麦稈ロール

   1-DSCF0073
                     1-DSCF0074

            1-DSCF0072

   1-118   1-120

            1-144

            今朝6時の山荘の気温 17℃、晴れ。

     大型機械で小麦の収穫作業を終えると、畑に残った麦ワラをクルクル
    ロール状に丸める。これを「麦稈(ばっかん)ロール」と呼び、今度は
    酪農家が飼っている牛の寝床に敷かれる。寝床として使われた麦ワラは
    牛の糞尿を多量に含み、今度は堆肥としてまた畑に戻される。そういう
    サイクルがくりかえされる美瑛の丘。美しいばかりでなく理にもかなっ
    ている

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「おはよう、爺。 『白痴』の件、真相がわかった。
         某講義をぼんやり聴いてたら、講師が(夏休み中に)
         『白痴』なんか読むと面白いよと言ったのを、あの子
         それが連休中の課題だと勘違いしたらしい」
                     *
         「せっかく『てんかん発作』まで調べ上げたのにと
         残念がっておった。でも、おかげでロシアの文豪の
         本にめぐり会えたと喜んでおったぞ」
                     *
         「夏休みには、『カラマーゾフの兄弟』読むんだと
         意気込んでいたぞナモシ」    ─── 仙台姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         そういえば、『カラマーゾフの兄弟』の中にも、イワン
        という名の次男が発狂する場面がありました。
         小姫は将来、精神科のお医者さんにでもなるんだろうか。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「昨日、近所の公園でヘビを踏みそうになりました。
         何度見ても嫌な気分になりますが、ヘビよりも昆虫が
         嫌いな人もいるから我慢しました」
                     *
         「ネジバナは根元から見て時計回りが右巻と言います
         が、左巻でもなく、まっすぐなものが有るそうです。
          東北地方ではネジズリ」     ─── 村人・A

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          子供のころ山の小道を走ってましたら、クツ裏に
         ヌリュッ! とした感触が。 何だろうと振り返ると
         大きなヘビを踏んづけてました。
          あの時の足の感触、いまだ忘れられません。
                     *
          山荘の庭にも、ネジバナはそこかしこに生えてます。
         以下は、以前(2010.8/10)この欄に掲載した
         報告の一部です。

       0-04-12   1-0-041

             写真は「ネジバナ」、別名:モジズリ。
            百人一首に出てくる ───

           ‟ みちのくの しのぶもぢずり たれゆゑに
            乱れそめにし われならなくに ”
     
           「モジズリ」の頭に ‛ 忍 ’ がつくと、趣が
           でますね。

Filed under: 本、小説、詩,美瑛,風景  タグ: — tomi 08:43
  • 2020年8月
    « 7月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー