うるさい!

  1-062
                    1-060

  1-059
                    1-057

           1-061

          今朝5時の山荘の気温 16℃、晴れ。

     8月に入り、そのせいか、朝からセミの鳴き声がうるさい。
    春から初夏~盛夏へと移るたびにセミはうるさく鳴く。春ゼミ
    から夏ゼミに代わるらしいけど、鳴き声はみな同じに聞こえる。
    オスがメスに求愛でもしてるんだろう、とにかくうるさい。
     人も同じ。他人の睦言を聞かされるほど耳障りなことはない。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     「おはよう爺、二日酔い! 話し相手も無いので(爺も寝てた
     ようなので)昨夜は一人酒。 飲みすぎじゃった~」
                   *
     「『細川ガラシャ』読んでるんだけど、大河が休止になって
     いて、興味半減。ガラシャの最期の場面だけ最初に読んだけ
     ど、壮絶すぎて、もう最初から読む気になれない」
                   *
     「小姫が来週帰ってくる。あの子、少しはお酒強くなったか
     なぁ。‛ 酔いどれ女医 ’ なんての、爺、見たいでしょう」
                         ─── 仙台姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       小姫はまだ二十歳過ぎたばかりと思ってたけど、震災の
      時から数えたら、もう25才になるんだ。若い子の成長っ
      て早いねぇ。
       爺なんかも、なんもしなくても、歳だけはとってゆくよ。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「ジイ、アル中気味! テレワークで、もう二十日近く
      朝からアルコール漬けじゃ」
                   *
       「止めなければと思うんだけど、つい目の前に酒ビンが
      並んでるとね、ついふらふら・・とね」
                   *
       「ジイ、『麒麟がゆく』で、‛ 細川ガラシャ ’ 誰がやる
      んだろうね? まだ配役決まってないのかな?」
                         ─── 仙台姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        大河も、今年は先が詰まってくるから、最後は短縮
       バージョンのため、ガラシャの死の場面はカットされ
       るんじゃないのかな。
        姫、「麒麟がゆく」ではなくて「麒麟がくる」じゃ。

Filed under: お便り,テレビ、映画,季節、四季  タグ: — tomi 09:00
  • 2020年8月
    « 7月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー