言われたら、びっくりしてこの世に戻るワイ!

Filed under: お便り,日常生活  タグ: — tomi 11:19
  • 2020年9月
    « 8月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー